【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 2 分で読了)

評価:昨日41位

職場の後輩の女の子のサンダルに夢中 part2

投稿:2022-01-27 04:30:48

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆MpSCIHQ
前回の話

飲み会から数日後、すっかり琴音の靴が気になって仕方がなくなった僕は、意を決して匂いを嗅ぐ事にしました。

まずは手始めにいつも仕事中に履いている緑色のスニーカーを狙いました。

前回の話で先述した通り、女性職員の靴の匂いを嗅ぐには、職員用玄関の人気が無い時間帯を狙う必要があります。

事務所職員は18時が定時のため、遅番が終わった後に1階が真っ暗になっていれば彼らは帰っている事になります。しかし施設は3フロアあり、それぞれ他の遅番勤務者が帰るのを待つ必要があります。

大体遅番の定時から30分もすれば施設内は夜勤者のみになるため、職員用玄関から程近いトイレに篭ってその時を待ちました。

僕は程よい緊張でドキドキしながら真っ暗な下駄箱に向かいました。

そこから早速琴音のスニーカーを取り出し、カバンに忍ばせトイレに持ち込みました。

…恐らく入職前から使用していたのでしょう。2年目にしてはえらくボロく、中敷きも黒ずんでおり履き込まれた感じが興奮しました。

鼻を近づけてみると、若い女の子特有の甘い香りの後に、ツーンと酸っぱい足の匂いが追いかけてきました。

あんな可憐で清純な女の子が、足元からこんな香ばしい匂いを放っているとは…。

緊張と興奮でドキドキは最高潮でした。学生時代を含め、今まで無数の女の子の靴を嗅いできましたが、こんなに興奮したのは琴音が初めてでした。

僕のチ○ポはすっかり勃起しています。パンツを下ろし、左手で持ったスニーカーの匂いを嗅ぎながら、右手でシゴきます。

どんなAVでも敵わない最高のオカズを手に、ひたすら快感に耽ります。

(あぁ…これが琴音の足の匂い…気持ちいいっ!!)

スニーカーの中に射精するつもりでしたが、スニーカーから鼻を離すのが惜しいのと、逝く寸前で理性が勝ってしまい、あえなく便器内に大量の精子をぶち撒けながら果てました。

興奮と背徳感でしばらく足がガクガクしていましたが、しばらく何とも言えない満足感に包まれていました。

記念にスニーカーを写メした後、下駄箱に戻し、この日は帰りました。

しかし既に僕の頭の中には、琴音がいつも素足で履いている、あの通勤用のピンク色のサンダルが浮かんでいました。

もちろんサンダルは外履きのため、琴音が勤務中にしかチャンスはありません。

日中はさすがに難しいため、必然的に琴音の夜勤中がチャンスになりました。

前回のスニーカーから数日後、琴音と夜勤が一緒になりました。一緒とは言っても、夜勤は1フロアに1人の配置のため、よほど緊急時でない限りは顔を合わせる事はありません。

幸いその日の夜勤は平和に進み、巡回時以外は暇を持て余していました。

ふと、あのサンダルが頭に浮かびました。(part3ヘ続く)

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]