【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 6 分で読了)

評価:昨日19位

自分の性癖幸せを壊さないように

投稿:2022-06-22 19:58:07

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

みちる◆M2d1kkU(北海道/20代)
最初の話

自分の性癖はねとられ願望?

職場の52歳の同僚を落として楽しんでる話です。職場は、特別養護老人ホームに分類されて、24時間スタッフがいて、なかなかハードな仕事ですが給料的には夜勤をしなきゃ~って感じです。春に新しい人が入社してきました。看護師上がりの裕美さん52歳見た感じ筋肉質的なエロい感じなんですが、仕事…

前回の話

夜勤2日目、妻の衝撃的なオナニー映像で興奮してすっきり出しちゃたせいか、妙に熟睡…いや夢の中で妻がセックスをしてるシーンが生々しく記憶に…

夕方、娘が保育園から妻と一緒に帰宅

なんとなく妻を下から上まで観察しちゃいました。

この胸もこのお尻もこの唇も寝とられてる?と考えると妙な興奮…しかも今日の夜勤はレイさん

オナニー情報を確認して弱味を握ってあの強気のレイさんに職場オナニーの懺悔のフェラをしてもらいたい❗と

馬鹿な男は顔に出ますよね~妻に「あんたニヤニヤしてるよ」

「これから夜勤なのにニヤニヤするわけないだろう」

いや確実に感情が顔に出てニヤニヤしてました。

「今週の土曜日に歓送迎会で飲みに行ってくるわ❗」と妻が…

日勤だけなんですが、とっさに「Oさんに夜勤もお願いされたから通しで働くから、ゆっくり飲んでおいて❗」

「じゃ実家に娘を置いていくかなぁ~」って嬉しそうに

俺は次の日休みにして探偵ごっこだなぁ~

晩御飯を食べてお風呂に入っていると、ノーブラTシャツパンツ姿で背中を洗いに妻が入ってきました。背徳感?えっなんのサービス?

「娘は?」

「大丈夫❗テレビ見てる」

椅子に座って頭を洗ってもらって、背中を洗ってもらって立って体を全身を

最後に両手でチンポを洗って石鹸を流してからフェラ

あ~確かにフェラ上手になった気がする❗

こんなに妻のフェラって気持ち良かった?

妻を立たせてキスを濃厚にしながら乳首を服の上からさわるとビンビンに乳首が立ってます。服をまくって左の乳首を舌で転がしながら甘噛みをして右手で右の乳首を刺激すると、妻は乳首でガクガクとイッちゃいました

えっ~?乳首でイクの?と思いながら

「入れて❗」

狭い風呂場で声を殺しながら、後ろから激しく突くと口を手で塞ぎながら悶える姿のエロ過ぎる光景に我慢できず中に…

「あっ❗」

「大丈夫安全日…」

仕事に行く前にハァハァ状態

妻は満足気に出ていきました。中に出して文句を言わない?本当に安全日?一度芽生えた疑念はどこまでも膨らみます。

職場に行くと救急車がいて1人搬送されました。あ~忙しい1日になるかもなぁ~と思いながら、申し送りを終わらせて、さぁ~現場に❗一通り仕事をして気が付けは12時

気になるレイさんも手際よく仕事をしてました。

休憩室でコーヒタイムと思って歩いていると、レイさんが女子更衣室に入っていくのが見えました。

まぁ~夜勤の時はいつもだなぁ~と思いながらも、オナニーの話が気になり少し時間を開けて、入れたコーヒーを飲み干して女子更衣室の前に…電気は消えてる。開けて仮眠してたら大変だよなぁ~

