【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

セクハラを受ける後輩社員20(好きな体勢編)

投稿:2022-06-24 11:11:02

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

片思い◆FiESeXI(東京都/30代)
最初の話

セクハラを受ける後輩社員

俺の名は「たか」。相手とは入社した3ヶ月後に知り合いその子は別部署から異動してきた26歳の女の子。当時は月に3日ぐらいしか会えない。しかし自分はおばさんとは普通に話せるが若い年下がかなり苦手で自分から話しかける事すら出来なかった。とある日、ベテランおばさん、渡辺海里さん、俺の3人での仕事の日。…

前回の話

この日は俺、村木、伊戸宇の3人出勤でよく話すB階の業務員とボーナスの事で話していた時の事。話してる途中で俺は背中向けて話していると渡辺が来た。

海里「お疲れ様です!」

伊戸宇「あら?お疲れ様」

海里「たかさん、ちょっといいですか?」

伊戸宇「たかくん」

たか「ん?」

伊戸宇「海里ちゃんが呼んでる」

たか「(振り向き)ん?俺?」

海里「はい!」

たか「なに?」

海里「ちょっと」

渡辺は俺を呼び出し1室の部屋に入り冷房をつけドアの鍵閉める。

たか「んで何?」

海里「たかさんて好きな女の子に関して好きな体勢とかあるんですか?」

たか「好きな体勢?まぁある事はあるけど」

海里「もし教えてくれたら私がその指示通りの体勢をします」

俺は椅子に座りながら

たか「そうだなぁ〜!今、斜め掛けバックしてるじゃん?谷間に入らからその胸の膨らみがわかるそう言うのは好きだね」

海里「そうなんですね!」

たか「次にそのバックを下ろす際に腕を後ろに伸ばす体勢やって」

渡辺は言う通りにする

たか「そこ、その体勢で胸の膨らみが丸分かりなのが好き」

海里「なるほど」

たか「次に…そのベッドに座って両手を後ろに置く」

渡辺は言う通りにする。

たか「それも胸の膨らみが丸分かりなのが好き」

海里「ふむふむ!」

たか「あと、俺、立つから前から抱いてみて」

渡辺は言う通りに俺を抱く

たか「これ、渡辺さんの胸が当たっててその感触が好きだね。俺の胸でも渡辺の胸の膨らみが感じるもん」

海里「たかさん、胸好きですね(笑)」

たか「いや、好きと言っても渡辺さんだから好きなのよ(笑)。あとねぇ、ズボン、白とかなら前屈みする際にパンツのラインが浮かぶから好きだけど今日は黒じゃん?ラインが分からない(笑)」

