【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 10 分で読了)

評価:昨日6位

私はお兄ちゃんと結婚しました+R子②

投稿:2022-01-18 01:52:46

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

けい◆OAmDdEQ

私の大親友、R子ちゃんは可愛くて、優しくて。私はとにかくR子ちゃんが大好きでした。でも、R子ちゃんには大きな秘密がありました。

彼女はレズでした。

そんなR子ちゃんと、私は秘密の約束をしてしまいました。R子ちゃんは私の奴隷になったのです!

私はR子ちゃんに命令メールをしました。

「R子ちゃんの下の毛を全部剃って、私に画像をメールしてね!大好き!!」

翌朝、私がお兄ちゃんに抱っこされて寝ていると、携帯がなりました。

独特の可愛いメロディは、R子ちゃんからの着信メールです。

私はドキドキしながら、メールを開きました。

すると、R子ちゃんから、

(ケイちゃんおはよう!!私、ケイちゃんの言う通りにしたよ!)と、メールに書かれています。

そして、添付画像には、綺麗に剃毛されたワレメが写っていました。

私:(どーしよう。私、R子ちゃんに大変な事しちゃった。。。)

私が携帯を握りしめていると、

兄:「ケイちゃん、可愛い画像だねー。これは誰?ケイちゃんじゃないね?」

と、寝起きのお兄ちゃんに携帯を見られてしまいました!