そうだ救急車の話で誤魔かせる❗と鍵は開いてるので中にいるのは確かなんですが、あれ?いない…奥のトイレの電気がついてる

こっそり静かに忍び寄ると、確かにエロい声がします。

「んっ~あっ~んっ~あ~あっ~」

本当にオナニーしてるんだ

扉を開けたい衝動を押さえながら、更衣室をあとにしました。

忙しい朝の一時、日勤と夜勤が入り乱れながらの一時、給湯室で裕美さんと一瞬二人に

濃厚にキスをしてチンポを触られて、ニヤニヤしながら

「オナニーどうだった?確認して襲っちゃた?」

「そんな余裕なくて、本当にしてる?」

「うん❗してるはず❗日勤と夜勤なら着けてる下着が違う」

「今度確認してみる❗」

「うん❗お疲れ様????」裕美さんは濃厚にキスをして仕事に戻りました

1時間ほど残業になり、やれやれ帰るかぁ~と外に出たら土砂降り❗

えっ~今日って雨の予報だっけ?レイさんも出て来て

「えっ~なにこの雨❗自転車なのに…」

「チャリ積んで送りましょうか?」と言うと

「えっ~いいの?自転車も積んで送ってくれるの?マジ?嬉しい❗」

えっ~断ると思ったら予想以上に喜ばれた

「いいですよ~車持ってきますね」

古いハイエースが役に立ちました

後ろにチャリを乗せて、レイさんを乗せて帰宅です。

「マジに嬉しい❗」

「実は下心からの親切かもしれませんよ❗」

「えっ~こんなおばさんに下心?それはそれでまた嬉しいかも❗」

えっ?この人ってこんな人だったの?夜勤明けのハイテンションかなぁ~

「レイさんお綺麗ですから」

「えっ~綺麗?違うでしょ?このおっぱい揉みたいんでしょ?」

「アハハ(笑)否定はしません」

「ブラをしてるからいいのよ❗外したら世の中の重力を理解するわ」

「そうなんですか~」

エロ話と珍しくお喋りなレイさん

5分ほど走ったら家につきました。大きくはないけど一軒家です。

「誰もいないからコーヒーでも飲んでいくかい?お礼に朝ごはんぐらい作りますよ」

チャンス❗土砂降りの雨に感謝をしてチャリを降ろして、車を止めて家の中に

綺麗な家の中は趣味は掃除って思うほどです

「そこに座って、コーヒーでいい?朝ごはんはパン?ご飯?」

「コーヒーでいいです。朝ははパンで」

わかったと言って部屋に行って着替えてきましたが…エプロンをつけたので確認出来ませんが、ノーブラ?まさかねぇ~と

胸元の緩い服にエプロン、娘の短パン?みたいな格好で、コーヒーを持ってきて、すぐに台所にいきましたが、屈んだときにボリュームのある谷間がハッキリと、わざと?偶然?罠?色々考えましたが、コーヒーを飲み干して、台所にいき、背中を見せてるレイさんの背後から抱きつきました。

「コラコラおばさんに何をしてるの?嫁にバレたら怒られますよ❗」

エプロンの下から胸を揉みながら耳元で言いました

「誘ってるでしょ?更衣室でオナニーしながら」

「えっ~そんなことないよ~」

「ノーブラで揉んでくださいって服に着替えて?下着も履いてる?実はノーパンとか?」

「違う違う❗あっ~普段から…あっ~下着履いてる…」

胸を服の上から揉みながら、右手を短パンから中に…あれ?下着着けてる?

