【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 12 分で読了)

閲覧:昨日78位 評価:昨日2位

清楚系ゆきの親友でボーイッシュのひなが1人でやって来た!(1/2ページ目)

投稿:2022-05-13 23:28:40

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

名無し◆IYFHFzk
最初の話

バイト先で人気の清楚系JKゆきに告白その後まさかの!

山田匠(仮)大学1年の時に、居酒屋のバイトを始めた時の話しです。秋頃にバイトを始め、少ししてから可愛い女子高生ゆきちゃんって子が入って来た。高校1年で背は155センチの髪は肩位、仕事が始まるといつも後ろにくくっていた。スタイルも良く、大人しく清楚な感じで男うけしそうな顔、一緒に働くス…

前回の話

彼女のゆきとボーイッシュの親友ひなと3人で朝までしてから数日がたった。

バイト先でゆきとは2度程会ったが、バイト先では付き合っているのは秘密なので、ひなちゃんの話しは聞けなかった。

ゆきとのLINEでのやりとりでは、彼氏のハルト君とは別れそうだとの事。

すると、ひなちゃんから直接LINEが届く。

「あの日、彼から連絡が無かったのでまた、浮気相手と合っていたっぽいんです。でも、合っていた証拠がないのに決めつけるなと、それでいて別れたく無いと、話しは平行線になりこれ以上一緒に居ても仕方ないので別れる事にしました。」と入って来た。

俺は、やっぱりそうやったんや、彼氏初めての相手やったから辛いやろうけど、いつでも愚痴でもなんでも話し聴くから、時間があれば今週、学校終わってからでもいいからおいでと、返信。

「ありがとうございます、急ですが明日でも大丈夫ですか?」

当然、いいよと返信。

ひなちゃんは次の日の夕方の5時頃やって来た。

ピンポーン

「はーい、今開ける!」

ガチャ

今日の姿は当然、思った通りの制服姿♡ブラウスの上にニットベスト、首にはリボン、下はチェックのスカート少し短め、わざわざ学校終わってからと誘導した甲斐があった。

「無理言ってすみません、こんな直ぐ話し聞いてくれるなんて!」

ひなちゃんは申し訳なさそうに部屋に来た。

「まぁ、上がってよ!」

「あっ、はいお邪魔します。」

俺はひなちゃんに先手を打つために、この前の事を誤っておく。

「ひなちゃん、ごめんな!」

「えっ何がですか?」

「この前バスルームでひなちゃんにキツく言い過ぎたん、気になっててん?」

「あっ、いやあれはひなが悪いからぁ...」

「大人気なかったなぁって、後で後悔しててん!」

「そんな事無いですよ!あれは浮気されて、イライラしてて!」

「そうなん?じゃぁ、彼氏の所為にしとこか?」

「そうですね、そうしましょww」

「それに、もう敬語使わんでいいで、ひなちゃんは、前のあの感じがひなちゃんらしくていいと思うから!」

「そう...そうなんですか?」

「うん、ひなちゃんとはもっと親密な感じでおりたいもん!」

「えっ、いいの?」

「ええで、俺アホやから物忘れ激しいから、前にひなちゃんのお尻叩いた事とかもう忘れたし、そんなアホ相手に敬語使わんでいいってww」

「めっちゃ覚えてるやんww解りました、匠さんにはタメでいきますね!」

これでひなちゃんとの距離を縮める事が出来、取り敢えず座って貰い、飲み物を出して話しを聴く事に。

「前ここに泊めて貰った時やっぱり、匠さんが言ってたようにハルト浮気相手と会ってたみたいで...」

「そうなんや、酷い事するなぁ!それでもひなちゃんと別れたく無いって、どうしたいんやろね?」

「ホンマにそうやんね!」

「ひなちゃんには悪いけど...別れるん決めて良かったと思うで!」

「そうやんね、もう無理やもん、一体どうしたいのって?」

ひなちゃんはどんどん声が大きくなり、彼氏に腹を立てだした。

彼氏には早く退場してもらう為、ひなちゃんを庇い、彼氏を否定した。

感情が興奮気味になってきた、ひなちゃんは自分の部屋にいるような感じになり、膝を立てて彼氏に対する愚痴を言いだした。

そうなれば見る所は1つ、今日ひなちゃんは学生らしく白いパンティ!

