【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 6 分で読了)

評価:昨日2位

彼氏の寝取られ癖をカミングアウトされ…私は淫らになりました…。その②

投稿:2022-05-13 01:46:53

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

あやな◆IFUWSIM(大阪府/20代)
前回の話

たくさんの反響ありがとうございます…。

ここまで反響を頂けると思っても無くて嬉しいです。

自分自身にあまり自信がなかったのでこう言う声でも嬉しいのでそのあとの出来事を書き出して行きたいと思ってます。

篠原さんと関係を持った日彼氏と別れお互い別々の道を歩む事になり…

彼氏の知り合いに聞いた話私と別れて以降彼は抜け殻のようになりかなり焦燥しきっておられるみたいで…。

篠原さんとの行為を終えそのまま2人で食事に行く事になり連絡先も交換して篠原さんとはセフレのような関係になりました。

その後私は篠原さんに色々と仕込まれ…

服装、下着、髪型も派手な白ギャルのような印象に…

下の毛もパイパンになり前よりも色気などを醸し出し…社内でも驚いてる方もチラチラと…

街でのナンパも増え…承認欲求の塊みたいな女に仕上がりました。

ある日、学生時代から仲の良い友達と2人で居酒屋に行った時の話です。

友達は学生時代から男好きで有名で…

わたしにも男遊びしなよと勧めてた友達でした。

その時は彼氏と付き合っていたので断ってたが私の変わり果てた姿や篠原さんとの事を話すと喜んで

「ほら、やっぱり男遊びした方がいいんだよ…彩奈は可愛いしそれに胸も大きいんだから男選び放題だよ」

と言われながらも実際あながち間違ってなかったんだなと思いながら2人で飲み続けてました。

その時カウンターで飲んでると二人組の体の大きい作業着のおじさん達が座りました…

「お姉ちゃん達なにしてるの?よかったら一緒に飲もうよ…」

とナンパをされました…

すると友達が

「お兄さん達のおごりならいいよー」

「もちろん、こんな可愛い子と飲めるならいくらでも奢るよ…」

と私は戸惑いながらも男性の方が店員にテーブル席に移動する様にお願いし4人で飲み直す事に…

「お姉ちゃん名前は?俺は健斗宜しくな…」

とビールをグビクビ飲みながら私の腰に手を回しなから密着してきて…

「あ、彩奈です…。健斗さんですね宜しくお願いします。」

と少し緊張しながらもお酒を嗜み…

「彩奈は乳がでかいんだなぁwwwこんな大きいの見た事ないよ」

とデリカシーのかけらもない言葉を浴びせると

「そうだよ…健斗くん彩奈のおっぱいマジで大きいし…綺麗なんだよ」

と友達が酔った勢いで言いながら…

健斗くんと私

友達と健斗くんの友達なおきくん

のカップルが出来上がっていて…

私は健斗さんに腰に手を回されながら横乳をツンツンされ…お酒も回ってきた私は段々と密着していき…友達は既に泥酔状態でなおきくんも困るほどで…

するとなおきくんが

「この後カラオケでも行かない?」

と提案され4人でカラオケに行く事に…

しかし友達は泥酔状態なのでなおきくんと健斗くんにタクシーに乗せられ帰宅…

私はその時この2人に抱かれる…確信しました…

そのまま友達を見送ると間に挟まれ…

3人でタクシーに乗り…

「彩奈ちゃんまじ可愛いよね…俺ずっと胸ばっかり見てたわ…」

とニットワンピの胸元を掴み覗くように見て…

「マジヤバ…こんな谷間…たまんないわ…ほらもうこんなになってるよ…」

と健斗くんとなおきくんに車内で触られまくり

両手に硬くなったチンポをつかまされ…

酔ってきた私も…

「もう…♡タクシーの中だからやめてよ♡」

と上機嫌になり…そのまま3人でカラオケBOXに

部屋に入り

2人に挟まれながら座り…

両サイドから胸を揉まれ両足を2人の太ももの上に乗せられ…脚を開いた状態に…

私はそれで感じてしまいながら…

「あっ♡もう…2人とも…ダメだよ…♡誰かに見られちゃうよ…♡恥ずかしい…」

と拒むことはなく2人にされるがままに…

手慣れた手つきでブラを外され…ワンピースの上から硬くなった乳首も浮き上がり指で転がされ…

「やば…♡もうこんなに硬くして♡彩奈ほんとはすけべな女なんだろ?」

と健斗くんに言われ…そのまま健斗くんと舌を絡めながらキスをして…

「んっ♡だって…2人が触るから…あっ♡ダメ…乳首弱いの…♡」

と身体を仰け反らせながら感じていく私…

そのまま2人の股間を撫でながら2人は私の顔の前に硬くなったチンポを出し…

「ほら…舐めろよ?好きなんだろ?チンポ」

と2人に迫られると扱きながら片方ずつ舐めていき…篠原さんに仕込まれたフェラをなおきくんにすると…

「あっ…彩奈ちゃんやばい…出る…w」

と5分足らずで逝ってしまい…

「ふふ…♡気持ちよかった…?♡」

と飲み干し笑顔で見つめて…次は健斗くんのを舐め…

「んっ…♡2人とも硬くて大きいね…♡」

と2人も中々の大きさで…

健斗くんは太く大きくて、なおきくんは細長い感じでした

「彩奈…気持ちいいよ…ちょっと…もう我慢できないわ…」

と健斗くんは私を軽く持ち上げ膝の上に座らせスカートを捲りそのまま挿れられると…

