【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

閲覧:週間76位 評価:週間70位

Fカップ 22歳フリーター宏美を絶頂させた

投稿:2022-06-22 19:30:32

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

特殊フェチ◆aEGYJpA
最初の話

飲食店の店長時代のバイトとの思い出 - Fカップ 22歳フリーター宏美

彼女の名は宏美。ある日ちょっとした雑談から、とんとん拍子で話が進んでいきなり2人でドライブへ行く事に…。そして当日、車内から色々な景色を楽しみつつ山道をドライブ。初めての休憩で車から降りて歩いた時、俺は相手が歳下のアルバイトという事もあり、気を使って一定の距離を保っていたが、時間がたつに連れ…

前回の話

「お・・お願い・・。私もう我慢できない、思いっきり感じさせて!店長の挿れて欲しい。ひとつになりたい。入れて、激しく……突いてっ!」興奮のせいか頬が赤くなり、目も切なそうに潤んでいる。

恥じらいを捨てて宏美は腰をクネらせてペニスを飲み込もうとする。それでも動かずにいると、宏美は腰を器用に動かし、ペニスの先端を吸い寄せるかのごとく引きこみに咥え込んだ。

そのまま、もっと深くと言わんばかりに、狂おしいまでに小刻みに腰を動かして身体をよじりながら快感を全身で表している。それはまさに女が色に狂いつつある動きという表現がピッタリなくらい宏美は淫らに腰を振りその性欲を満たすかの様に貪欲に激しく俺の身体を求めて責め続けてくる。

とうとう亀頭が膣内に入っていき「んあぁっっ!」と顎を突き出し喘ぎ声をあげる。もうイイか・・・とそのまま腰を押し進めると何の抵抗もなくペニスを飲み込む。

「あはあああんっ」とより大きな喘ぎ声をあげ、体を大きく反らせながら顎を突き出し、目を閉じた。挿れた瞬間、宏美の膣内のヒダが俺のペニスを待っていたかのように絡みついてくる。ゴム越しでも、宏美の中はすごく熱く感じる。

「あぁ・・やっと1つになれた…これがずっとほしかったの、店長のが宏美の中に入ってきてるよ~気持ちいい~もっと、もっと奥まで入れて…奥まで来て欲しいのぉ…少しでも深く繋がりたいっ」と俺の腰を手で持ち自分の方へ引き寄せ、ペニスを奥へ引き込もうとする。

それに応えるように、もっと深く入るように宏美の両足を肩に抱え足首を肩に乗せてマンぐり返しの体勢で誘われるままに腰を前に突き出し一気に挿入する。

愛液でドロドロに濡れている宏美の膣襞を掻き分けながら進んでいく。ぐちょぐちょに濡れた宏美の膣壁が波を打ちながら奥へ奥へとペニス飲み込み奥へ挿入すればするほど更にペニスを締め付けて歓迎する。

ゴムの皮一枚隔てているとはいえ、そのペニス全体にまとわり付くような感触は、上の口とは違ってまさに男を喜ばせるために生まれてきたような名器であり、たまらない快感に腰が痺れてる。

「んはぁぁぁ・・・!」根元まで俺のペニスを受け入れた宏美は歓喜の鳴き声を上げて、よがる宏美の声を聞き、俺はいっそうペニスを固くした。

固くなり、大きく膨張すればそれだけ、宏美の中がきつく締め付け、快感は増した。俺は射精感に堪えながら、汗を垂らして膣道を突き進み、一気にペニスで膣を埋め尽くした。

そしてペニスが深部にまで到達すると亀頭の先端が子宮口のぷにっとした肉に突き当たり、ペニスが吸い込まれるように更に奥へ・・・。子宮口に触れると「ああ~っ!すごいっ!すごく気持ちいい~っ!」と宏美の背中が更に大きくのけぞる。腰を抱え密着させ、グリグリと亀頭の先端で子宮口を押し潰す。奥に届くたびに、強烈な締め付けが俺を襲う。

「店長、すごい奥に…はぁぁぁぁ…あん……、当たってる…いいっ、気持ちいいっ……店長のおチンチンが、私の子宮にキスしてる!奥ぅ~激しく掻き混ぜてぇ…ふわああああああああああっっっ」と更に感じてくれたようで宏美は体をビクンビクンと跳ねて、膣襞がリズミカルにより一層キツク収縮する。

大きなおっぱいが、ばるんばるんと揺れる。「あっ。あっ。ああああんっ」宏美は胸を大きく上下させている。

宏美にキスをしながら、深く浅くゆっくりピストンを始めた。根元まで沈め亀頭まで抜く。突く度に宏美の巨乳が揺れるのがたまらなかった

「あっあん・・あ・あ・あ・あんあん・・。」それに合わせるかのように宏美も下から腰を突き上げるように上下に腰を動かし始めた。

だんだんと腰の動きが鋭くなり、自ら腰を俺の方にぶつけるようにして、激しい突きに対抗している。

使い込まれていると思ったが宏美の膣の締め付けは衝撃的なものだった。宏美の膣内は想像していたよりもずっと狭くて、でもまったく抵抗感がないくらいに柔らかい。

挿入感が加速度的に高まって宏美の膣壁はぐいぐいと圧迫力を増してきた。自ら「気持ち良いと思う」と言うだけの事はあり、宏美の膣は、生き物のように絡み付き、きゅうきゅうと締めながらペニスを歓迎している。