当然上のブラもお揃いか気になる。んっ!ひなちゃんと目が合い。

「あっ、もしかしてまたひなのパンツみた?」

「前ピンクやったけど、純白のパンツやな!またわざわざ見せてくれてありがとうww」

「見せてへんわ、物忘れ激しいって言いながら記憶力いいやんww」

すると、ひなちゃんのスマホが鳴る。ひなちゃんは電話では無くLINEだったみたいでホッとしている。

気になってるひなちゃんを見て、余裕のある男を演じる為

「見ていいよ、気になるやろ!」

「...ちょっとだけ...」

俺はベッドに座り、ひなちゃんを見るとスマホを見て何とも言えない顔をしている。

「どうしたん彼氏から?」

「...ぅん...ごめんとか、もうもう1人とは会えへんからとか、やり直そって!」

う〜〜ん...ヤバそうな感じが、でもここで引けば終わりの様な気がした。

「1回ある事は2回あるから彼氏またするかも知れへんで!こっちおいで!」

バン!バン!

俺はベッドの横を叩いておいでの合図。

「...」

「ひなちゃんまた辛い思いしたくないやろ、俺もそんなひなちゃん見るの辛いわ、色んな事我慢してる様に見えるし、元気で素直な前の時の様なひなちゃんのが俺は好きやで!」

「...」

ひなちゃんはゆっくりと俺の横に座った。

「そ...そうやんな...もうハルトと別れるって決めてたし!」

ふぅ〜っ!何とか持ち直せたぁ(汗)

俺は心の中で、ハルト君に勝利宣言!

ハルト君が俺に勝てなかったのは、生意気なひなちゃんが気持ち良くなると、凄く淫れエロくなるという誰もがそそる、そのギャップを知らなかった事と、ひなちゃんの中がめっちゃ気持ち良い事を感じる事が出来なかった事だ、ハッハッハッと思い、前回ひなちゃんに挿入する時と同じく、シッ!シッ!ハルト君バイバ〜イとサヨナラしておく。

「そうやで、辛かったなぁ〜」

「ありがとう...匠さんが話し聞いてくれたから...」

「...いいんやで!」

俺はひなちゃんを見つめ、ひなちゃんの腰を引き寄せる。

「...」

「今からひなちゃんの心の傷埋めよっか?」

ひなちゃんはゆっくり目を閉じ、俺はキス、身体は硬直していたが、舌で口をこじ開け舌を絡めた。

「ん〜っ..ん〜っ..んっ...」

「ひなちゃんの唇柔らかい...」

徐々にひなちゃんの力は抜けてきて、ひなちゃんの方からも舌を絡めてきた。

服の上からおっぱいを揉む。

「ん〜っ...んっっ...ぁっ...」

俺はブラウスの中に手を持っていく。

「あっ..あっ...やっ...そ...そんな...先...先っちょ...摘んだら...あんっっ!」

俺はひなちゃんのベストを脱がしブラウスのボタンを外していくと、期待通りの白いブラが...背中からホックを片手で摘んでパンッと外し、前からブラを持ち上げる。

「やっん...」

両手で恥ずかしいそうに隠す、2回目のおっぱいでもその仕草に興奮。

「またひなちゃんの、かわいらしいおっぱい見ちゃった♡」

「もう、アホぅっ!ひなの小さいから...あんまり見んといて...」

俺はひなちゃんの手を退けて

「いいやん、俺小さいのも好きやで!」

「ホンマに?小さくても...あんっ...やっ...んっっ...急に...んっ...舐めるな...んっ...」

「舐めるよっ...気持ち良さそうやもん!」

「んっ...ん〜〜〜っ...噛むなぁ〜っ...んっ...いっっ!」

「ごめん、痛かった?」

「ぅん...少し...んっ...ぁんっ...そ...そんなにまた舐めるなぁ〜...ぁんっ...」

「唾つけてたら治るってよく言うやん、だから痛いって言うから、乳首めっちゃ舐めてあげてんねん(笑)」

「ぁんっ...ぁんっ...そんなんで...んっ...治るかっ...んっ...ん〜〜っっ...」

手をスカートの中に

「ゃっ...ぁんっ...あっ...」

「もう、ここの部分濡れちゃってるよ!」

パンティの湿っている場所をグイグイと押してあげる。

「ぁんっ..あぁっ..お..おす...なぁっ...ぁんっ...ハァ〜ハァ〜」

「スカート脱がせていい?」

「...ぅん...」

するとひなちゃんのパンティには楕円形のシミが...

