【現在22,871話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

評価:昨日6位

どうしてもJCの着替えが見たくて妹にお小遣いをやって……

投稿:2022-05-14 20:35:50

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

思春期真っ只中◆EYmTkQM(10代)

高校1年生の夏、早くも高校生活に忙殺され、俺は「中学生に戻りたいなあ」という思いに耽りながら卒アルを見ていた。

適当に見ていると、中学1年生の時に行われた着衣水泳の写真のページを見つけたのだ。水着ではなくても身体のラインは十分に見え、成長しきった高校生の身体とは違うエロさを感じた。

そして、俺には3歳下の妹がいる。俺にはデレデレなわけではないが、そこそこ懐いていて、程よい距離感だった。

そこで俺は妹にあるお願いをすることにした。早速、俺は1000円を手に妹の部屋に向かった。

「なあ、お前今、欲しいものとかある?」

「なんで?買ってくれんの!?」

「いや、買いはしないけどちょっとだけなら金出してやれるからさ」

「なに?お母さんに黙ってて欲しいことでもあんの?笑」

「まあ、その類だな」

「聞くだけ聞いてあげるよ笑」

「あのさ、今の時期プールだろ?更衣室撮ってきてくれない?」

「いくらくれるの?笑」

「1000円持ってる笑」

「まあ、とりあえず引き受けるよ」

こうして交渉は成立し、俺は1000円と自分がちょっと前まで使っていたiPhone11を渡して妹の部屋を出た。

翌日の夜、俺がゴロゴロしていると妹が例のiPhoneを持って俺の部屋にやって来た。

「撮ってきたよー」

「早っ!」

「お金貰っちゃったからね笑」

そんなこんなで俺は妹からiPhoneを回収した。妹によると6時間目の水泳の授業の着替えを撮ってきたそうだ。

早速、アルバムを開いて動画を確認する。10分ほどの動画が2本入っていた。俺はまず、制服から水着に着替える方から視聴することにした。

動画は、妹がiPhoneを掃除用具入れロッカーと思われる物の上に設置するところから始まった。設置し終わると妹は画角の外へと移動した。

すぐにぞろぞろと女子たちがやって来た。入ってきた人数は合計で26人で、全身が画角に入ったの3人だった。

1人目は妹と同じくらいの背丈(150cm程度)で、顔はそこそこ良く、細身で乳は貧乳。あとの2人はドブスとぽっちゃりだった。

後から名前を聞いたところによるとその1人目の子は香帆という名前らしい。というわけで以後、香帆は香帆、ドブスはA、ぽっちゃりはBとする。

3人はまず、スカートの下に履いているハーフパンツを脱いだ。香帆は脚がスラッとしていて綺麗だった。

Aも脚だけは香帆に負けず劣らずだった。幸い、カメラには後ろ姿しか写っていないため、ドブスだが、興奮はできそうだ。

ハーフパンツを脱ぐと、3人はバッグからスクール水着を取り出した。香帆はスカート型のセパレートタイプ、Aはスパッツ型、Bはスタンダードなやつだった。

次に3人はスカートを履いたままパンツを脱いだ。香帆は白と黒の縞模様、Aは真っ白、Bは果物の模様が描かれたものだった。

そのまま3人は水着を履いていった。腰まで履き終わるとスカートを脱ぎ、AとBは制服を脱ぎ、キャミソールを着たままブラを脱いだ。

一方、香帆は制服を脱ぎ、キャミソールも脱いでいった。香帆は紺色のスポーツブラを着ていた。しかし、それも脱いだ。

セパレートタイプなので、全て脱がないと着れなかったのだろう。香帆の半裸の後ろ姿が露になった。

運動部なのだろう、半袖の日焼け跡がくっきり残っていて、腕は小麦色だったのだが、背中は透き通るように白い肌だった。

何とかして正面を見れないだろうかと思ったのだが、残念ながらそれは叶わなかった。仕方なく俺は動画を止め、半裸の香帆の後ろ姿を見ながら可愛い顔を想像して抜いた。

3人が着替え終わった頃、他の女子がぞろぞろと更衣室を後にして行き、妹が録画を止めた。

そして、お次は水着から制服への着替えだ。またもや妹が少し焦り気味に録画をスタートさせた所から動画は始まった。

ぞろぞろと女子たちが更衣室に入って来て、香帆は一番最後に入って来た。濡れてスク水が張り付いているのを見て、俺のムスコはすぐに起き上がった。

そしてAとBはオバケタオルに身を包んだのだが、香帆はそのまま水着の上を脱ぎ始めた。

Bの「オバケタオル使わないの?」という問いかけに香帆は「水滴を一滴も残さずにちゃんと拭きたいんだよね」と答えていた。

その言葉通りに水着の上を脱ぎ終えた香帆は髪を別のタオルで包んだ後、上半身を入念に拭き始めた。

上半身を拭き終わると、ブラとキャミソールを着て、水着の下に手を掛けた。次の瞬間、香帆の小ぶりかつ真っ白なお尻が露になった。

その瞬間、俺の興奮は最高潮に達し、またもやイッてしまった。その後、下半身も入念に拭いていたので、じっくりとお尻を堪能させて頂いた。

その後も何回か妹にお小遣いを上げては盗撮をして貰っていたが、それはまた今度書こうと思う。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]