【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 13 分で読了)

評価:昨日9位

断れない後輩と催眠術師(1/2ページ目)

投稿:2022-06-29 18:14:20

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

ひろかず◆QEKIN0A(静岡県/20代)
前回の話

こんにちは、ひろかずといいます。

某大学の3年生です。

前の投稿は沢山の方に読んでいただけたようで、彼女の由香ちゃんにも喜んで?もらえました。

ありがとうございました。

俺がこのサイトに投稿をしようと思ったのは、ドMの由香ちゃんが、自分たちの行為を晒されることで、羞恥プレイに磨きをかけるという意味もありましたが、多分この話をしたかったからなのです。

さて、皆さんは催眠術師にあったことはありますか?

もちろんテレビに出るような有名な方には中々会えないものですが、実はそこそこいるみたいなのです。

ショービジネスをしている人もいれば、催眠術師を名乗らなくてもカウンセリングをしている方もいます。

俺が出会ったのは、カウンセリングを生業としている方で、大学関係の飲み会でご一緒することになりました。

30名程集まった飲み会で、由香ちゃんも参加していました。

俺は由香ちゃんと同じ並びの席で向かいにはAさんが座っていました。色々話をしていくうちにAさんがカウンセラーで、人に催眠術を掛けた事があるという話になりました。

催眠術を使えるとなると、あっという間に話題の中心になっていきます。

「テレビで時々見ますけど、あれって本当に掛かってるんですかね?」

「あ~。半々じゃないですか?私も見たりしますけど、演技だと思う場合も結構ありますから。」

「やっぱりそうなんですね~。でも、俺も催眠術かかりたいですよ。掛かった事ないですし。」

「どうかな~。掛からない人は全然掛からないですしね。」

「俺はどうだろう?ちなみに掛かりやすい人の特徴とかあるんですか?」

「素直な人、自分に自信がない人、×××な人、○○な人。・・・・」

いくつかの候補が上がっていくと、思い当たる人が直ぐ隣にいる事に気が付き、Aさんの話を聞きながらすでに由香ちゃんの方を見ていました。

「ゆ、由香ちゃん。君は間違いなく催眠術に掛かりやすい人間だね。」

「えっ?掛かんないですよ。私信じてないですもん。」

どの口が言うのかと思いました、今思えばそれ故にの掛かりやすさだったのかもしれません。

「じゃあちょっとやってみてもらってよ?Aさんこの子にやってもらえませんか?絶対掛かるとの思うんですけど。」

Aさんはじっと由香ちゃんの目を見つめました。

「そうですね。掛かると思います。」

「ほらっ。絶対そうだと思った。」

「掛かんないですよ~(笑)。」

「Aさんお願いします。黙らせてやってください。それで俺が触っただけで逝く女にしてください。」

「ははは。どうですかね?本人が望んでいない事は、出来ないですから。」

「あっ。じゃあ行けます。お願いします。」

「せっ先輩!止めてください。」

「流石にそういうのは、2人の時に試してみてください。よくある手が動かなくなるのとか試してみます?」

「お願いします。由香ちゃんも掛かんないなら別にいいよね?」

「い、いいですよ。」

「では、手を借りていいですか?手のひらを上にして軽く握って下さい。」

由香ちゃんは言われた通りに手を出して軽く握りました。

Aさんは由香ちゃんの手を軽く握り話し始めました。

「では、こちらを向いて。名前を教えてもらえますか?」

「井上由香です。」

「由香さん。リラックスしてくださいね?」

「はい。」

「では、由香さん。手にゆっくり力を入れて握っていってください。ゆっくりでいいですよ。」

「そうです。段々と強く、そう。段々と強く握っていきましょう。」

Aさんは、由香ちゃんのコブシを上から包むように手を重ねました。

「私が、力をこめるともっと硬くなりますよ?凄いですね。そう、最後にグッと握ってみましょう。それで手が開かなくなります。握りますよ?グッと握る。」

ふぅ。と息をつきAさんは由香ちゃんの手を放しました。

「どうですか?」

「あ、あれ?あれ?嘘っ。やだやだやだ。えっ?開かない・・。」

「ぷー――。マジでか!チョロ過ぎだろ!えっ?マジで開かないの?」

「嘘っ。怖いっ。開かない。なんで?」

「本当に掛かってるし、催眠術を馬鹿にするからさ。罰として飲み会が終わるまでそれでいなさい。」

「やだ~。怖い~。Aさん治してください。」

「はいはい。反応がいいので嬉しいです。では、こぶしを肩に当ててください。僕がグッと力を入れると、こぶしが肩から離れません。グッ、グッ。」

「やだ~。」

由香ちゃんは追加の催眠術にかかり、肩からこぶしが離れなくなってしまいました。

「ちょっと、先輩!笑わないでください!も~本当にやだ~。」

「すみません。おしまいにしますね?今度は逆です。私が、パンッと手に触れると力が抜けて手が軽くなります。パンッ。」

その音と共に由香ちゃんの手は解放されました。

由香ちゃんは、手をグーパーしたり、手を回したりしていました。

「ヤバい。生でみたの初めてだ~。俺もかけてみたい。」

「由香さんになら、多分掛けられると思いますよ(笑)。まれに見る掛かりやすさです。でも、本当にたまに解けなくなって困る方がいますから、軽はずみに試すのはお勧めしないです。とは言えきっと試すでしょうから1つだけ。解くためのキーボードもしくは、合図を必ず決めてください。」