膣はペニスを沈めると拍子抜けするほどすんなりと最奥まで迎え入れてくれ、まるで引き寄せるような感触なくせに、引き抜くときはすごい抵抗感でペニスをくわえて絶対離さないって感じで締めつけて膣壁まで一緒に出てしまいそうなくらいねっとりと絡みついてきた。

奥は微妙に痙攣し亀頭をくすぐる。突く度にズンズンッと子宮口に当たると宏美は身をよじらせる

「ん・・・はっ・・・あんっ凄いっ、気持いいっ!あん…あん…凄い…オチンチンがコリコリ子宮にグイグイってぇキスしてるのぉ…、んんふぅ、、、んんぁ、、んふぅっ、、」

重ねた口の間から、吐息と声を漏らす。腰を動かすのに合わせて、宏美はリズムよく声を出し、胸は大きく揺れる。漏れた喘ぎ声が耳を刺激する。

腰を動かすほどに宏美の膣内が柔らかくなって、挿しても抜いてもあらゆる箇所にペニスが絡みついてきた。

宏美の膣内が気持ち良すぎて腰の動きを止めることができない。宏美の身体を固定して今度はこちらから動き、奥までペニスを出し入れて、先端で奥の当たる所を刺激するような動きをする。

「あっぁぁぁん・・・だめぇ・・・ヘンになっちゃうぅ~~・・・店長の気持ちいい!!おちんちん気持ちいいよぉもっと突いてぇぇ」と宏美の感じ方が尋常なないぐらいになり、喘ぎと言うより悲鳴になってた。

そうされると気持ちが高ぶり、どうしても動きは激しさを増して思わず腰のスピードを上げてしまう。

「あぁぁぁ~凄い気持ちぃぃ~もっと激しく突いて、きもちいよ・・おちんちん・・きもちいいよ」と言いながら自分で腰を振り始めた。

「ああっ!あんっ!奥に当たるよぉ~!あっ!いくっ!いくっ!だめえ、イキそう、奥まで届いてる!あっ!あっ!あっ!気持ちいい!!」

反り返り悶える宏美の唸り声と共に、擦れぶつかり合う下腹にナマ温かさが増し、股間から鳴っていた淫らな鈍い音がピチャッピチャッと水打つよぅな響く音に鳴り変わり始め、宏美はビッショリになるほど愛液をさらに溢れさせていた。

腟内が、きゅっきゅっと激しく収縮を始め、絶頂が近いことを知らせてくる。

「もうイキそう、イっていい?」その時の火照った顔でトロンとした目がとても可愛かった。

ペニスの尖端を無理やりに奥の壁によりいっそう強く押しつけると「んんんっっ!、、、あぁっ。。。さっきより…当たるぅ奥にお腹に響くぅ…気持ち良い…やあっ!いやあっ!おかしくなっちゃう!!」と宏美の体が更に大きくのけ反る。

そして素早く入口ギリギリまで戻し、そしてまた一気に奥へ。そのくり返しをしていた時、宏美の中が異常に熱くなるのを感じた。

「ダメ、それ以上したらイヤ。それダメ。それダメェ~。トロけちゃう!ああっ!だめぇっ……わ、私だけ……私だけイッちゃう……ああっ……あああーっ!!」

宏美が一番大きな声で喘ぎ、大きく仰け反り爪先をキュッと内側に折曲、激しく痙攣するかのようにビクビクと身を震わせ絶頂を極めた。

それは物凄く淫らでイヤラシイ姿だった。背中が弧を描くと宏美の中がギュゥゥと収縮しはじめ、ペニスが握りつぶされる感覚になり射精しそうになるのを必死で堪える。

逝きそうになったが、1度出したせいか、どうにか我慢できた。

ぎゅうぎゅうと締め付ける膣内を、トドメとばかりに突き上げると宏美は腰を震わせながら崩れ落ちた。

愛液に塗れたペニスをずるりと引き抜くと、大きなお尻がピクピクと震える。

「あっ……んっ……あくっ……」

何度も身を震わせながら宏美が快楽の余韻に浸っている。

「やーん、店長、抜かないで~」宏美がいやらしく腰を振って残念がる。引き抜いた肉穴がまるで金魚が餌を欲しがる口のようにパクパクと蠢いている様が淫靡だ。

「イカされちゃった……私だけ……。やっぱりHって気持ちいいね。すごく気持ち良かったからスグにいっちゃったよ、でもまだ店長逝ってないよね?ごめんね…先にイっちゃって。」と宏美は息を切らせながら言った。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]