【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 15 分で読了)

評価:昨日13位

まどかと結婚して・・その後、母親の綾と・・最終話(1/2ページ目)

投稿:2021-12-11 15:28:05

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

伊藤伸也◆JEOWcSM(東京都/20代)
最初の話

【高評価】久しぶりに妹とお風呂に入った・・・そして・・・

私は「伊藤裕也」現在22歳で大学4年生、私には2歳下に妹がいる。名前は「久美」大学2年生。妹が行っている大学は同県内のため実家から通っているが、私はかなり離れている関東の大学のため、ボロアパートを借りそこから通っている。そんなある日、久美から電話が入った。「もしもし~」#ブル…

前回の話

私は「伊藤裕也」現在26歳で社会人、妹と同級生だったまどかと23歳の時にめでたく結婚して1年後、まどかは妊娠した。

母親の綾は、結局旦那の浮気が原因で翌年離婚、まどかの親権は綾となり、結婚まで2人で過ごして俺がサポートしていた。当然肉体関係付きでw。

25歳で結婚するときまどかは俺に言った。

「裕ちゃん・・あのさ~結婚後のことで相談なんだけどいいかな?」

「ん?なに?」

「あのさ・・お母さんのことだけど(いいよ!)え?」

「結婚して住む家にお母さんも一緒にってことだろ?いいよ!」

「うん・・いいの?・・ありがとう♡」

同居することは、事前に綾と会っている(エッチw)時に聞いていた。俺からすれば当然OKだったw。

「いいよ・・お母さんも離婚して1人だし、寂しいでしょ!・・これから忙しい時とか困っている時に近くにいて助けてくれそうだしね」

「ありがとう~」

それから結婚し、溜めに溜めた精子を・・違う!貯金を頭金にして新築を建て、3人で住むようになった。

それから現在、俺26歳、まどか24歳、綾44歳、綾は44になっても若い俺のエキスを定期的に吸っているせいかw昔とほとんど変わらぬ美しさである。

そんなまどかが妊娠した。

「裕ちゃん私妊娠したよ~」

「まどかおめでとう~」

「おう!よくやった」

「24歳で妊娠ならいい子産まれてきそうだね」

「うん!」

「これからが大変よ~」

妊娠してからはまどかとエッチは出来ず、綾とは同居してからまどかが家に居ないときを狙って、コソコソとエッチをしていたが、まどかとできない分綾に求める頻度が徐々に増えて行った。

まだ俺は26・・性欲は全盛期である・・

「あ・・綾!」

「だめ♡」

「呼んだだけでまだ何も言ってないだろうがw」

「裕也の言いたいことはわかるw・・したいんでしょ?♡」

「なんでわかる」

「もう~目がさw」

「まどかが妊娠してから全然でさ・・綾とだってそんなしてないじゃん?・・俺どうするのさ!?」

「じゃ~自分でするしかないねwwwwwwwww」

「お・・おま・・それを言っちゃ~~」

「仕方ないでしょ~まどかも今が大切な時なんだから~」

「まぁそうだけど・・だから綾!」

「私ともご無沙汰だから随分溜まってそうね♡」

「そりゃ・・・」

「まどかは?」

「あ~さっき近所の奥さんに呼ばれたって、近くだからちょっと行ってくるって出て行ったよ」

「だから今のうちにって私を求めてきたわけかw」

「綾だって俺としたいだろ?」

「そ・・そりゃ~したいけど、まどかがいつ帰ってくるかわからないからエッチは危ない!・・だから口でしてあげる♡」

「いいの?」

「もう限界なんでしょ?w・・(ジイ・・チャックを下ろして中から俺のを出す)よっこらせっと・・うは♡もうビンビンじゃん♡・・すっごく固くなって(んぐっ)んん~ジュル」

