【現在23,380話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 18 分で読了)

評価:昨日1位

【評価高め】
キャンプ場での美味しい出来事

投稿:2021-07-22 00:04:27

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し◆EnmXJoY

先日ソロキャンプで埼玉県にある、橋立がわキャンプ場に行った時の出来事です。

俺は43歳独身で特別イケメンとかでは無くて、何処にでもいる一般的な会社員のおっさんですが、今日は有給を使ってのんびりと一泊する予定でした。

今はコロナ渦な上に、平日に行ったという事もあり、キャンプに来ている人はほとんどおらず、俺を含めて3組しかおらず、ちょっと離れた位置にポツンポツンとした程度でした。

このキャンプ場は電車で行けるキャンプ場という、やや珍しいキャンプ場でしたが今回は車で来ました。

その日はお昼前くらいには到着し、とにかくテントの設営を済ませて、ゆっくりと男料理を味わいながら、酒を嗜んでおりました。

辺りを見回すと、少し離れた位置にホットパンツ姿の若い女の子が、一人でソロキャンプしているようでした。

今は空前のキャンプブームで

「ソロキャン」

とかTVで観て憧れちゃったのかなぁ?なんて考えながら、チューハイを嗜んでおりました。

更に離れた位置にテントを張っていた一組は、家族連れのようで小さい子供と川で遊んでおりました。

そうこうしていると夜が更けてきて、PM19時を回った頃になると外はすっかり日が落ちて来て、焚き火の前でそろそろテントに入ろうかな?と考えていると、女の子のテントの方から

「キャーっ!」

と悲鳴のような感じの声が聞こえて来ました。

どうしたんだろう…?

女の子のテントの方を眺めておりましたが、家族の方のテントの人達は気付いていないのか、出て来るような気配もありませんでした。

何か大きな事件が起こったようにも見えなかったので、取り敢えず焚き火を消そうかなと思った時に、テントの中から女の子が顔を出して、辺りを見回しているようでした。

遠目に見えた女の子は思ったよりも、可愛い子に見えました。

俺はそっちに目を向けていると、女の子はこちらの視線に気付いたみたいで女の子がテントまで小走りに近づきいて来ました。

「どうしました…?」

俺は声をかけると女の子は、ちょっと涙目になっていて、訴えかけるように

「変なのが脚に纏わり付いていて…どうしたらいいですか…!?」

俺はホットパンツから伸びている綺麗な美脚に目を奪われていると、膝の下辺りにヤマビルがへばり付いていて、少し血が垂れていて、血を吸われていたようでした。

「あー…。ヒルですね!早めに取らないと不味いですよ!」

女の子はかなり焦っているようで

「気持ち悪くて触れないし、どうしたらいいですか…!!!?」

よくよく見ると女の子はパッと見、20代中盤あたりで乃木坂にいる松村沙友理みたいな感じでスタイルが良く、とても可愛い顔立ちでした。

「とにかく落とさないとダメだよ!ちょっと失礼するよ!」

沙友理ちゃんの太ももで血を吸っているヤマビルを、俺も流石に握りたくは無いので、払うように何度も何度も叩いて落としました。

ヤマビルは地面にボトッと落ちて、かなり血を吸われていたのか、地面に血が飛び拡がりました。

「キャー!」

「他には付いてない…?大丈夫?」

沙友理ちゃんは自らゆっくりと回り始めたので、俺は沙友理ちゃんの身体を舐めるようにチェックしました。

焚き火で薄暗く照らし出されて見える沙友理ちゃん姿は、とてもスタイルが良くて、上着はちょっと横文字の入ったプリントの入った白いTシャツで、うっすらとピンク色のブラジャーが透けているように見えました。

取り敢えず沙友理ちゃんの美脚を眺めていると後ろを向いた時に、ふくらはぎのあたりや、太ももの裏側の部分にもヒルが張り付いているのを見つけました。

「あーいるいる!」

俺は必死にふくらはぎのヒルを叩いて落として、太ももの裏側も必死に叩いたのですが、ヤマビルって中々離れないので太ももの方は、沙友理ちゃんのプヨプヨっとした肌の感触を堪能しながら念入りに叩きました。

