月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

評価:昨日8位

仲良しグループの2人とセフレの関係に。

投稿:2021-10-13 16:16:07

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し◆I1JCghY
前回の話

前回の続きです。

美奈と体の関係をもつことになってからは

学校でも互いの体を求めるようになりました。

授業を抜けて、女子トイレの奥の個室に入り

そこは僕達のヤリ場になっていました。

「はぁはぁ亮。気持ちいい?」

「美奈のマンコの中気持ちいいよ。」

「私も亮のが奥に当たって気持ちいいよ♡」

「イきそう!口開けて!」

俺は美奈の口に射精した。

「いっぱい出たね♡」

「教室戻るか、そろそろやばいだろ」

僕達は個室を出た。

「やっぱり2人ともいた。」

「紗奈なんでここに?」

「あんたら2人最近妙にトイレよく行くから、怪しいなーとは思ったけど。」

「ち、違うんだよこれは…」

「もう遅いよ!全部聞いたし!」

紗奈に見つかった。しかも学校のトイレで。

「2人だけズルいよ!私だけ除け者にして!」

「え?そっち?怒るとかじゃないの?」

「紗奈ももしかしてHしたいとか?」

「部活で忙しいからご無沙汰でさ」

「じゃあ今日の放課後私の家で、3人でやろう!」

「えー3人で?」

「嫌なのかよ!」

「いやじゃないよ。」

「じゃあ決まりだね!」

放課後3人でやることになった。

美奈の家について、僕達は服を脱いで準備した。

するとベットの上で美奈が紗奈の脚をM字開脚させた。

「美奈!恥ずかしいって!」

「亮見てよ!紗奈のマンコ丸見えだよ!」

「うあ!パイパンかよ!」

「しかも、もう濡れてんじゃん!」

僕は早速紗奈のマンコに挿入!

「あ!まってデカい無理!」

「やべぇ!紗奈のマンコ締まり良すぎ」

僕は腰を動かした。

「まって!久しぶりすぎて、もうっイク!」

僕は腰を休めず動かした。

「止まって!またイク!」

紗奈のマンコの締りは美奈以上でかなりの名器だった。更にイク度に締りが強くなり、気持ちよさが倍になる。

「やばっもう出る!」

「中に出しちゃいなよ。思い出作りに」

「紗奈!中で出すよ!」

「何でもいいから!早く!もう我慢出来ない♡」

「あっ!出る!」

俺は人生初の中出しをした。

チンコを抜くと中から精子が出てきた。

「はぁはぁ、美奈余計なこと言うなよ、ほんとに出してんじゃん。」

「ごめん!つい言っちゃった」

そう言うと美奈は俺のもチンコをフェらしてきた。

「まだイけるよね?♡」

俺は美奈の顔を掴んで、イラマチオした。

「んっんっんっ♡」

美奈の喉奥は最高に気持ちよかった。

「んっはぁ♡これ癖になる♡」

僕は何度もイラマチオを繰り返した。

すると紗奈が僕のお尻をグイッと拡げてきた。

そして、僕のアナルを舐め始めた。

「紗奈!あっ、アナルは!」

「気持ちいいか?元彼も絶賛のアナル舐め」

まさかアナル舐めがこんなに気持ちいいとは

僕はチンコとアナルを弄られた。

「もう、イク!」

僕は2度目の射精をした。

しかし2人は止まってくれない。

「出たから!止まってくれ!」

僕は気持ち良すぎて腰が抜けた。

「やったな!」

僕はまず美奈に仕返しをした。

バックから奥を突きまくっまた。

「ダメっイク!イッちゃうー♡」

「お返しだ!休まずいくぞ!」

「あっ許して!ごめんなさい♡」

「イクイクイクッ/////♡」

美奈は何度もイッていた。

僕は美奈の中にも出した。

僕は美奈を仰向けに寝させて、させてその上に紗奈をうつ伏せに寝させた。

「よしっ!いい眺め!ダブルマンコだ!」

僕は交互にマンコを堪能した。

「あっイク!」

「奥!突いちゃダメ!」

「もう!無理!おかしくなる♡」

「私もう壊れちゃう♡」

「あっイク!」

僕はチンコを抜いて2人のマンコ目掛けて

射精した。

3人ともイき疲れた。

ベットの上は、汗かマン汁かもわからない。

2人のマンコはヌルヌルだった。

「3人でするの楽しいね」

「今までこうならなかったのが凄いよ」

「これからは毎日犯してやるよ」

僕はそう言ってまた、2人を犯した。

そして高校を卒業。

僕達は3人とも違う大学に行った。

最後に2人とセックスしたのは

成人式の日。久しぶりに3人で集まって

狂うように体を求めた。

それを気にパタリと合わなくなった。

僕達は3人別の道を歩んだ…。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:12
いいね
投票数:17
文章が上手
投票数:8
続編希望
投票数:37
お気に入り登録
投票数:6
名作
投票数:1

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:81ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 89回
  • 1,488回
  • 7,199回
  • 7,199回
  • 7,199回
  • 254位
  • 117位
  • 114位
  • 4,159位
  • 15,644位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 4Pt
  • 42Pt
  • 42Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 290位
  • 125位
  • 2,075位
  • -位
※20178記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]