【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

セクハラを受ける後輩社員21(夜勤前編)

投稿:2022-06-26 19:50:32

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

片思い◆FiESeXI(東京都/30代)
最初の話

セクハラを受ける後輩社員

俺の名は「たか」。相手とは入社した3ヶ月後に知り合いその子は別部署から異動してきた26歳の女の子。当時は月に3日ぐらいしか会えない。しかし自分はおばさんとは普通に話せるが若い年下がかなり苦手で自分から話しかける事すら出来なかった。とある日、ベテランおばさん、渡辺海里さん、俺の3人での仕事の日。…

前回の話

ある午後の事、俺は日曜出勤だが仕事がなくスマホをいじっていた。

海里「お疲れ様」

たか「おう!今日は?夜勤?」

海里「うん!夜勤。だから夜勤入る前に会いに来た」

たか「そうなの?」

海里「だって…うち、たかさん好きだもん(笑)」

たか「笑いながら言われると本気が通じねぇ(笑)」

渡辺は畳部屋の入り口で四つん這いになり

海里「仕事ないの?」

たか「うん!まだ来ないからさ」

海里「ねぇ!」

俺が顔を上げるとキスをして来た。しかも一瞬じゃなく1分弱

たか「自分からするなんて珍しいな(笑)」

海里「まぁね!」

渡辺は挑発するように背筋を伸ばし胸の膨らみを丸分かりに張る。そして渡辺は四つん這いになりながら俺を前から抱くと自ら俺の両手を自分の胸に持っていく。

たか「おー、いいおっぱいだなぁ〜」

渡辺は胸を揉まれ腰がビクッビクッと敏感に反応。

たか「ちょっとそこ出ようか」

俺は畳部屋前の洗濯機前に立つと渡辺は自分のお尻を触らせるように俺の手に密着。もちろん、俺は普通に触る

たか「小さくて柔らかいお尻だな」

海里「ねぇ!今日もやろう?」

たか「なにを?」

海里「エッチだよ。ビル持ってきたから中出し出来るよ?」

たか「いや、下手に中に出して妊娠されたら困るし」

海里「心配なら外に出せばいいから」

たか「んで?何処でやるの?」

海里「宿舎で」

たか「鍵ないじゃん」

渡辺はポケットから鍵を取りだし

海里「貰って来たから大丈夫」

たか「でも大丈夫?バレない?」

海里「大丈夫。行こっ?」

俺は渡辺に腕を引っばられ宿舎の個室に入る。俺は初めて入るが宿舎には個室用でテーブル、冷蔵庫、風呂、椅子、テレビ、クーラーが完全完備されていた。

たか「うわぁ〜広いしすげぇな(笑)」

渡辺はズボンを脱ぎ出し上は仕事着、下は生パンツのままにする。

たか「今日は青かぁ(笑)」

海里「たかさん、濃い系の色好きだもんね(笑)」

たか「ないとは思うけど白の服関係とかあったりする?」

海里「もちろん、たかさん用に持って来てるよ?着替えようか?」

たか「うん(嬉)」

海里「待ってて」

渡辺は洗面所に入り着替え始める。洗濯物は既に畳んだ後に持って行った為、帰宅時間まで全然暇状態。

海里「お待たせ」

渡辺は白シャツワンピース姿で出てきた

たか「おー、いいねぇ!ってか、下着上下とも透けてる(笑)」

海里「ちょっと座って」

たか「う、うん!」

俺と渡辺は隣同士で座り色んな話を始める。俺は話しながら渡辺の太股を触る。もちろん、渡辺は触りやすいようにワンピースを太股まで捲り青のサテンパンツが丸見え。俺はスベスベな肌が堪らな過ぎてずっと触る。そしてゆっくり内股を触ると渡辺は普通に話しながらも途中途中で喘ぎ声が漏れる。

たか「俺ね、渡辺さんが来る度に胸やお尻をずっと見てるんだよね」

海里「そうなの?(笑)」

たか「うん、胸見ながらおっぱいあるなぁ、いい膨らみしてるな、揉んだら柔らかそうだなって普通に考えてる」

海里「そういや、たかさん、自分より年下の若い子は好きだけど一緒に仕事すると緊張するって言ってたもんね」

俺はさりげなく足を肩幅に開かせ股間を触る。もちろん、渡辺はパンツ越しで触られてもビクッビクッと感じ喘ぎながら話を続ける。そしてパンツの中に手を入れ直に触ると「ぴちゃぴちゃ」と響き始め爆濡れ状態。そして足はどんどんがに股になり渡辺も答えられない状態になるほど感じていた。そしてイク寸前の所で股間の穴に指を入れた途端、絶頂。

海里「もう、我慢できない」

たか「なら行こうか?」

2人でベッドに行きワンピースシャツを脱ぐと全身青の下着、そして渡辺は俺のズボンとパンツを下ろしフェラを始め喉奥まで入れる。

たか「あ〜相変わらず気持ちいい」

渡辺は下着上下を外し俺の上に跨り俺のちんちんを穴に入れる

海里「あっ、あっ、凄いっ、この大きいのがたまらない」

根元まで入ると自ら腰を振り喘ぐ。俺も渡辺が動かしてる腰とは逆パターンで腰を動かす。

海里「たかさんのが、奥まで来てる」

俺は激しく突き始め渡辺は胸を揺らしながら痙攣。そしてバック態勢になり俺は入れる際は子宮に目掛けてゆっくり入れながら突く行為を繰り返しその度に渡辺の腰がビクッビクッと反応。根元まで入れでは中で掻き回しその度に渡辺も痙攣状態に。

海里「ダメっ、気持ち良すぎておかしくなっちゃう」

次に渡辺を寝かせ俺が座りながら騎乗位し足を軽く上げ激しく上から下へ突く。

たか「あ〜イきそう」

海里「一緒に行こう」

たか「あっ、あっ、イクっ」

俺はラストスパートで激しく腰を振りイク寸前で渡辺は口に射精。

たか「今日もいっぱい出たなぁ」

海里「たかさんの大きくて気持ちいいから仕事に来る度に欲しくなるんだよね」

たか「だろうな。俺の時だけ凄いエロくなるもんな(笑)。あっ、いっけねぇ、帰らないと」

海里「またやろうね」

たか「あぁ、夜勤頑張れよ」

俺は服装を整え何もなかったかのように会社を出る。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:0人
いいね
投票:1人
文章が上手
投票:0人
続編希望
投票:4人
お気に入り登録
投票:0人
名作
投票:0人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:5ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 3回
  • 24回
  • 907回
  • 907回
  • 14,661位
  • 21,239位
  • 19,097位
  • 13,545位
  • 23,855位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 14,564位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]