月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

妹の不倫相手の嫁と妹の不倫現場を見る話

投稿:2021-09-15 00:39:59

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

さるまた◆Mzl2RSI

「美沙…!美沙子っ!」

ソファーを通じて床の木材がギシギシと鳴る

「お兄さん…!お兄さんっ!」

ソファーの上で俺は美沙子のオマンコに挿入を果たした。

出会って1時間ほどしか経ってない

それも人妻のオマンコに俺のチンボは突き刺さっていたんだ。

その日、美沙子と言う女が俺の家を訪ねて来た。

三十になったばかりだろうか。

美しい女だった。

焦燥しきった端正な顔。

いつだったかに観たレイプ物のアダルトビデオを思い出させる。

開き過ぎたブラウスの胸元からピンク色のブラジャーに包まれたふくよかな乳房をチラリと覗かせた。

隙の多い女だ。

俺は彼女の乳房を鷲掴みにする妄想にかられながら

美沙子のプックリとした唇を見つめた。

「あっ!あっ!あっ!あっ!!」

居間のテレビには全裸の妹が股を開いて見知らぬ男の上で腰を振っていた。

見知らぬ男は美沙子の亭主だ。

つまり、彼女は俺に妹と亭主の不倫を相談に来たのだった。

いくら妹とは言え

こんなのを見せられたら勃起は不可避だ。

「大事にするつもりは無いんです…」

ビデオを始める前に彼女は言ったが充分に大事な内容だ。

ジュッポ!ジュッポ!

妹のバキュームフェラの音が居間に響く。

高校時代に淫キャとアダ名されただけある

AV嬢顔負けの見事なフェラチオだ。

美沙子の唇が僅かだが震える。

事を内々で終わらせたい彼女は興信所に頼む

訳にもいかず

ビデオカメラを押入れに隠して不倫現場の撮影に成功したのだが…

触りだけしか見てなかったのだろう。

妹の淫乱極まる性交に彼女は完全に当てられてしまったようだ。

俺もギンギンに勃起していた。

ドストライクな女とAV観てるんだからな。

「あ…あの…?」

俺は美沙子の腰に手を回していた。

「さっきからフラフラですよ、横になった方が良い」

俺は半ば強引に美沙子を寝かせた。

横にする時に彼女の脚が開きロングスカートの奥が覗き見えた。

「楽にしますね」

パンティを見た俺は興奮収まらず

美沙子の了承を待たずスカートのホックを外した。

「ちょっと…嫌っ!」

美沙子が嫌悪に満ちた表情で俺を睨みながら

手を振り払った瞬間

彼女のブラウスのボタンが宙に舞った。

俺は彼女のブラウスを引き裂いていた。

勢いでブラジャーも外れ彼女の乳房はブルンと弾けるように現れたのだった。

「止めて下さい!嫌っ!嫌よ!」

もう、こうなったら犯るしかない

彼女は貞操を守ろうと両手で乳房を隠し激しく首を振る。

俺は彼女の腕を掴み乳房から引き離すと

剥き出しとなった乳首に顔を埋め舌を絡ませた。

「止め!止めて!嫌よ!嫌だ!」

「あぁ…オチンチン大きいよぉ…」

居間に響いた間抜けなセリフに俺と美沙子はレイプ加害者と被害者を一次中断し

テレビを凝視した。

妹君は陸上部の経験を生かし柔らかい身体でアクロバティックな体位をお楽しみ中だった。

「射精して!たっくさん射精して!」

楽しそうだ。

美沙子は射精の瞬間は見ず、視線をテレビから俺に戻した。

だが彼女の身体に再び抵抗の力は入らなかった。

ジ…ジィ…イ…イィ…

居間にスカートのファスナーを下げる音が響く。

美沙子は無反応で天井を眺めていた。

居間のソファーに俺と美沙子は全裸で座っていた。

美沙子は俺の前でピンクの小さなパンティを脱ぐと

ソファーに敷き、その上に尻を下ろした。

「濡れるって事ですか?」

俺は意地悪く美沙子に聞きながら

彼女に勃起し切ったペニスを握らせた。

美沙子は嫌がるでもなく握るとユックリと半分ほど被った包皮を捲り

俺の亀頭を露出させた。

「使うんでしょ?私のアソコ…」

俺は返事をせず美沙子の股に指を滑り込ませた。

ジャリっと硬い陰毛の音を指先に感じる。

小さなパンティでは押さえきれず愛液がソファーに滴り落ちた。

暖かくヌルヌルした肉壁を掻き分ける

美沙子は、これ以上無いほど股を開いて

俺が全てのマンビラを広げるのを待った。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:4
いいね
投票数:5
文章が上手
投票数:0
続編希望
投票数:35
お気に入り登録
投票数:4
名作
投票数:0

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:48ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 183回
  • 3,440回
  • 3,440回
  • 3,440回
  • 3,440回
  • 150位
  • 63位
  • 410位
  • 7,812位
  • 19,122位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 10Pt
  • 10Pt
  • 10Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 101位
  • 584位
  • 6,319位
  • -位
※19823記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]