月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

タイトル(約 5 分で読了)

パートII小学生の時に胸チラを見た子と中学生の時に初体験をした

投稿:2021-09-13 20:34:31

人 が閲覧中
本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し◆MFcQNXc

さて、前作の続きを話そう。

俺が中学三年生の時。

この時になっても、俺は胸チラを狙い続けていた。

女子はもうみんなおっぱいは大きくなって、大きい子ではFカップはある。

そして、下校中にある事件は起こった。

例のFが、部活で学校の外周を走っていたのだ。

その時、俺は衝撃をうけた。

あんなにちいさかったおっぱいが、いまめちゃくちゃ揺れている。

少なくともDはあるだろう。

俺はその日、家で抜いた。

当然おかずはFだ。

彼女の体を想像するだけで勃起する。

そしてその揺れを見たのから2ヶ月後。

ついに転機は訪れた。

Fが俺と同じ塾に入ってきたのだ。

帰る方向が同じなのと、授業が終わるのは夜遅いのに、彼女も俺も自転車で塾に来ていたので、よく帰りは一緒に帰ることが多かった。

とある日の帰り。

いつも通り、Fと一緒に帰っていた。

突然、彼女は俺に聞いてきた。

「ねぇねぇ、男子ってどれくらいの頻度でオナニーするの?」

当然、単刀直入すぎてビビった。

俺は、

「んー、週3ぐらいじゃね?」

と適当に答えた。

Fは、ふぅん、という反応だった。

続いて、俺は聞いた。

「Fは週何回オナニーしてるの?」

彼女はちょっと硬直したようにも見えたが、普通に答えてくれた。

「私は週4だよ、でも気まぐれかな?」

当然、週4でオナニーをしているFの姿を想像した俺は、もう勃起している。

この後も、エロい話が続いた。

そして、俺の発言から一線を超えてしまった。

「そういえば、Fのおっぱいって何カップ?」

これにはFも少し驚きを隠せない。

驚きながらも彼女は、

「うーん、Eかな?」

と答えた。

「良かったらもんでみる?」

これで来た、と思った。

でも、即答したらさすがにやばい。

ちょっと躊躇したような表情を見せて、言った。

「ほんとに、、いいの??」

もちろん、こんな気持ちは微塵もない。

早く揉みたいに決まっている。

でも、Fは優しかった。

「いいよ、全然。」

そして俺らは近所の空き家まで移動した。

そこはどこからも見えない、死角だった。

空き家に着いた。

服はさすがに脱いでくれなかった。

けれども、俺は彼女の胸をいっぱい揉んだ。

柔らかい。

張りがある。

気持ちいい。

素晴らしい。

言葉では表せないほどの感動だ。

それに乗って、Fもエロい声をあげる。

「あ、ああーん!」

これで俺の理性は吹っ飛んだ。

ついで服の中に手を入れ、ブラの上から揉み始めた。

よりおっぱいの感覚を感じる。

より柔らかみ、張りは増す。

俺はもうフル勃起だ。

服の上からでもわかる。

Fもそれに気づいたのか、俺の息子を触ってきた。

「このまま、やっちゃお、、」

当然俺は承諾した。

まず、そのまま服を脱がせる。

そして、Fはすっぽんぽんの状態となった。

まず、ディープキスから。

当然俺も彼女も初体験だが、AVなどを見て流れなどは知っている。

俺は丹念に舌を絡めて唾液を交換した。

ついでおれは首筋へと舐める箇所を移した。

彼女はもう喘いでいる。

「ああ、めっちゃ気持ちいいよ、、」

そして脇を経由した後に、右の乳へ行く。

左手で左房を揉みながら、外からゆっくりと右房を舐めた。

しかし、まだ乳首は攻撃しない。

Fは焦れったくなってきている。

「ねぇ、早く乳首舐めてよ、、」

「舐めて欲しいの?」

俺は煽るように聞いた。

もう理性なんか存在しない。

「どんどん舐めて!!」

その言葉の瞬間、乳首に吸い付いた。

あの時衝撃を受けた乳首を、今舐めている。

小学生の時から舐めたかった乳首が、ここにある。

とてもエロい感情になった。

彼女は、近所に聞こえるかもしれないような大声で喘いだ。

「ああーん!めっちゃ気持ちいいよ!!」

じっくりおっぱいを堪能した。

次に、下へ行った。

もう、ぐっしょ濡れである。

しっかり生えたジャングルの陰毛と絡んで、ぐしょぐしょになっている。

これを見てまた興奮した。

「もうビショ濡れじゃん、、」

彼女は恥ずかしそうな表情になって、M字に足を開いた。

まず、手で愛液を絡めながら、まんこを舐める。

しかし、この時もまだクリトリスへは行かない。

「ねぇねぇ、早く舐めてよ。」

