【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

評価:昨日7位

中学で美人で運動神経抜群の女子のジャージの匂いを嗅いでいたら逆にその子の弱みを握ってしまった

投稿:2021-11-29 18:19:28

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

たいよう◆QRkUCIM

とても性欲お盛んな中坊の時に同じクラスの山本さんという成績も優秀、スポーツ万能の女子に憧れていました。

その頃から端正な顔立ちで真面目そうな感じで自分には絶対手に届かない存在だと思って憧れているだけでした。

しかし夕方に部活が終わって忘れ物があったので教室に戻ると誰もいない空間でふと山本さんのロッカーを見つめると中にはジャージや山本さんの私物が入っていました。

当然そんな年で女の体に触れたこともないしましてや匂いすら感じたこともない自分の目の前に憧れの女子の衣服が置いてあるわけなので、

辺りに人がいないことを一応確認してドキドキしながらジャージのズボンの匂いを嗅いでみると

「なんじゃこれは~!」という衝撃が脳に送られて全身に衝撃が走るほどの興奮を感じました。

とにかく初めて嗅いだ女子のジャージはとても甘い香りが漂っていて洗剤や柔軟剤とは違うとにかく甘い香りで包まれていて、それを顔にグリグリと押し当ててしっかりと匂いを堪能していました。

もうチンコはフル勃起状態で早くこのジャージの匂いを嗅ぎながらオナニーがしたいと思い、人の来ない部屋まで移動して山本さんの甘い香りのするジャージの匂いを嗅ぎながら、硬くなったチンコにジャージの足を巻き付けてシコシコと擦り付けた。

ジャージの柔らかい素材のせいもあってまるで山本さんのお尻に擦り付けているような感覚に陥ってしまい、頭は完全にパニック状態。

あっという間に暴発した精子は瞬く間に山本さんのジャージにべっとりと付着。

しばらく放心状態だったがバレるとまずいので一生懸命拭いておいた。

そろそろ返しに行こうと教室に戻ると誰かいるような物音がした。

そっと覗くとなんとそこには山本さんが!

しかし山本さんの様子がどうもおかしく、自分の席じゃない他の人の机にぶら下がっているカバンの中身を漁っていた。

あんな優等生な山本さんがあんなことをするなんて衝撃的だった。

とりあえずジャージはあとで返せばいいやと自分のカバンの中に入れたすぐくらいに音が出てしまってこちらの存在に気づかれたのだ。

山本さんは目を真ん丸にしてこちらを見てきたが手にはクラスの別の女子の化粧ポーチらしい物を持っている時だった。

山本さんの目は泳ぎまくっていて「あの、え~っと、あのこれは・・・」

優等生だった山本さんはそこにはいなかった。

咄嗟に俺は「山本さん、まさか盗むつもりじゃ・・・」

「違う違う、これには訳が・・・借りるだけだったの・・・」

別にもっとまともな言い訳もあっただろうに悪いことをしている自覚があったのか頭が回らず自ら自供していた。

「〇〇君、本当に最低なお願いだからこれは内緒にしてほしいの」

なんと山本さんがその場で土下座してきたのだ。

「ちょっとそんなこと辞めてよ!」なんとか山本さんを立たせようと腕を掴んだ時にまたよからぬことを考えてしまったのだ。

初めて触った女子の腕が柔らかくて、しかもかなり近づいたのでさっき嗅いだジャージの甘い香りのもっと強いのを間近で感じてしまった。

「絶対言わないから一つだけお願い聞いてもらっていい?」

中坊の俺がいきなりセックスさせてくれとまでは言えなかったがお尻を触らせてほしいとお願いした。

驚いた顔をしてこちらを見てきたが「ほんとにそれで内緒にしてくれる?」

そして山本さんの所属している陸上部の女子の部室へ入って誰もこないけど鍵をかけた。

「ここなら誰もこないからいいよ」

「背中向けて壁に手を付いてくれる?」

制服のスカートを捲ると丸くて張りのいい形のお尻がプリっと出てきた。

俺もズボンを下ろすと「え?ちょっと待って何するの?」

「触るって手でじゃなくてチンコでだよ」と言うとかなり焦っていたがそのまま背中から抱きしめるようにくっ付いてお尻の割れ目にチンコをぐいぐいと押し当てた。

「ん!あぅっ!」と少し感じたような声を出したが俺はお構いなしに何度もお尻に擦り付けた。

丸くて柔らかいお尻にあっという間にカッチカチになったチンコは先ほど射精したとは思えないくらい元気だった。

「あぁっ!ちょっと〇〇君激しい!」と言ってきたがしっかり腰を持って何度も擦り付けた。

憧れの山本さんに背中から抱き着いてもう頭が変になりそうだった。

「あぁ、もうダメだ。お願い山本さん口で出させて」

「え、そんな口なんて。私したことないし」

「ほんとにダメだ。もう出ちゃうからお願い!」と言って山本さんを膝立ちにして口の中にカチカチのチンコをグイっと押し込んだ。

入れた瞬間可愛い山本さんの顔を見ながらドバドバと精子が口の中へ流れ込んでいた。

「あぁ、ヤバかった。ほんと気持ちいい。」

何も言わずに山本さんは口の中の精子を手の中に吐き出し、ティッシュでぬぐい取っていた。

「本当にこれで約束だからね?」そう言って部室を出ていった。

それ以降在学中は山本さんとは会話することなく、たまに目があって変な空気になったくらいで卒業して彼女は俺なんかでは到底行けない高校へ進学することになった。

しかし今でも山本さんのお尻の感触が忘れられずオナニーのおかずにしている。

社会人になってからゲームやCDが売っている店のレジで見かけた話はまた別の機会があればそちらでお話します。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]