月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

評価:昨日1位

28歳妻の秘密を知ってしまいました②(1/2ページ目)

投稿:2021-09-02 03:24:10

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

ゆあママの旦那◆cXgUQoA(30代)
前回の話

こんばんは。

私は今年30歳になる既婚者です。

昨日「28歳妻の秘密を知ってしまいました」を投稿させて頂きました。

予想に反して沢山の評価を頂き驚きました(笑)

全く無かったら流石にショックだなと思っていたので嬉しく思います。ありがとうございました。

今回は前回の続きからを投稿したいと思います。

妻の秘密を知り、妻に秘密を作った夜。

(秘密の内容は前回の投稿をご覧下さい)

妻の送って来た写真をしばらく眺めていました。

ブラジャーは私の知るブラジャーでお世辞にも色気のあるものではありませんでした。

しかし、生ではなく画面で見る妻の見慣れた身体と見慣れたブラジャーで私は興奮してしまっていました。

正直・・・

なぜこのような事を妻にしたのか。

妻の秘密は普通なら怒ったり悲しんだりする事のはずです。

妻に対しての復讐心?

全く無かった訳ではありません。

嫌いになったのか?

妻の事は秘密を知った後も愛しています。

愛と復讐心が溶け合ったような感情でした。

愛する妻へのお仕置き♡

日常の中での非日常な妻♡

その2つを夫ではない第三者からの目線で♡

私は求めてしまいました。

さて、つまらない私の心境はこの辺で(笑)

妻とのやりとりを一通り見直してから・・・

私は妻のいる一階へ

妻は洗濯物を畳んでいました。

二階の非日常からの一階の日常です(笑)

「お仕事終わった?」

妻からの何気ない呼び掛けも今日は興奮します。

「終わったよ♡取引先にプレゼンの資料を送った♡詳しい内容は明日会社で考えるかな(笑)」

言葉の内容の本当の意味に気が付かない妻は、

「そぉ♡上手くいったなら良かったね♡」

と笑顔で返してくれました(笑)

「私お風呂に入ってくるね♡」

洗濯物を終えてお風呂場へ向かう妻。

シャワーの音が聞こえてきました。

こっそりと妻のバスタイム中に洗濯機を覗くと・・・

服と一緒にあのブラジャーが!

思わずスマホでパシャリ♡

興奮しきったその日の夜は・・・♡

妻を抱きませんでした(笑)

今日の今日でセックスに変化が出れば、嫌でも気になるかと思ったからです(笑)

次の日・・・

2連休明けの会社へ。

デスクで考えるのは勿論・・・

妻へのプレゼン内容です♡

実際に会うことは私とバレるのでNG

勿論妻の身元が他者にバレるのもNG

周囲に妻のお仕置きがバレるのもNG

いざ考えるとなかなか難しい。

妻や周囲にバレないけどギリギリ。

断りたいけど出来なくはない内容。

プレゼンの仕事はそこそこ結果を出してきましたが、今回のは頭をフル回転。

お昼ご飯を食べるのも忘れてました(笑)

最初はソフトな内容から、徐々に徐々にハード内容へと。

ゆっくり焦らずに楽しみながら♡

その日のお昼過ぎ・・・

妻にメールを送信。

「こんにちは♡」

少しして返信がきました。

「こんにちは」

「奥さん何してました?」

「掃除です」

「今日はオナニーしないんですか?♡」

「しません」

「じゃぁまた淫行にお出掛けですか?♡」

「行きません」

「今からは何するんですか?」

「買い物です」

予想はしていましたが冷たい返信(笑)

「私とのメール楽しくないみたいですね」

「そうですね」

反抗的な方が逆にムラムラしてしまいます♡

「じゃぁ楽しくなるように約束を決めますね♡」

「約束?なんですか?」

「私に返事する時は最後の言葉を伸ばして♡をつけて下さい♡」

「意味が分かりませんが」

「さっきの奥さんの返事だったら(なんですかー♡?)(そうですねー♡)(買い物ですー♡)みたいな感じです(笑)簡単でしょ?メールが楽しくなりますよ♡」

たしかに簡単ですがキツいですよね(笑)

そして妻から・・・

「気持ち悪いんですけど」

案の定この返事です(笑)

ただこんな返事を待っていました。

「奥さんさぁ自分の立場分かってる?」

妻からの返信を待たずに続けて

「俺は楽しくやりとりしたいだけって言ったよね?奥さんが俺に秘密にしてくれって頼んだでしょ?奥さんが旦那さんとか◯◯君に知られたら困る事してるんでしょ?違ったけ?」

数分後・・・

「すみません」

「奥さんがそんな態度だからしょうがないね。さっきのメールみたいに約束をしていこう。奥さんも約束守って欲しいんでしょ?」

返事は意外に早く

「はい」

「じゃぁお互い約束を守りましょうね♡」

「分かりました」

妻も嫌々ながらも観念したようです。

「約束」のワードがキモでしたね♡

「奥さんいきなり約束忘れてますよ(笑)」

「分かりましたー♡」

たった2文字でメールが楽しくなりました(笑)

「次また忘れたら罰ゲームですからね?♡」

「罰ゲームってなんですか?♡」

・・・(笑)