「ほら下着つけてないじゃん❗」

「いや…履いてる…あっ~ダメダメ触ったらダメ…下着に穴が開いてて脱がなくても触れるの…あっ~クリ触ったらダメ~」

「ダメなの?やめる?誘って家にいれたんでしょ?」

「違うって…あっ❗あ~ぁ~」腰を動かしながら洗面台に手をついて悶え始めました「ねぇ~やめる~触るのやめる?」

「………」

服の上から乳首をさわりながら、耳元で

「ほら~正直に言ってみて❗2人だけしかいないし…」

クリを優しく触りながら

「あっ~ダメダメ…好きにして触って激しくして❗ねぇ~もっとエッチな事言って…」

前を向かせてキス…舌を絡めて激しく

「エッチしたかったから家にいれたんでしょ?」

抱きついてレイさんが下半身に手を伸ばし

「そうよ❗エッチしたかったの」

「いつも夜勤の時はオナニーしてるの?」

「してる…色々な人に犯される事を想像して…あっ~おマンコ触って~」

「俺も色々な人に入ってるの?」

おマンコの中に指を入れながら

「入ってる…あっ~一番多いわ~貴方に犯される事が…

ねぇ~お風呂に入らない?お湯入れてあるの」

「一緒に入る?」

「うん~脱がして…私を全裸にして」

確かに多少は垂れてはいるけど、今までに一番の巨乳なのは間違いない

湯船に浸かりながら、後ろから巨乳を揉みながら、

「ねぇ~いつからこんなに大きくなったの?

「高校の時にはもうかなりな巨乳だった」

「初めて揉まれたのは?」

「小学生で先生に❗」

「えっ~犯罪ジャン」

「まぁ~時代だねぇ~」

おマンコに手を伸ばしながら「ここはいつ初体験?」

「えっ~中学生の時の家庭教師に…」

「アハハf(^_^)ダメダメジャン」

「あっ~❗ダメダメなのよ

ねぇ~洗ってあげる(*^^*)

一緒にお風呂に入るなんて思ってなかったから嬉しい」

お互いに手に石鹸をつけて洗いながらキス

洗い流して片足を上げておマンコを舐めたら、プッシュって愛液が溢れて頭を押さえられてもっと激しく舐めてアピール

「いや~あっ~ダメダメ…あっ~気持ちいい…」

ガクガクと我慢できずに座り込みました。

そこにチンポを持っていくと、凄いフェラ…やばって~すぐに腰を引きましたからお尻を押さえられて、あえなく口の中に…ヘロヘロにされてお風呂から出ました。

ベット上に寝かされてフェラ、パイずりでまた元気に…69の型になってから反撃とばかりに激しくおマンコ、クリを舐めて触って

「いや~イクイクイク❗」絶叫

「気持ちいい…入れたい…ねぇ~入れていい?」

「いいよ~でも久々のエッチなの?」

激しくキスをしてきて

「嫌いにならないでね…先週同級生に誘われて…」

「エッチしちゃたんだ~」

チンポを持って上から一気に…そして激しく腰を振りながら

「あっ❗いい…中に入ってる…ねぇおっぱい揉んで…強く揉んで…あ~凄くいい…若いチンポが気持ちいい…あっ~ダメダメ止まらない❗」

腰を激しく振りながら揺れる巨乳を揉みながら…

さっき出してるのでかなり余裕があります。

結構乳輪は大きめ、乳首も大きめです。

「後ろから突いて❗」と言って四つん這いになってお尻を突き出します。

チンポを一気に入れながら、

「同級生とどこでしたの?」「このベットで同じ事を…あっ~❗気持ちいい」

「ここ?それはお仕置きだなぁ~」とお尻を交互にバチ…バチと

「お仕置きして…エッチな女なの…チンポが大好き…でも貴方がしてくれるなら、専用になるから…もっとお仕置きして~あっ~イクイクイク❗」

言葉と姿に興奮してもう2回目出そうに…

「中でいいよ~たくさん中に出して❗」

「ほらほら出すぞ~❗」

絞り出される感覚でたっぷり

ベットで大の字になると、おマンコから精子を流しながらお掃除フェラを

「気持ち良かった…またお願いしますね~」

レイさんの上に乗りキスをして精子でグチョグチョのおマンコに半分たってるチンポを、入れて腰を振りました。すぐに元気に大きくなったチンポを感じながら、半狂乱になるまで突きまくり、すっかり壊れたレイさんを見ながら、満足しました。

クラクラの状態でさぁ次は妻の浮気からお仕置きだなぁ

週末はどうするかなぁ

「」

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]