「ありがとうございます…!」

俺的には沙友理ちゃんの太ももを疑われる事無く触りまくれただけなので、こちらこそありがとうと言いたい気持ちでしたが

「ヤマビルに血を吸われた後って吸い出すとか、最低でも絞り出すような何らかの処置をしないと面倒な事になるらしいよ…!」

「えっ…!?そうなんですか?どうしたら…」

「んー。この時間じゃ病院はやってないだろうし…。取り敢えず絞り出すのやってみますか…?」

沙友理ちゃんの脚の吸われていた部分からは、血が垂れていました。

「お…お願いします!」

「じゃあ…タオルとかティッシュとか無い?」

「あー小さめのタオルなら…」

「じゃそれちょっと持ってきて!」

沙友理ちゃんが自分のテントに走って戻っている間に、テントの前に転がったヒルを踏み潰すとクチュとした感じで血が拡がりました。

沙友理ちゃんは小さめのタオルとポケットティッシュを持ってきて、俺に手渡しました。

「じゃ…絞り出してみますね?」

「お願いします…!」

俺はまず、膝の下の辺りを指で摘まむとキュッと絞るように、血を出してみました。

タラっと血が流れ落ちてきて、慌ててティッシュで拭きますが、中々血が止まりそうにありません。

他の部分も同様に絞り出してみましたが、やはり同じ様に止まりませんでした。

これではポケットティッシュは直ぐに足らなくなってしまいそうでした。

「止まりませんね…」

「そうだね…」

暫く二人は沈黙が続きました。

目の前にはホットパンツからスラッと伸びた沙友理ちゃんのピチピチとした生足が目の前に見えています。

最初は何とかしなくちゃという気持ちでしたが、沙友理ちゃんの脚を触っているうちに、徐々に俺のエロ魂がフツフツと疼いて来ました。

「ヤマビルに噛まれると、そう簡単には止まらないって言うからねぇ…。やっぱり吸って出した方がいいのかも…。痒くなって来たりとかしてませんか?」

「う~ん…。言われてみるとそんな感じもしますね…」

ふくらはぎの方は、そんなに血が垂れてませんが、太ももの裏の部分は明らかに血が垂れています。

「このまま何もしないのは微妙だと思うから、少し吸い出してみるよ…!」

「えっ…?」

「この場所じゃ作業しづらいから取り敢えずテントに入ってよ!」

「はい…」

俺のテントはそれなりに大きめのテントだったので、二人で入ってもキツキツという訳ではありません。

LEDランタンの灯りを付けると、テント内はぼんやりと明るくなって

「じゃ取り敢えず座って!」

と言うと体育座りのような感じで沙友理ちゃんは座りました。

ホットパンツで体育座りだと、意外と脚の付け根辺りの開きが大きいので腰の辺り見えていて、隙間からパンツが見えそうでした。

ホットパンツの隙間から見えてくる太ももの内側の部分はエロさがあって、俺のテントが少し張ってしまいましたが、俺はエロい気持ちは悟られてはいけないと思い、早めに四つん這いになって、沙友理ちゃんの膝の辺りに吸い付きました。

ちょっと血を吸ってはテントから顔を出して吐き出しました。

「見ず知らずの方に、こんな事させてしまってすいません…」

「んーまぁ…困った時はお互い様ですから…」

とうとう太腿の裏をやる時には、沙友理ちゃんに立ち上がって貰って太腿に吸い付きました。

沙友理ちゃんは少し恥ずかしいのだろうか、少し頬を赤らめているようでしたが、沙友理ちゃんの太ももを軽く掴みながら、お尻に近い肉にキスをするように吸い付きましたが、お肌はスベスベしていて、舐めてしまいたいくらいでした。

