【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

評価:昨日2位

巨乳でスタイル抜群の彼女がチャラ男とセックスする所を盗撮した話③vol3

投稿:2022-01-19 17:50:58

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

さくら饅頭◆dyaUEQA
最初の話

【高評価】巨乳でスタイル抜群の彼女がチャラ男とセックスする所を盗撮した話

初投稿です。拙い文章だとは思いますが読んでいただけると嬉しいです。俺の名前は秋生(あきお)と言います。大学3年生でこれといってイケメンではないですが人からはよく優しそうとか言われます。俺には果歩(かほ)って彼女がいます肩口で切りそろえられた髪型、切れ長のパッチリとした…

前回の話

前回はお泊まりの夜までの話でしたが今回はその続きの翌日の朝からの話となります。

7回戦までの詳しい内容を知りたいというコメントがありましたが過去の内容と重複してしまう部分もあったので割愛させていただきました、申し訳ございません。

………

……

翌日の朝、夜にチャラ男に何度もハメられてしまった果歩はその疲れのせいか9時頃になっても眠ったままでした。

チャラ男は既に起きていて何か探し物をしているようでした。

何を探しているのかそのときは予想がつきませんでしたが、チャラ男が引き出しの中から四角い箱のようなものを取り出しました。

よく見てみると…そうです…チャラ男が果歩に買わせたゴムでした。それを自分のバックの中に隠しました。

生でハメる気だとすぐ確信しました。

果歩に連絡しようかと思いましたが、寝取られているところを見たい自分の欲が勝ってしまい連絡はしませんでした。

30分くらいしてから目を覚ます果歩。

「んっ…おはようございます…」

「お、果歩ちゃんおはよ。昨日は楽しかったね?笑」

「楽しかったっていうか…気持ちよかった…?笑」

昨日の夜はエッチの時以外は強気な態度をチャラ男に取っていたのですが、そんな態度をとる果歩の姿は一切なく…ただの恋人が会話をしているような感じでした。

「果歩ちゃんがしたいなら朝からでも出来るけど?笑」

ズボンと下着をおろし反り返った肉棒を見せつけるチャラ男。

「ふふっ…チャラ男さん元気すぎですよ笑」

「別に普通だって笑ほら、昨日教えたやつやって?」

「はい…チュッ…レロッ…ジュル…」

言われるがままにフェラし始め

「うあっ…昨日教えたばっかなのに上達速っ…気持ちよすぎてやばいわ…」

「ほんとですか?嬉しい…ジュル…ジュポ…ジュポ」

果歩はチャラ男に褒められて嬉しそうに笑顔を浮かべています。

「我慢出来ないから挿れていい?果歩ちゃんの好きな体位で。」

「ジュル…んっ…私も挿れてほしいです…」

壁に手をつき形のよい美尻を突き出す果歩。

「果歩ちゃん立ちバック好きだよね笑んじゃ…挿れるよ?」

ゴムを着けずに肉棒を擦りつけるチャラ男ですが流石に果歩も気付いたようで

「えっ、やだっ…チャラ男さん…ゴム着けてください…!」

「えー…だってゴムどこにあるか分かんねーし。果歩ちゃん取ってきてよ。」

「ゴムはここに…。あれ…ない…」

引き出しの中を確信し、ゴムがないことに焦った表情を浮かべる果歩。

「無いならしょうがないね?外で出すから大丈夫だって笑」

果歩の手を掴み引き寄せ再度立ちバックの態勢で挿入しようとするチャラ男。

「絶対だめ!やだ、やめて!!」

挿入を拒もうと身体を捩らせて抵抗する果歩。

「あー…もうそういうのいいから。」

「はい…果歩ちゃんの初めての生ハメいただきましたー笑」

「キャッ…アッ…な、何…これ…」

挿入されただけでビクビクと身体を跳ねさせています。

「ゴム着けてするより何倍も気持ちいいっしょ笑」

ゆっくり腰を動かし様子を伺うチャラ男

「ンンッ…ハァ…これ…アッ…やばっ…イクっ…!!」

かつてない程早く絶頂を迎え踵を上げて爪先で辛そうに体重を支える果歩。

「いや、早すぎでしょ笑ってか果歩ちゃんの生マンコ想像以上にやばいわー。」

そこからは果歩はもう生ハメを拒むことはなく

「ねえ、生ハメ気持ちいいっしょ?」

パン…パン…パンパンパン

「ンッ…アッ…き、気持ちいい…ヤッ…イクイク…!!」

パチュン…パチュン…パン…パンパンパンパン…

「果歩ちゃんが頑張って締め付けてくれるから俺も限界だわ笑」

「口に出すから飲んでね?」

「キャッ…ンッ…ンアァ…生おちんちん気持ちいい…!またイクー!!」

「あー、出る!」

肉棒を引き抜き果歩の口内へ精子を吐き出すチャラ男。

果歩は抵抗もなく精子を飲み込みました…。

「まじ果歩ちゃんの身体最高…笑」

ニヤニヤ笑い余裕の表情のチャラ男に対して、呼吸を乱しボーッとした様子の果歩。

ここから更に歯止めが聞かなくなっていきますが…今回はここまでとさせていただきます。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(13件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]