月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

評価:昨日5位

寝坊したすみれのハプニング

投稿:2021-11-24 04:32:26

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し◆NlQnUAA(千葉県/20代)
前回の話

こんにちは。

2話連続でこんなに評価頂けるとは光栄です。

皆様の評価がとても励みになります。

初めての方は最初からお読み頂ければ、想像しやすくなると思いますので、宜しければお読みくださいませ。

人気なので、すみれの話を今回もしていきたいと思います。3年生、4年生ときたので今回は5年生のお話です。

3、4年生までは着替えも一緒だった私の小学校でしたが、5年生から着替えは別。女子は教室から少し離れた多目的室を使用して着替えることになりました。女子のパンツを見る機会がガクッと落ち始めます。

着替えを意識する=恥じらいも増す。これはこれで見れた時の興奮度は凄かったですけどね。笑

今回はそんなすみれの恥ずかしい話です。

最初の話で話した通り、私の通っていた小学校では朝に運動する時間があり、生徒も登校したらすぐに着替え始めます。男子は教室、女子は多目的室に移動して着替えていました。

ある日いつものようにすみれの家に迎えに行き、学校に行こうとしましたが、すみれが出てきません。

---数分後---

すみれママ「ごめんね。すみれ今日寝坊しちゃって。先に行っててくれる?」

「すみれ足早いから大丈夫ですよ。準備運動がてら一緒に走って行きます。笑」

すみれママ「あら。じゃあちょっとすみれ急がせるわね。ほんとにごめんなさい。すみれー!けんくん待ってるわよ!急いで!」

すみれ「はーい!今行くー!」

---また数分後---

すみれ「けんくんお待たせ!行こっ!」

「寝坊なんて初めてじゃない?まあ大丈夫だろ!」

私たちはダッシュで学校に着き、思ったよりギリギリでした。生徒はほぼ着替えており、さっさと遊びたい男子は全員外。女子も着替えから教室に戻り、外に行く支度をしているところでした。

「あぶねー!ギリギリ!笑」

すみれ「もう全員着替えてる!中西先生朝礼の日だから急がないと!」

中西先生は普段とても優しいですが、怒った時は本当に怖い先生です。特に宿題忘れや遅刻などには厳しく、普段とのギャップもあってか怒られた生徒は100%号泣していました。

私はさっさと着替えを済ませ、急いで外に行く準備と1時間目の準備をしていました。すると突然。

みき「けんくん今すみれ見ちゃダメー!!」

すみれと仲の良いみきが私の存在に気づき、大きな声で私に言いました。自分の準備で精一杯だった私ですが、大きな声につられてすみれの方に目をやると、なんと教室で着替えいるすみれの姿が。多目的室に移動していたら間に合わないと思い、すみれは教室で着替えていたのです。

急いでいるせいか隠すこともせず上半身は裸。膨らみかけのおっぱいにピンク色の乳首が丸見えです。それだけではなく、ズボンにも手をかけていたすみれ。みきの声に慌てたすみれはさらに急いで着替えようとします。

すみれ「ちょ…!みき!そんな大きい声出さないで!」

ほぼ裸の状態で私と目があったすみれ。すぐに着替えようと大慌てでズボンを下げた結果、あの時と同じようにパンツも一緒に膝下まで下げてしまいました。しかも今回は正面からだったのですみれの大事なところが全部丸見えでした。

すみれ「や…まっ…」

すみれは恥ずかしさのあまり即座に後ろを向きました。後ろを向いてしまったすみれは今度はお尻が丸見え。しかも季節は冬。長ズボンと一緒に脱いでしまったパンツがズボンに絡まり、パンツを上手くあげることができません。

すみれは最後の手段だったのでしょう。ズボンもパンツも全部脱ぎ、ズボンからパンツを抜き取り、パンツを急いで履きました。上半身は裸、下半身は白地にカラフルな♪マークが散りばめられた幼いパンツに靴下のみ。私はもう嫌われても先生に怒られてでも焼き付けてやろうと思い、すみれが着替え終わるまで2分ほどずっと見続けました。

すみれ「みき…」

みき「ごめんね…すみれが着替え始めたからこっち向かせないようにしなきゃって思って…」

みきもいい子だったので純粋にすみれを助けてあげたい結果、最悪な結果になってしまったようです。すみれは恥ずかしさのせいか顔は真っ赤です。小学校5年生にもなって羞恥心が増す中、教室で裸になってしまったのですから当然でしょう。

「すみれ。大丈夫だよ。俺、目があった瞬間すぐ後ろ向いたから。」

すみれ「ほんと?けんくんほんとに?何も見てない?」

「うん。早く行こ。遅れるよ。」

正直1から10まで全部見ていましたが、女子はすみれを心配して全員の目がすみれにいっていたようです。誰も私を見ていた物はおらず、普段からやんちゃな男子とは対照的で、優しいと言われていた私を疑う女子は1人もいませんでした。

結局遅れることもなく、無事に運動時間にも間に合い、その日を終えました。

---翌日---

「すみれおはよ!今日は起きたね!笑」

すみれ「そんな毎日寝坊するわけないでしょ!笑」

「冗談だってw行くよ!」

すみれ「うん!」

昨日のことはなかったかのように歩き始めましたがすみれはやはり気になっていたようです。

すみれ「ねえ、昨日ほんとに見てない?」

「え?まあ目があった瞬間は焦ったけど…でも服まだきてたじゃん。」

すみれ「え?そうだっけ?なーんだ。私てっきり目があった時服脱いでたと思ってた!」

「だからすぐ後ろ向いたから大丈夫って言ったじゃん笑」

すみれ「けんくん本当に優しいよね。他の男子だったら絶対全部見られてた。」

「全部?」

すみれ「あ!なんでもないよw」

「まあなんでもいいけどw」

私は上手いこと全てをかわして、バレずにすみました。この話がすみれに関して私が最も興奮した話です。

まだまだすみれのパンツを見た話もありますが、小学生から高校生、社会人でのお話も要望があれば書いていきたいと思います。

もし今回も評価を頂き、リクエストがあればコメントに書いて頂ければと思います。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]