「所で何でこんなにヒルに纏わりつかれてたの?笑」

と聞くと

「んー…分かんないです…」

「草むらとか茂みに入った?」

と聞くと

「あー…。暗くなる前に入ったかもしれないです…」

「その時かもね!」

俺はふと上を見上げると、沙友理ちゃんのTシャツの背中にも小さく血が付着している部分を見つけました。

「あれ!?ちょっと待って…!背中にも血が付いてない!?」

「えっ!?」

沙友理ちゃんはバタバタと慌て始めて俺は立ち上がってよく見ると、沙友理ちゃんのTシャツの中にヒルがいる事を発見しました。

「いるよ!マジマジ!もしかして身体中に付いてたりとかしない?」

「えー!?ちょっと…本当に!?」

「そこは流石にTシャツ脱がないと取れないよ…!脱いで脱いで!!!」

沙友理ちゃんは相当焦っているのか躊躇う事無くTシャツを捲り上げてきました。

後ろ姿でしたが、沙友理ちゃんのピンクなブラジャーが露になって、ホックの下のあたりにヒルがくっついていました。

そこまで捲り上げる必要は無かったのですが、俺はTシャツに更に血が付いてしまうといけない!という便乗も含めて、もう少しTシャツを捲り上げて沙友理ちゃんの背中は全開にしてしまって、ゆっくりとヒルを叩き落としました。

床に落ちたヒルをティッシュに包んでテントから投げ捨てると、沙友理ちゃんの背中から少量の血が垂れていたので、俺は迷わず沙友理ちゃんの背中に吸い付きました。

その時に沙友理ちゃんから

「ん…っ」

と小さく吐息が漏れてきた気がしました。

俺のエロ脳の中は勿論

「このままホックを外してしまいたい。このまま背後からおっぱいを鷲掴みにしたい」

でした。

俺は背中から暫く血を吸い出して吐き捨てながら

「恥ずかしいだろうけど、ここまで来たらそのまま後ろ向きのままでいいから、自分で前の方も確認した方がいいかもよ!」

「あぁ…そうですよね…」

「血が付かないようにTシャツは支えてるから」

俺は背後から沙友理ちゃんのフロント部のTシャツを捲り上げると、身長差もあって上空からの沙友理ちゃんのおっぱいの膨らみとブラジャーがバッチリ見えました。

ピンクのブラジャーで、花柄の刺繍がある一般的なブラジャーだったけどメチャクチャ興奮しました。

「あっ…ありがとうございます…」

と沙友理ちゃんは言いましたが、勿論こちらこそありがとうです。

沙友理ちゃんは胸元やお腹の辺りを確認していましたが、ヒルはいなかったようで、ブラの谷間の部分に指を突っ込んで少し開いて覗き込んでいましたが、それは俺にも見えていました。