「ひなちゃん足開いて、クンニしてあげる」

「えっクンニって?」

「ひなちゃんが1番好きなやつ!」

俺はパンティをずらして、舌を濡れている割れ目の中に

「あっ...あっ...あかんて...あぁ〜っ...気持ち...いい...」

ひなちゃんは顔を手で隠し天を仰ぎ、ビクビクとして感じていた。

俺がパンティを脱がすが抵抗する事も無く、ひなちゃんからシミ付きパンティを脱がした。

俺はひなちゃんの股に顔を埋め、コリコリになってきたクリを舌先で舐め倒す。

「やっ...あっ...はぁっ...はぁんっ...匠さん...いっちゃう...いっちゃう...はぁ〜〜っ!」

ピロン!

ひなちゃんのスマホが鳴ったが、ひなちゃんはそれどころではなかった。

「はぁぁっ...やだやだやだ..いっちゃう...また...いっちゃう...いっくぅ...!!ハァ〜ハァ〜...」

ひなちゃんはブラウスが乱れ、ブラは肩紐が片方かろうじて引っ掛かっている程度でおっぱいは丸見え、下を履いておらずピクピクとベッドで喘ぐ姿はめっちゃエロかった。

俺は全裸になりピクピクとしているひなちゃんの顔に跨りチンチンをチラつかせる。

「ハァハァ...大きくしたらいいんでしょ...」

「流石ひなちゃん良く解ってるやん!」

「う...うるさいんですけど...」

「ん〜ん〜ん〜」

ピロン!

また鳴った。一瞬ひなちゃんはピクっとなったがそのまましゃぶり続けた。

俺はひなちゃんにもういいよと言い、ゴムを装着。

正常位でM時になったひなちゃんの足を更に開き俺の身体をねじ込む。

「入れるよ!」

「うっ...はぁ〜〜っ...!うっ...うっ...んんっ...」

「やっぱりひなちゃんの中めっちゃ気持ちいい...」

「んっ...ゆっ...ゆっくり動いてくれないと...いっちゃう!...ぁんっ...」

俺はひなちゃんの身体を横に向け片足を上げ、ひなちゃんを突きあげた。

「あん...あん...ダメぇ...あん...あん...ダメぇ...いく..いく..いく..あぁぁ〜っ!あんっ!!」

「ハァ〜ハァ...いっちゃた...あっ...あっ..あぁぁ..ダメッ...そんな動いたら...いった...所なのにっ...また...いっちゃう...そんなに突かない...あぁぁ〜...またいっちゃうぅ...」

ピロン!

もう、2人とも聞こえ無いふりです。

「気持ちいい!ひなちゃんも気持ち良さそうで良かったぁ!」

「ハァ..ハァ..匠さん気持ちいいよ..」

「今度ひなちゃん上乗って!」

俺は仰向けに寝転んで、ひなちゃんを待つ!

