【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

閲覧:週間51位 評価:昨日14位

小学校6年生時の水泳大会

投稿:2022-06-22 06:48:29

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆EiEXhDk

僕の小学校は夏の体育はプールで夏の終わりには毎年恒例の全校生徒参加の水泳大会が有った。

内容は1年生から順に6年生まで泳ぐって言うだけで低学年は泳げない人はプールの中を歩く見たいな感じだった。

自分が6年生の時に計画を立てたプールに有る更衣室は狭く教室で着替えプールに行く学校だった。

各学年2クラス有り1組は男子、2組は女子の教室で着替えプールに向かっていた。

大会当日、学年で1番かわいい1組の香奈と同じクラスの2組でかわいい真穂と由美、見た目は中の上で学校1秀才で2組の美佳の4人のパンツを取る計画を立てた。

僕は美佳が1番好きだった。

当日、朝からお腹の調子が悪い振りをしつつ、午後からの水泳大会には参加した。

水泳大会が始まると先生は全員プールサイドに居る僕は6年生で順番はまだまだで1箇所に留まらず友達の所を転々としつつ機会を伺う。

低学年が終わり中学年になったタイミングで友達の場所を移動しつつ腹痛でトイレに行くと言いプールを抜け出す。

もちろん嘘、ダッシュで教室に向かう案の定、6年2組の教室はしっかり施錠されている想定内、僕は廊下側の扉の鍵を閉める話を聞いていた。

僕は2組だったため予め水泳の着替えで1組に移動する前に教室のベランダ側の鍵を2箇所開けカーテンを前もって閉めておいたのだった、1組は男子の更衣室というのも有り無施錠、1組に入りベランダに移動する祈る思いでベランダ側の戸を開けると開いた。

当日、由美は水泳大会を休んでいたため狙うは3人。

始めに真穂、同じ2組で机の上に着替えが置かれている確認すると1番下のスカートに隠すようにパンツを発見。

真穂のパンツは水色と白色の縞柄、サイズは160cmクロッチはうっすら黄色くなって軽く尿臭がした。

次は1組の香奈。香奈は2組の美和と仲がよく美和の机で一緒に着替え、荷物も一緒に置いていた。

制服の名札を確認し、香奈の着替えを漁ってると美和の着替えが机から落ちた、慌ててみわの着替えを拾うとグレー1色のパンツが出てきた。美和の見た目は中の中で至って普通。

パンツを手に取るとクロッチは全面が真っ黄色で湿っていた。まるでお漏らしをしたような感じだった、匂いはパンツを広げるだけで匂ってくる尿臭で鼻を近付けると強烈な尿臭だった。

美和のパンツは取らず、香奈のパンツを探した。ふと机の横に掛けられたかなの水泳バッグの中を見ると丸まったピンク色と白色の縞柄のパンツが有った。サイズはMサイズ

クロッチは濃い黄色いシミが2センチほど付いていた。匂いは女の子独特のオリモノの匂いだった。

最後は美佳。机の横に掛けられた水泳バッグにスパッツに包まれたパンツが有った。パンツは白色1色のキャラクターがプリントされたパンツでサイズは140cm、クロッチはうっすらと全面が黄ばんて匂いはしっかり尿臭がした。

真穂、香奈はパンツのみで美佳はパンツとスパッツの両方をあらかじめ自分の机の中に用意していたビニール袋に入れた。

ここまで来たならクラスのブス以外の女の子はどんなパンツを履いてるかとクロッチのシミを確認した。

その中でそこそこ可愛く自分的に気に入った4人、あゆみの白色でクロッチのシミが表まで黄ばんてるパンツ、加奈子のピンク色のパンツ、里香のグレーと白色の縞柄のパンツ、美由貴は水色のパンツ、4人のパンツをベランダへ持ち出し、当時覚えたてのオナニーを開始した。

あゆみのパンツをチンコに被せて、加奈子と里香と美由貴のパンツの匂いを交互に嗅ぎながら擦ると即イキ。

1分以上チンコの鼓動が止まらずあゆみのパンツの表まで精子が滲み出してきた。

慌ててパンツを取るとクロッチどころかあゆみパンツの内側全体が精子まみれになっていた。とりあえず他の3人のパンツのクロッチでまんべんなく拭き取り4人のパンツは戻した。

プールに戻ろうかと思ったが見た目は普通の4人のパンツが気になりもう一度見直した。

美和のグレー色でクロッチが濡れてるパンツ、マリの薄いピンク色のパンツでクロッチ全体が真っ黄色で美和のパンツ同様にもの凄く尿臭がするパンツ、瑠美の黒色のパンツと真実の紺色のパンツにはナプキンを付けていて初めて見る使用中のナプキンに興味を持った。ナプキンはもの凄く尿臭がした。

同時に尿意を催したイチかバチかで瑠美と真実のナプキンに出してみた、ある程度は吸収してくれたが多少教室の床にこぼれ落ちた。美和とマリのパンツでこぼれ落ちた尿を拭き取りパンツを元に戻した。