浮かしたブラの隙間からは沙友理ちゃんの放漫なバストの先にある乳首まで見えて、少し乳首が起っていたのが見えました。

俺が「おぉ~!!!!!」

っと興奮していると沙友理ちゃんが気付いたようで

「あっ!見えちゃいました!?」

俺は誤魔化すように

「あっ…ちょっとだけ…笑」

「ヤダ~。もう~笑」

と笑い話で済みそうだったので助かりました。

でも脚にしろ背中にしろ、血が完全に止まっている訳ではないので、少しずつ血は垂れてきています。

「やっぱ直ぐには止まらないね。血が付いちゃうだろうし、もうどうせだからTシャツは脱いじゃいなよ笑」

って俺は思いきって言ってみました。

暫く沈黙が続き、俺は調子にのり過ぎたか!?と少し後悔しましたが

「うーん…見ないで下さいよ!!!」

と沙友理ちゃんはTシャツを脱ぎ始めたので、見ないでってどうやって?笑

「はいはい!」

と俺は答えておきました。

沙友理ちゃんはTシャツを脱ぐと、ブラジャー姿になって、本当にスタイルが良い事に気付きました。

「何か恥ずかしいです…」

「仕方ないよ!まぁ…俺はラッキーだけどね笑。取り敢えず座っとく?」

と聞くと沙友理ちゃんが

「実は…まだ下の方に少し違和感が…」

「えっ!?パンツの中!?」

「違う!笑。付け根の方…」

「あー笑笑笑」

沙友理ちゃんは体育座りになって股を開きだしました。

ホットパンツの隙間から恥骨の方まで見えて、今回は体勢的に少しピンクのパンティまで見えていました。

沙友理ちゃんが

「このへん…」

と指差した先は、ホットパンツの内腿の奥の方にヒルがへばり付いてるのが見えました。

もうそこはホットパンツの中に手を突っ込まないと届かないような場所で、本当に脚の付け根に近い部分でした。

「あっ…確かにいる…。でも仮に取れたとしても、ホットパンツが血だらけになっちゃうかもしれないから脱がないと…」

俺はこんな幸運な事ってあるんだなと思いました。

こんな松村沙友理ちゃんみたいな可愛い子が自分から脱いでくれて、しかも感謝されるのだから…。

流石にその場所を見た時は、もう俺のペニスは何かを期待したのだろうか?

フル勃起になっていました。

「脱がないとダメですよね…?」

流石にホットパンツを脱ぐのは抵抗があったようで、少し躊躇っていたようですが

「うーん…流石に手掴みはしたく無いし、何より血が…」

「そうですよね…」

沙友理ちゃんは立ち上がるとベルトを外し出して、とうとうホットパンツを脱ぎ始めました。

もうストリップですよね…。

しかもお店だったら逆にこんなに可愛い子は指名でもしない限り、まず当たらないだろうと思いました。

「脱ぐ時に血が付いちゃわないように気をつけてね!」

「はい!」

スルスルっとホットパンツを降ろすと沙友理ちゃんはとうとうブラジャーとパンティだけの姿になって、上下お揃いだったようでパンティも花柄の刺繍が施されているデザインでした。

沙友理ちゃんの身体はモデルみたいに変に細過ぎる訳ではなく、お肉が付いていて欲しい場所にはちゃんとプヨプヨっと付いていて、俺としたら理想的なエッチな体型でした。

俺は冷静を装おうように

「じゃ…ちょっとだけ脚開いて座ってみて!」

「はい…」

沙友理ちゃんは素直にM字開脚の一歩手前くらいまで股を拡げてきました。

こんな綺麗な子が、自分から股を開いてパンティを見せ付けてる姿は本当にエロいです。

風俗とかだと逆にこんな変な緊張感や興奮は味わえないと思います。

「それじゃ…ちょっとゴメンよ!」

と俺は手の平でヒルを払うと、中々取れませんでしたが、何とかティッシュにくるんで捨てる事が出来ました。

「あっ…何かこの体勢マジで恥ずかしいんですけど…」

「流石に俺も少し興奮するけど、後ちょっとの辛抱だよ!」

俺はとうとう沙友理ちゃんの内腿、限りなくマンコに近い部分を吸い付く事になりました。

「恥ずかしいかもしれないけど、もう少しだけ我慢してね!」

「…。」

俺は四つん這いになって沙友理ちゃんの股に顔を埋めて、プヨプヨっとした内腿に吸い付きました。

「ん…っ」

もしかして沙友理ちゃんは感じているのだろうか…!?

そんな筈はない!?

でもここまで来ると、理性を抑えきれるか分からないくらい俺も興奮して来ている。

女の人もやはり興奮しているのでは?

この有り得ないシチュエーションに対して俺の頭の中では天使と悪魔が戦っていて、血を吐き捨てた後に俺は手の平で太ももを掴みながらヒルに噛まれた場所を軽く舐めてみました。