「あ・・綾!すごく気持ちいい!・・おふっ!お!お!」

「うふ♡すっご♡ん!ん!ん!・・いいのよこのまま私の口に射精して♡・・全部飲んであげるから♡」

「飲んでって・・そんなこと言われると興奮してああ!・・あ・・ああ~綾逝く~~!!」

「ん!ん!来て!ん!(ドピュドピュドピュ)んん!ん~~~ん~~~(ア~~ン♡)すっごくでたw(ゴクっ!)んはぁ♡」

「はぁ・・はぁ・・綾の口に全部でた・・すっげ気持ちいい」

「クス♡良かった?・・じゃ~口で綺麗にしてあげる(ジュルジュル~)ん~~はい綺麗♡」

「綾ありがと」

「今はこれで我慢しなさい♡・・じゃぁ~また後でね」

その後、タイミング良くまどかが帰ってきたので、何事もなかったようにテレビを見た。

「ただいま~」

「あ~おかえり~いい運動になったか?」

「うん」

そんな生活を送りながら数か月が経ち、まどかのお腹はどんどん大きくなった予定日前に病院に入り、後は出産の時に連絡があり、行くだけになっていた。

もちろん、生まれた後も数日は病院にいるので、その準備に追われていた。

「まどかこれぐらいでいいかな?」

「うん・・初めてだから何をどれだけ準備していいか・・」

「まぁ~病院に居れば何かあってもほとんど大丈夫だから安心して」

「お母さんありがと・・あ!それと裕ちゃん頼むね」

「あ・・あ~裕也くんのこと?・・うふ♡私に任せて♡」

「いやいや・・♡はおかしいでしょw」

「あはは」

綾はもう少し病院に居てタクシーで帰るからって言われたので、1人で家に向かっている途中に小学校から友人だった「相田智樹」から電話があった。

「おう!裕也~今いいか?もうすぐまどかちゃん子供生まれるんだってな?」

「おう~智樹か~ありがとうな!」

「ええな~父親か~俺なんて彼女のかの字も無いわww」

「あはは~まぁ~まだ俺らは若いからいずれいい子見つかるよ」

「まぁ~な・・でもいい女としたいよな~」

「あはは~智樹は熟女系の大人が好きだったなww」

「そうだよw・・なぁ裕也はまだお義母さんとしているのか?w・・ずっと前に会った時、酔った勢いで言っていたが・・」

「なんだよw・・そんなことを覚えていたのかよw」

「あたりまえだろw・・逆に衝撃すぎて忘れんわw・・一回この前会った時、まどかちゃんに似て美人だし、すっごく若く見えるもんな~・・んでどうなんだよw」

「はは・・ご想像にお任せするwwww」

「おま!!・・ったくよ・・裕也贅沢すぎるだろ!」

「まどかちゃん今日から入院だっただろ?・・おま・・まさかお義母さんと!?」

「どうかな~~~」

「・・・・・・今からお前の家に行く!じゃな!(プチ・・・)」

「待て!お・・おい!(ピポパ)・・(お客様のお掛けになった・・)くそ!電源切ってやがる」

俺は智樹とは定期的に居酒屋で飲みに行っており、たまたま酔った勢いで綾と昔から肉体関係ってことを言ってしまった。

「うお!もう居やがるw・・早~~な」

「おう!」

「おう!じゃね~~~よw勝手に言うことだけ言って切りやがってw」

「よし!上がるぞ!」

「待て待てw・・今日はお引き取りを・・・」

「おま・・やっぱ・・・・・・お邪魔します!」

「ちょw」

「あれ?お義母さんは?」

「まだ病院だよw」

「まだ?・・ってことは今日帰るんだな!」

「あ・・いや・・帰らんw」

「嘘をつけww・・お前と何年付き合っている!」

「はぁ~~~・・もういいよあがれよ」

それから部屋に入った智樹はいきなり土下座をした。

「裕也頼む!・・お・・俺もお義母さんとさせてくれ!」

「な・・何言ってんだお前はww」

「もう限界なんだ!・・なっ!・・一生の友だろ!」

「いや一生の使い道を間違っているぞ智樹w・・それに綾が良いって言うわけないだろw」

「少しでいいんだ・・だ・・だったらさお前してる時にレイプみたいなプレイをしよって言ってさ・・目隠しさせて裕也がしてる時に、一瞬でもいいから・・な?いい考えだろ!頼む!」

