成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 9 分で読了)

【評価が高め】20代巨乳、サキとの残業中のできごと

投稿:2022-04-09 09:01:13

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

シンジ◆FRiISIE
最初の話

カナとは新人の頃一緒に入社して、年はカナが俺の2歳上。入社は俺が早く会社で年が一番近かったため、仲良くしていた。俺はカナと過ごすうちに、惹かれていった。しかし、お互い支社に転勤になり、そのうちにカナは先輩社員と結婚した。その時はかなりの喪失感で、心が引き裂かれそうだったが、時が経ち、俺も…

前回の話

たくさんの高評価ありがとうございます。カナとの話の続きを書きたいと思います。ずっと憧れだったカナと、昨晩2度の中出しをして、幸せな気分で2人で眠りにつきました。朝起きると、腕枕の中でカナが先に目を覚ましていました。「おはよ。」#ピンク「おはよ。早くに起きてた?」#ブルー「ううん。ちょっと前。気持ちよ…

サキと、関係を持ってしばらくしてからの話。

決算時期になり残業していた。21時を過ぎて、他の人は帰り、職場には俺とサキだけが残っていた。

「シンジさんっ♡」

デスクでパソコンを打つ俺の後頭部に胸を押しつけ、抱きしめられる。

「はーい?どうしたの?仕事は?終わったの?」

黙々とパソコンを打つ手は止めない。

「まだでーす。えーなんか、冷たーい。2人っきりですよ。オッパイ当たってるの気づいてないんですか?」

「オッパイには気付いてます。仕事は仕事ってお約束だったはずだけど。」

「んー。だって、終わらないんだもん。課長の仕事の割り振り、おかしいと思いません?」

「大変なのはわかるけど、担当になったからには頑張らなきゃ。」

「うー、、厳しい、、、わかりました。がんばり、、ますっ!」

「もうちょっと一人で頑張ってて。もうすぐ俺の担当分は終わるから。そしたら手分けしよう。」

「やったー♡さすがシンジさんです♡優しいです♡、、、オッパイで一撃だな、、、チョロいぜ(笑)」

「、、、聞こえてるよ。」

後ろからギュッとされて、更にオッパイを押し付けられる。

「なんでもないですよぉ〜。」

デスクに戻り、仕事を再開するサキ。暫くして、サキの方に目を向けると、熱心に仕事はしているが、デスクの上に巨乳を乗せて仕事していた

この子は天然でやってるのか?計算でやってるのか?