「うわあ…彩奈のマンコキツっ…しかも濡れすぎ…」

と下から激しく腰を突き上げられて…

「んっ…健斗くん…激しい…はぁ…気持ちいいよ…」

と口を押さえながらも健斗くんにしがみつきながら感じてしまう…

それをまたなおきくんはまた硬くなったチンポを私の頬に擦り付けてきて

「彩奈ちゃん…また舐めてよ…」

とそのままなおきくんの肉薄を扱きながら…健斗くんのチンポを味わい…

「健斗くん…ダメ…いく…んっぅぅ…」

とそのまま健斗くんに抱きつくようにぐったりしてしまい…それでもやめない健斗くんは…

「彩奈…もういったのか…とりあえず俺も出すわ…」

と私の腰を掴み…そのまま中に射精をされました…

初めて会った男とカラオケで…こんな事になるとも思ってなかったが彩奈はそのまま健斗くんの首に手を回しなから少し息を切らして休憩していて…

「はぁ…2人とも凄い…ね…」

「ちょっと場所変えよ…俺も彩奈にいれたいよー」

となおきくんが精算をしてる間に私と健斗くんは片付けをして…

膣内にザーメンが残ったまま服を整えて…3人でホテルに…

ホテルに着きエレベーター中で2人に身体を触られながら部屋に着き…

部屋に着くなりベットに押し倒されて…

ワンピースを脱がされ下着姿に…

その日は赤と黒のレースのブラとTバックで

「うわあ…エロ…彩奈そもそも男漁りに来てたんだろ…?」

となおきくんがそのまま裸になりそのままハメられ…

健斗くんはソファに座り…タバコを吸いながら私の方を見て

「彩奈…なおき早いから彩奈のキツキツおマンコじゃすぐにいっちゃうかもよwww」

「んっ…なおきくん行ったらダメだよ…♡たくさん楽しませてね…♡」

「あっ…頑張るけど…このおマンコやばくない?凄い締め付けてくるわ…www」

となおきくんは激しくしながらも顔が苦しそうな顔で…

「あっ…ごめん…出る…www」

と2、3分もたたないうちに中に出され…

「もう…早すぎるよ…♡」

となおきくんを押し倒し…逝ったばかりのチンポを舐めながら…股から2人のザーメンが垂れてあり…

「あっ…ごめん♡彩奈…ちょっとくすぐったいよ…」

「早く行った罰だよ…♡」

とそのままなおきくんのチンポを胸で挟みながら刺激したりしてると…

「あっ…出る…www」

と再び…今度は顔に飛び散って…

「もう…全然楽しめないじゃんか…♡」

と顔についたザーメンを舐めながら…

「ちょっと私シャワー浴びてくるね…」

と2人を部屋に残してシャワーを浴びにいく…

おまんこから出るザーメンを掻き出しなから身体を洗ってると…扉が開いて…

「ふぅ…やっぱり良い身体してるよなぁ…♡」

と健斗くんが乱入してきて…

丸太のような太い腕に刺青が入っていて…

そのまま背後から胸を揉みしだき…

「んっ♡ちょっと…♡いきなり何よ…♡」

「あいつ早くて満足してないだろ?俺もこんなん見せられたらもうやばいよ♡」

とお尻に硬くなった肉薄を擦り付けながら胸を揉みしだき…

「ちょっと身体使って洗ってくれよ♡」

「もう…しょうがないね…」

と身体にボディソープをつけ健斗くんの身体に胸を擦り付けながら洗い…

そのまま肉棒を胸で挟み上目遣いで見ながら…

「こんな事されたいんでしょ?♡凄い硬くなったてるね♡」

とボディソープを使いながらゆっくり上下左右に動かしてると健斗くんはそのまま私を壁に手をつかせて…

「挑発してくるから…仕返しね♡」

とそのままシャワーで泡を流しながらバックで激しく突かれていくと…

「あっ♡健斗くん…ダメ…♡ちょっと激しすぎるよ…♡奥まで当たるの…♡気持ちいいの…♡」

と胸をゆさゆさ揺らしながら感じてしまう彩奈…

熱気で頭がぼーっとしながらも時折訪れる快楽…

彩奈は腰を突き出し奥にあたるように体勢を変えていき…

「あっ…♡そこ…凄いの…んっぅぅ♡」

と奥を擦り付けるように上下に腰を動かす健斗…

それで私は再び逝ってしまい…

そのまま浴室に仰向けに転がされ…正常位で

激しく犯され…再び私の中に健斗くんの精液が…

「はぁ…凄い…ドクドク流れてる…♡それにまだ硬いよ…♡」

とお掃除するように口に捩じ込まれた肉棒を舐める彩奈…♡

健斗との相性が良くなおきくんをほったらかしたまま2人で気がつけば朝まで求め合いました…

なおきくんは朝方仕事に行ったみたいですが目が覚めると健斗くんは裸で寝ていて…

そのまま私は襲うように健斗くんの身体を舐めまわし…目覚ましフェラで目を覚ました健斗くんに激しく犯されて…♡

そのまま健斗くんとも定期的に会うようになりました♡

友達には酔ってくれてありがとうと連絡を取ると

今度紹介しなさいよと連絡がありました…。

この話は彼氏と別れたゴールデンウィーク前の出来事でした…。

とりあえず続編希望の声が多かったので簡潔にまとめさせていただきました。

ゴールデンウィークはその友達と女2人で温泉旅行に行き…そこでも…♡

また気になる方はコメントで彩奈の事発情させてください♡

こんな駄文でも興奮してくれる男性が1人でも居てくれると嬉しいです♡

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(10件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]