月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 9 分で読了)

評価:昨日4位

巨乳の母とキモヲタとなぜ…(1/2ページ目)

投稿:2021-07-16 16:55:34

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

名無し◆MjIxdFI
前回の話

母とチャットの男とが会ってから特に母に変わった様子はありませんでした。

相変わらずゲームに熱中しています。

引き続きチャットを除くと

「やっぱり頼りになりますね!」

チャットの男「ありがとうございます。この前Fカップ揉みしだいたおかげです笑またすぐに揉みに行きますね!」

「ホントおっぱい好きですね笑おっぱいなんて重いだけですけど」

チャットの男「それがいいんですよ、ズシッと重量感があってはち切れそうなところが笑おっぱいはあまり揉まれないんですか?」

「揉まれないですね、夫はおっぱいに興味ないので…」

チャットの男「そういえば人妻だって言ってましたもんね。Fカップ人妻のおっぱいなんて最高です。また今日も谷間見せてください笑」

母は男に既婚のことを伝えていたようです。そこで引き下がるところか食いついてくるチャットの男の執着心に恐怖を覚えました。

「はい、もう谷間くらいなら勝手に見てください笑」

チャットの男「やっぱり巨乳だと他の人からも触られたりするんですか?」

「そんなわけないですよ笑目線を感じるときはありますけど実際触ってきたのは夫以外であなただけですね笑あとは…」

チャットの男「あとは?」

「最近だと息子に触らせてと言われました笑」

チャットの男「そうなんですね!そりゃ息子さんも触りたくなりますよ笑触らせてあげたんですか?」

「いや、ちゃんと叱っていやりました笑触らせるつもりはありません。」

チャットの男にそんな話までするなよと腹が立ちました。

昔はおっぱい飲んでたのに今では触ることすらできないのかと悲しくなった記憶があります。

チャットの男「そうなんですね笑じゃあありがたく私がいただきます笑」

「おっぱいだけですよ?」

チャットの男「約束ですもんね。というかこの前あそこにも触りましたけど笑」

「あれは反則です笑」

チャットの男「でもしっかりイッてましたよね笑」

「それは…はい笑でもそれはあなたもですよ笑」

チャットの男「フェラ上手すぎて笑口に出してしまってすいません笑」

「大量に出しすぎです笑」

チャットの男「美味しかったですか?」

「そんなことはないです笑濃いし苦しかったです。あんなに大量に出るもんなんですね笑」

チャットの男「気持ち良すぎたので笑まずかったですか?」

「まずくはなかったかな。変な感じ笑それよりあご痛くなるところでした笑」

チャットの男「確かに苦しそうでした笑どこに出されるのが好きなんですか?」

「おっぱいが楽でいいかな?」

チャットの男「わかりました。今度おっぱいを真っ白くします笑」

「何の話ですか笑」

もう下ネタ全開です。というかあごが外れそうとか言わなくていいだろと思いました。

そんな中ついに次会う約束までしてました。

チャットの男「じゃあ約束通り明後日行ってもいいですか?」

「午前中なら大丈夫かな。パソコン直してくれるんですもんね?」

チャットの男「わかりました。駅まで来てください笑パソコン直しますので笑」

ここでわかったことですが

・明後日(平日)チャットの男が家に来る

・会う名目としては家のパソコンが重たいから直してもらう

・近所の目もあるので母が車で迎えに行く

ということです。

こんなチャンス二度とないと思い僕はカメラを何台か用意し各場所へ設置しました。

念のため寝室にも設置しておきます。

母がどこまで許してしまうのか興奮と不安でドキドキします。

そして当日朝早く家を出て学校へ行きました。

正直授業どころではなかったです。

授業が終わると猛スピードで家に帰りました。

家に入るときにもしかしたらまだいるかもと思い恐る恐るドアを開けると、いつもどおり母がいました。

「おかえり、早かったね!」

いつもと変わらない様子です。

ちょっと拍子抜けしましたがカメラで確認し真実を突き止めます。