「おまえな・・よくそんな発想をすぐ出てくるな・・」

「わかった・・なら今からネットでお前の悪事を世間にバラまくwwwwwwwもちろんまどかちゃんに真っ先に報告するww」

「おま・・それは脅迫じゃね~~~~かw」

「・・・で・・いいんだなまどかちゃんに言ってもw」

「わ・・わかったわ・・でも少しだけだぞ」

「やったぜ!」

俺は、綾が帰ってそれなりに進めてレイププレイをと言ってするから、それまで俺の部屋で待ってろと言い、綾を待った。

綾が帰宅してその夜・・・・・

「ふぅ~まどかやっと一段落だね~生まれるのは明日か明後日ぐらいかな~?」

「そっか~やっと俺も父親か~」

「そうだよ!しっかりね!」

「ところで、最低でも今日は二人っきりだね綾!」

「当然言うと思ったけどw・・だ・・だから一応聞くけどなによ?w」

「そりゃ~~この日のためにだな!オナ我慢してだな!・・それでだな!・・簡単に言うとさせてクレw」

「ば~~~か♡」

「綾!(んぐっ)んん~~」

「ちょ(んぐっ)んん~~ま・・待ってよw・・ずっとまどかの付き添いで1日動き回って凄く汗をかいたからシャワー(んぐっ)んんん~~ちょ」

「はぁ・・はぁ・・それがいいんじゃないか!・・綾の汗は俺が舌で全部綺麗にしてやるから・・特に綾のマンコ・・綺麗にさせてクレw」

「あほ♡裕也の変態♡・・ほんとにアソコなんて・・だめw絶対だめw」

「いいから!」

「あ!ああん♡・・スカート捲っていきなりそんなとこに頭突っ込まないで♡ああん♡」

「(スゥ~~~)んは~綾のここ・・すっごくエロい匂いしてる(ジュル)」

「ちょっと匂い嗅かないでよw・・あ!ああん♡そんな下着の上から舐めなあああん♡」

「すご!・・綾のココもう湿ってる(ジュル)」

「ああん♡そんなことない・・裕也が舐めたから・・あん♡あん♡」

「すご・・ジュル・・(クロッチ部分を捲って)ジュルジュル~~」

「ああ!!舐めたらだめ~~~~!!ああん♡だ・・だめだって汚いからああん♡・・もう~~~だめ!逝くっ!!」

「ジュルジュル~すっごw・・綾の味がするジュル~」

「お・・おいおい・・声しか聞こえんが、なんてエロいことしてんだ裕也!!・・もうビンビンだぞココ・・」

「はぁ・・はぁ・・裕也のも舐めさせて」

「ん?俺の何を舐めたいの?w・・はっきり言ってみてw」

「も・・もうばか!・・裕也のおチンチン・・」

「ん~~~?聞こえない・・もっと大きな声でw」

「・・・裕也のおチンチンを舐めさせて!!ばか!!」

「よく聞こえたw・・はい!」

「俺も聞こえたわw・・あんな美人なお義母さんが大きな声で・・あかん自分でするかw」

「うああ・・相変わらずすご・・(んぐっ!)ジュル~んん~~すごく固い♡」

「おふっ!おふっ!・・やっぱ綾のフェラは最高だなおおふっ!・・なぁ~69」

「え~~~・・もう♡あああん♡そんなに舌で舐めないで♡私ができない~~ああん♡」

「おおふっ!やっぱり一週間我慢すると俺の敏感だわ!」

「うふっ♡ホントピクピクしてる♡・・濃い精子溜まってるね♡」

「この濃い精子さ~今日も綾の膣内奥へ出したいけどいいよね!?」

「うふっ♡・・裕也と暮らしてからは、いつでも犯されても良いようにピルを飲んでるから♡」

「んなっ!?・・ピ・・ピル飲んでるのかw・・裕也のやつ・・中出しまで」

「(ナイスタイミングの犯す言葉w)は・・はは・・犯されるってw・・あはははは~~余計に興奮してきた!」

「な・・ならさ!綾!・・レイプされてるように嫌嫌いいながらさ~最後も外に~~ってあがいてよ?w」

「え~~なにそれ~w・・本当にレイプされているみたいに?w」

「そそw・・俺以外のさ~知らない人に襲われている感じでさw」

「え~~w・・わかったわよ♡・・その代わり乱暴にしないでよ♡」

「それはわからんw・・だってレイプなんだから多少強引にしないと♡」

「いや・・そこの♡はおかしいでしょww」

「あ!・・タオルで目隠しだけさせてよ?興奮するよw」

