【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 10 分で読了)

評価:昨日13位

運命の出会いはどこにあるかわからない…愛しい嫁はもと風俗嬢

投稿:2021-11-10 23:05:44

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

あるでんて◆lZBxZRA(埼玉県/50代)

20歳ほど年下の優香と体のつながりを持ったのは二人きりで旅行に行くことになった日の約半年前。

優香の魅力は、濃い二重の大きな瞳と長い黒髪。すらりと伸びた形の良い脚。ちょっと日本人ぽくない外見で、よく、どこの国の方ですか、と聞かれることもあるらしい。とびきり美人というわけではないが、いかにも男好きしそうな大人の女のフェロモンを漂わせている。

それでいて、話好きで誰とでもすぐに仲良くなれそうな気さくな雰囲気も持っていて、水商売には最高の適性なのかな、と思わせるが…実はまさに元・風俗嬢なのだ。

嬢と客としての出会いがきっかけという、なかなか複雑な関係だけど…この旅行で人生が変わることになった。

転勤の関係で地方に赴任してとき、出張で本社に戻って同期と飲みに行き、ついつい飲み過ぎてどうにもならない二日酔いがやっと醒めた翌日の午後のこと。男ならわかるはずだけど、こういうときって無性にやりたくなる時がある。

エロ動画でも見てひとりで処理しようかな、とも思ったけど、せっかく出張手当も出てるし、どうせなら女の子と…そう考えたらもういてもたってもいられなくなった。勃ってたけど。そういえば前に一度だけ行った風俗店で、どストライクの子がいたよなあ、話もすごくあったし、と思い、以前もらった名刺を探してお店に問い合わせてみたらちょうど空いているとのこと。

何の神か仏かの御加護かは知りませんが、とにかく感謝いたします、とばかり、勤務先には体調不良としていそいそとお店に向かった。

以下、お店としては重大な違反行為なので、くれぐれも真似はされないように(苦笑)

一年近くも前にふらりと訪れてフリーでついただけの客なのに、優香はこちらのことをよく覚えてくれていて、その時の会話までしっかり記憶していた。すごいね、と言ったらちょっと目を伏せて、

「なんか気になってずっともう一度会いたいな、って思っていたんだよね、逢いに来てくれてうれしい…」

おいおい、いくら商売柄とはいえ、上手すぎるだろう。惚れてまうやろ~と思っていたら、そこから思わぬ展開となった。

頬を上気させた優香に押し倒されるように横になり、むさぼるようなキス。彼女から舌が入ってきて、こちらも舌の裏から口角へと舌を這わせ、滑らかな感触と淡い唾液の味を楽しむ。

パンツを降ろされたと思ったら洗っていない分身をいきなり咥えられる。チロチロ舌を這わせ、程よい力加減で吸われて完全に臨戦状態。

服を脱ぐのももどかしくちょっと間のびした時間もあったけど、ほどよくむっちりして白い裸体に、分身は破裂しそうに膨張していた。

優香の肌、少し汗ばんでいる。シャワーも浴びず、そのまま彼女の体を仰向けにして胸をまさぐりながら何度もキス。

しばらく舌を絡めあってから乳首へと舌を這わせ、さらに首筋から脇の下へ。

ちょっとだけざらつき感とほんのわずかな汗の味。乳首を舌で転がすと、びくっびくっと反応が。再び唇に戻って彼女の舌の感触を堪能した後、おへそからあそこへ。

彼女のあそこはきれいに手入れされたパイパン。剃毛跡がちょっと黒ずんでいるけど、控えめで程よい大きさ・形のラビアはきれいなピンク。クリもつやつやしていてこれまたかわいいピンク色。彼女のあそこはほんとにきれいな形…中の感触はどうなんだろう…

クリを吸い、ラビアを唇で挟み、舌全体で舐めあげると、体をびくびくさせながらちょっと大きめの喘ぎ声が。柔らかい太ももを抱えて舌を動かしながらあそこ越しに彼女の表情をうかがうと、せつなげな表情でこちらを見てる。もしかして本気で感じてくれてるのかな?舌をねじ込み、指も入れてみると、ほんとに濡れている。