「あっ…」

沙友理ちゃんは俺を信用仕切っているのか、何の抵抗もして来なかったので少しづつ顔をマンコの方に近づけて行きました。

「こっちの方も調べてみるね…」

俺の中の悪魔の心が勝った瞬間でもありました。

「えっ…!?」

俺は沙友理ちゃんのパンティを脱がし始めました。

「ちょっ…ちょっと待って…!」

沙友理ちゃんは流石にパンツを抑えました。

「こんな所までヒルがいた以上は、全部調べた方がいいよ…」

「でも…」

「だって…そんな所に跡が一生残ったら困るでしょ…?」

「…。」

沙友理ちゃんは暫く考えた後にパンツを抑えていた手を緩めたので、パンティを降ろそうとすると、沙友理ちゃんはお尻をスッと浮かせました。

これはもう間違いなくOKのサインでしょう。

俺は沙友理ちゃんのパンティをゆっくりと脱がせていくと、フサフサと生い茂ったヘアが見えてきて、一気に膝下の辺りまでパンティを降ろしました。

「あぁ…。恥ずかしい…」

俺は面倒なので片足はパンティから抜き取っておきました。

生い茂ったヘアを掻き分けると、ヒダヒダに包まれた沙友理ちゃんのマンコが姿を現しました。

「あっ…見ないで…」

俺はヒダヒダの回りを、そっと指でなぞるように確認すると

「ん…っ!」

と吐息が漏れてきて

「見ないと確認出来ないよ…。取り敢えず回りは多分大丈夫みたいだね…」

沙友理ちゃんは目をトロンとさせながら恥ずかしそうに

「うん…」

と頷きました。

沙友理ちゃんの膣からは、愛液が少し滲んで来ていました。

やはり沙友理ちゃんも脱いで見られているうちに、少しずつエッチな気持ちになっていたのかもしれません。

俺はヘアを掻き上げると

「もう少し詳しく調べるね…」

とまだ皮に覆われている沙友理ちゃんのクリトリスの回りを、ゆっくりと舐めながら膣を確認するように、ゆっくりゆっくりと膣の内部へ中指を導いて行きました。

「あぁぁぁ…」

沙友理ちゃんは時折身体をピクッと反応させています。

沙友理ちゃんの膣の中からは愛液がどんどん溢れてきて、俺は沙友理ちゃんの膣の中にズブズブっと中指をゆっくり沈めて行きました。

「んんん…」

俺は更に沙友理ちゃんの膣の中で中指を少し曲げると、ゆっくりと出し入れするように指を動かしました。

膣の中は「ネチョ…」っとした感じで愛液が溢れていて

「あぁぁぁぅ…恥ずかしいよぉ…」

重ねるようにクリトリスの回りを舐めていると徐々に皮が剥けてきて、クリトリスを少しずつ直接刺激出来るだけようになってきました。

「んぁ…っ…」

沙友理ちゃんは身体をビクッと反応させると、身体を捻るようにクネらせていました。

これはもう完全に沙友理ちゃんは感じまくっています。

「ヒルは見当たらなそうだけど、もう少し詳しく調べてみるよ…?」

俺はもう肥大して来ている沙友理ちゃんのクリトリスを、舌でねっとりとソフトクリームでも舐めるように、中指で膣の奥地をゆっくりと刺激するようにしながら尋ねてみました。

「んん…っ…」

沙友理ちゃんは大きく横に首を振りましたが手で抑えたりとか、頭を押し退けようとかはして来ませんでした。

俺の中ではもう完全に続行OKなんだろうと判断しました。

俺は沙友理ちゃんの頭の方に脚を向けるように体勢を変えて寝転がると、頭を股の間に顔を埋めて、寝転がったままシックスナインのような体勢になりました。

右手で沙友理ちゃんのお尻や太腿をゆっくりと撫でるように触りながら、クリトリスと膣を刺激していきます。

「あっ…あぁぁ…」

沙友理の吐息がどんどん漏れてきて、俺の肉棒もハチ切れんばかりに大きくなっていました。

今日は紐で結ぶタイプのバミューダパンツだったので、紐をほどくとスルッと降ろせるので、ズボンとトランクスを片手で降ろして、カチンコチンになった俺のペニスを沙友理ちゃんの顔の前に御披露目しました。