母がトイレに行ったタイミングでカメラを回収し、寝てくると伝え部屋にこもります。

何もないところは早送りし男が家に入ってきたところから見始めます。

ここからがビデオの中身になります。

チャットの男「おじゃまします!」

「どうぞこっちにパソコンあります。」

登場しました。

チャットの男は少しぽっちゃりして、ずっとニヤニヤしている様子です。

母もタイツにシャツとエロイ雰囲気漂わせています。

チャットの男「古いパソコン使ってますね笑」

「家電に弱くて笑」

チャットの男「じゃあ早速直していきますね」

そういうと男は作業をはじめあっという間に終わらせました。

チャットの男「終わりました。操作してみてください」

「ありがとうございます!あ、すごいとても良くなりました!」

ここまで意外と普通なことしかしていないことに驚きます。

チャットの男「じゃあゲームにログインしてみてください。攻略の仕方もおしますよー」

「ありがとうございます!」

というと二人でゲームを始めます。そして少し経つと

チャットの男「とんな大勢だと肩凝りません?」

「そうなんですよ、肩凝りがひどくて…」

チャットの男「肩揉みますよ」

「あー、気持ちいです。ホントカチカチなんで」

チャットの男「ですね、ほぐします。」

「もう大丈夫です。ありがとうございます。」

チャットの男「やっぱり原因がゲームよりもこっちですね」

ここで男が母のおっぱいを後ろから鷲つかみします。

「あんっ、何してるんですかー笑」

チャットの男「重たそうだったんで僕が支えます笑楽になりました?」

「意外と楽かも笑ただ揉みすぎです」

チャットの男「約束なんでおっぱいは好きにさせてもらいますよ笑」

「そ、そうね…」

男が母のFカップを揉みしだくさまは圧巻でした。

見るからに重量感が半端なく、年の割にはハリもあるようです。

男はもうおっぱいから手を放さず会話をしています。

「ここはどういう風に攻略するんですか?」

チャットの男「こうすればいいんです」

「さすがですっん」

チャットの男「そのまま次のクエスト進んでください。」

「わかりましたあっ、ちょっと手元が狂っちゃいますよー」

チャットの男「頑張ってください」

しばらく服の上から揉み続けた後、ブラを外しノーブラシャツの状態で揉みだしました。

「しれっと外さないでください笑」

チャットの男「気にせず続けてください。あとブラとパンツは貰って帰ります笑」

「それはだめですよー笑」

「んっちょっとそこはだめ…」

チャットの男「どこですか?」

「乳首です!あっんん」

チャットの男「乳首感じてるんですか?」

「そういう訳ではぁんないですけど…」

チャットの男「じゃあ続けてください笑」

男は服の上から乳首の周りを触りだし、時々乳首を虐めています。

母は時々体をビクビクさせ

「はぁはぁ、クリアしましたよ!見てくださいんっ」

チャットの男「やりますね、じゃあ次で笑」

「次ですか…んんっ、はぁ…んっ」

ここでチャットの男が服の中に手を入れだしました。

「あーん、クリアできないかも笑」

チャットの男「何でですか笑」

「直接触られた流石に反応しちゃうわ!」

チャットの男「感じてるってことですか?」

「そうじゃ…んんっ、はぁはぁ…くっん、ないけど…」

チャットの男「じゃあ大丈夫です笑続けてください笑」

いつもまじめな母がこんな男にいじめられてると思うと腹が立ちますが、母はもうゲームどころではありません。

「ダメんっ、はぁはぁ、くっんんっ」

チャットの男「あーあー負けちゃいましたよ、クリアできるまで続けてください笑」

「そんっなぁ…んんっ!」

チャットの男「ちゃんとやらないとまた負けちゃいますよ?感じてないなら続けてください。」

「はいっん、いやぁんっ」

チャットの男「また負けましたね笑」

「もうダメ、わかりましたから、あなたにおっぱい揉まれて反応してるからもうやめて?」

チャットの男「感じての?それtも気持ち悪い?」

「気持ち悪く…はないっんん、少し感じてる!」

チャットの男「わかりました笑それならやめますか笑それとこれ持ってきたんでちょっと着替えてください笑」

「はぁはぁ、わかりました…」

