成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 6 分で読了)

評価:昨日3位

【評価が高め】担任の先生との2回目の卒業式

投稿:2022-04-03 04:49:27

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

名無しのエリー◆MnJ1MYU(山梨県/20代)

数年前にあったこと初体験ついて書こうと思う。曖昧な点はあるがその時のことをできるだけ再現して書いてみました。

高校卒業後の春休みに起きた出来事だった。

部活動で用事があるからと学校を訪れた。

部活の顧問の先生と話をしていた時

「橋本先生と会った?」

橋本A美先生(仮名)とは俺の2~3年の時の担任だ。

とても厳しい先生で生徒から怖がられるような存在でした。

髪を染めていたからせっかくだし見せてきてあげなよとの事だったので職員室を尋ねることにした。

「橋本先生いらっしゃいますか?」

対応してくれた先生が橋本先生を呼ぶと遠くから声がしてきました。

「あれ?〇〇くん!髪染めたの!」

これが橋本先生と対面した時の第一声でした。

「せっかく来てくれたなら立ち話も悪いし教室でゆっくりお話しよう」

肩をトントンと触りながらそう言うと俺を軽く押しながら教室に向かいました。

教室は校舎の端の方にありあまり人が通るような所ではありませんでした。

「髪色めっちゃいいね!ブリーチしたの?」

「ブリーチしちゃいました」

「春休み満喫してるね〜」

と世間話をして話が盛り上がってきた時に

「もう、敬語とかじゃなくていいよ?」

先生から衝撃の一言でした。あまりに想像できなかった言葉だったので固まっていると

「なにびっくりしてんの!別にいいよ!」

「いや、流石に厳しいですよA美」

「お?いいじゃん、呼び捨てから?できんじゃん」

おふざけ半分で先生の下の名前を呼び捨てにしてみたら先生がウキウキしていた。後に聞いたら自分で提案したものの呼び捨てはドキドキしたらしい。

少し打ち解けた所では先生から質問が飛んできた。

「〇〇くんは先生で抜いたことあるの?」

あまりに突然すぎる内容の質問に戸惑いを見せていたら

「コソコソ男子で話してるのを聞いたことがあったんだけど、いきなりすぎたね。ごめん。」

少し照れながら反省しているような素振りを見せる先生に

「……あるよ……」

ボソッとつぶやいた

「ほんと!?!?」

勢いよく食いついてきた。

「私でどんなこと想像してたか教えて!」

「放課後の教室でセッ……」

「最後が聞こえない!!ハッキリ喋ってよ!」

「教室で先生とセックスとか!!!」

すると先生がニコニコしながら俺に体を寄せてきて話を続けました。

「〇〇くんって童貞?」

「……はい」

「この教室全然人来ないけど…どう?」

この時、非日常すぎるできごとに頭がまわっていなかった俺は黙り込んでいた。

すると、先生が椅子に座る俺に正面からまたがるように抱きついてきた。先生の胸はFカップはあり当然その柔らかいおっパイが俺に触れてきたと同時に先生の唇と俺の唇が触れた。

先生の口から舌が伸び俺の口内へと入って、絡めてきた。その後一旦先生は教室の鍵とカーテンを閉めに俺の上から降りた。ここで先生から

「先生と卒業式しない?ずっと妄想してたけどもうしなくてもすむよ」

俺が静かに頷くと先生は服を脱ぎ始め下着姿になったそして、俺に近づき服を脱がせてきました。

「今日は私にまかせてね。しっかり教えてあげるからね。」

キスを死ぬがらパンツまで下ろされると俺のちんこを見ながら

「仮性かな?剥いてみるから痛かったら言ってね」

と声をかけひんやりとした先生の手がおれのちんこに触れ、皮を剥いていました。

「先生も早く全部脱いでよ。」

「先生呼びに戻ってる…まぁいいわ」

先生が下着を脱ぎながら

「どう?想像してた通りだった?」

と話しかけてくる。正直想像してた何倍も33歳にしては綺麗でどこかのアダルトビデオに出演していても遜色ないように感じた。

「めっちゃ綺麗…触ってもいい?」

「いいよ?手貸して」

「ここをこうやって触ると気持ちいの」

「この突起がクリトリスで…」

丁寧に教えてくれるうちに俺のちんこがギンギンになっていたら

「そこ座ってから足広げて」

「なに恥ずかしがってんの?私だって触らせたし見せてんだからさ!」

少し強引に俺を椅子に座らせると目を合わせニコッと笑い俺のちんこを口に咥えはじめた。

吸い込む音、唾液と我慢汁が混じりグチョグチョという音、それが2人だけの教室に響いた。

2~3分後耐えられなくなった俺は

「…ッ先生…イキそう」

そう言うと先生の舌と顔を動かすスピードがあがりながら

咥えながら口に出していいよ的なことを言った

それと同時に先生の口の中に大量に出してしまいました。先生は一滴もこぼさないよう亀頭を吸いながら溢れ出た分を手ですくい上げながら手のひらの分まで綺麗に飲み込みました。

「すっごいね!若いとこんなに出るのか!?

