【現在22,850話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

閲覧:週間75位 評価:昨日8位

また妊娠しちゃいました。

投稿:2022-06-22 11:49:05

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

まい◆EHgYNTU(福岡県/20代)

私は18歳で結婚しました。高校3年生の冬に妊娠してしまい、卒業後に結婚。

夫はもの凄く性欲が強く、毎日身体を求めて来ます。でも、私の事を大切にしてくれ、私は夫が大好きです。

私は、もともと性の知識が無くて、夫以外の男性を知りません。毎日の様に夫に求められ、私は求められるままにエッチをしていました。私はあっと言う間に3人のママになりました。

上の子が幼稚園に行き、ママ友と情報交換する様になり、私は「避妊」を知りました。赤ちゃんが出来ない様にセックスが出来る事を知ったのです。

その日、私は生まれて初めてドラッグストアでコンドームを買いました。

その夜、夫に求められた時、「もう赤ちゃんが出来たらマズイよ」と、私は夫にコンドームを渡しました。

夫は納得してくれ、私は安心して夫とセックスしました。夫がコンドームを着けるのが面白くて、私はマジマジと見入ってしまいました。

セックスが終わると、ゴムに入った精液にも興味がありました。

私が興味津々で見ているので、夫は私に色々と教えてくれました。

避妊を覚え、私は夫とのセックスが楽しくなりました。子供の寝かしつけが終わると夫に甘え、セックスして欲しいとおねだりしました。

性欲の強い夫は、どんなに疲れていてもセックスしてくれました。夫が上手いのか、私が感じやすいのか、私はいつも何回もイッてしまいます。

ある日、いつもの様に私が先にイッてしまい、グッタリしていると、夫は私を背後位でセックスして来ました。夫が腰を振る間、私は何回もイキました。

夫が出し終わり、私のから出ると、私のアソコから大量の精子が溢れてきました。

激しく腰を振っている間に、コンドームが外れてしまった様です。

翌朝、私がトイレに起きると、中から夫の精子が垂れてきました。避妊を覚えるまでは毎日こうでしたから、何となく嬉しい気持ちの自分がいました。

しかし、その後も夫と背後位でセックスすると、ゴムが外れてしまう事がありました。

実は、夫は背後位に対位を変える時、内緒でゴムを外していたんです。

そんな夫に対して、私は強く怒る事が出来ず、でもセックスも我慢出来ず、なあなあのまま、毎日を過ごしました。

私が常にゴムを持ち歩き、夫に襲われる時にゴムを渡します。夫はしぶしぶゴムを付けてくれますが、私が油断するとゴムを外し生でエッチしようとします。

私は、スマホに「ルナルナ」というアプリを入れ、危険日はエッチを我慢するか、必ずゴムを付けてもらうように夫にお願いしました。

私が25歳の時。ついに私は、4人目を妊娠してしまいます。

その日は、ルナルナアプリで排卵予定日でした。私はエッチがしたくて堪らない状態でした。

子供達は疲れていたのか、いつもより少し早目に寝てくれました。

私はゴムを持って夫の部屋に行きました。

夫が私のパンツを膝まで下ろすと、私のパンツはドロドロに濡れていました。

粘っこい液が出てきていて、間違いなく排卵日なんだって自覚しました。

夫は直ぐでも入れられる私のアソコを丁寧に舐めてくれました。あまりの気持ち良さに、私はスグにイキました。

夫は素早くゴムを付けてくれ、私の中に入って来ます。そして、私はまたイッてしまいます。

その日のセックスは長く、私は何回イカされたのか分からなくなっていました。

夫は背後位で私の中に入れ、いつもより強く腰を振りました。

私は声を抑える事が出来ず、「あっ、あっ、イ、イク、あっ、イク」と、言い続けてました。

夫がイク瞬間、私は子宮が熱くなった気がしました。

夫が私から出て行くと同時に、私のアソコから大量の精子が溢れて来ました。夫はまたゴムを外してしまったのです。

でも、私はセックスの余韻に浸り、しばらく動く事が出来ませんでした。ようやく、息が整ってきた時、夫がキスをしました。

私は満足してしまい、夫に抱かれ、そのまま眠ってしまいました。

3週間後、夫と妊娠検査薬を使ったところ、陽性でした。でも、結果は分かってました。

あの日、夫が私の中に出した瞬間、私の子宮は答えをくれてました。今日は受精するよって。

私は今、下の子2人とニコニコしながら、産婦人科に定期検診に来ています。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(3件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]