まずいかな、と思いつつ、正常位の体勢になり、互いの秘所をすり合わせていると、そのまま滑り込みそうな角度になってきたのに、彼女のほうもなんとなくかわそうとしていないような感じ…大きな瞳に何かをもとめる表情を浮かべている。

分身の先を彼女の合わせ目にあてがい、先走りを塗りつけるようにしてみたけどやっぱりよけるような気配もない。彼女の表情はますます切なげで、これ、ほんとに良いのかな、と思ったらその瞬間、ぬるっという感じで先端が滑り込んでしまった。

こちらを見上げる彼女の切なげなまなざし。腰に入れていた力を抜くと、そのまま奥まで入ってしまった。あ、やばい、と思ったけど、彼女は拒絶することもなく、ゆっくりと動かすと、プレイとは明らかに違う本気モードの喘ぎ声が。温かくて柔らかい彼女の中。初めて入ったとは思えないくらいしっくりなじんでいる。

いいのか、大丈夫か、混乱と快感でいきなり暴発しそうになったので、いったん抜き、再度クンニ。彼女の求めるような目に突き動かされるようにもう一度覆いかぶさり、今度は一気に奥まで挿入。大きくなる彼女の喘ぎ声…

優香は、普段はスナックのママ風のちょっとかすれ気味の低い声、そのルックスとはギャップがある、いや、もしかしたら親しみやすい笑顔からしたらぴったりなのかもしれないけど、セックスのときは全然違った。

「うっ、くっ、あぁ…すごい、しゅごい、しゅごい…」

こどものようなかわいい声。すぐに限界がきそうだったので、

「ごめん、まずいよね。」

と言いながら抜去すると、

「ううん、いや、もっと」

と、すかさず体を起こしてむさぼるようなフェラ。そのまま騎乗位の体勢になり、彼女のほうから手を添えて再度中へ。またしてもぬるりとスムーズに入った彼女の中。ほんとにしっくりなじむ。

騎乗位なので少し長持ちするかなと思い、ゆっくりと腰をグラインド。彼女の喘ぎも大きくなり、自分からも腰を振ってくれたばかりでなく、本気で感じているらしい彼女の中がぎゅっと締まるとともに柔らかくそれでいてざらざらした熱い粘膜にこすられて一気に我慢の限界が。

さすがに生だし中で出すわけにはいかないだろう、と思ったので

「ごめん、出そう…あぁ。」

と言ったら喘ぎながらもやさしい表情でささやくように

「いいよ、いっぱい出して…あぁ、あたしも気持ちいい。」

と。ほんとにいいのか、でもそれなら彼女にも気持ちよくなってほしいと激しくピストンし、同時に果ててしまった。こんなに出るのかと思うくらい、大量のザーメンを彼女の体の奥に…

「ほんとによかったの?」

と野暮なことを聞いたら、プロになり切れてないよね、と羞じらいながら

「我慢できなかったの。満たされたよ、ありがとう。」

と上気した頬をさらに赤らめ、伏し目がちにつぶやいた。もう完全に惚れてしまった、こちらの負け。

ラインの連絡先を交換し、プライベートでやり取りする仲になった優香。その後しばらくしてお店をやめて昼の仕事に戻り、こちらも出張で本社に戻る度に同僚との飲みはすべて断って彼女との逢瀬を繰り返していた。

そんな優香と初めてのお泊り旅行。

彼女、ハーフっぽい外見もあってか実際の年齢よりちょっと上に見える。一方、こちらは、たいてい実年齢より若く見られることが多い。二人で一緒にいても普通に夫婦だと思ってもらえるかな、と他愛もない会話で笑いながら、久し振りのオートマ車でヒマしている左手を優香の右手とカップルつなぎして目的地へと車を走らせていく。