最後にシコったのいつ?」

「3日前とかかな」

「いやぁこんなに出ると思わなかったわ笑

でも飲みきれて良かった!」

「先生のフェラめっちゃ気持ちよくて耐えるのに必死だった」

「耐えるとか言う割には早かったけどな。でも太くて固くていいもの持ってるわ」

そう言いながら先生の手はずっと俺のちんこを握りながらシコっていた

「すっご!出したばっかなのにもうこんなギンギンになるの!?」

「先生、次はパイズリして欲しい…」

「ん?1回フェラしてもらったからっていきなりなんだよ。〇〇ばっかり気持ちよくなってさ」

「ごめん…」

「まぁいいよ、こんな感じ?」

そう言いながら先生のおっぱいに挟みながら亀頭を舐めてくれた。2回目だから少し耐えれるかと思ったがそんなことも無く直ぐに先生の顔から胸にかけて出してしまった。

「早かったね。そんなに気持ちよかった?」

「先生のおっぱい柔らかくて気持ちよかったよ

先生もそろそろ?」

先生は黙って椅子に座り足を広げ俺の頭を自分のまんこに近づけた。そのまま俺はクンニをはじめた。

「もうちょっと上かな、、、、そこそこ、、

アッ……そう……」

先生が感じてそうな場所を必死に舌で弄り続けた。

「こんな感じでどう?」

「…アッいい感じ……んっ...///……ハァッ…」

先生は潮を吹きながら腰をガクガク震わせて逝った。

「〇〇くんちょっと位置を教えただけなのにここまで気持ちよくできるなんて…」

調子に乗った俺は先生をバックハグをしながら

「先生…好きだよずっとこうしたかったんだ」

そう声をかけながら先生を手マンしてました。

「そう言ってもらえて嬉しいわ」

先生からそう返されるとそのまま手マンを続け、潮を吹きながら2度目の絶頂に達した。

「じゃあそろそろ…そこに寝っ転がって私が上になるから」

「ゴム着けなきゃでしょ」

「ん?生の方が気持ちいからいいよ?今日安全な日だし」

「でも…じゃあ一応外には出す」

「初めてだから怖いんだ笑」

「じゃあ、挿れるよ?」

「ンッ…アッ…///」

「はい!卒業おめでとう〜!今〇〇くんのおちんぽ、先生のおまんこの中に入りました!」

先生の中はとても締まりが強くてすぐにでもイきそうでした。

「じゃあ動くよ?イキそうになったら言ってね」

そういうと先生は上下に動き始め大きなおっぱいを揺らしていた。

あまりの気持ちよさにイキそうになり声をかけると

「イきそう??もうちょっと我慢して!」

「もうダメ……出そう…」

その時先生が俺の腰を固定し絶対にちんこが抜けないようにしてきたせいで俺は先生の中に出してしまいました。

「先生……外に出そうとしたのになんで…」

「私が素直に外に出すの了承すると思った?」

確かに挿れる前に外に出すことに対して先生は何も答えていなかった。

「でも、中出し気持ちよかったでしょ?

なんか特別な感じで!3回目だって言うのにたっくさん出して安全な日じゃなかったら100%できてたよ笑」

「このまま続けていいですか?」

「ん?敬語でたな?続けていいけど次敬語でたら中途半端でもセックス終わりね!」

先生の膣圧で出した後にも関わらずすぐに元気になっていたのでちんこを抜かずに体位をかえ2回戦目をはじめた。

「先生はどんな体位が好きなの?」

「私はバック系が割とすきかも」

「バックね!これでどう?」

「ンッ…いい感じ…一瞬で上手くなったね」

「先生、ちくびも感じやすいんだ」

「ンッ……はずかしい…///」

2人だけの教室にはパンパンという音と喘ぎ声が響いていた。

「先生…そろそろイきそう」

「出していいよ…ンッ…///」

さっきよりも長く耐えれた。

ちんこを抜くと先生のまんこから溢れ出る白濁液が滴っていた。

「いっぱい出したねぇここで言っとかなきゃいけないことがあるんだけど…」

「ん?学校辞めるとか?」

「うんん、実は安全な日ってのは嘘なの」

「……え?まって……嘘だ…」

「まぁ、嘘なんだけどね!そんな深刻そうな顔しないで!ちょっと意地悪したくなっただけ」

「ほんと?大丈夫なの?」

「大丈夫!大丈夫!それにしても4回も出してるのにまだ元気なのね」

先生は俺をバックハグしながら手コキをはじめた。当然背中には直接あのおっぱいが当たっている。そのまま俺は5回目の絶頂を迎えた。

流石に精子の出る量は減ったが綺麗に先生がお掃除フェラをしてくれた。

「はい、おしまい!他の用事でわざわざ来てたのにこんなに時間を取らせてごめんね!戻りな!」

「…先生、俺これからも先生と…」

「わかった、スマホ出して、これLINEのQR、

これあげるから向こう戻りな!」

服を全部着たあと教室を綺麗に整え何事もなかったかのように教室を出ようとしたとき俺は先生にキスをして舌を絡めた先生もノリ気で舌を絡めた。

この出来事以降、俺と先生の体の関係が今でも続いている。

この話の続き

続編希望する方が一定数いらっしゃるので先生との印象的なHの中のひとつについて。2回目の卒業式から約2年経った頃の話です。その間も定期的に会っては高校時代の話や近況報告などの雑談と共に体を交える関係が続いていました。会う場所は大体いつも先生の家か学校から離れた駅のラブホテルと決めていました。しかし、そ…

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票:11人
いいね
投票:20人
文章が上手
投票:7人
続編希望
投票:56人
お気に入り
投票:13人
名作
投票:3人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:110ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 14回
  • 74回
  • 664回
  • 12,548回
  • 0位
  • 6,962位
  • 6,872位
  • 10,618位
  • 2,896位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 10,917位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]