【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

評価:昨日1位

【評価が高め】元ヤン年上彼女京子 女王蜂カオリさんの乱れイキ

投稿:2022-06-19 04:10:18

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆IiU1QCE
最初の話

【高評価】ヤンキーの女先輩の手コキで射精した中坊童貞の俺

俺が中学1年生の時の話。確か冬休みに入る少し前だったと思う。3年のヤンキーグループが7~8人ぐらい集まっていた体育倉庫に女子のヤンキーグループのリーダー格の京子という3年の女が一人で乗り込んできた。俺はそのグループに友達の兄貴がいたので、粋がって一緒に体育倉庫にいた。喋った事はないが、京…

前回の話

今でも忘れられない夜…◯◯ー◯ホテル1105号室…女王蜂カオリさんがドアを開けた…ちょっとビビりながらドアを開いた。

部屋の奥に歩いて行くカオリさんの後ろ姿…

カオリ「お疲れ様…」

黒いパンティに肩にバスタオルを掛けていた。

妙に貫禄があった…部屋はツインで俺たちの部屋の倍以上あった。

ソファに座りテーブルに足を上げるカオリさん。

カオリ「結構遅かったね…ホテル取っててビックリした?」

怒ってはいないが機嫌は良くない雰囲気…笑顔はない。

「はい…すいません、こんなに遅くなると思ってなかったんですけど…」

カオリ「アタシも飲んでたから…二次会どこ?」

「住所は分からんですけど…四季からタクシーで7〜8分のスナックだったですよ」

カオリ「そう…どこだろう?まぁいいけど…シャワー浴びなよ」

やっぱり、ちょっと不機嫌な感じ…。

「汗凄かったんで、今部屋でザッと浴びました、すみません」

カオリ「マジで⁈そう⁈…ビールあるよ」

冷蔵庫の缶ビールを取り一口飲んだ…押し倒してヤッたら逆効果かなぁー…とか思っていた…

いきなりカオリさんが俺の前に来た!

俺の顔を押さえて見つめる…真顔が怖かった。

ブチューーーっとキスをしてきた!

痛いぐらい舌を吸われた…

「んんぅぅ…」

カオリ「待ちくたびれた…脱ぎなさいよ」

ちょっと上から口調…俺はサッサと素っ裸になった。

『シャワー浴びて良かった…』

ホッとする俺。

カオリさんはゆっくりと俺を床に寝かせた。

『何?地べた?何?』

逆らわずに床に仰向けになった。

カオリさんは首に掛けたバスタオルをテーブルに置いて、パンティを脱ぎソファに投げた。

俺は床に寝たままカオリさんを見ていた。

カオリ「舐めて…気が狂うぐらいに」

命令口調に言って俺の顔に跨った…大きなお尻…石鹸の匂いがした。

先ほど、楽しんだマンコとは全く違う良い香りだった…。俺の口に合わせてマンコを持ってくるカオリさん…俺は舐めた…周りを舐め、クリを吸う…次第に湿ってくるカオリさん…。

