【現在23,936話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

評価:昨日1位

【評価が高め】スナックの美人3姉妹にイタズラ(1/2ページ目)

投稿:2021-12-02 02:49:04

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

へんたいのんべえ◆J3khF0Q(福岡県/50代)
前回の話

続編希望ありがとうございます。

前回の続きから。

まどかとあやかの汚パンツをじっくり楽しんだ後、10時ごろに店に行くと美人三姉妹とママがチャイナドレスを着ていました。

ママ「いらっしゃいませ。あっ○○さん。」

自分「どうも。」

空いてた入り口に1番近い席に座る。

ママ「あやかー○○さんところについて。さやかテーブル席に。」

あやか「はーい・・・」

さやか「はーい」

テーブルからあやかがやってきたのですがかなりふらついてる。

ママ「あやか大丈夫?」

あやか「うん・・・吐きそう・・・」

ママ「少し外で休憩してきなさい。」

あやか「ありがと・・・」

そういうとふらふらしながら外に

自分「大丈夫?心配だからついてくよ。」

ママ「お願いします。」

その時は下心などなく単純に心配なだけでした。

さすがに店の前でゲーゲー吐くわけにはいかないので、店の隣の公園に。

その公園には使われてない井戸があり、大人の胸ぐらいの高さまで石が積まれていました。

そのまま吐くと靴や足元に飛び散るので、あやかはその井戸に顔を出して吐いていました。

自分「大丈夫?」

あやかは三姉妹の中では1番強く、こんなになってるのを見るのはじめてでした。

あやか「あのじじい。飲ませすぎ・・・」

自分「あぁーあの社長?」

あやか「そう・・・」

テーブル席にいたのはたまにくる社長でした。

その社長はひたすら飲ませる人でした。

飲んでなかったらこんなおじいさんじゃ楽しくないか・・・とへこむタイプの人でした。

ただ酔わせてエロいことをしようとかもまったくなく純粋に楽しみたい人らしく注意もしにくい状態でした。

いつもなら途中からノンアルに切り替えるらしいのですが、今回はイベントなのでボトル、シャンパン、ワインなどを開けてくれたみたいで飲め飲め攻撃とチャンポンで流石のあやかもやられたみたいでした。

そんな話を聞きながら自分はというとあやかの背中をさすりながらあやかのパンティーをとれないかと考えていました。

あやかの服装は赤のチャイナドレスで足首ちょい上まであり片側にスリットがあるタイプでした。

あやかは肩幅より少し広めに足を開き塀に肘をついた状態ではいてました。

左手で背中をさすりながら右手で携帯を開きますカメラを起動。

ライトをつけてそのままあやかの足の間に(笑)

10秒ぐらい置いたでしょうか。

自分「水かってくるね。」

あやか「ありがと・・・」

そういうと携帯をとり自販機へ。

いくがてら動画を確認するとまさかの動画が。

足の間に入れた瞬間あやかの白いパンティーが。

なんとTバックでおしりが丸出しでした。

さらに夏に海にでも行ったのか日焼けあとがありお尻の部分が真っ白でよりお尻の部分が際だっていました。

自分「うおっ・・・すげ・・・」

いいもののがとれたと思い水をかって戻るとさらに嬉しい展開に。

あやかは肘をつけるのをやめそのまま顔だけ出す状態に。

そうなるために姿勢を低くするために足を開いて膝に手をついていました。

戻る前にカメラを起動しそのまま真下に(笑)

自分「おまたせ大丈夫?」

あやか「うん・・・」

そういうと背中を強めにさすりました。

そうすると予想通り前後に揺れる動きを(笑)

あやか「うっ・・・」

そういうともう一波きたらしく盛大にはいてました。

その隙に携帯回収。

あやか「うー」

自分「はい水。」

あやか「ありがと。」

そういうと水をゴクゴク。

あやか「ふー。はききったら少しマシになった。もどろか。」

自分「本当に大丈夫?」

あやか「うん。ありがと」

そのまま店に戻りました。

ママ「お帰り。あやか大丈夫?」

あやか「吐いたらだいぶマシになった。」

ママ「そう。じゃあここお願いね。」

そういうとママはカウンターの奥の方に。

自分は空いてる1番入り口に近い席に。

A「あやかちゃん大丈夫?」

あやか「うん、大丈夫。少し飲まされすぎた(笑)」

B「あの人いつもだよね。」

AとBはよくくる常連の2人組で昨日もきてました。

A「○○さんどうも。」

自分「どうも。」

A「昨日は最後があんなんだったんで今日もきちゃいました(笑)」

自分「自分もです。」

あやか「本当最悪だったよね。聞いてよあのあとさ・・・」

その後はドンキで盗撮されたこと、あのあと取り調べやらなんやらで帰ったのは朝7時だったこと等話してくれました。

A「それは大変だったね。」

あやか「ほんと盗撮するやつ最悪だよ。」

まさかさっき吐いてる時にガッツリ白のパンティーとってたなんでバレたらどうなることやら(笑)

そんなことを考えてると

あやか「ということでいっぱいもらうね○○さん♡」

自分「えっ・・・あっうん・・・」

一瞬盗撮してたのばれてていっぱいもらうと言ったのかとドキッとしましたが考えすぎでした。(笑)