私は明らかに焦ってしまい、

私:「わ、わ、お兄ちゃん見ちゃダメーっ!」

と、慌てて携帯を布団の中に隠しました。私も布団に潜って隠れようとしました。

お兄ちゃんはそんな私を抱きしめました。

お兄ちゃんは、私の肩と腰を力強く掴みます。私はお兄ちゃんから逃げる事が出来ません。

お布団の中でお兄ちゃんにキスを沢山されてしまい、同時に私の気持ち良い所を触られます。

それが、凄い気持ち良くて。私はお兄ちゃんに抵抗出来ず、ずっと触られていました。

私はいつの間にか、自分からお兄ちゃんにキスを求めていました。自分から生理用ショーツを脱いでしまいました。

兄:「ケイちゃん、生理は終わった?」

私:「まだちょっぴり血がついてるかも?」

兄:「なら大丈夫だね!今日はケイちゃんの中に出しても良いよね?」

お兄ちゃんの事は大好きです。大人になったら、お兄ちゃんの赤ちゃんが欲しいです。

でも、今はまだ許しちゃダメなんです。

頭では分かっているのに、私はお兄ちゃんの誘惑を断れませんでした。

お兄ちゃんは布団の中に潜って行き、私のお尻を両手で掴みました。そして、私が逃げられない体勢になると、私の一番気持ち良い所を舐めるのです。

私:「あ、ああんっ!」

自分でもビックリする程大きな声が出てしまい、私は慌てて布団の端を噛みました。

私:「ふーっ、ふーっ!」

お兄ちゃんの熱い舌が、ツボミを突いたり、なぞったり。。。

そして、背中がゾワゾワし、自分がイクって分かってしまった瞬間、お兄ちゃんは舐めるのを止めました。

私:「???」

兄:「ケイちゃん、今イキそうだった?」

私はうんっ、て頷きます。

すると、お兄ちゃんは、

兄:「ケイちゃん、今日はイカせてあげられない。だって、ケイちゃん隠し事してるでしょ?」と、言いました。

図星でした。お兄ちゃんには言えない秘密がありました。

私:「お兄ちゃん、、、イキたいの。」私はお兄ちゃんにしがみつきました。

そして、小さな声で、

私:「お願い。な、中に出しても良いから。。。」

私がそう言うと、お兄ちゃんは私の中に一気に入ってきました。

私:「あああぁーーっ!」

もう、私の頭は真っ白です。

お兄ちゃんは腰を振ります。部屋の中にパン!パン!って音が響きます。

「あんっ!あんっ!あんっ!」私は我慢出来ずに声を出してしまいます。

兄:「さっきの写真は誰かな?」

私:「と、友達!あんっ!あんっ!」

兄:「もしかして、R子ちゃん?」

お兄ちゃんはそう言うと、一番激しく腰を打ち付けてきました。

「んーーーっ!!!」私は気持ち良さのあまり、お兄ちゃんにしがみつきました。

全身に力が入り、おへその下の辺りがカッと熱くなりました。そして物凄い快楽が来た後、身体はふわふわになりました。

私はもう動けません。

でも、お兄ちゃんはまだ私のお腹の中で動いていました。

そして、ドクン!って音が聞こえそうな程、お兄ちゃんが私の中に出したって分かってしまいました。

いつもなら、慌ててお風呂にいくのに、この日はしばらく繋がったままでした。

お兄ちゃんに抱っこされたまま、画像の事、R子ちゃんの事を聞かれました。

私はお兄ちゃんに昨日の出来事を全部言いました。

○R子ちゃんがレズだった事。

○R子ちゃんとお風呂に入った事。

○そこで、私とお兄ちゃんの関係をしゃべってしまった事。

○R子ちゃんに謝られ、でも、私はこの先もずっとR子ちゃんと友達でいたい事。

○R子ちゃんとレズエッチをしちゃった事。

○R子ちゃんが私の奴隷になった事。

お兄ちゃんは私に言いました。

兄:「俺はケイちゃんが大好きだから、R子ちゃんがレズでも友達のままで良いと思うよ。」

「ケイちゃんには向いて無い気がするけど、R子ちゃんを奴隷にしたいなら、それも認める。」

私はお兄ちゃんの話をじっと聞きました。

兄:「でも、2人っきりでR子ちゃんとレズエッチするのは絶対ダメだよ!!」

そう言うと、お兄ちゃんは私と繋がったまま、バックの体位に変えました。

私がワンちゃんのポーズになりました。

そして、さっきよりも更に激しく突いてきました。

パンッ!パンッ!パンッ!

私:「あ、あ、あ、あ!」

お兄ちゃんは私の子宮の入口をノックするだけじゃなく、更に奥まで入ろうと激しく突いて来ます。中に出されたお兄ちゃんがぐちゃぐちゃにかき回されます。

私は何回も何回もイッてしまいました。

それでも、お兄ちゃんに「やめて。」と言えませんでした。

私はお兄ちゃんにレイプされて当然だと思いました。

私:「お、お兄、ちゃん、ご、ごめん、な、さいっ!」

「あ、あ、あんっ!あ、あっ!」

その後、お兄ちゃんが私の中でイクまで、私は背後位で激しくレイプされ続けました。

その間、私は数えられない位イッてしまいました。

お兄ちゃんとお風呂に入りました。

先程まで激しく突かれていたのに、お兄ちゃんは私のお股を優しく洗ってくれました。

兄:「もし俺がケイちゃん以外の人とエッチしたら、ケイちゃんはどんな気持ちになる?」

私:「悲しい。。。」

私は泣きながら答えました。

兄:「俺の気持ちは伝わった?」

私:「お兄ちゃん、ごめんなさい。。。」

お兄ちゃんは私を抱きしめ、頭をよしよしってしてくれました。

次の日、お兄ちゃんと相談の上で、私はR子ちゃんにメールしました。

間もなくして、R子ちゃんが家にやって来ました。

R子ちゃんは、薄いすみれ色のワンピースを涼しげに着こなしていました。

R子:「お、お邪魔しまーす!」

私:「2階が私の部屋だよ。」

私はコーヒーを3人分入れて、私の部屋に持って行きました。

私:「お兄ちゃん、コーヒー入れたよ?」

私がお兄ちゃんの部屋に向かって声をかけると、お兄ちゃんは私の部屋に入って来ました。

兄:「コーヒー、ありがとー。」

R子:「あ、は、初めまして。R子と申します!」R子ちゃんは立ち上がって、キチンとした挨拶をしました。

兄:「どーも!いつも妹がお世話になってます!」

お兄ちゃんらしい、軽い挨拶をして、

兄:「ケイちゃんに聞いてたけど、R子ちゃん、本当に可愛いね!」

お兄ちゃんがそう言うと、R子ちゃんは真っ赤になってしまいました。

私と兄:(可愛いなー。)

しばらく、3人で楽しく世間話をしていましたが、私が席を立ちました。

私:「ちょっと、トイレに行ってきます。あの、コーヒーのお代わりどうかな?」

R子:「頂いて良いですか?」

兄:「ケイちゃん、俺もお代わり!」

私はキッチンへ降りて行きました。

お湯を沸かしている間も、上の階から、2人の笑い声が聞こえて来ます。

私は何となく、ホッとした気分になりました。

お湯が沸くまでの間に、トイレに行きました。

パンツにドロっとしたものがついています。昨日のお兄ちゃんが出てきちゃいました。

(いっぱい出されたんだなぁ。。)

拭いても拭いてもお兄ちゃんがじわーっと、溢れてきます。

(お兄ちゃんの赤ちゃん欲しいなぁ。)