"わ"ナンバーのコンパクトカーというのがいまイチいただけないけど、これも庶民夫婦の旅行っぽくていいかも。

高速道路に乗ってしばらくたったころ、優香は、いたずらっぼく微笑むと、つないでいた手をそっと離して股間にしなやかな指を這わしてきた。

「おい、高速道路だから外からは見られないからいいけど…そもそも危ないよ。」

聞く耳も持たない魅力的な瞳の小悪魔。こちらが動けないのをいいことにジッパーをおろし、トランクスをまさぐって分身を引っ張り出した。さすがに運転しているのでおとなしい状態だけど、意に反して先走りを滴らせ始めている。

「ふふっ、大きくならなくても出ちゃうんだ、新発見。」

ちょっとSっぽくなった優香は、図に乗ってシートベルトから身をずらして分身を口に咥えてしまった…わっ、よせ、こんなとこで心中しちゃったら大変だ。

しばらく温かい口でレロレロした後、先走りを舌でからめとってきれいにしたら半勃ちになった分身をトランクスにしまい、ジッパーをあげて軽くポンと叩いてくれた。敏感になっていた分身がピクッと反応してしまう。

「あたしたち、まだこれからだもんね。」

と、艶っぽい上目遣いで意味ありげにつぶやき、手をつなぎ直したら小悪魔からいつもの聖母のような柔らかい笑顔に戻って前を見つめる優香。その横顔を見たら、なんとも言えない温かい気持ちがこみ上げてきていきなり抱きしめたい衝動にかられたけど、時速80kmでそんなことしたら大惨事になってしまう。ここはぐっと我慢…優香が悪いんだぞ。

今夜の宿泊は人里離れた貸し切り一軒宿だが、もともと農家の蔵を改装したものらしく、窓がほとんどない建物。

こりゃ思い切り大きな声で喘いでも外には聞こえないから安心だね、と笑いながら中に入ってみたら、テレビもなければ、壁掛け時計もない。防音性が高く外の光もあまり入らないため、ただでさえ時間の経過を実感しにくい中、これら二つがないことがさらに時の感覚を麻痺させてしまう。

都会の喧騒を離れて静かな時間を、というより、二人だけの時間を過ごしたいカップルにはまさにうってつけ。セフレ専用のお宿みたいだね、とセレクトをおほめにあずかった。

時間もいっぱいあるし、ゆったりしようね、と、大人の余裕を見せつけるようにのんびりお酒を飲んでいたら、あっという間に4時間近くが過ぎていた。彼女はお酒が強く、すぐにほろ酔いで上機嫌にはなるものの、その先はいくら飲んでも変わらない。同じペースで飲んだら確実にこちらが先に酔いつぶれてしまう。

彼女のきれいな瞳は、お酒のおかげでより大きく、魅力的に潤んでいる…そろそろほしくなってきたのかな。

あそこと同じくムダ毛ひとつないきれいな素足をひざに乗っけて、素足の足指にこちらの手指を絡ませる。ちょっと湿った感触。匂いを嗅いじゃおうと鼻を近づけたら、恥ずかしがることもなく、

「えー、なにすんの、ヘンタイ…」

って無邪気に笑っている。

ちょっと匂うことを期待してたんだけど、足は全く無臭。羞じらいを刺激されたせいで上気して艶っぽさを増したまなざしにいきなりいとおしさがこみ上げ、そのままお姫様抱っこしてソファになだれ込んだ。

むさぼるようなキス、舌を絡め、お互いの唾液をすすりあう。

テーブルからグラスを持ってきて、残ったワインをお互いに口移しで飲ませあうと、もう二人とも我慢の限界を迎えていた。

服を脱がせあいながらもずっとデーブキスを繰り返し、お互い全裸になったところでそのままシックスナインの体勢に。

二人とも、互いの体の匂いが大好き。余談ながら相手の体臭を好ましく思うかどうかは優れた子孫を残そうという生物としての本能(遺伝子情報が近い相手の体臭は不快に感じるらしい。特に女性はこの傾向が強く、娘がよく、お父さん、臭い、というのはそのせいかも)らしいので、優香とはDNAレベルで相性がいいようだ。と、もちろんこの時はそんなことまで考える余裕はない。