その後は楽しく時間が過ぎたのですがしばらくすると

ママ「まどかテーブル席と交代さやかはカウンターに。」

まどか「はーい。」

さやか「はーい・・・」

みるとさやかはふらふらでみるからにやばそうでした。

まどか「もう社長のませすぎですよ。」

社長「少し無茶させ過ぎたかのう。」

まどか「私はお手柔らかにお願いしますね。」

そういうとテーブルにつくまどか。

社長「よしならシャンパンからいくか。」

まどか「もう。お手柔らかにていってるじゃないですか(笑)」

社長「まあまあそういうな。ママシャンパン。」

ママ「はーい。」

ママはテーブルにいきシャンパンを持っていき戻る途中さやかのもとに

ママ「さやか大丈夫?」

さやか「かなりやばいかも・・・」

ママ「○○さんさやかお願いしてもいい?」

自分「わかりました。」

そういうとさやかを連れて公園に。

さやかも同じように井戸に向かって吐き始めました。

自分「大丈夫?」

さやか「・・・」

しゃべれないぐらいやばいみたいです。

さやかの服装は青のチャイナでこちらも足首ちょい上ぐらいまでですがあやかのと違い両側の膝上10センチぐらいまでスリットがはいてました。

カメラを起動し容赦なく真下に(笑)

10秒ぐらい真下に入れた後さやかを井戸に落ちないような体勢にして

自分「水かってくるから落ちないようにね?」

さやか「・・・」

こくんとうなずきました。

水を買いに行きながら動画みるとなんとさやかも水色のTバックでした(笑)

自分「まじかよ・・・」

これまたすごいものがとれたとルンルン気分でもどると、さやかは井戸の内側に手をいれ塀によりかかっていました。

自分「さやかちゃん大丈夫?」

さやか「・・・すぅ・・・」

昨日あんなことがあったので寝れてないのかその体勢で寝息を立てていました(笑)

自分「さやかちゃん。」

ゆすってみるが起きない。

・・・・・・

そっとおっぱいに手を伸ばす(笑)

ムニュッ

さすがEカップすごいやわらかい

ムニュッムニュッムニュッ

全く起きない(笑)

胸は見えないし服が邪魔なので下にイタズラすることに

カメラを起動しスリットの両端をもちめくりあげました(笑)

さやかちゃんのお尻が丸出しに(笑)

寝息をたてているのに注意しながらスリットをお尻丸出しの状態で固定。

ゼロ距離でおしりの撮影(笑)

そしておしりに鼻を近づけ匂いを堪能(笑)

そこできづいたのですがTバックではなくパンティーが食い込んでTバック状になってました(笑)

見ているだけでは物足りずそっと手を伸ばす。

柔らかい尻肉(笑)

しばらく触っていたのですが寝息をたて起きる気配がない(笑)

そっと食い込んだパンティーを指で持ち上げ尻肉を押す。

目の前にさやかちゃんのアナルが(笑)

バッチリと携帯で納めそっと匂いを嗅ぐ。

つーんとする匂いにほんのりウンコの匂いが(笑)

まだ起きる気配はないそのまま前の方もずらす(笑)

綺麗に整えられた毛。

まんこの肉をスッとヒラげる。

自分「おおっ・・・」

さやかちゃんのビラビラとクリが丸見えに(笑)

しっかりとカメラに収める。

そして匂いを嗅ぐ。

雌のいい匂い(笑)

もう我慢できない。

さやかのお尻にあそこを当てる。

さやか「・・・すぅ・・・」

起きる気配はない。

そっと上下してみる。

さやか「すぅ・・・すぅ・・・」

さらに何度か上下(笑)

自分「うっ・・・さやかちゃんだすよ。」

くる前に二発抜いてるにもかかわらず発射(笑)

さやかの尻肉に(笑)

三発目なので量はそこまでだったのでそのまま尻肉に伸ばしておきました(笑)

さやか「すぅ・・・すぅ・・・」

少し冷静になり起こすことに。

自分「さやかちゃん。さやかちゃん。」

激しく揺さぶる。

さやか「んっ・・・」

自分「大丈夫?はい水。」

さやか「ありがとうございます・・・」

どうやらイタズラには気付いてないみたいです。

さやかちゃんも寝たことにより少し復活したみたいです。

その後10分ぐらいはなして店に戻ることに。

その頃にはある程度までは復活しました。

ママ「おかえり。大丈夫さやか。」

さやか「うん。○○さんのおかげでなんとか。」

まさかマンコやアナルをドアップで撮影され尻コキまでされたとは夢にも思ってないようで(笑)

ママ「すいません。昨日に続き迷惑かけて・・・」

自分「全然きにしないでいいですよ。」

ママもまさか娘がそんなことされてるとも知らず信頼を裏切り少し申し訳ないき気持ちに(笑)

ママ「さやかはもうのまないでいいからね」

さやか「うん。ありがとう。」

その後はさやかと常連A.Bとまったり。

そして時間が過ぎてテーブル席の社長が帰ることにその頃にはまどかもベロベロに(笑)

まどか「社長さんまたねー♡」

社長「ありがとう楽しかったよ。」

社長も満足したみたいです。

ママ「まどか大丈夫?」

まどか「らいじょうぶらよ。」

完全に呂律がまわってません(笑)

ママ「○○さんまどかお願いしてもいい?」

自分「わかりました。」

まどかもあやかと同じ片側にスリットがはいった白のチャイナでした。

まどか「もう。らいじょうぶらよ。」

自分「本当に?」

まどか「らいじょうぶ・・・うっ」

井戸にいくとやはり大丈夫ではなきな吐きました(笑)

その隙に携帯を真下に(笑)

自分「水かってくるからおちないようにね。」

まどか「うぅ・・・」

まだ吐いてました。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。