「え~~~うん・・それぐらいならいいよ♡裕也の変態♡」

「あ・・あいつよくもま~サラッとw」

「じゃぁ~さ!・・今、服を着てるからそのまま掃除機で掃除してる振りしててよw・・そこを後ろから襲うからさw」

「なにそのリアルさw・・もうわかったわよw」

「それから、俺抱っこして俺の部屋まで連れてベッドでって流れでw」

「もう♡私重たいよw」

「お!この部屋来るのか・・えっと一応押し入れに隠れ」

綾が掃除の振りをしているところを後ろから襲い、目隠しをして部屋まで連れて行った。

「キャ~~~!何誰!?やめて~~」

「お!リアルw」

「うるさいw」

「あ!いや!目隠ししないで!ああん♡・・どこ連れてくの!やめて~~~」

俺の部屋に連れてきたら、智樹は押し入れに入っていた。

「はぁ・・はぁ・・奥さん俺もう我慢できないからたくさんさせてもらうよ~」

「やめて!なにするの!・・あっ!イヤだ!そんなとこに手を入れないで!!ああん!」

「そんなこと言って~奥さんのここはもうグチョグチョじゃないですか?・・どれ中も見ちゃいますよ~」

「いや~~~!見ないで!!」

「(ドンドン・・おい!でてこい!)じゃぁ~奥さんの大事なところ舐めちゃうね~」

「お・・おおおお~~!」

「(シッ!!・・ほら!行け!)」

「(おおお・・まじかw・・おばさん着衣したままのマンコw)ジュルジュル」

「いや!!・・そんな汚いところ舐めないで~~!!ああん♡」

「(すげwすげ~濃い味!・・たまらない!ジュルジュル)」

「奥さんもう我慢できないから挿れさせてもらうよ!」

「え?いや!!・・それは止めて!せめてゴム(ズズ)あっ!(ズン!!)あああ~♡イヤだ~~~~!」

「(うおおお!気持ちいい!・・すっげ締まる!ん!ん!ん!・・マジいい!)」

「いやだ~~!止めて!お願い!ああん♡・・あ・・だめ・・あああ~~逝くっ!!んあああ~~~♡」

「(うおおお逝く姿エロすぎだろww・・俺ももだめ!チラっ!おい!逝くぞ!)」

「(もう逝くのかよw)奥さん!俺はもうだめだ!逝くぞ!」

「え?逝く??・・中はダメ!お願い!外に・・外に出し(ドピュドピュドピュ)あっ!!い・・いや~~~~~~(ドクン!ドクン!)あ・・いや・・」

「(ん“ん”・・おばさんの膣内に射精しちゃったw)」

「(お・・おまw膣内にだしたのかよw)」

「(最高だわ!なぁ?このままもう一回w)」

「(ちょw)」

「え!?ああん♡・・ちょ!逝ったんじゃ!?ああん!待って!・・そんな~~だめ!すぐ逝くっ!!んあああ~♡」

「(おお!すげ~エロw・・俺も逝くっ!!)」

「逝っちゃった(ドピュドピュドピュ)ああん♡(ドクン!ドクン!)熱い♡」

「(どけwもういいだろw)」

「(最高だった・・じゃぁ~そ~と帰るわ!後はお好きにw)」

「ああん♡すっご・・私の膣内が(ズズ!)え?ちょっとw裕也待ってw(目隠しタオルを脱ぎ)裕也待って♡今2回も逝ってもう?wあああん♡」

「お・・俺だって溜まってんだわ(うおwアイツの精子でグチョグチョじゃね~~なクソw)まだまだ~ん!ん!ん!綾!」

「ああん♡あん♡・・なんかさっきより太く大きくなってない!?ああん♡」

「そうか!?ん!ん!(智樹の見たけど俺の方が大きかったもんなw)ん!気持ちいいか!?」

「ああん♡いい!!・・でも私もうだめ!!また逝くっ!!んあああ~~~」

「俺も逝くぞ!逝くぞ!逝くっ!!」

「出して~~!私の膣内にたくさん出し(ドピュドピュドピュ)ああん♡(ドックン!・・ドクン!)すごく熱い!今度は精子が奥まで当たってるのがわかる!」

「綾!ん!ん!(そりゃ~あいつ短かったもんなw)奥の奥まで!」

「(ずぼっ!)うあ・・ああ・・裕也どれだけ精子だしたのよ♡・・大量過ぎない?w」

「はは・・(そりゃ~あいつ2発の俺1発だもんな・・智樹も溜まってたみたいだしw)」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。