「俺のもヒルが付いてないか調べてくれないかな…?」

「…。」

少し間があった後に沙友理ちゃんは俺のペニスをゆっくり触ると

「おっきいですね…」

とペニスを包み込むように触ってきました。

沙友理ちゃんはペニスを握ったりせずに、軽く指でなぞったり挟んだりしていました。

俺はたまらずに

「口でしてくれないかな?」

とお願いしてしまいました。

沙友理ちゃんはペニスを握ると、亀頭を剥き出すように皮を伸ばすと、口の中に頬張りました。

沙友理ちゃんは歯を当てないように頭を上下に動かしながら、俺のペニスをしっかり吸引してきます。

しばらくすると金玉も軽く揉んで刺激してきたり、竿を舌でツーっと舐めたりして来ました。

「うわ…っ…!上手すぎない…!?」

沙友理ちゃんは上目遣い気味に

「口でするの割と得意なの…」

と言いながら亀頭の付け根の部分や裏スジを舌で転がしたりして来ました。

クリトリスを舌で刺激していた俺も沙友理ちゃんの予想外のフェラチオの上手さに躊躇してしまう程、攻め続けるどころか受け身になってしまいそうでした。

「元彼に鍛えられたからね!」

と沙友理ちゃんがニコッと微笑みました。

その笑顔が本当に可愛い過ぎて、俺は年甲斐もなく本当に恋に落ちてしまいそうでした。

これはフェラチオなんかで終わらせる訳には行かない!

沙友理ちゃんをもっともっと気持ち良くして、必ず沙友理ちゃんにぶち込みたいと決意しました!

俺はクリトリスに唾液も徹底的に含ませて、とにかく沙友理のマンコを重点的に攻めて指も2本に増やして

「クチュクチュ…」

っと音が出るくらいに沙友理ちゃんのマンコを掻き混ぜ、膣の中を刺激しました。

「あぁ…いい…!!!」

沙友理ちゃんからの声も次第に大きくなってきて、少し離れたテントの家族に聞こえてしまっていないか心配でした。

俺はいつでも挿入出来るように、シックスナインから向きを変えて、沙友理ちゃんの上に覆い被さるように抱きついてキスをしてみました。

沙友理ちゃんは嫌がる事なく、俺の舌を受け入れてくれました。

「ん…」

舌を絡ませながら沙友理ちゃんの背中に手を回して、ブラジャーのホックを外します。

沙友理ちゃんのおっぱいが露になり、俺はディープキスをしながら、沙友理ちゃんのおっぱいの感触を楽しみました。

Cカップくらいのおっぱいですが大きすぎず、小さすぎず程よいサイズ感でスタイルが良いからか、寝ている体勢でもシッカリとおっぱいに張りがあってプルンプルンしていました。

とうとうキャンプ場のテント内で、沙友理ちゃんは全裸になって俺と抱き合いながらディープキスをしています。

「んっ…」

沙友理ちゃんはディープキスをしながら、俺のペニスを弄るように触り続けました。

もしかしたらこの子は、物凄くエッチが大好きな子なのかもしれないと思いました。

沙友理ちゃんの乳首を舌で転がしたりしていると、俺もそろそろ本当に入れたくなってきて、沙友理ちゃんの腰を抱き寄せて、俺のペニスを沙友理ちゃんの膣にゆっくりと差し込むように正常位で挿入して行きました。

沙友理ちゃんは挿入する事にも拒否反応は見せませんでした。

「あぁ…入ってくる…」

俺は黙ってゆっくりと沙友理ちゃんの膣の中にペニスを沈めていきますが、勿論コンドームなんて用意して来ている訳はなく、生での挿入でしたが沙友理ちゃんもその事についても、何も言って来ませんでした。