私はお兄ちゃんを拭き取るのをやめました。

キッチンでコーヒーを入れます。3人分のコーヒーを入れるのが、何となく幸せな気分になるのでした。

私:「お待たせ。コーヒー入ったよ」

部屋に戻ると、私には理解できない光景でした。

お兄ちゃんがR子ちゃんのスカートをめくって覗き込んでいるのです。R子ちゃんはパンツを履いていない様にみえました。

私はコーヒーを溢さないようにテーブルに置きました。冷静なふりをしましたが、全く冷静ではありません。

私:「2人とも何してるの?」

R子:「こ、これは、ち、ちがうの!」

R子ちゃんは動揺していました。

兄:「確認してただけだよ」お兄ちゃんはニコニコしながら言いました。

「ケイちゃんも気になるでしょ?ケイちゃんの命令でR子ちゃんは頑張ったんだから!」

兄:「R子ちゃん、ご主人様にココを見てもらわないとね?」

R子:「・・・はい。」

R子ちゃんは半分恥ずかしそうに、半分は嬉しそうに、ワンピースの裾をめくりました。

R子ちゃんの下の毛はもともと薄かった印象でしたが、それが無くなって、キレイなスジだけがありました。

小さなR子ちゃんにはとても似合っていました。

私はR子ちゃんの手を引っ張って、お兄ちゃんの部屋に連れて行きました。

私:「R子ちゃん、ここにゴロンってして!」

私は少し強引にR子ちゃんを布団に寝かせました。

R子:「・・・はい。」

R子ちゃんは素直に私の言う通りにします。

R子:「け、ケイちゃん、どうかな?変じゃないかな?」

私:「凄く可愛い。。」

(それは、私の本音でした。)

R子:「良かった。少し怖かったけど。。」

R子ちゃんの笑顔が可愛くて癒されます。

私はお兄ちゃんの方を見ました。

お兄ちゃんは「良いよ」という合図をしました。

私:「R子ちゃん、服が汚れちゃうから、、」

そう言うと、私はR子ちゃんのワンピースを脱がせました。そして、サイズの大きいブラも脱がしました。

R子ちゃんは、お兄ちゃんの布団の上で裸にされてしまいました。それなのにR子ちゃんは、恥ずかしがるどころか、嬉しそうに見えました。

私はR子ちゃんの両足を開き、丸見えの体勢にしました。

そして、R子ちゃんのクリトリスを人差し指で優しく撫でました。

R子:「ああぁん!」

R子ちゃんの可愛らしい声が響きます。

私はR子ちゃんの声にドキドキしながら、R子ちゃんの気持ち良いところを探りました。

そこにお兄ちゃんがムービーを録画しながら部屋に入って来ました。

でも、R子ちゃんはカメラを気にする様子もなく、甘えた声で、

R子:「ケイちゃん気持ち良い。もっとして欲しいな。。」と、おねだりされました。

私は、お兄ちゃんに気持ち良くされた事を思い出しながら、R子ちゃんの気持ち良い所を探しました。

ピッタリと閉じたスジを指で開き、ゆっくり舌でなぞりました。

R子:「んひぃっ!」

R子ちゃんは背中を反らして叫びました。

私:「ここが気持ち良いの??」

クリトリスを中心に舐めたり、吸ったりします。R子ちゃんのイヤラしい場所がひくひくと、痙攣を始めました。

(R子ちゃん、イッちゃうんだ。。)

私がそう思った瞬間、お兄ちゃんに肩をトントンってされました。

私はR子ちゃんから離れました。

イク寸前で焦らされるのは、女の子には辛いんです。だからR子ちゃんから離れたのです。

お兄ちゃんはムービーを止めて、R子ちゃんに言いました。

兄:「R子ちゃん、気持ち良かったかな?」「でも、イカせては貰えないよ。R子ちゃんはケイちゃんの奴隷だからね。」

お兄ちゃんは、私を優しく膝の上に乗せました。そして、R子ちゃんに見せつける様に、私にキスをしました。私の唇には、R子ちゃんのエッチなジュースが付いていたはずです。

でも、お兄ちゃんは全てをリセットする様に、いつもより濃厚なチューをしました。私の頭と腰を抱え、唇も舌も吸われました。耳にキスされ、首筋を舐められ、私の息が荒くなります。