流石、わかっていらっしゃると思いつつ、わかりましたと返事をしました。

その後も、色々教えてもらい解散となりましたが、由香ちゃんは、その後もみんなのおもちゃにされ、「催眠術に掛かりやすい女」というレッテルを貼られてしまいました。

AVの様に催眠術にかけて滅茶苦茶乱れる由香ちゃんを見たいそう思って、飲み会が終わり帰宅すると早速交渉を始めました。

「由香さー。マジで掛かってたね。」

「せ、先輩だって掛かったじゃないですか~!」

「おお、マジだった。手開かなくて焦ったよ。」

「絶対掛かんないと思ってたのに・・。」

「え?自己評価高すぎじゃない?由香になら俺でも掛けれるよ。」

「絶対止めてくださいよ?解けなくなったら困るじゃないですか!」

「大丈夫だよ。解ける合図を決めとけばいいって言ってたし。」

「いえいえ。決めなきゃいけないってだけで、決めたらやっていいって訳じゃないです。」

「ほらほら、由香の手が段々開かなくなるよ?」

「だめー。本当にだめー。」

「大丈夫。俺が手をパンって叩いたら解けるから。それに俺がやったとしても掛かんないだろ?ちょっとだけ。ねっ?」

「本当にちょっとですよ?怖い事しないでくださいよ?」

由香ちゃんはちょっとだけに弱いです。

「大丈夫。大丈夫。絶対やんない。では、由香さん?一度目を閉じて深呼吸しましょう。リラックスしてください?」

由香ちゃんは諦め顔で、目を閉じて深呼吸をはじめました。

「はい、じゃあゆっくり目を開けて。先に合図ね?俺が手を叩いたら普通に戻ります。」

「は、はい。」

「安心した?じゃあ手を軽く握って。段々強くしていきましょう。俺がグッと握ったら、手が開かなくなります。グッと握る!・・・ど、どお?」

由香ちゃんの顔が段々険しくなりました。

「も~。開かない~~。」

「ぷーーー。マジで!?流石、催眠術に掛かりやすい女。チョロ過ぎる。」

「も~。やだ~。解いてくださいよ~。」

「はいはい。じゃあ、手を叩いたら解けるからね。はいっ。」

パンッと手を叩くと本当に手が開きました。

「おお!俺凄すぎる。催眠術師爆誕の予感。」

「は~。良かった。笑い事じゃないですよ。もー駄目ですからね?」

「わかってるよ。・・でもさ?催眠術で気持ち良くなったりするのかな?」

「はあ?なんないですよ!絶対止めてください。」

「いやね。AVで見たんだけどさ。まあ、あれはやらせだと思うけどね。しかも、一回掛かった人はかかりやすくなるんだって。」

「でも・・。止めてください。」

「ん?一瞬迷った?」

「迷ってないです。止めてください。」

「いや。これは潜在的に求めているのでは?Aさんも望んでいなければ掛からないって言ってたし?逆に望んでいるならかかるのでは?」

「き、気持ち良くなるのは、先輩とがいいです。掛かったとしても催眠術では嫌です。」

「じゃあ、やっても掛からないと?」

「うっ。か、掛かりません。」

「では。目を閉じて、俺にエッチなことされてる所思い出して。」

「な、なんでそうなるんですか?駄目ですよ。」

「いや掛からなかったら俺も諦めがつくし?掛かったらお互い素晴らしいSEXができるし?やるしかなくない?はいっ。目を閉じて。」

言われるがままに目を閉じる由香ちゃん。

俺も半信半疑ですが、とりあえずやってみることに。

「大丈夫。手を叩けば普通になるからね。まず、俺が由香にエッチな事してる時の事思い出してみて?」

「その時由香は、どんな気分?」

「・・・は、恥ずかしいけど。き、気持ち良くなってます。」

「触られてるだけ?」

「・・・いつも、焦らすから・・。」

「早くチンチン入れて欲しいのにね?」

「・・・はい。」

「我慢してるんだね?触りたい。しゃぶりたい。入れたい。そんな気持ちが・・・。そうだな、俺が由香の頭を撫でると段々気持ちが強くなるよ。触るといつもよりも、もっと感じる。乳首もマンコも、うずいて仕方ない。」

