【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 40 分で読了)

評価:昨日31位

妻と隣の同級生+義弟との出来事(1/6ページ目)

投稿:2022-06-29 16:07:34

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/6ページ目)

寝取られだんな◆M5MRVQA(東京都/30代)
最初の話

妻と隣の同級生との出来事

初めて投稿させてもらいます。わかりにくい内容とかもありますがご了承お願いいたします。今から5年ほど前の話しになります。まず最初に登場人物のスペックです。私ヒロ25歳身長175㎝スポーツ大好き社交的なフツメン。妻亜矢25歳身長157㎝B82W59H不明(小ぶり)Cカップ…

前回の話

コメントと読んでくださりありがとうございます。

今回は弟が出てくるので一応スペック紹介させてもらいます。

その他の登場人物は前作を読んでいただけたらありがたいです。

弟達ちゃん→漫画ゲーム好きの独身20歳自衛隊上がり170㎝筋肉系のフツメンです。

あの夜から一夜明けて、次の日は休みです。

「ねぇ♪〇〇送りに行くけどどうする?♪」

「あぁ今日はいいよそのかわりお迎え行くから」

「そうなの?♪あっ!今日は、お迎えいいよ♪うちの親が、迎えに行って、そのままお泊まりさせるみたいだから♪」

「ん?〇〇お泊まり大丈夫なの?泣くんじゃない?(笑)」

「どうだろ?♪でも〇〇は喜んでたけどね♪(笑)」

「迷惑かけないといいけどなぁ(笑)」

「あははは♪手に負えなくなったら迎えに行くからいいよ♪んじゃ行ってくるね♪」

「おぅ!」

妻が出て行き暫くしてスマホがなった…

俺(誰だぁ…田中?…休みの日までなんの用事だ!)「おぅ!どした?」

田中「おぅ!悪いなぁ休みの日に」

会社の同僚だった…

「全くだ(笑)んで?なんか急ぎか?」

田中「お前明日も休みだろ?それで夕方から時間あるか?」

「まぁ用事はないけど…呑み屋は行かんぞ(笑)」

田中「呑み屋じゃねぇよ(笑)〇〇会社の佐藤部長いるだろ?その部長が釣りに行かねぇか?って言ってるんだよ!(笑)」

「へっ?なんで俺なんだ?(笑)お前が行けばいいだろ?」

田中「そうなんだけどさぁ…俺は明日仕事だから無理なんだわ(笑)んでウチの社長に相談したらお前に頼めってさ(笑)」

「はぁ〜?あのクソ社長なに考えてんだ!」

田中「社長…隣にいるぞ!(笑)」

「あっ!社長様がいらっしゃるのですね(笑)」

田中「もう遅いわ(笑)とにかく頼むよぉ〜お前あそこの部長には、可愛がられてるだろ?」

「まぁそうだけどさぁ…お前も世話になってるだろ‼︎」

田中「だから明日仕事じゃなかったら俺も行くつもりだったんだよ」

「ちょっと待て…なんで明日が関係するんだ?」

田中「あぁ釣りに行く場所がなぁ…」

「どこだ!」

田中「日本海の〇〇湾(笑)」

「はぁ?お前!そこじゃ明日の帰りも深夜になるだろ?」

田中「だから休みのお前に、頼んでんだろ!」

「ん〜でもなぁ…俺は、釣りが好きだからいいけど…亜矢がなぁ…」

田中「ん?奥さん?俺が謝るから頼むよ(笑)」

「どうやって?スマホの番号知らないだろ?(笑)」

田中「ん〜知らん(笑)」

「いい加減な事言ってんじゃねぇぞ〜(笑)」

田中「とにかく頼むよ!なっ?なっ?休みを出勤扱いにするからって社長も言ってるしさ!」

「わかったよ!これで夫婦仲が険悪になったらお前の責任な!(笑)」

田中「そうなったら俺が女紹介してやるよ(笑)」

「アホか!」

田中「あははは♪とにかくよろしく〜んじゃねぇ〜♪」

俺(ん〜亜矢にどう説明するかな…)