腰の手はお尻を触られ、頭の手は私のパンツの中に入ってきます。

私はお兄ちゃんに見つめられて、もうお兄ちゃんしか見えませんでした。

R子ちゃんに見られているのに、お兄ちゃんを求めてしまいました。

自分からお兄ちゃんにチューをしてもらい、着ていた服も自分で脱ぎました。

お兄ちゃんに下も、って合図され、私はパンツを下ろしました。

膝を曲げて、履いていたパンツを取ると、私のお股から、ツーっと垂れていくのが分かりました。

兄:「R子ちゃんは知ってるんだよね?俺達、兄妹の関係を?」

R子:「は、はい。ケイちゃんに聞いちゃいました。。」

兄:「どう思った?」

R子:「え、えっと、信じられないなーって」

兄:「そうかぁ。。。ケイちゃん。今日は上でしようか?」

私は黙って頷きました。

私がお兄ちゃんの上に跨ろうとすると、お兄ちゃんは私のおまんこを両手で拡げました。

すると、昨日のお兄ちゃんが一気に出てきてしまい、私の太腿を伝い布団にシミを作りました。

兄:「R子ちゃん、見えるかな?ケイちゃんのココ。トロトロでしょ?昨日、沢山出されたんだよ?」

R子:「す、凄くイヤラしい。。」

R子ちゃんにそう言われ、私は泣きそうになります。

兄:「エッチする時は、ケイちゃんのココを舐めてあげるんだよ。ケイちゃんがイッてからじゃないと、エッチはしないんだ。」

お兄ちゃんがR子ちゃんに真面目に解説するので、私は恥ずかしくて目を閉じました。

兄:「でも、今日はケイちゃんが我慢出来ないから、このままエッチするね!」「R子ちゃんは、ケイちゃんを見ててあげてね!」

お兄ちゃんがそう言い終わると、私はゆっくりと腰を下ろしました。

お兄ちゃんのおちんちんは凄く固く、熱くなっていました。ヌルヌルになってしまった私のアソコは、難なくお兄ちゃんを飲み込んでしまいました。

私:「んんーーっ!!」

物凄い快楽が襲って来ました。

目の前でR子ちゃんが興味津々で見つめています。

私は恥ずかしいのに、お兄ちゃんの上でイヤラしく腰を動かしてしまいます。身体が快楽を求めてしまい、自然に動いてしまうんです。

R子:「け、ケイちゃん。。。凄くエッチ!」

R子ちゃんにそう言われて、

私:「いく、いくーーっ!!」

あまりの気持ち良さに、はしたない声を出してしまい、私はイッてしまいました。

でも、それでエッチが終わるはずはありませんでした。

私はお兄ちゃんの上でグッタリしてましたが、お兄ちゃんは繋がったまま起き上がり、私の口に舌を入れて来ました。

私はR子ちゃんを忘れ、お兄ちゃんのキスに溺れてしまいました。

お兄ちゃんがキスをしたまま下から突き上げてくると、私はイヤラしい声を止める事が出来ません。

私:「あ、あ、あ、あーっ!す、好き!お兄ちゃん、大好き!!」

私の乱れぶりを、R子ちゃんに全部見られてしまいました。私は間違いなく、いつも以上に感じていました。

そして最後にお兄ちゃんは、私をワンちゃんのポーズにしました。私の顔の前にR子ちゃんがいます。

私はR子ちゃんに手を握って貰いました。私がR子ちゃんに笑顔を見せると、お兄ちゃんは昨日の様に激しく突いてきました。

私:「あっ!あっ!あっ!」

私は何回もイキました。でも、お兄ちゃんは止まってくれません。

R子ちゃんの目には、私がレイプされている様に見えたのでしょうか?R子ちゃんは私の手を握ったまま、私にキスをしました。

私:「!!!!!」

私のアソコは収縮し、同時にお兄ちゃんは私の中いっぱい出しました。

お兄ちゃんがオチンチンを抜くと、大量の精子が流れ出て来ました。

私はそのまま布団に倒れ込んでしまいました。私はグッタリしたまま動けませんでした。(もう無理だよ。動けないよ。。。)

次の瞬間、お兄ちゃんの声が聞こえました。

兄:「R子ちゃん、ケイちゃんのアソコをナメナメしてあげて。綺麗にして!」

お兄ちゃんはR子ちゃんに命令しました。

R子ちゃんは嬉しそうに頷いて、お兄ちゃんの精子が溢れて出て来る私のアソコを、ペロペロと舐めました。

私は全く動けませんでした。。。

その一部始終を、お兄ちゃんはムービーに記録していました。

R子ちゃんは私のおまんこを舐めながら、真剣に聞きました。

R子:「あのー、ケイちゃん、赤ちゃん出来ちゃわないんですか?」

兄:「たくさん出したから、出来るかもしれないね?」「でも、ケイちゃんはまだ15歳だから、赤ちゃんが出来たら困るなー。」

兄:「R子ちゃん、全部吸い出して上げてよ」

R子:「分かりました!」

R子ちゃんはそう言うと、私のおまんこに吸い付きました。そして、ちゅーちゅーと吸われてしまいました。

私:「だ、、だめぇ、、、で、でちゃう。」

でも、私にはもう起き上がる力はありませんでした。私はお漏らしをしてしまい、そのまま、気を失いました。

私はお兄ちゃんに抱っこされていました。

お兄ちゃんは私が気付くまで、ずーと抱っこしてくれていたのでした。

兄:「ケイちゃん、大丈夫?」

私:「大丈夫じゃないもん!いっぱいイカされたもん!!」

私はワザと怒りました。でも、それは、お兄ちゃんにはバレていました。

お兄ちゃんに頭をなでなでされ、

兄:「ケイちゃんは可愛いね!お風呂入ろうか?」

私:「うん!!お兄ちゃん大好き!!」

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(6件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]