シャワーも浴びていない素肌と性器の匂いを堪能しながら、夢中でお互いの体を味わっていたら、こちらの硬度もどんどん高まってもはや痛いくらいとなり、射精しているんじゃないかと思うくらいに先走りが糸を引いて垂れてきた。それをおいしそうにすする彼女。

クンニで昂まった彼女の体からは成熟した女の匂いがむせるほどに立ちのぼり、あそこからは濃い卵の白身のような愛液がどんどんあふれて、淫靡な味と香りに包まれていく。

体を入れ替え、彼女の足を開かせてお尻まで濡れててらてらする彼女の股間を舌で舐めあげると、声にならない悲鳴にも似た喘ぎと共に彼女の体が反り返った。そのままのしかかるように痛いほど勃起したものを挿入。

いきなり大きくなる彼女の喘ぎ。

「あっあっあっ、いいっ、いいっ、すごい、しゅごい、しゅご…うっ、くっ、ぐっ、くぅ…、あぁ!」

いつものとおり、絡みつくように締め付けてくる彼女のあそこ。黙って動いたらあっという間に暴発してしまうかも。

外には絶対聞こえないから、思い切り声出して…いい声聞かせて、と耳元でささやき、汗ばんで後れ毛がはりついたうなじから形のいい胸へ舌を這わせる。

ちょっと褐色がかっているけど小さくとんがった可愛い乳首を舌で転がしたあと、脇に顔をうずめて少ししょっぱい脇汗を味わい、フェロモンいっぱいの匂いを胸いっぱい吸い込む。その音に羞恥心を刺激された優香が体をびくっとさせて首をのけぞらせたので優しく頭を抱えてそっと唇を重ね、すぐさま激しいディープキス変わって舌をねじ込むと、いつもの可愛い喘ぎ声で、

「唾、つば飲ませて…」

とおねだりしてきた。

口を開かせ、溜めた唾液を上から流し込むと、

「おいしい、おいひいよぅ、あっあっあっ!」

いきなり体をのけぞらせ、びくっびくっとしたかと思うと硬直し絶頂に達してしまった。ほぼ同時に奥から突き上げるような快感に貫かれて熱い塊のようなザーメンが一気にほとばしった。彼女の一番深いところに。

「あぁ、出てる、熱い…」

とうわごとのようにつぶやき、そのまま優香は脱力していった。

ベッドに移り、お互いに全裸のまま布団に潜り込む。彼女の髪と頭の地肌の匂いを嗅ぎながら、すごく安らかな気分を覚えていた。ひとつ布団の中でお互いの体の匂いとぬくもり、ザーメンと愛液が混ざりあった淫靡な香りを感じつつ、腕を絡め、指をカップルつなぎして泥沼に沈むように眠りに落ちる…なんて幸せな気持ち。

翌朝、やっとあたりが明るくなり始めた時間に早くも目が覚めてしまった。

分身のほうが先に目覚めていたみたいで、すでにやる気満々、こいつに起こされたのか。

こちらの二の腕にすがりつくような姿勢ですやすや眠っている優香。

ときどき、くう、すびー、こっ、と可愛いいびきを立てている。たまらなく愛おしくなり、髪をなでていたら、うーん、と、うっすら眼を開けた。濃い二重の瞳がちょっとうつろな感じで焦点が合っていない。そんなまなざしを見るともういきなり突き上げるような衝動に駆られて唇を重ねてしまった。

寝起きのお口の匂いさえ愛おしい。彼女も舌を絡めてきて、互いの口臭まで吸い取りあうほどむさぼりあった。

昨夜の激しい交合の名残でちょっとカビカビになっていた互いの股間も新たな愛液と先走りでまたびちゃびちゃになっている。むせるような淫臭が立ち込める布団の中。それが一層興奮を高め、前戯もなく挿入…もう、何の抵抗もないほど彼女の中は熱い愛液で満たされ、突くたびにぐちゃっ、ぐちゅっと淫らな音をたてている。