妻が昼ご飯を買って帰ってきた…

「ただいまぁ〜♪お昼は簡単なものでいい?♪」

「おぉ…なんでもいいよ」

「ん?なんかあった?♪」

「うん…さっき…田中から電話があって…」

さっきの経緯を説明した…

「もぉ!せっかく〇〇いないのにぃ〜!」

「だってさぁほんとに佐藤部長には、世話になってるんだって…ほら、中元とお歳暮貰ってるでしょ?」

「それはそれ!これはこれ!だよ!どうせ釣りだから行くんでしょ?♪」

「まぁそれもあるけど…でも一応出勤扱いだから仕事だぞ?」

「どうせダメって言っても行くんでしょ?」

「悪い事しに行くんじゃないから仕方ないじゃん」

「もぉ!わかったわよ!田中さんが悪いんだよね?」

「そう(笑)」

「今度会ったら文句言ってやるわ♪(笑)」

「一番悪いのは、社長だけどね(笑)」

「そうね♪(笑)でも…夜から一人になるのかぁ…退屈だなぁ〜♪」

「またよからぬ事を考えてるだろ?(笑)」

「カズさん?♪あなたが悪いんでしょ⁉︎でも、私から誘う事はないからねぇ♪」

「そか(笑)俺が休みの時は来ないもんなぁ(笑)」

「まぁなにかあればLINEするわよ♪」

「誘って欲しいんだろ?(笑)」

「あははは♪欲しくはないけど…来たら断らぬ♪(笑)」

「侍か‼︎(笑)」

なんだかんだと休みの日は時間が経つのが早くてすぐに夕方になった…

「んじゃ行ってくるわ♪」

「気をつけてね♪明日はお刺身期待してます♪」

「釣れたらいいけどねぇ♪この時期はねぇ(笑)まぁなにかあったらLINEよろしくな♪」

「うん♪わかったよ♪」

とりあえず会社まで行き、そこで佐藤部長が車で迎えに来てくれた…

俺は車に乗り込み、目的地まで向かった…

車内ではもう釣りの話で盛り上がりいつのまにか俺は眠りについていた…

するとスマホからLINEを知らせる音が…

俺(LINE?…今何時だ?…21時?…まさか…)

LINEの相手はやはり妻だった…

「今どのあたり?♪」

「〇〇過ぎたとこ!」

「そう♪一応言っとくけど…達ちゃんと実家でゲームしてたらカズさん来ちゃった♪」

「そうなんだ!んで…もしかしてやるの?」

「まさか♪達ちゃんいるから無理でしょ?(笑)とりあえず来たから連絡しただけ♪」

「とか言いながら期待してんじゃないのぉ〜(笑)」

「期待はしてないけど…求められたら断らぬ♪(笑)」

「馬鹿でしょ?(笑)まぁ帰ったら聞くよ!んじゃおやすみ♪」

「おやすみ〜♪大物期待してます♪」

俺(ゲームしたら夢中になるし達もいるから大丈夫だな…)

そう思いながらまた眠りにつくのだった…

釣り場に着き渡船場で用意をしているとLINEが鳴った…

俺(ん?誰だこんな時間に…)

時計を見たら5時前…

「今から帰って寝る〜♪」

「おはよう〜って…あれからずっとゲームしてたの?」

「おはよう♪ゲームもしてたけど…帰ったら話すよ♪とりあえず寝かせて(笑)」

「わかった!」

「ありがと♪それじゃ気をつけて釣りしてね♪」

俺(してだけど?…まさかなぁ…)

微妙な口振りが気になったけど、船に乗り込み出船した。

天気予報とは裏腹に、海はかなりシケていて沖には、出れないそうだ…

やがて雨も降り出し、湾内で釣りをしてたけども、そこもかなり波が大きくなり、船長が早いけどもこれ以上は危険だから…と言って10時には納竿していた。

部長「みんな悪かったなぁこんにシケるとは思わなかった…」

「仕方ないですよ自然には勝てませんから(笑)」

部長「これからどうする?…そうだ!ボート場で舟券買いに行くか?(笑)」

一同「いえ!今日の所は帰りましょう(汗)」

部長「そうか?まぁ明日は仕事だしな(笑)」

みんな車に乗り込み帰り支度をした。

途中ドライブインに寄り昼食をとっていると妻からLINEがきた。

「おはよう〜♪どう?釣れてる?(笑)」

時計を見ると13時前…

「おはようって…今何時だと思ってるの?(笑)シケてて釣りにならなかったよ(笑)」

「誰もいないから爆睡してたわ♪(笑)そうなの?残念だったね♪」

「もう帰ってる途中だから19時には帰れるよ」

「晩御飯はどうするの?♪」

「たぶん食って帰る」

「それじゃ今から〇〇迎えに行ってついでに、実家でご飯食べて帰るね♪気をつけ帰ってきてね♪」

「おぅ!んじゃね!」(いつもと変わらないなぁ…)

軽い昼食を終え、車に乗り込み、会社に着いて、みんなで晩飯遠食って、家に着いたのが20時前ぐらいだった。

「ただいま〜」

「おかえり〜♪私も今実家から帰ったとこよ♪」

とりあえず風呂に入ってテーブルの前に座りゆっくりとしていると…

「ねぇ♪昨日のことなんだけど…」

「ん?あぁ結局やったんだろ?(笑)」

「そうなんだけどぉ…」

「歯切れ悪いなぁ!……………まさか?達もか⁉︎…」

「うん…あんな事になるとは思わなくって…(笑)」

「はぁ〜…そんな問題じゃないだろ…」

またまた私なりの解釈です。

俺が出て行ってからしばらくして…

ガチャ!