流石にプールに戻らないとまずいと思い教室を出た。もちろん抜かり無く施錠忘れと思わす為に教室の鍵を開け出た。

するとちょうど低学年が教室に戻る所で慌てて鍵の開いていた教室に隠れた。するとそこは5年2組の教室だった。

5年生も同じで2組は女子の更衣室。5年には当時、学校で1番可愛い小百合が居た。

小百合の席は廊下側の1番後の席、良く廊下から小百合を見ていた。

ちょうど教室に入って目の前に机と着替えが有った。パンツを探すとキレイに畳まれて着替えの1番下に置かれていた。

パンツはグレーと白色の縞柄の160cmクロッチはほんの少し黄色く濃いシミが付いていた。小百合のパンツもビニール袋に入れる。

小百合の前の席は未来の席。未来はそこそこ可愛いたまたま今日、休み時間に未来のパンチラを見た為、未来のパンツも取ることにした。未来のパンツは机の横に掛けられた水泳バッグの中に丸まって入っていた。

未来のパンツはピンク色で150cmクロッチは500円玉位の薄い黄色シミがありしっかり尿臭がした。

低学年が教室に入ったのを確認しプールに戻る途中で非常階段下の外用の掃除道具置場にパンツの入ったビニール袋を隠しプールに戻った。

当然、誰にも怪しまれる事も無く水泳大会に戻り大会は終わった。

教室に戻り着替えてる時に2組の教室に女先生が出入りしいつも以上にざわついているのが分かった。

なんと真穂と美佳が下着が無くなっていると先生に言ったらし。香奈は?と思い見てみると美和と一緒になってなにくわぬ顔でお喋りしていた。香奈はパンツを取られた事を言い出せて無かった。

案の定、教室に別の先生が入って来て急遽、男子生徒の持ち物検査が始まった。

もちろん誰からも真穂と美佳の下着は出てくるはずも無く、美佳は至って普通な感じだが真穂は目が真っ赤でついさっきまで泣いていたのが分かった。

ちなみに小百合と未来も黙っていたみたいで帰りに小百合と未来を見ると制服の背中が濡れているのが分かり水着を着たまま帰っている見たいだった。

その日は金曜日で放課後、スポ小でサッカーをしていたので一回家に帰り再び学校へ行った。

グラウンドでサッカーをしていると先生達が各教室のロッカーや生徒の机の中を見ているのが分かった。どうも真穂と美佳の下着を探しているみたいだった。

スポ小も終わり辺りは薄暗くなって帰る前に誰にもバレない様に祈る思いで非常階段下の掃除道具置場を見に行くとビニール袋は有った。素早くサッカーバッグに入れ家に持ち帰った。

次の日、朝から家族は出掛けて居て僕は昼からスポ小のサッカーが有り一人で留守番。昨日のパンツを嗅いだり、履いたりしオナニーをした。美佳のパンツだけ140cmで小さく履けなかった。

香奈と小百合と未来のパンツシミは日に日にオリモノが固まりパリパリに、美佳と真穂のパンツは日に日に黄ばみが薄くなっていった。

数年後、マリと美和と同じ高校で同じクラスになりお互い小学校からの同級生と言うことも有り仲良くなり何人かグループでお互いに下ネタも言うようになった。たまたまオナニーの話になった。

2人共に姉がいた影響でかマリは小6、美和は小5からオナニーをしてたらしい。

小6の水泳大会の時のパンツを思い出した。

だからクロッチが真っ黄色に汚れ、強烈な尿臭のするパンツだったのかと思った。

また数年後の成人式の夜、同窓会をした。

同窓会は中学3年時のクラス毎で行われた。

僕はたまたま香奈、真穂、美佳と同じクラスだった。良く有る昔の話で小学校の水泳大会時に下着が無くなった話になった。

美佳は少し赤面していたか、真穂は大学で垢抜けた影響で淡々と当時の話をしてた。

すると香奈が実は私の下着も無くなったと暴露した。当時は恥ずかしくて言い出せなかったらしい。

同窓会に参加していた女子の1人がセクシーな下着だったから取られたんじゃないの?って香奈に問いかけた。香奈は咄嗟に黒色のパンツだったからねー。と見栄を張り嘘をついた。

心の中でピンク色と白色の縞柄でクロッチにガッツリとオリモノが付いたパンツだろっと突っ込んだ。

ここで香奈が真穂と美佳にも話を振った。

真穂は水色のストラップだったかな?と言った。僕は心の中で正解と言った。

次は美佳、昔の事でもう覚えてない忘れたと話を流した。僕は心の中で白色1色の140cmの小さいパンツだよと答えた。

結局、犯人も取られた下着も分からず仕舞いらしい。僕はホッと胸を撫で下ろした。

女子達は体育の授業中に体やお尻をやたら触ってくる男の先生を怪しんでいたらしい。次の年に転勤なった事も有り、その先生の罪を学校ぐるみで隠蔽したって事になった。

全ては僕だよと思い、その日の夜、家に帰るなり香奈、真穂、美佳のパンツを引っ張り出し成人式、同窓会の写メを見ながら3人のパンツをティッシュ替わりにしてオナニーをしまくった。

半年後には3人のパンツは精子塗れで異臭を放つようになりもえるごみの日に捨てた。

長々とすみませんでした。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]