「さて、俺の持分は終わったよ。なに手伝えばいい?」

「わぁ、助かります♡っと、その前に、コーヒーでも飲みませんか?美味しく愛情込めて淹れますよ♡」

サキにコーヒーを入れてもらい、応接室のソファの深く、腰掛け一息つく。。

「ふー、、、って、なんでそんなにくっついて座るの?」

「まあまあ、いいじゃないですか二人だし。ちょっと私もエネルギー切れなんで、チャージさせてください。」

ソファの背もたれに寄りかかって、座ると、俺の膝枕でサキが寝てきた。

「あたま、撫でで欲しいです、、ヨシヨシって」

「はいはい。サキちゃんは髪の毛サラサラでいい匂いだね。」

「シンジさんはちょっと汗の匂いがします。でも、好きな匂い。すっごい落ち着く。このまま、寝れそうです。」

頭をゆっくりと撫でていると、ざっくりと胸元を開けたシャツから、ブルーのブラジャーがチラチラと見える。

「、、、シンジさん、、、大っきくなってません?」

「あはは、、胸の谷間見えちゃった。」

サキは俺の手を取り、自分の胸に当てがった。

「コレは、シンジさんのオッパイだから、いつでも、好きにしていいんですよっ」

服の上から揉むと、ブラの感触があるが、それでも、かなり弾力があって柔らかい。

「もっと、大っきくなってきましたね。」

ズボンの上からでも股間をさすってくる。

「いや、仕事に戻らなきゃ。」

ズボンの上からでもわかるほどにビンビンに立っていた。

「そのままで、仕事するのしんどくないですか?出さなくて大丈夫ですか?出すのは、、私が手伝いますよ。」

「いや、仕事しなきゃ!戻るよ。」

「まぁまぁ、悶々と仕事しても、効率悪いですよ。仕事中も、私のオッパイちらちら見てたし。手コキぐらい手伝いますよ。」

ソファに座っている、俺のベルトをガチャガチャと外し、ズボンと一緒にパンツを下ろされる。

「わお。ご立派。苦しかったでちゅねー。」

チンポの頭の部分をヨシヨシと撫でる。サキに触られて、ビクッと反応する。

「ほらぁ、気持ちいいんじゃないですか♡仕事戻れるんですか?」

「ん。あっ。じゃあお願いしてもいいの?」

「うふふ、分かりました。」

サキの細い指で、チンポをそっと握られる。ひんやりとした指が気持ちいい。

「ああっ。サキちゃん気持ちいい。」

「うふふ。職場でオチンチン出しちゃって、いけない人ですねぇ♡」

シュッシュッとチンポをしごくスピードを早めてくる。

「うわぁ、うっ、気持ちいい。」

「ビクビクッてしてますよぉ♡」

サキちゃんがチンポに唾液を垂らして、ヌルヌルにしてくる。

「ううっ、たまんない。サキちゃん、オッパイ見せてくれない。」

「はい。いいですよ♡でも、ブラだけですよ。」

シャツのボタンを一つ一つ外して、チラチラと見えていた、青に花柄の刺繍の入ったブラを見せてくれた。

大きいオッパイのきれいな谷間も見えていた。

「また、大きくなりましたね。オッパイほんと好きですね。」

唾液でヌルヌルになった、チンポをゆっくりとしごいてくれる。

「先っぽからヌルヌルなのが出てきてますよ。」

「うわぁっ、、あっ、エロい。会社で、、気持ちいい。」

「んふふ。お口でして欲しいですか?」

「してはほしいけど、ダメだよ。1日仕事して、ムレムレだから。」

「いいんですよぉ〜。シンジさんなら。大好きな匂いだし。」

シュッシュッっとしごく手を早める。

「じ、、じゃあ。お願いしてもいい。」

「でも。条件があるんですけど。」

「な、、なに?」

「明日からの土日、デートして欲しいんです。泊まりがけで。県外のアウトレット連れて行ってくれませんか?」

「ぜんぜん、大丈夫だけど、明日じゃ宿とれないかもよ?」

「どこでも、いいんです。ラブホでも。」

「わかった、じゃあ、お出かけしましょう。」

「やったー♡やくそくですよっ。じゃあ、失礼しまーす。」

「ちょっと待った!マジで汚いよ。なんか拭いたほうがいいよ。」

「いいんですよぉ〜。逆にシンジさんが私の舐めてくれるなら、拭きます?」

「絶対、拭かないねぇ。サキちゃんに汚いところとかないから。」

「おんなじ事ですよぉ〜。でも、拭くって言われてたら、ドン引きしてるところでした。さすが、シンジさん。じゃあ、いただきまーす♡パクッ。」

躊躇なく、チンポを咥えてくれた。口の中で舌を動かし、カリの部分を刺激してくる。

「ああっ。いいの?サキちゃん。気持ち良すぎるけどさ。」

「全然、大丈夫ですよぉ〜。ちょっとしょっぱいけど、美味しいです。」

職場のソファに座ったおれのチンポをブラ丸出しのサキちゃんが、ジュボッジュボッと音を立ててフェラしてくれている。

「サキちゃん、激しすぎるよっ。」

「いふでも、イッていいれすよ。」

ひとしきり竿を舐めると、竿をしごきながら、玉も口に含んでレロレロと舐めてくる。

