【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

評価:昨日29位

髭のジェントルマン交遊録・・・(20)ハプニング編2

投稿:2022-06-22 15:37:34

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

ひげのジェントルマン◆JGNpMJc(東京都/60代)
最初の話

女性経営者のお誘いで夕食会に参加してみたら・・・

これまで好感を寄せていた井川遥似の女性経営者からのお誘いで夕食会に参加した。年齢的に30代のベンチャー企業社長〜70代の大手企業経営者までいる社会貢献活動を行なっている企業の集まりで様々な情報交換させて頂きました。井川遥似の女性経営者は年齢43歳でIT関連企業を運営されていて、身長168cm…

前回の話

6月17日の金曜日は某上場企業OBを中心した人達の第三金曜日に集まる「三金会」という会があり出席して来ました。そしてハプニングは2次会で訪れた銀座のクラブでの出来事になります。連れて行かれたお店は初めてでママが挨拶に来られて顔を見てお互いに驚きました。若い頃にお付き合いしていた時期があり、小生の海外勤務で疎遠になったのでした。年齢は同じだと記憶しています。

仲間から冷やかされましたが「ママからアフター誘われたからママの顔を立ててお付き合いして来るよ」と言い、ママに連れたれて月島の高層マンションに連れて行かれたのでした。私と自然消滅してから名前は言えませんが某社社長の愛人となり、結婚は出来ませんでしたがお店を持たせてもらい、男の子を授かり今では自分で事業をしてお孫さんもいるとのことでした。

お世話になった社長さんには生前に自分が亡くなっても生活が困らない様にとご家族には内緒でこの高層マンションと現金で1億円いただいたそうです。昭和の社長達は女に金使っていたと思います。今ではそんな生活したら破綻すると思いますね!

ママは女優の岡田茉莉子さんを若くした感じで、客からも若い頃の岡田茉莉子さんを思い出させると言われておりました。当時に比べて流石にお肉がついてポッチャリした様に外から見ましたが、全裸にしたらまだまだ若い肌で張りのある良いオッパイでした。昔の様に私の服を脱がせて行き、ボクサーブリーフの上からペニスを摩り「変わらないね!このチンポ」と言い、

ブリーフを下げて咥えて来て手で握り「これよ!このチンポよ!私が忘れられないチンポ!」と言い、入念に舐めて亀頭は味わう様に舐め回すと「この亀さんも変わらないね!このカリがオマンコをかき回すのよ!」と言い、おしゃぶりを繰り返すと自分でオマンコを触っていたので、「挿れて!ワ・タ・シのオマンコに!」と言い、ペニスを握り導くのでした。

ゆっくり挿入してあげると「これよ!このチンポよ!オマンコが拡がってが行くのが分かるわ」と言い、しっかりと抱きつきキスして来るのでした。ディープキスしながらママは脚を私の腰に絡めてクリトリスを擦り挙げるように下から腰を突き上げるのでした。久々の私のペニスを味わい自分で深く子宮に当たる様にすると「あゝ〜〜〜逝く!逝く!出して!カ・ケ・テ〜〜〜〜〜」と言い

ディープキスしながら強く抱きしめて深い挿入をして射精すると「あゝ〜〜オマンコ感じる!久しぶりよ!このチンポじゃないと分からないわ?」と言い、ガッチリ抱きつき離さないのです。麗子ママは「このままでいさせて」と言い、膣というか身体全体で感じている様でした。「今日は貴方に逢えて本当に良かったわ!身体と心のストレス発散出来たわ!」と言い、バスルームに移動しました。

遅れましたママの名前は源氏名・麗子と言います。バスルームに着くとママの股間から大量の精液が垂れているのが分かりました。シャワーで互いの身体を流し久々にママのオマンコとアナルをきれいに洗って挙げました。もちろん私も麗子ママが洗ってくれました。バスタブに浸かりキスをして化粧を落とした麗子ママはきれいでしたので「良い女は変わらないね!」と言うと

ペニスを握り「これもよ!」と言い、強く握るのでした。バスタブから出て用意してくれたバスローブを着てリビングで私は冷たい水でママはシャンパンを飲みながら、これまでの昔話に華を咲かせました。当時は海外転勤は出世の早道と言われた時代でしたから麗子ママも身を引いてくれたと思うのです。

「35年ぶりのチンポはどうだった?」と聞くと、「身体は覚えているんだね!子宮が反応して熱くなった」と言うのです。「だってさぁ、貴方と別れて数人と付き合ったけど、私を満足させてくれた人はいなかったわ」と言うのです。

その後は大判のバスタオルをママのベッドに敷いてから、オマンコに愛撫を加えて舌でクリトリスを転がすと「気持ちいい」と言うので、オマンコに指を挿入してGスポットを攻撃すると「逝くよ!出!出る〜〜〜」と言って潮を噴いたのでした。あまりの聖水の勢いが良いので私の顔にかかりました。聖水を噴き出したオマンコを舐めて挙げると「舌が感じる!オマンコ良い!」と言うのでした。

顔を洗ってから乳首を舐めて乳輪も舐めて豊満なバストを揉むと感じたらしく「気持ちいい!」を連発していました。69の形になり互いの性器を舐め合いフェラで大きくなると、オマンコから少しずつ聖水が噴き出ているのでした。尿道を指で塞いで時間を置いてから指を外すと大量の聖水を噴いちゃいました。

正常位で挿入してから後背位そして深い挿入が出来てクリトリスに刺激が与えられる対面座位になると、麗子ママはキスをしながら下半身を自分で動かして亀頭自分の子宮を刺激する様にして昂まると「逝ってイイ!逝くよ!逝く〜〜〜〜〜」と言って、失神すると私のペニスに温かい聖水が噴き出て来るのが分かりました。

しばらくそのままでいて目を覚ますと、お漏らししたのが分かったらしく「気持ち良かったから」と言い、恥ずかしがるのでした。亀頭を動かすと子宮で感じたのか「あなた逝ってないでしょ!」と言い、自分からペニスを抜いてフェラして「ねえ!このチンポ昔と変わらないね」と言い、激しくフェラして大きくすると「頂戴!麗子に頂戴!あなたに精液飲ませて!」と言うのです。

私も麗子のタイミングを合わせて「麗子、出すよ!」と言い、おもいっきり精液を出すと喉の奥まで飛んだ様で咽せていました。麗子は吐き出さずに全てを飲み込みました。

バスルームに行き、身体をきれいにしてまた昔話をして、麗子から今後も定期的に逢って抱いて欲しいと言うので了解しました。秘密保持の為に条件として店には逢う時以外は行かないという約束をしました。

当然ながら電話連絡やLineのやりとりはOKにしました。銀座で生き延びて来た女ですからその辺は心得ているので安心出来ると思います。65歳になったオマンコも良いオマンコになっていました。そして逢瀬の場所はママの部屋と決めたのです。秘密を守りたいですからね!朝方、おやすみのキスをしてママ宅を後にしました。

本当にビックリしたハプニングでした。お店では和服を着て今ではヤクザ映画に出ていた頃の岡田茉莉子さんにそっくりの感じです。とても65歳に思えません。お互いに身体は覚えているものですね!若い頃に一日中セックスして麗子は何度も逝き、私も8回射精して頃を思い出し笑いました。今では抜かずの2発が限度です。

次回は(21)に続きますので、お待ち願います。

この話の続き
-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]