カオリ「んんっ…んっ…ふぅっ…んくっっ…」

声を出すのを我慢しているように唸るカオリさん…クリを甘噛みしてみた。

カオリ「あっっ、んんぅぅ…くぅっっ…はっぁぁ…ハァハァ…」

明らかに感じるカオリさん…俺もそんなカオリさんの唸り声に興奮していた。

しばらくの間、カオリさんは俺に舐めさせ、腰を上げると、反転して俺の顔を跨ぎ、両足を床にべったり付けて俺の口の部分に座った。

鼻で呼吸は出来たが、マンコがピッタリと口に乗って上手く舐めない…俺は必死に舌を尖らせてマンコに押し込んだ。

マン汁がとめどなく溢れてくる…京子や雪乃さんとは違ったカオリさん独特の味…無臭に近く、ほんの少しだけ甘みがある。

腰をグリグリさせるカオリさん…顔は見えなかったが、息遣いは荒かった。

チンポはMAX状態…カオリさんが掴んでくる…

チンポを掴んで腰を小刻みに上下する…馬と騎手のようだった…。

カオリ「ハァハァハァ…こんなに勃起して…ハァハァハ、カチカチよ…」

そう言うとカオリは腰を上げて、床に座りベットにもたれて、

カオリ「ハァハァ、吸って…おっぱい」

悦に入ってるような言い方と表情だった。

起き上がりカオリさんの股の間に入り、おっぱいを揉みながら半勃ちの乳首を吸った。

カオリ「うっっ…あぁぁぁ…ハァハァ…もっと」

舐める俺の頭を抱き締めるカオリさん。

舐めながら、俺は、

『待たされて怒ってるんじゃなくてカオリさん溜まってるんだなー』とか考えていた。

欲求とかではなくて、いわゆるストレスだと思った。

まだまだ男社会の時代、大手企業で上を目指してバリバリやってるカオリさん…ストレスがない訳がなかった…と思う。

俺の事は、多分、セフレというより、ちょっと気の利く活きのいい若者…個人的な子分にはちょうど良かったんだと思う。

女王蜂の乳首を強く吸う…煙突のように勃ってきて、どんどん硬くなっていくのが分かる。

カオリ「んっくぅぅ…ハァハァ…噛んで…ハァハァ…噛んでぇぇ…」

女優の濡れ場のような感じ方…京子や雪乃さんとは違う色っぽさだと思った。

噛みながら、もう片方の乳首をコリコリと摘む…直ぐに勃ってくる乳首…2cm以上はある煙突のような乳首。

カオリ「はぁぁぁーーん…噛んでぇぇ…トモ…あっはぁぁぁーーん」

唸るように悶えるカオリさん。

カオリ「ハァハァハァ…入れて…ハァハァ…トモ…入れて…擦って…おかしくなる…」

ゆっくりとベットに上がる。

股を広げて目を瞑っているカオリさん。

無言で刺し込んだ…ヌルッと入るチンポ。

カオリ「はぁぁん、あんっ、あんっ、あんっ…」

低い声で悶える…

カオリ「あぁぁぁん…噛んで、噛んでぇぇ…いいぃぃ…噛んで、擦って…突いてぇぇ」

歯を食いしばり低い声で俺を睨むように唸る。

腰をカクンカクン動かすカオリさん…この日は一段と激しかった。

両方の乳首を摘み激しくピストン…キューっと

締まるマンコ。吸い付くようだった。

カオリ「あっ…んんぅぅ…イック…イック…あっっ…」

背中を仰反るようにして、果てたカオリさん。

少し遅れて、俺もカオリさんの腹に放出…2回戦目にしては大量だったと思う。

カオリ「ハァハァハァ…もうダメ…ハァハァハァハァ…アナタ若い…凄いわ…ハァハァハァハァ」

「カオリさんも若いですよ…肌綺麗ですよ」

カオリ「何言ってんの…もう落ちていくだけよ…オバサンよ…」

「トモ…こんな事してて変だけど…彼女大事にしなよ…アタシはタダの遊びなんだから…」

「はぁ…俺、カオリさんの事好きですよ」

カオリ「バーカ!好きになるな!お互いストレス発散でいいの!」

「ウチの女子たちも社内で結構遊んでるよ…不倫も含めて…お互い割り切ってる…大人だからいいんじゃない」

「まぁ…俺、遊んでますけどやっぱ彼女は大事です…身勝手ですけど…全く遊んで無かったら別れてると思います…多分」

カオリ「皆んな大人だもん…責任取るならいいんじゃない…一途な人もいれば、恋多き人もいるよ」

「他人がどうこう言う事じゃないと思う…不倫してる人はいつか痛い目合うだろうし」

「トモ、もう一回やろうか!…フフフッ、頑張れる?」

結局、朝まで2回ヤル事に…俺は限界だった。

シャワーを浴びて、しばらくまた話した。

「そのまま会社ですか?」

カオリ「明日休み!2週間休んでないから出社出来ないのよ、最近結構うるさいの!」

「トモ、寝れなかったね、ごめんね…」

「大丈夫っすよ!体力はありますから、飛行機で寝ますよ!」

カオリ「フフフッ…若いって凄いねー…あっ!そういえば◯◯支店の◯支店長が転勤でそっちに行くよ…」

「あのオッサン曲者だから気をつけた方がいいよ…いい噂聞いた事ないし…平気で梯子外すよ」

内容もさる事ながら、もう完全に仕事モードのカオリさん…悶えるカオリはそこにはいなかった。

部屋を出る時、

カオリ「ありがとね…あんまり遊び過ぎるなよ!お前が言うなってね!!あははは!」

デコにキスしてくれた。

俺は部屋に帰ってそのままベットに倒れ込んだ。

『疲れた…俺もいつかバチ当たるんだろうなぁー…京子にフラれるんかなぁー…」

とか、後悔しながら落ちた。

朝、京子のメールでが目醒める。

『おはよー!今日は東京も暑いらしーよ!頑張ろうね!お土産待ってるよー♡』

嬉しく、切なく、虚しくなる俺…

その後も仕事は激務となり、俺達のチームはしばらくマトモに休めない日々だった。

それでも、京子とは進展していった…その過程において俺は京子のお母さんから静かな説教というか、背筋がピンと伸びるような話をされる…。

それは、ありがたく…怖かった…半端な俺に静かに喝を入れてくれた…。

女は…いや、京子のお母さんは強者だった…。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:17人
いいね
投票:43人
文章が上手
投票:21人
続編希望
投票:63人
お気に入り登録
投票:8人
名作
投票:9人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:161ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 10回
  • 56回
  • 219回
  • 4,539回
  • 4,539回
  • 2,966位
  • 3,911位
  • 5,176位
  • 5,275位
  • 20,892位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 98Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 451位
  • -位
※23948記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]