「ちわ!兄貴いる?」

「あら♪達ちゃん♪いらっしゃい♪ヒロは釣りに行ったわよ♪」

「マジでぇ〜⁉︎あのクソ兄貴めぇ〜…」

「ん?どうかしたの?♪なにか用事でも?♪」

「今日ねぇ…車いじるから空けといてって言ってたんだよぉ〜!」

「あははは♪どうしょうもない兄貴だね♪(笑)ほんとこんな可愛い妻を一人にしてね♪(笑)」

「そこは置いといて(笑)マジかぁ〜…一人?〇〇は?」

「なんで置いとくのよぉ〜♪〇〇は実家にお泊まりよ♪」

「あははは♪んじゃ俺とデート行く?(笑)」

「そんなとこはヒロにそっくりね♪(笑)兄貴の嫁さん口説いてどうするのよ♪(笑)」

「義姉さんがいいのならいつでも相手するよ(笑)いねぇならいいわ!んじゃねぇ〜(笑)」

そう言って帰って行った…

誰もいない間に軽く掃除をして、一人で晩御飯を食べて、のんびりスマホでゲームをしていると…

ガチャ!

「義姉さん!ヒマ?(笑)」

「もぉ!(笑)ノックぐらいしなさいよ♪今度はどうしたの?(笑)」

「お着替えしてるかも?だから(笑)ねぇ!ヒマ?(笑)」

「まったくぅ〜♪(笑)ヒマだけどどうしたの?♪」

「んじゃゲームやらない?ほら〇〇〇〇ってゲーム!やった事あるって言ってたじゃん♪」

「あぁ♪あの対戦型戦闘ゲーム?♪人数足らないの?♪やった事あるけど…スマホでやってるから下手だよ?♪」

「いいの!いいの!期待してないから(笑)ヒマだったら手伝ってよ♪(笑)」

「ほんとに憎たらしい義弟だね♪(笑)報酬は?♪」

「俺のチンポ!(笑)」

「あっ!用事思い出したわ♪(笑)」

「冗談です(笑)そこのお美しいお義姉様♪どうか可愛い義弟のお願いを聞いて下さい♪報酬はサーティワンのアイスで♪(笑)」

「それだけ?♪(笑)」

「わかったよぉ〜!ケンタのチキンも付けるから!(笑)」

そう言ってスマホから宅配便で注文をした…

「よし♪よし♪可愛いい義弟よ♪手伝ってあげよう♪」

「ケッ‼︎新たなカツアゲだろ?(笑)」

「ん?♪なにか言いましたかぁ〜?♪」

「いえ!なにも!(笑)とにかく早く家に来てよ‼︎」

「わかったわよ♪」

っと言って達の後ろに着いて行き実家に入って達の部屋に入って行った…

「うわぁ♪達ちゃんの部屋入るの久しぶりだわ♪(笑)」

「そんなのいいから早くゲームやろぜ!待たしてんだから!」

「そんなに急かさなくてもやるって♪ん?達ちゃん♪これなぁ〜にぃ〜(笑)?♪」

「ん?エロ本だけど?(笑)それより早く!早く!」

「つまらない反応…♪わかったわよ♪どうすればいいの?」

「今さら義姉さんに隠しても意味ないだろ?(笑)こうやってゲームに参加して♪」

「はい♪はい♪これでいいの?♪」

「そう!そう!それからこれ耳にして!」

マイクをONにしてイヤホンを渡した…

「?」

友人A「こんばんは〜♪」

友人B「よろしく〜♪」

友人C「こちらこそよろしく〜♪」

「えっ⁉︎なにこれ⁉︎声がするんですけど⁉︎」

友人A「あっ♪女の人だぁ〜♪達の彼女かぁ?(笑)」

友人B「うわぁ♪ほんまやぁ♪(笑)」

友人C「テンション上がるね♪」

「俺の愛人!(笑)亜矢ちゃんって呼んであげて(笑)」

「なに言ってんのよぉ〜!♪それより早くゲームしょうよ〜♪」

友人B「いや!ゲームより先にリモートしょうやぁ〜(笑)」

友人C「そうですねぇ(笑)亜矢ちゃんの顔を拝みたいですね♪」

友人A「達!リモートよろしく(笑)」

「俺はいいけどぉ…」

「皆さんにお見せできるほどの顔じゃないので♪」

「だってさ(笑)残念でしたぁ〜(笑)」

友人A「ほらね!(笑)また得意の達の見栄がでたよ(笑)」

友人B「そやろ!そやろ!(笑)達にそんな人おるわけないわ〜(笑)」

友人C「ですよねぇ〜(笑)」

友人A「どうせ声の可愛いいおばさんだろ?(笑)誰に頼んだの?(笑)」

「頼むわけねぇだろ‼︎」

友人B「えーよ!えーよ!達の見栄には慣れてるからなぁ(笑)まぁ俺もおばさん見たないし(笑)」

友人C「またですか?(笑)おかしいと思ったんですよね(笑)」

「くそぉ〜‼︎」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。