母は脱衣所へ行き戻ってくると、胸元が大きく開きパンツが見えそうなくらい短いスカートのエロメイドの服装でした。

チャットの男「やっぱり!めちゃくちゃにあう!」

「メイドなんて初めて…恥ずかしいです!」

チャットの男「写真撮らせてください!」

母は嫌がりながらも写真を撮らせ、時にはエロいポーズまでしていました。

「もういいでしょ!着替えるよ?」

チャットの男「まだです!」

というと母のおっぱいを舐めだしました。

「いやぁん…もう…」

母は口では嫌がっても体はビクビク反応し、抵抗するそぶりはありません。

「ダメっ、んっはぁぁん、あんっ」

チャットの男「美味しいです。これは止まらないですね笑」

「ああんっ、はぁんっ」

しばらくチャットの男の乳首攻めが続きました母もどんどん力が抜けて行くようです。

「はぁはぁ、ダメですーんんっ」

チャットの男「やめてほしい?」

「もうダメです…」

チャットの男「じゃあ代わりにこっち舐めるね」

というと男は母のパンツを下げ、母の股にしゃぶりつきました。

「ダメっ、いやーんっんんんっ、っあん、あーんっっ、そこはっダメですんんっ、はぁはぁんん」

チャットの男「おっぱいは好きにさせるって約束なのに先にそっちが約束破ったんですよ?バツとしてこっちもいじらせてもらいます笑」

「それは…ごめんなさいっあんっんんんっ、許してーあぁんっ」

チャットの男「ダメです!」

そういうと男は指を入れ中をかき混ぜだしました。

「んんっダメっっだめっっんんっはぁはぁん」

チャットの男「もうぬるぬるですよ?」

「もう…ダメ…、あんんいやーんんっ」

といい体をのけぞらせビクビクしだしました。

チャットの男「イッちゃいました?」

「はぁはぁ…、いや、そんなこと…っん」

チャットの男「気持ち良かったですか?」

「はぁはぁ、悪くはない…です…」

チャットの男「なかなか素直じゃないですね笑、それなら続けます」

というと男はまた母の股関にしゃぶりつきクンニを続けます。

「いやぁん、んんっダメっダメっんんっはぁはぁん、これ以上はやめてーんんっ」

30分くらいクンニが続いて男が尋ねます。

チャットの男「気持ちいい?」

「いやぁん、あんっあああーんっ、わからないっあん」

男はそう聞くとまたクンニを続けます。

母はもう完全に感じていて声も大きく艶めかしくいきます。

それでも男はクンニを続け、1時間くらいたった時

「はぁ、はぁ、んん、もうわかりました。気持ちいです!あなたにアソコ舐められて気持ちいです!認めます!!」

ついに母は認めました。男に根負けしたようです。

男はニヤニヤしながら

チャットの男「じゃあ入れてもいいですか?」

そういうとチンコを出しました。

「それはちょっと…」

チャットの男「僕は一回もイッてないのにずるいですよ?それなら僕をイカせてください。」

「わかりました。」

というと母はパイズリとフェラを始めました。

チャットの男「うおぉ、やっぱりこのおっぱいのパイズリの破壊力はすごい…」

「前これでいきましたもんね!」

チャットの男「やっぱり格別ですね、サイコーです。」

母は早くイカせるべくかなり激しく動きます。

下を突き出し下品にチンコの先をぺろぺろしたかと思うと、次は喉奥までチンコを含み精子を吸い込もうとしています。

チャットの男「さすが人妻ですね、イキそうになります…」

そういうと男は体勢を変え69を始めました。

「なにするんですかっあんっ」

チャットの男「どっちが先にイクか勝負です。勝ったほうが好きなこと一つ命令できることにしましょう。」

「そんなぁんんっ」

といいお互いが早くイカせるべく、みだれ合います。

ですがやはり先に限界が来たのは母の方で

「いやぁぁー、ダメっんんあん、ああああん」

といい体をビクビクと震わせています。

チャットの男「イキました?」

「はぁはぁ、イッてません…」

チャットの男「わかりました」

というと男は指を入れクリを舐めながら中をかき混ぜます。

「いやぁぁー、ダメダメんんっあんっ」

少し母が粘りましたがもう限界のようです。

「ダメっイッくーー!!」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。