そう言って由香ちゃんの頭をそっと撫でました。

「そう。どんどん欲しくないなっちゃう。触らずにはいられない。じゃあゆっくり目を開けて。」

由香ちゃんはゆっくりと目を開けました。

「ど、どお?」

由香ちゃんはジト目でこっちを見ました。

「先輩、変な事言ってた。」

「いや、ごめんって。でもどうなの?触りたい?」

「ふふ、残念です。別に思いません。失敗したので今日はエッチしないです。」

「嘘だろ!?滅茶苦茶ムラムラしてるのに!」

「知りませんよ。さあお風呂に入って寝ましょう。」

心底がっかりしましたが、お風呂でいちゃついていれば、何だかんだでやれるだろうと思って素直にお風呂に行きました。

しかし、由香ちゃんはお風呂でも若干冷たくて、洗いっこもしてくれませんでした。

髪も乾かし、あとは寝るばかり、諦めて一緒にベッドに入りました。

「はぁ~。やっぱり上手くいかなかったか。」

「ふふ、そう簡単に出来たら私が困ります。」

「まあね。でも俺Aさんに弟子入りしようかな?」

「ハマり過ぎですよ。確かに面白いですけどね。ではおやすみなさい。」

「はい、おやすみ。」

お互い抱き合ってキスをしました。

抱き合ったまま、俺は由香ちゃんの頭を撫でます。いつもはこうしている間に由香ちゃんは寝てしまうのです。

しばらく撫でていましたが、由香ちゃんは中々寝付きません。それどころか、何だかんだもじもじ動いています。

「寝れない?」

「ちょ、ちょっと暑くて。」

「そっか、ごめんね?」

俺は由香ちゃんの体を離して仰向けに寝て目を閉じました。由香ちゃんは、俺の腕を枕にして手を胸においていました。

すると、由香ちゃんの手が段々と下に、ゆっくりですが、降りて来たのです。

ん?と思いましたが寝たふりを続けていました。

手は俺の腰骨辺りに置かれています。

寝たふりを続けると、由香ちゃんの手は股間に・・。そして、チンチンを撫で始め、フル勃起状態になってしまいました。

俺が、んっとか声をこぼすと、手が止まり、寝息ぽく呼吸をするとまた動き出します。

「・・・おっきくなってる。」

あれ?こいつ掛かってない?と思い寝返りをうつ振りをして、再び抱き着き頭を撫でます。

「お、起きてます?」

俺は寝たふりを続行。返事をしないでいると由香ちゃんは、両手でチンチンを触りだしています。

「あぁ。・・固い・・。せ、先輩?・・・先輩?」

由香ちゃんは小声で話しかけてきますが、無視です。

しばらくすると、もぞもぞと動き出し、布団の中に入って行くのがわかりました。

ゆっくりとパンツをずらされると、熱くなった由香ちゃんの手が、チンチンを包み込みゆっくりと動き出しました。

滅茶苦茶興奮し布団の中を覗きたいですが、まだ起きません。彼女がどこまでやるのか気になるのです。

そしてついに、チンチンにぬちゃっという感覚が。

「・・・ん。あぁ。・・・んん。くちゃ。くちゃ。あぁ。エッチ・・。」

俺を起こさないようになのか、いつも以上にゆっくり、ねっとりと舐め続けます。

「・・あっ。あぁ。・・・あん。・・だ、だめ。・・・止まんない。ああっ。」

どうやらしゃぶりながら、オナニーしているようで、エロい声が漏れてきました。