またしても熱く締め付けてくる彼女のあそこ。どんどん快感が高まっているみたい。昨夜は一気に昇りつめちゃったけど、早起きしたおかげで時間はあるし、昨夜は自分でもびっくりするくらいいっぱい出しちゃったから、少しねちっこく攻めちゃおう、といったん抜いてみた。

ああん、と不満の声を上げ、意地悪しないで、と彼女。顔を枕に乗せてお尻をあげさせて、洪水状態のあそこからお尻の穴まで舐めあげると、ああっとひときわ大きな喘ぎと共に熱い液がほとばしった。濃度を増した愛液と、ザーメンが混ざり合った複雑な味。数時間前にあんなに大量に出したのに、もうマグマのような塊が根元まで押し寄せている。

深呼吸して昂まりをおさめたら、バックから一気に挿入。彼女が、ひっ、と声をあげ体をのけぞらせる。ちょっと時間が空いたせいか、入り口付近の愛液が少し冷めていて、二人の体がつながったところにちょっとひんやりした感触が。それがすぐに新しくあふれてきた熱いもので包まれ、垂れてシーツに染みをつくっていく。

形のいいおっぱいを後ろから揉みしだき、耳からうなじに舌を這わせ、どんどん動きを速めていくと、うぐっうぐっ、あっあっ、とどんどん声が大きくなり、体をぴくぴくさせ始めた。

すかさず抜去すると、彼女は自分で仰向けになり、早く、もっと、とこちらの体を引き寄せ、お互いの体液でヌルヌルになった分身を握って自分のあそこに導こうとする。

そんな姿がたまらなく愛おしくて力いっぱい抱きしめると彼女もこちらの首に腕を回し、足を腰に絡めて全力のディープキスをしてきた。喘ぎすぎて乾いた彼女の唾液の匂い。それがまた興奮を高めてくれる。正常位でこれ以上ないくらいに互いの体を密着させ、もう腰を引くのがもったいないので先端が子宮に届くくらい深く入れたままグラインドを続ける。

舌を絡めあい、互いの唾液をむさぼりあう、もう、声にはならずくぐもった音しか聞こえない。

こんなに気持ちよくなるのか、と思うくらい、大きな快感が押し寄せ、ああっ出ちゃう、と重ねていた唇を離した瞬間、彼女も、

「きて!いっぱいちょうだい!あああぁ!!いくっ、いっちゃう!!くっ、ぐっ、うっ!!」

と体をビクッビクッとさせた。またしても大量のザーメンをほとばしらせる。

うわごとのように

「ああっ、熱い、出てる、いっぱい…うれしい…」

と、彼女。

ちなみに優香は普段からピルを使っているので妊娠の心配はない…はず。飲み忘れてなければ。

放出し終わった後も、あまりの愛おしさでしばらく硬度を失わない分身をそのまま彼女の中でゆっくりゆっくり動かしてみた。

さっきまでの激しい快感とは違う、幸せな余韻。

お互いに見つめあい、そっとついばむようなキスを繰り返し、微笑みあう。

なんか直感的に感じるものが…まさか…ピル飲むの、やめちゃってたの?

でも、まあいいか。できたらちゃんと責任は取ろう、てか、ほしい。優香との赤ちゃん、きっと可愛いだろうな。できれば女の子のほうがいいな…名前は…。どんどん自分勝手に幸せな妄想が広がっていくうちに、信じられないことにまたしても大きくなっていた。抜かずの連発なんて、10代のやりたい盛りのとき以来。優香ってやっぱり最高だ。

ゆっくりと、お互いの眼を見つめ何かを確かめ合うような動きを続け、やがて穏やかな、それでいて幸福感で包まれるような絶頂を一緒に迎えた…

あれから3ヶ月、地方の赴任先に、ちょっと話しておきたいことがあるんだけど、今度いつ逢えるかな?という優香からのメッセージが届いた。

覚悟を決めるときか。でも、とてもわくわくしている。

この話の続き
-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]