沙友理ちゃんの膣の中は愛液と俺の唾液で溢れていて、結構すんなりと奥深くまで入っていきました。

もう何年?10年以上?くらい思い出せないくらい久しぶりの生挿入でした。

「あぁ…気持ちいいよ…」

沙友理ちゃんの膣の中は暖かくて、ヌルヌルしていて、物凄く滑りが良かったです。

腰をゆっくり動かすと

「ヌチャ…ヌチャ…」

っと愛液が滑るような音が夜のテント内で響いて、沙友理ちゃんの膣が俺のペニスをキューっと締め付けてきます。

「あぁ…いい…」

「俺もいいよ…本当に気持ちいい…沙友理ちゃんってエッチ好きなの…?」

俺はまだまだ発射したくないので、沙友理ちゃんのマンコの感触を楽しむようにゆっくりと腰を動かしました。

「あぁ…っ!好きかも…実はね…あぁっ…!」

「実は…何?」

「クチャ…クチャ…」

「エッチするの…かなり久々なの…あっ…いい…」

「本当に…?こんなに綺麗なのに?」

「クチャ…クチャ…」

「あっ…元カレと別れてから…結構経つから…んっ…」

「そっか…本当に勿体無いよ…こんなに可愛いのに…」

俺は沙友理ちゃんを抱きしめてキスをしました。

「んっ…んん…」

沙友理ちゃんのマンコが俺のペニスを更に締め付けてきます。

「任せて…!今日は俺…とことん頑張るから…!」

沙友理ちゃんはニコッと笑って抱きついて舌を絡めてきました。

とは言ってもこの狭いベッドなど無いテント内では、出来る体位など限られているし俺自身久々の生挿入で、大して激しくしていないのに、もう限界が訪れそうな感じがしています。

「あっ…!でも…気持ち良すぎて出ちゃうかも…!」

俺は激しく腰を振り始めました。

「パン!パン!パン!」

と沙友理ちゃんの恥骨と俺の恥骨が激しくぶつかり合って、テント内に音が響き渡ります。

「んんん…!あぁ…!いい…!いい…!いい!!!」

沙友理ちゃんの膣が俺のペニスを更に締め付けて来ます。

「んあぁぁぁ…!」

俺は必死にピストンしながら考えました。

こんなおっさんが沙友理ちゃんのような若くて綺麗で可愛い女の子と生挿入のSEXなんて、もう二度と無いかもしれない。

このまま後先考えず中出ししちゃってもいいんじゃね!?と。

実は恥ずかしながら、今までの人生で一度も中出しはした事がありませんでした。

「うわあぁぁぁぁ…」

俺は中出しの葛藤もあって、鬼気迫るように必死に腰を振り続けました。

「あぁ…!いい…!いい…!いい…!いっちゃう!!!」

「パン!パン!パン!パン!」

テント内に音が響き渡って

「ダメた…!イク!!!イク!!!」

その時でした!

「いい!!!今日は安全日だから大丈夫だよ!!!イク!!!」

「えっ!!!!!」

「大丈夫!!!!!あっ…あああああぁぁぁぁ~!!!!!」

俺の中で一気に呪縛が解放されたようでした!!!

「イク~~~っ!!!!!!!」

俺のペニスはビクビクっと波打つと、沙友理ちゃんの膣の中は俺のスペルマ達がドクドクっと一気に大放出されました!