このまま一人で逝かれて、おやすみなさいだと切ないので、いよいよ寝たふりを止める事にしました。

由香ちゃんの頭を撫でながら、声を掛けました。

「どおしたの?」

「せ、先輩。ちっ違います。」

「何が?」

「違うんです。ホントに・・。」

「わかってる。俺もムラムラしちゃったし。あっ。でも今日やらないんだった?」

「あっ。その・・。ごめんなさい。やっぱりしたいです。」

「なんか今日は、珍しいね?でもなー。さっきまで、俺凄く我慢してたんだよね。由香にも我慢してもらおう。」

「ええ・・。」

「何か?」

「いえ・・。」

「なんだかな~。・・よし!縛ろう。」

こんな時の為でもないですけど、時々使っている紐で由香ちゃんの手を縛り、ベッド枠に固定しました。

催眠術にかかっているかは疑わしいですが、頭を撫でながら話しかけていきます。

「やっぱりその恰好興奮するよ。由香も好きでしょ?」

「きょ、今日は・・。その・・。」

「さっきこっそりオナニーした罰だよ。俺がいるのに。途中で止めたからいつもより辛いかもね?」

「せ、先輩。お願い。触りたい・・。」

「いいよ?俺の限界が来たらね?」

俺は、既にベテランの域に達したと思われるフェザータッチで由香ちゃんの全身を愛撫しました。

「ああああっ。ああああああっ。だめっ。ああっ。だめっ。だめっ。ああああああああ!ああああっ!」

由香ちゃんは、最初から全開で喘ぎだしました。

「今日はすごいな?そんなに感じる?」

「あああっ。だめっ。あああっ。か、感じるっ。あっ。ああっ。やぁーーー。」

声もそうですが、触れるたびにビクッ、ビクッと体を動かして、体をよじりますが、紐は外れません。既に汗をびっしょりかいて、息も荒くなっていました。

「はぁっ。はぁっ。だめっ。だめっ。先輩っ。ゆ、ゆる、して・・。」

「なにも怒ってないよ?凄く感度がいいから嬉しくて。ほら、触られるとどんどん気持ち良くなるよ?」

「あああああっ。だめっ。いやっ。言わないでっ。あああっ。やだ~~~。」

「ほ、ホントに感度が上がった感じ?」

「はぁっ。はぁっ。んあっ。わ、わか、んない・・。でも、こ、怖い・・。はぁはぁ。」

「焦らすのはそろそろ終わりにしてあげるよ。由香の好きな乳首とクリとたっぷり虐めてあげるね?」

俺は、由香ちゃんにキスをすると、口を乳首に近づけていきました。

「あ~。あ~。だめ~。あ~。アアッ。あああっ。あ~~~!!」

乳首に吸い付いた途端に叫びまくる由香ちゃんに興奮しっぱなしです。

乳首をしゃぶりつつ、もう片方をコリコリと愛撫しました。

「そろそろクリも触ってあげよう。どれ位感じるかな?」

「いや~。いや~。お願い。死んじゃう・・。だめ~。あ~。いや~。」

怯える由香ちゃんを見ながら多分、凄くニヤニヤしていたと思います。

駄目だといいつつも、股はM字に開かれ触られる準備が万端だったからです。

指を這わせて段々とクリに近づくと、由香ちゃんは怯えた目をしながら首を振りました。

由香ちゃんの股間は、汗なのか、愛液なのかで、ヌルヌルしています。

割れ目は、過去にないほどに愛液が溢れ、長く糸を引きます。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。