海里「まぁ確かに」

たか「ちょっと俺の前に立って」

海里「はい!」

俺は胸の膨らみを見ながら手のひらを当て

たか「この大きさ、やっぱりいいね!大きくもなく小さくもなく。もう一度、バックかけてみて」

海里「こうですか?」

俺は紐が谷間に入り胸の膨らみがわかる状態で指を胸に当て上下に撫でる

たか「これね、こういうのいいんだよなぁ」

渡辺は指で胸を撫でられてビクビクしながらトロンとした顔で感じる。

たか「次にもう一度、バックをおろして」

渡辺はバックを後ろに向けて下ろす寸前で止まり俺は手のひらで胸を撫でるように触り

たか「これ、こういう膨らみがわかるのもいいね」

俺は胸を撫でながらも作業着越しに乳首を

撫でると渡辺はビクビクしながらトロンとした顔。

たか「次にベッドに座ってさっきの」

渡辺はベッドに座って両手を後ろに置く

たか「これ、この膨らみもいいんだよ」

俺は両指で渡辺の両胸を撫で渡辺はビクビクしながら感じる。

たか「今度はちょっと壁に背中向けて張り付いて。片手は自分のお腹の前」

海里「はい!」

渡辺が壁に移動する間、俺はズボンのボタンとチャックを開けとく。渡辺は準備が整い俺は渡辺の前に行き密着する

たか「これどう?」

海里「たかさんのちんちんが当たってますね。しかも勃起してる(笑)」

たか「ちょっと混雑した電車を再現しよう」

数秒間だけ混雑電車を再現。

海里「たかさん、もう固くなってますよ(笑)」

たか「手を俺のお腹に置いてそこから少しづつ、下に降りて」

渡辺は言う通りに手をお腹の上に置き下に下りる。すると渡辺の手は俺のズボンの中に入る。そして渡辺は既に分かっているのか、パンツの中にも手を入れ俺の勃起物を直に触る。

たか「あ〜それそれ」

海里「うわぁ〜大きくて硬い(笑)」

たか「お前が紐を谷間に入れて胸を強調させてるから勃起しちゃったんだよ(笑)」

渡辺も俺のちんちんをいやらしく触る

たか「おう〜触り方が凄いね」

俺は渡辺の服を捲り

たか「今日は水色のサテンかぁ!」

俺は胸を揉みながら感触を味わう。渡辺は胸を揉まれて喘ぎ出す。そして俺は渡辺のズボンのボタンとチャックを開け下ろしパンツ越しに股を触る。渡辺は自ら足を開き股間は既にシミが出来ていた。そしてブラをずらし乳首を舐めながらパンツの中に手を入れ股間を直に触ると渡辺はがに股になる。股間は「ぴちゃぴちゃ」と音が鳴るほど濡れまくり。

海里「あんっ、た、たかさん、ダメっ」

たか「なに?」

海里「イッちゃう」

たか「いいよ」

俺は股間の穴に指入れ烈しく手マンすると潮を吹き出し渡辺は絶頂し座り込む。渡辺をテーブルの前に前屈みにさせテーブルの上に両手を置かせ後ろから乳首を撫でたりクリクリと摘むと渡辺は感度倍増し腰が激しく前後に動くほど超敏感に。そして俺は後ろからちんちんを入れ初めてバック挿入。渡辺は喘ぎまくる。

たか「あ〜やっぱり気持ちいい」

海里「たかさんの大きくて気持ちいい」

バックしながら胸を丸出しに胸は小ぶりでも揺れている。

たか「寝転ぶからお尻を俺の顔側にして入れて」

海里「うん!」

俺は横になり渡辺は後ろ向きで跨り俺の顔にお尻を向け挿入、そして渡辺の両手を後ろに置かせ出し入れ。渡辺はこの体勢でも気持ち良すぎて3回は潮を吹いている。

たか「今度はこっち向き」

次に普通の体勢で跨らせ今度は「パンパン」鳴らすほど激しく突く

海里「んっ、んっ、んっ、やばい!奥まで、届いてるっ」

そしてその後に数分間、スローピストンさせると渡辺は何度何度も絶頂痙攣。

たか「おー、締まるー。中で締め付けられてる」

海里「もう、ダメ、またイく」

たか「何度でもいけ」

俺もそろそろ限界が近づき

たか「俺もイきそう」

イク寸前で俺は渡辺の口に加えさせ口内噴射。

たか「はぁはぁ、いっぱい出た」

海里「もう、焦らし過ぎ(笑)。私なんか何回もイってる(笑)」

たか「だって感じまくってる姿が見たくて(笑)」

海里「もう、意地悪(笑)」

たか「そろそろ時間だから帰ろうか」

海里「うん!んじゃ、またね」

俺と渡辺は各自、時間通りに会社を出て帰る。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:0人
いいね
投票:1人
文章が上手
投票:0人
続編希望
投票:3人
お気に入り登録
投票:0人
名作
投票:0人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:4ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 5回
  • 14回
  • 83回
  • 1,704回
  • 1,704回
  • 5,353位
  • 10,924位
  • 9,854位
  • 9,716位
  • 23,537位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 14,273位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]