直ぐに返信

「奥さん惜しい(笑)」

数分後・・・

「ごめんなさーい♡許してー♡」

嫌がる相手からのメール♡

私だけかもしれませんが・・・

単純ですがこれ意外に興奮します(笑)

「しょうがないね♡じゃぁ罰ゲームは3つの中から奥さんに好きなの選ばせてあげるよ♡良かったね♡」

「はーい♡ありがとうございまーす♡」

結局罰ゲームをするのに喜ぶ妻(笑)

「じゃぁ次の中から選んでね♡全部イヤとかは無いからね♡」

~3つの罰ゲームの内容~

その1

「今からサイトで50歳以上のオッサンと淫行。ゴム有り本番を行う。終わったら精液の入ったゴムを口に咥えて自撮り写真をメールで報告」

その2

「今持っている下着で一番派手で卑猥なものを着用。家以外の場所で下着だけの姿になり自撮り写真をメールで報告(人目につかない所でもOK)」

その3

「旦那さんに公衆電話から電話をかける。相手が旦那さんと分かる内容を入れた上で、卑猥な言葉で誘惑し今晩セックスの約束を取り付ける。その際スマホは通話状態にしてリアルタイムで報告」

「どれにする?」

どれにするかは大体分かりますが(笑)

数分後・・・

「2番にしまーす♡」

「そうですか♡2番じゃなくて奥さんが今からする事を復唱して下さーい(笑)♡」

「私は今持っている下着で一番派手で卑猥なものを着用して家以外の場所で下着だけの姿になり自撮り写真をメールで報告しまーす♡」

「楽しみにしてまーす♡」

妻とのやりとり中はずっと、

スーツのパンツの中がバキバキでした(笑)

時刻は夕方前・・・

妻からのメールがきました。

「ごめんなさーい♡どこで撮ったらいいでしょーか?♡下着だけとか人に見られると困りまーす♡絶対人に見られないで写真撮れる所教えて下さーい♡」

妻は無意識だったでしょうが、

自ら私に内容の指定を求めてきました。

私もここは優しくなります(笑)

「服屋さんの試着室がいいですよ!誰にも見られないし鏡に向けてとれば自撮りしやすいし♡上下で試着するふりすれば全然変じゃないですよ」

妻からは直ぐに返信がきました。

「分かりましたー♡ありがとうございまーす♡」

理不尽な要求にお礼を言う妻。

恐らく保育園に子供を迎えに行く前に撮るのでしょう。

非日常な報告を日常の仕事をしながら待つ。

仕事がちゃんと出来ていたのが不思議なほど興奮していました。

そして遂に・・・

その時は来ました。

部下に指示を出している時に、

「ヴヴヴっ!」

デスクの上のスマホが振動しました。

思わずスマホに目を取られてしまい、

「だいじょですか?」

部下が聞いてきます。

「ん?どうした?」

思わず空返事。

「あ、いえ、スマホが振動してたので。奥様じゃないですか?確認されてみては?」

不覚にも一瞬ドキっとしてしまいました。

メールは恐らく妻からの罰ゲーム報告。

そこには恐らく添付されたファイルが。

さらには恐らく妻の下着姿が写ってて。

もし、この部下の前で確認したら・・・

「かもね。急ぎの用だったら電話してくるだろうから大丈夫だよ」

さっと流しました。

「そうですか。かしこまりました。」

部下に指示を出し喫煙スペースへ。

タバコを一服。

そしてメールを確認・・・

From奥さん

添付ファイル1件

本文「写真報告しまーす♡」

画像は衝撃でした。

撮影場所はどこかの試着室。

大きな鏡に写った下着姿の女性。

顔はマスクと手で隠れてますが間違いなく妻です。

妻は画像を切り抜くトリミングなどの加工を知らないのでしょう。

今回は顔は隠れていたものの頭からつま先まで全身が写っていました。

そしてもっとも驚いたのは妻が身に付けていた下着でした。

私の見たこともない下着です。

上下セットと思われるブラとパンティー。

色は派手で可愛いピンク。

ブラはカップの真ん中だけ少し布があり大部分はメッシュで透け透けです。

パンティーも面積の狭い布地にメッシュも無くヒモが左右に2本づつ。

「こんなのどこで売ってるんだ?」

そんな下着を妻が身に付けていたのです。

しかし・・・

足元は黒のハイソックス(笑)

服装は普段の服装だったのでしょう。

高校生が履くような少し長めのハイソックスだったので、逆に下着とのギャップ凄かったです。

顔を隠した妻。

卑猥な下着。

黒のハイソックス。

妻の写真に釘付けになったしまいました。

気が付くと一口しか吸っていないタバコが燃え尽きてしまってました。

とりあえずデスクに戻り、仕事を終えて会社を出ました。

妻にメールをします。

「こんばんは♡奥さん下着凄いね♡あんな卑猥な下着初めて見たよ♡昨日のブラと大違い(笑)どこであんなの買ってるの?♡」

子供と晩御飯だったのか少し遅れて妻から返信が、

「こんばんはー♡あれは人からの貰い物でーす♡あんなの自分では買わないので分かりませーん♡」

少し考えてしまいました。

貰い物?

・・・・・・

あっ!?

昨日のパチンコのオッサン。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(4件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。