「サキちゃん!サキちゃん、、、うっ。ああああ。」

「イキそうですか?」

「一緒に、、サキちゃんの舐めさせて。」

「えー、、、パンスト履いてるからなぁ。スカートとパンツ履いたままでも良いですか?パンストは破っちゃっていいんで。でも、帰りのコンビニで買ってくださいね。」

ソファに寝転がり、俺の顔の上にサキちゃんが座ってきた。スカートを捲り上げると、パンストの下にはブラとお揃いの青いパンツが見えた。

「うう、職場でとかやっぱりちょっと恥ずかしいなぁ。」

「そんなこと言われたら、俺は下半身丸出しだよ(笑)」

クスクスと笑いながらも、チンポを咥えてくれる。

俺はパンストの上から、パンツのクロッチの部分を触る。かなり、ムンムンと熱くなっていた。

「あんっ。んふぅ。私も、1日仕事してたんで、ムレてますよ?」

パンストの上からアソコに顔を埋めて、匂いを嗅ぐ。おしっこの匂いが多少するが、サキのいい匂いがする。

「全然。サキちゃんのいい匂い。」

「あん、いやぁ。ジュボッ、ちゅ。」

恥ずかしがりながらもフェラを、続けてくれる。たまらなくなり、クロッチ部分のパンストを破る。

「んちゅ。ちゅ。じゅっ。あんっ。強引ですねぇ。」

パンストを破って、パンツの、上からオマンコを触る。

「あん。んっ。」

パンツを横にずらしてオマンコを丸見えにすると、少し湿っていた。

「わぁ。ちょっと濡れてるよ。ちょっと興奮しちゃった?」

「んちゅ。そりゃぁ、しますよ。会社に二人ってきりで、シンジさんにフェラしてるんですから。あ、あっ。舐めるの?汚いですよ?」

「お互い様でしょ?サキちゃんのだから。全然大丈夫。」

オマンコをベロベロと激しく舐めまくる。

「うっ、ああん。ちゅぽっ。」

「あっ、激しいよ、サキちゃん。ここ、美味しいよ。」

クリに吸い付くと、サキもバキュームしてくる。

「ああっ、それヤバいです。クリ気持ちいい。」

「うっ、オレも。吸われるの気持ちいい。」

クリを指でいじりながら、オマンコをかき分けるように舌を入れていく。

「中、中に入ってくる、、あっ、ひっ。」

サキは咥えたまま、尿道を舌で刺激してくる。

「うわあ、そこ、気持ちいい。はぁ。」

「サキちゃん、イキそうだよ。どこに出していい?レロレロレロ。」

「あんっ。チュチュッ。んっ。どこでもいいですよ。このまま、口の中でも。それとも、、入れちゃいますか?私は準備OKなんで。」

「会社だからゴムとかないよ?」

「大丈夫ですよ。安全日なんで。それもあって、お泊まりに誘ってるんです。」

69をやめて、サキを立たせる。抱きしめて、キスをする。ブラをずらして、乳首を触る

「んふぅ。会社で、、しちゃうの?」

「するっ!トロトロオマンコにチンポ入れるよ。」

「土日は後輩じゃなくて、恋人とか奥さんみたいに扱ってくれます?」

「ああ!勿論だ。」

「じゃあ、入れてください、、。」

サキに立ったまま、ソファの背もたれに腕をつかせて、お尻を向けさせる。パンツをずらして、オマンコを、丸出しにしてから、立ちバックでチンポを入れていく。

「ああん。でっかい!シンジさん、過去イチな大きさですよっ。」

「会社で、サキちゃん犯してるみたいで、興奮してる。」

ズブズブと一番奥までいれる。

「あはぁ。ああぁん。会社で、やられちゃってるぅぅ。」

「サキちゃん、気持ち良すぎて、あんまり長く持たない。」

パンパンと腰を打ち付け、激しく出し入れする。サキも興奮しているのか、慣れまくって、チンポとの摩擦で白い泡ができていた。

「あっ、私も、イッちゃいそうです。」

バックのまま、片足を持ち上げ突きまくる。

「着衣のOLスタイルのサキちゃんを、パンスト破いて、パンツずらして、バックから入れるなんて、、!男性社員みんなしたいと思ってるぞ。」

「いやぁん。だめ。サキはシンジさんしかダメェ。」

後半もマックスになり、腰を激しく打ち付ける。応接室にはパンパンと音が鳴り響く。

「うわぁ、中に出すよ、サキちゃんの中に。」

「わたしも、、イキそう。中に、ください。」

射精感が訪れはじめると、中がギュッと締め付けられる。

「うっ、イクっ。ああっ。」

ドクドクとサキの中に注ぎ込む。精子を受け止めるように、サキの中もぎゅーっと締め付ける、

「ああ、、、私もイッちゃいました。」

入れたまま、暫く余韻に浸る。ゆっくりと引き抜くと、精子と、愛液の混じったものがドロリと流れ落ちてきた。

「わあ、拭くもの!」

ティッシュがないため、慌ててハンカチで拭き取る。流れ出たものを拭き取ると、サキがこっちを向いてキスをしてきた。

「会社で、しちゃいましたね。」

「しちゃったね。」

サキから舌を入れてくるので、ギュッと抱きしめ、舌を絡める。キスを止めると、サキのしたからツーッと唾液が糸を引く。