「どこ?」

俺は煽るように聞く。

「クリ、、ト、、、リス、、」

彼女は喘ぎながら言った。

そしてしゃぶりつく。

「ああーん!気持ちいいよ、いく、いく!」

そしてすぐイッた。

腰が痙攣している。

「過去一気持ちよかった、、」

Fは今までのオナニーでもここまでいったことはないようである。

ついでフェラに移った。

もうギンギンになってる俺の息子を、彼女は一生懸命舐めてくれた。

「ああ、F、めっちゃ気持ちいいよ。」

俺も気持ちいい声が漏れた。

こんな気持ちいい感覚は初めてだ。

そして、俺は口の中で果てた。

さあ、いよいよ本番だ。

俺は彼女に、

「入れるよ、、」

と言うと、Fは、

「お願い、中に出して!」

俺はよっしゃー!と思った。

そして挿入へ。

Fのグチョグチョになったジャングルへ息子を押し込む。

だが、まんこがキツすぎてなかなか入らない。

俺はゆっくりと中に入れた、というが入れにいったが、突然、ヌルヌル、と入った。

「ああーん!ああーん!めっちゃ痛い!」

喘ぎ声が響く。

俺は少し罪悪感を感じながらも、構わずピストンをする。

動きに連動して、彼女も喘ぎ声を発する。

「あん!あん!あん!」

もう興奮度MAXだ。

あの時、胸チラした子と、いまやってる。

それだけでもうエロかった。

とか考えているうちに、もう俺は中で果てそうになっていた。

Fの締め付けがどんどん強くなる。

「あ、ああーん!!」

彼女はいったようだ。

と、同時にまんこがキツく締まり、俺もいってしまった。

「なんか暖かい、、、」

それがFの感想だ。

ついでバックへ。

四つん這いになった彼女に挿入する。

相変わらず、締め付けがすごい。

初体験なのに、そう感じた。

ピストンと同時に、パン、パン、という音が室内に響き渡る。

俺はFのおっパイを揉みながら、ピストンを続けた。

「あん!あん!」

相変わらず元気な喘ぎ声が響く。

そして、今日3回目とは思えないほどの大量の精子をばらまいた。

まだFはやる気である。

「騎乗位、、やろ、、」

俺が言わせてないのに、まるで言わせているような言い方だ。

当然、断るわけがない。

俺は仰向けになって、Fが上に乗った。

でも、俺はもう4回目だから、さすがに全然イカない。

しかし、Fはすぐに果てていた。

相変わらず、締め付けがえぐい。

これで終わりだと思って、服を着ようとしたが、その時に彼女はいった。

「最後、正常位で終わろ、」

こいつ、SEX中毒かよ!

俺は思った。

そして挿入。

最初よりかはすんなり入った、

と思いきや、最初よりもさらに奥まで入ってしまった。

「ああ、っ、、うぅっ、、」

彼女は痛そうな表情を隠せない。

俺はピストンを始める。

でも、全然イカない。

俺不感症かよ、、と思った。

Fは、もうすぐ果てそうだ。

だか、構わずピストンを続ける。

「やばい、イク、イクーー!!」

Fの腰が大きく痙攣した。

そして、Fのまんこがきつく締まる。

その時、俺は再びいきそうになった。

ピストンを必死で続ける俺。

「ちょっと、あたしもう耐えられないよ、、」

もうFは限界のようだ。

そして、彼女の2回目のイク瞬間、俺も中で果てた。

さっき出せなかった分、今回は大量に出した。

「あ、あぁー。」

「あーーん!!」

2人の喘ぎ声がハモった。

この体験は一生忘れない。

幼稚な文章にお付き合い頂きありがとうございました。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:4
いいね
投票数:7
文章が上手
投票数:4
続編希望
投票数:17
お気に入り登録
投票数:6
名作
投票数:0

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:38ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 75回
  • 2,310回
  • 2,310回
  • 2,310回
  • 2,310回
  • 518位
  • 96位
  • 708位
  • 9,942位
  • 19,648位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 21Pt
  • 21Pt
  • 21Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 52位
  • 299位
  • 3,838位
  • -位
※19823記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]