ひなちゃんは俺に跨りチンチンを掴み穴の位置を合わせ腰を下ろす。

「んっ...んっ...はぁ〜〜っんっっ!ぁっ...入ったよ...匠さん..んっ...」

「じゃぁ動くで!」

「んっ...んっ...あっ...」

ひなちゃんは騎乗位に慣れておらず、俺のお腹に手を起きバランスを取り、下を見たまま、俺の上で弾み下に落ちた時は根元まで入りあん、あん、と喘ぐ。

その時、ひなちゃんのスマホからLINEの通話の方の音が鳴る。

「えっ」

「ぁんっ...んっ...えっ!..んっ..ごめんっ...」

中々鳴り止まない。

「ひなちゃん、もう今キッチリ別れるって言うたり!たぶんずっと掛けて来るで!」

「んっ...んっ...えっ今?...ぁんっ...じゃぁ止まってよ...ぁんっ...ぁんっ...」

「このままじゃぁ無理ぃ?」

「無理に...んっ...無理やって!」

俺は動くのを止めて枕元にあったスマホをひなちゃんに渡す。

「ありがとう...ちょっともう掛けてこんといてって言うわ...一回退くね!」

俺はひなちゃんの両方の太ももをぎゅっと掴んでこのまま掛け!と言う。

「そんな...」

「全然鳴り止まへんから、早く出て言った方がいいで!」

「ぅん...動かんといてよ...」

ピッ!

「ハルトごめんもう掛けてこんといて、もう..んっ...ハルトとはやって行かれへんから...んっ...」

俺はたまにひなちゃんを下から突く!すると俺のお腹をひなちゃんは叩いた。

バシ!バシ!

「痛っ!」

「シーッ!声出さんといて!」

俺は指でオッケーと見せる。

「もう謝っても無理やってんっ...!ぁっ...!何でも無いわ、ひなが何処におってもいいやぁんっ!」

バシ!バシ!

「もうほっといて..んっ..んっ..」

バシ!バシ!

「さようなら、もう切るんっ.あんっ」

「ふぅっ.んっ.別に調子悪ないわ!んっさよならぁんっ!」

ピッ!

「んっ...もう...動くなぁ...あんっ...声出てむたやん...あんっ...あんっ...」

「ハルト君もひなちゃんが男の上で喘いでるなんて思いもせんやろなぁ!」

ゴメンやでハルト君、もうキミの元にひなちゃんは戻る事無いからね!

「ぁんっ...意地悪...んっ...言わんといてぇ!」

俺は起き上がり騎乗位から対面座位に

「ぁっ..ぁっ..ぁっ..ぁっ..」

またひなちゃんは下を向きピクピクと感じ、中で何処に当たったのかな?ビクンッとして、また力一杯抱きついて来た。

「ぁっ...ぁっ...匠さんの...この体制が...ぁっ...1番んっ...感じ...んっっ...」

「やっぱりそうやったんやぁ!前からそう思ってたで、今日は素直に言ってくれたからお礼せなあかんよな!」

「ぁんっ..ぁんっ..抱き..ぁんっ..抱きしめて..もっと..激しく..ハルトの事..ぁんっ..ぁんっ..忘れさせてよ...んっっ」

「じゃぁひなちゃん..いくでぇ...」

俺はひなちゃんを抱きしめ、下から名一杯叩きつけた。

ひなちゃんが、いった後でも俺は突き続けた。

「いく..いく..うっっ!ハァ〜ハァ..ぁっ..ぁんっ..あぁ..ダメッ..いく..また..いく..いっちゃうぅ〜〜っ!!」

ひなちゃんは連続して俺に抱かれ、大きな声でいった。

「ひなちゃんそろそろ、俺もいきそう...」

「はぁ..んっっ..匠さん..いいよ〜..んっっ..いいよ〜..ひなの中で..」

今日はゴムを着けていた事を忘れるくらいに、ひなちゃんは気持ち良くなっていて、中出しを要求して来た。

「あぁっ..いく..いくっ..ハァ〜ハァ〜ハァ〜ハァ!」

「はぁぁ〜〜んっ..あっ...ふぅ..ふぅ..ハァハァ!」

「気持ち良かった...」

「ハァハァ...ひ...ひなも...」

俺はキスをしてあげてひなちゃんのブラウスとブラを脱がした。

ひなちゃんは短い靴下と首にリボンだけの格好になり、そのひなちゃんを見た瞬間にまた、元気になってきた。

「ひなちゃん...もう一回口でいい?」

「えっ、ウソッ!何かまた元気になってきてる〜!」

うふふと言いながら、ひなちゃんは俺のチンチンをチョンチョンと触り、咥える。

ひなちゃんの格好に興奮し、直ぐに大きくなる。

「ひなちゃん後ろ向いて...」

四つん這いになったひなちゃんをバックで攻める。

「んっ.んっ.んっ...」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。