サキはオレの前にひざまづいて。

「私は、、、いつでもいいんですよ。」

パクッと、俺のチンポを再度咥えてお掃除フェラを始めた。

「うわぁ、サキちゃん、、、気持ちいい。した後も咥えてくれるなんで、、」

自分の愛液もついていチンポ全体を舐めとり、チュポンとくちからチンポを抜く。

「うふふ。全然平気ですよ。」

「ありがとう。スッキリしたよ。仕事戻ろうか?」

「はい。パパッと終わらせましょう。」

二人とも着衣を整え、デスクに戻る。

サキの仕事も、大した量は残っておらず、二人で1時間ほどで片付いた。

「今日は車で来てるから送るよ?」

「わぁ、、嬉しいてすっ。」

23時ごろ、職場の戸締りをして、車に乗り込んだ。

車で30分ほど走らせ、サキのマンションの前に到着した。

「ありがとうございました。仕事も手伝ってもらって、送っていただいて。」

「こっちも、ありがとう。色々してくれて。」

「エロエロですねっ。約束覚えてますか?」

「お出かけでしょ?もちろん。オレも楽しみにしてる。泊まるところは、良さげなところないか、帰ってから考えとくよ。」

「楽しみっ♡明日、お昼頃にお迎えに来てくれますか?」

「はーい。了解。」

「可愛くお化粧して、可愛い服着ますねっ」

「私服のサキちゃん楽しみにしてます。」

「帰る前に抱きしめて、頭撫ででくれますか?」

助手席のサキを引き寄せて抱きしめ、頭を撫でる。

「ああ、幸せです。興奮して寝れないかと思ったけど、シンジさんの匂い嗅いでたら、ゆっくりと寝れるかも。」

潤んだ目でこっちを見つめてくる。

たまらず、唇を重ね、舌をねじ込み、ディープキスをした。

「ん。ちゅっ。じゃあ、明日。おやすみなさい。」

車から降りて、パタパタと手を振るサキ。

手を振りかえ、車を発進させる。30分ほど車を走らせ自宅の単身用のワンルームマンションに着く。

シャワーを浴び、ベットに腰掛け、ビールを飲む。

スマホに目をやると、サキからラインが来ていた。

「今日は、ありがとうございました。明日楽しみにしてますね。」

「はーい。仕事頑張って疲れただろうから、早めに休んでね。」

「疲れたのは、仕事じゃなくて、アッチですけどね(笑)」

「オジサンみたいな事言ってないで(笑)」

しばらくすると画像が送られてきた。

裸にバスタオルを巻いて、胸の谷間を強調した写真だ。

「オカズにどーぞ♡じゃ、おやすみなさーい。」

「オカズ、いただきまーす(笑)おやすみー。」

「はぁ、職場でするなんて、、、めっちゃ気持ちよかったけど。」

ビールを飲みながら、明日の宿をタブレットで調べる。

すると、露天風呂付き離れ個室、部屋で食事、1室だけ空いていた。

「お、良さげ。しかも、かなり安い。急遽キャンセルで空きが出ちゃったんだ。ここにするか。」

0時を過ぎ、当日予約となったため、急いで電話してみる。すると、まだ、空いていて、間違いなく安い金額で泊まれるとのこと。旅館側も、食材とかが無駄にならず助かると。

「ラッキーだったな。サキちゃん、喜ぶかなぁ。泊まるところは着くまで内緒にしておこう。」

予約を完了し、1時過ぎに眠りについた。

次回も引き続き、サキちゃんとお泊まりデートの話を書こうと思います。

この話の続き

たくさんの高評価ありがとうございます。前日に残業して、寝たのが2時ごろだったため、9時ごろ目を覚ました。ボケーっとテレビを見ていると、ラインが入った。「シンジさん♡おはようございます。起きてますかぁ?」#パープル「おはよ、サキちゃん。休みなのに早起きだね。」#ブルー「今日はデートのお約束ですっ!覚え…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:19人
いいね
投票:40人
文章が上手
投票:18人
続編希望
投票:88人
お気に入り
投票:15人
名作
投票:6人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:186ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 1回
  • 21回
  • 123回
  • 1,513回
  • 15,850回
  • 8,505位
  • 5,286位
  • 4,701位
  • 7,240位
  • 2,134位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 5Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 8,489位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]