月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

評価:昨日6位

慰安旅行で後輩と激しい一夜

投稿:2021-07-22 19:43:21

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

てんてん◆FBJ5JDI

以前に私か会社員だった頃の話。

慰安旅行として某温泉街に行った。

夕飯は宴会で、女子社員もかなりいるコトから、コンパニオンを呼んだりはしなかったが、いい感じに盛り上がった。

そんな中、俺は別の課の後輩と仲良く話をしていた。

その後輩は大島優子によく似た美人で、仕事も出来るが、気立ても良いコトから社内では人気の女の子だった。

俺としてはその優子(仮名)と、業務上での話をするコトは何どかあったものの、普通に話をする機会がなかったので、話をしていたのだが、バイクツーリングが趣味とわかり、俺と同じだったので話が盛り上がった。

しかしながら、優子は同じ課の課長のお気に入りらしく、程なくしてその課長に呼ばれ酌をさせられたりしていたが、触られたりは絶妙に躱していた。

宴会が終わり、俺は人数調整の関係で何故か個室だったのだが、誰かと飲み直そうかと考えながら、一旦自分の部屋に戻った。

急な人数調整の為に取った部屋だった為に、皆の部屋からかなり離れた部屋で、戻ってみると、部屋の前に浴衣姿の女性の後ろ姿が見えた。

女性は俺の気配に気づき、振り返ると優子だった。

優子は「やっと帰ってきたぁ、一緒に飲もうよ」と言ったので、俺は「いいね」と返事して部屋の鍵を開けると、優子は「お邪魔しま〜す」と言いながら部屋に入り、冷蔵庫のビールを取り出すと「飲もっ」と言い、テーブルへ。

俺は宿に入る前に買っておいたお菓子をテーブルの上に広げた。

そこから優子との話が盛り上がり、いい雰囲気になったところ、部屋の呼び出しベルが鳴る。

優子は「シッ」と言い、部屋と玄関の前の襖をそっと開け、様子を伺うと、俺の課の男性社員が来たようだった。

優子が無言で首を横に振ったので、俺は男性社員の誘いをスルーするコトにした。

男性社員は俺が不在だと思ったのだろう、暫くして立ち去って行った。

そこからまた優子との話が盛り上がったのだが、いつしか話がピンク系に。

優子はDカップだが、そのせいで慢性的な肩凝りに悩まされているとのコトだった。

俺は柔道有段者で、マッサージが得意だったので、マッサージしてやると言うと、優子は「あっ!お願い!」と快諾した?

優子の後ろから肩を揉んでやると、確かにかなりの肩凝りだった。

耳の裏のツボを押してやったり、腰を伸ばしたりしてやると、優子は「ヤバい…気持ち良すぎる…」と満足顔。

しかしながら美人を直近で後ろからというのは、うなじも肌もかなり興奮するモノがあった。

優子を布団の上にうつ伏せで寝かせ、浴衣の上から背中のツボを刺激するが、浴衣てズレてしまい、上手くいかない。

優子は「コレでいい?」と浴衣を脱ぎ、ブラジャーとパンツだけの下着姿になり、うつ伏せになった。

再度背中のツボを刺激すると、優子は「ああ…最高…」と満足顔だったので、肩、背中、腰を揉んでマッサージする。

優子は「ねぇ…気持ちいいんだけど、下着の紐が食い込んで痛いの」と言ったので、ブラジャーを外すと、優子は「下も…」と言うのでパンツも脱がせて全裸にした。

暫くうつ伏せ状態の優子をマッサージしていると、優子は仰向けになり、「今度は前…」と言ったので、俺は優子にキスをすると、優子は舌を入れて絡めてきたので、俺は優子の胸を揉みまくる。

優子は「あん…はぁん…」と喘ぎだしたので、乳首を舐めてやると、ビクンっビクンっとイッた様子だった。

俺は激しく優子の胸を揉み、乳首を舐めまくると、喘ぎまくり、イキまくる。

優子の股を開かせて、オマンコを確認すると、大洪水状態になっていた。

優子は「いやん、恥ずかしい…オマンコじっくり見られてるぅ…」

「もっと見てぇ…私のいやらしいオマンコもっと見てぇ…」

と喘ぐので、俺は優子のオマンコを音を立てて舐める。

優子は「はぁん、ああん…!」と喘ぎ、何度も絶頂へ。

俺は頃合いを見てクリトリスを舐めると優子は「はぁん!そこはダメぇ!おかしくなっちゃう!」と激しく喘ぎまくるので集中して舐める。

すると優子は身体を痙攣させ、エビ反りになって絶頂へ。

俺は更にクリトリスを舐めながら指をオマンコに挿入し「この中もマッサージしないとね」というと、優子は「ダメぇ!またイっちゃう!」と言うが早いか、また絶頂へ。

コレでまた何度か優子をイかせた後、俺は「あっ!ココにもツボがあったんだった」と言いながらGスポットを刺激する。

優子は喘ぎまくりながら叫び、イきまくる。

俺は一旦、優子への愛撫を止めると優子は「お願い…挿れて…」と懇願したので俺は「優子を満足させてあげてからじゃないと」と言うと、優子は「もう…私が何回イッたと思ってるのよ…」と言ったので、正常位で挿入。

優子は「ああん!何コレぇ!大っきい!ヤバすぎ!」と喘ぎまくり、イキまくる。

優子が何度も絶頂を迎えた後、俺もイキそうになったので、俺は「俺もイクっ」と言うと優子は足で蟹挟みで固定し、抜けないようにして、「中に出して!中出しでイキたい!」と言ったので中出しフィニッシュ。

優子はにっこり微笑むと「凄く気持ちよかったぁ…」と言い、ハッとした表情で「誰にも言っちゃダメだよ…」

「みんなに自慢したいのに」

優子「ダメぇ…何でも1つ言うコト聞くから言わないで」

「じゃあ今夜はこの部屋に泊まるコト」

優子「私を一晩、堪能するつもり?」

「でもそれはダメ、私課長に誘われてて、自分の部屋に帰れないの。だからこの部屋に泊まるしかないんだもん。」

「だから他のコト言って」

「それじゃ、愛人契約にしようか」

優子「わかりました…いつでも私の身体をお愉しみください」

と言ってキスしてきた。

その後もう1回戦ヤった後に就寝。

翌日も解散後に待ち合わせてラブホで

愉しみました。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:21
いいね
投票数:39
文章が上手
投票数:23
続編希望
投票数:83
お気に入り登録
投票数:28
名作
投票数:2

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:196ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 24回
  • 248回
  • 1,465回
  • 12,538回
  • 12,538回
  • 2,601位
  • 1,556位
  • 1,230位
  • 1,832位
  • 10,515位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 113Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 365位
  • -位
※19823記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]