「あああああぁぁぁぁぁぁ…………」

俺の魂が一気に朽ち果てていくようでした。

沙友理ちゃんの膣の中に、これでもかというくらい俺の精子が流れ込んでいきます。

かなり久々な事や、このシチュエーションという事も重なり、中出しSEXがこんなに気持ちいいんだって事を初めて身に染みて感じました。

「ああぁ…ぅ…っ」

俺は沙友理ちゃんの中で、最後の一滴まで絞り出すように、ゆっくりと腰を振りながら精子を絞り出しました。

俺は沙友理ちゃんの頭を撫でながら

「ありがとう…。本当に気持ち良かったよ…」

と囁くと

「私もとっても良かったよ…!」

とキスをされました。

俺はキスに応えるように舌を入れました。

「んんん…っ」

沙友理ちゃんを抱き寄せて、舌を絡ませて、おっぱいを包み込むように触りました。

しかし先程出し尽くしたのか、俺の肉棒は回復して来なかったので少し話をしようと思い、おっぱいを触りながら

「本当に中に出しちゃって大丈夫だったの…?」

「うん…まぁ安全日だし…久々だったから興奮しちゃったかな?笑」

俺は本当に一生の運を使い果たしたと思えるくらいラッキーでした。

「そっか…。今は彼氏はいないの?」

「んー。もう別れてから2年近くいないかな?笑」

「何で!?笑。こんな可愛いんだし選びたい放題でしょ?しかも…もしかして2年ぶりとかだったの?笑」

「まぁある程度は寄ってくるけど…何かピンと来ないのよねぇ…笑。ちなみに多分そのくらいぶりだよ笑」

「マジか!笑」

俺は乳首を軽く摘まんだり、転がしたりしました。

「んっ…」

沙友理ちゃんは頬を赤らめて俺に身を委ねるように寄りかかっていて、肩から包まれるように抱かれていて、まるで恋人同士のようでした。

このままこの時間がいつまでも続いて欲しいと思いましたが、ふと沙友理ちゃんの身体を見ると血はまだ止まってはおらず、俺のテントのシートは血でベタベタでした。

更に沙友理ちゃんのマンコからは、俺の精子がタラーっと垂れて来ていました。

そこは何か舐める気はしなかったので

「また逢ったりとか出来ない…?」

「うーん。どうしよっかなー?笑」

「彼氏が出来るまででいいよ…!」

「うーん。まぁ…いいよ!笑」

「ヨッシャ!!!」

俺はガッツポーズでした。

「ところで精子は掻き出したりしなくて大丈夫なの?」

と聞くと

「出す!笑笑」

「でもどうしよっか…?川はヒルとか怖いよな笑」

「トイレかな笑。もう真っ暗で誰も見てないだろうし、このまま行っちゃおうかな!」

「えっ!?」

俺はちょっとビックリしましたが、確かに今日のキャンプは離れた位置にもう一組だけだし、トイレは更に離れた所にポツンと1ヶ所あるだけでした。

「いいの?」

「服着て血も精子も付くのヤダし笑」

「まぁ確かに笑」

このキャンプ場のトイレは、テントのサイトから少し登った場所に小屋が並んでいて、その中の一つに小汚ないトイレがあるのですが、沙友理ちゃんは

「じゃ行くよ!」

とテントから顔を出して周囲に人がいない事を確認してサンダルを履くと、おっぱいを両手で隠して、全裸のままトイレの方に走って行ってしまいました。

「おぃ!マジか!」

俺も慌てて追いかけましたが、いくら夜で真っ暗とはいえ、全裸でダッシュとは何て行動力というか、勇気のある子なんだと思いました。

俺もフリチンで夜のキャンプ場をトイレまで駆け上がると、真っ暗なトイレの前の水道で沙友理ちゃんは水を掛けながら膣から精子を掻き出していました。

「冷た~い!真っ暗だし、このトイレの中は汚すぎて無理!笑」

と全裸の沙友理ちゃんは笑い飛ばしておりましたが、外で薄暗く見えている沙友理ちゃんの全裸姿はまた、とてもエロくて興奮してきて俺の肉棒は元気を取り戻して来ていました。

「凄い行動力だな笑。ところで名前は何て呼べばいいの?」

「んー。沙友理!(仮名)」

「そっか!沙友理ちゃんていうんだ!沙友理ちゃん!またここでしよ!」

俺は沙友理ちゃんをバックから抱き付くと、おっぱいを鷲掴みにして洗ったばかりのマンコに手をやりました。

「ちょっと…本当に!?」

「本当に!」

「外で興奮しちゃった!?笑」

俺は沙友理ちゃんに手マンをしながら首筋を舐めていきました。

「あっ…♡しょうがないなぁ…笑」

俺は青姦というシチュエーションに興奮して、沙友理ちゃんにトイレの壁に手を付かせるとバックから挿入して、また中出ししました。

テントに戻って沙友理ちゃんと他愛ない話をしていると

「絶対にあのテントの家族に声聞こえたよな?」

「多分…」

「あの両親は沙友理ちゃんの喘ぎ声とかを何て説明したのかな?笑」

なんて話をしていると、明日顔を合わすのは気まずいよね?

という事になって朝早く日が昇る頃には、俺の車で二人とも退散する事にしました。

後から車の中で聞いた話ですが、何であんなにヒルに吸い付かれてたのかを聞いたら、あの汚いトイレにどうしても入りたくなくて、キャンプ客が殆どいなかったので、夕方に一目に付かなそうな草むらに侵入して、ひっそり用を足していた時に纏わりつかれたのでは?

との事でした。

女性が一人でその行為もするのも、かなり勇気がいると思いますが…笑

沙友理ちゃんって露出癖でもあるのでしょうか?笑

その後、沙友理ちゃんは25歳だったと知り、俺達は奇跡的に結婚する事になりました。

本当に人生でもっとも幸運な1日でした。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]