【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

評価:昨日1位

部活のバス移動で偶然席が横になりHした

投稿:2021-09-28 02:16:30

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆MjaVVZc

今回初めて書くので少し下手かもれませんが、お許しください。

これは部活で練習試合での移動の時の話です。

私が寝坊してしまい集合時間ギリギリに学校に行ってしまったため、バスの座席がマネージャーの横しか空いていませんでした。マネージャーが窓側で私は通路側です。

そのマネージャーの名前をKとします。Kは学校の中でもかなり可愛い方で結構男子からもモテる方でした。

私は結構仲が良く、結構LINEでも話したり時にはLINEでエロい話もするぐらいの仲でした。

正直、私はマネージャーの横になれて気持ちが舞い上がっていました。ですが、別に話すことはあんまりなく会場に着いてしまいました。

ですが、帰りのバスで予想外の方向に行きました。

私はいつも試合の後は疲れて寝てしまうのですが、なぜかマネージャーの横だということもあり眠くありませんでした。

そして、バスが出発してから10分ぐらいしてKが寝ているのに気が付きました。

Kは頭を俺の肩に乗せて寝ていました。そして私の息子は大興奮。ギンギンに勃っていました。

荷物が邪魔だったので荷物を下ろそうとしたら、肘がKの胸に当たってしまいました。そしてKが起きてしまい、私を可愛く睨みつけてきました。

私はここでいけると判断して、荷物をまた自分の膝に乗せて周りから見えないようにガードしました。

そして、Kの胸を少し揉んでみました。多分サイズはCぐらいだと思います。

「あっ、、、……」

と声を漏らしましたが、抵抗はしてきませんでした。そして行けると思い激しく揉みました。

「バレたらどうするの///」

とか恥ずかしそうに言っていましたが、嫌がる様子はなかったので続けました。

「あっ、、うっ、、ん/////」

「声が出ちゃうっ、、///」

それにおれはめっちゃ興奮してしまい、服の中に手をつっこみました。しかし周りにバレると思いましたが、その日はハードスケジュールだったため周りはみんな寝ていました。

みんなが寝ていることをいいことに乳首を生で触るとめっちゃくちゃ硬くなっていました。

「ひゃっ!」

と声を出していてもう自分の手は止まりませんでした。そして、次は下を責めることにしました。

スボンの上から触ってみると若干濡れているのがわかりました。私が触っていいか確認すると恥ずかしそうに首を縦に振ったのでパンツの中に手を入れます。

あまり毛は生えていないようでその先を抜けるとかなり濡れているま〇こがあらわれました。

そーっと、周りをなぞるように触ると体をビクンとさせ、ずっと下を向いていました。そしてクリを探して指の腹を当てると

「あっ、、やばいぃぃ…感じちゃぅ。」

「気持ちいいぃぃ、もっと触ってぇぇ///」

と小声で言われて私はヒートアップ。ぴちゃぴちゃと音がするぐらい濡れてきました。

「あっ、ンンン…気持ちいいぃぃ///」

「んんっっっ///」

周りにばれるのではないかと不安でしたがみんな爆睡していてバレる様子はありません。そして、ずっとクリをいじっているとビクンと腰を上げてとKはイッテしまいした。

そして、Kは私のギンギンの息子を触ってきました。触れると思っていなかったのでめっちゃ反応しました。

そしてKも私のパンツの中に手を入れてきて上下に手を動かしてきました。

「〇〇は私をイかせたから私もイかせてあげるね。」

と言われ思いっきり手を上下にしごいてきました。Kはとても上手くすぐにイってしまいそうでした。でも我慢したのですが、すぐにイってしまいました。

急にKがズボンを少し脱がしてくれて、お掃除フェラをしてくれました。そしてまた私の息子は復活。

「フェラしてほしいんでしょ??してあげるぅ!」

と言ってきて、フェラをしてきました。絶対バレると思いましたが、なぜかバレません。みんな爆睡です。正直うますぎてすぐビクンビクンしてしまいました。

「びくびくしてる//早くだしなよぉぉ」

と言われ2回目だったのでできる限り我慢をしたのですが、すぐに果ててしまいました。

正直バレるのではないという背徳感などもありとても気持ちよかったです。

「バス降りたら続きしない?」

と言われ、私は即OK。

マネージャーが着替える部屋で続きを行いました。好評だったらこの話の続きを書こうと思います。ここまで読んでくれてありがとうございました!

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]