【現在31,485話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典を3倍に変更:2024/01/30
体験談を投稿して一定の評価を獲得すると広告が非表示になります。
50Pt、100Pt達成で+15日間。以後100Pt増加のたびに1ヶ月間延長。500Ptと1,000Pt達成時にはさらに追加で+2ヶ月延長されます。

詳細はこちらをご確認ください。


寄付無料登録する方法もあります。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 10 分で読了)

【高評価】爆乳Iカップ大学生を好き勝手にしてる話(1/2ページ目)

投稿:2021-03-29 23:44:01

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

yuuu◆N5h0d0A(20代)
最初の話

半年前くらいに飲み屋で知り合ったドMだった爆乳ちゃんにイラマ中出し喉奥に出したりしてその後セフにして色々と遊んでる話です。思い出しながらなのと初なので読みにくかもしれません。自分26歳会社員ちなつ22歳のJD158センチおっぱいはIカップ。見た目はAV女優のAIKAを少し白くした…

前回の話

前回の話も読んで頂き評価も頂きありがとうございました。年明け久々に会ってここを思い出したので続き書きました。前回の続きです。その後お互いパンツだけはいてゴロゴロして、明日何したいかとか話して、ベットにタオル引いたり片付けたりした。終えて俺がゴロゴロしてると、ちなつは買った物から風呂の用意して入りにい…

読んでいただきありがとうございました。

前回の続きです。

次の日ちなつに起こされたがまだ寝てたかったので無視して寝ていた。

「おーいゆーくん9時ですよー」

「うんもおちょい」

適当な返事をして無視して寝てた。

「準備してお出かけしよーよ」

「ねー起きてよーもうおっぱい触らせないよー?」

体を揺すりながら起こしてくるが眠かったのでひたすら無視。

すると上に乗って体揺らしてくるちなつ。

「出かけないのー?今ならゆーくんの好きな物が目の前にありますよ笑」

そー言いながらTシャツをまくり顔におっぱいを押しつけてきてた。ムニムニ柔らかく気持ちよかったので起きて舐めよーかと思ったが、本当すごく眠くてされるがままでいた。

「これでも起きないの?したらこれわ?」

俺の乳首を指でこすったり摘んでくる。くすぐったかったが我慢して寝てた。

「ねーもお起きてよー。噛むよ?」

「わかったから辞めて」

「じゃあ起きてよ」

「あと10分」

「起こすから起きてよね」

そしてそのまま寝てた。ふとなんか違和感に気づき起きると俺のパンツを脱がそうとしてる。面白かったのでバレないように薄目で確認しながら、寝たフリしてると脱がして舐め始めた。

舌先で裏筋から先っぽまで舐め、先っぽをペロペロし始め咥えてジュポジュポしゃぶってる。かなり深くまで自分で入れてセルフイラマまでしてる。気持ち良かったのでいきなり起きて頭掴んでやろうかとしたが、しばらく寝たふりしてることにしてた。

「ゆーくん?起きないー?」

揺すったり叩いてくるが寝たふり。

隣に寝っ転がってきて耳元で

「おーいもお9時30だよー」

「起きてー」

「寝てるなら入れちゃうよー?」

とか話しかけてくるが寝たふり。

寝てるかの確認?が終わると再び舐めて、パンツを下ろし騎乗位の体勢で入れ始めた。

「あっんんっはぁっ…気持ちいあっ…はぁ気持ちいあっあっあっあっんんっ」

「はぁっんんっあっあっあっ」

奥にあたってるのがわかった。自分で押し付けながら、腰を前後に振りグリグリして気持ち良がってるちなつ。しばらくすると足を開いて跨りパンパン打ちつけ腰を振り始めた。

「はぁはぁっあっあっあっはぁっイクッ…あっあっはぁっあっんんっイクッイクッ…はぁっはぁっ」

マンコをキュッキュッ締めながらビクビクイッてる。

イッだ後の余韻に浸ってるちなつにいきなり声をかけた。

「ねぇ何してんの?笑」

「えッ?」びっくりしてる。

「何してんの?」

「起きてたの?マヂ嫌だひいた?」

「ひいた笑こんな事したら流石に起きるでしょーどんな変態だよ」

「マヂ?ひかないでごめんね」

入れたまま謝ってくる事に何故か笑えた。なんかしゅんとしてるのでわざと意地悪言った。

「いつもこんな事してんの?」

「たまにです。こーゆーの嫌い?」

「寝てるの邪魔されるの嫌い。もう帰って」

「嫌。許して」

「なんでも言う事聞くならいーよ笑」

「ほとんどもう聞いてるからいーじゃん」

「嫌ならバイバイー笑」

「じゃあ聞くから。クソ意地悪」

「許すのにクソ意地悪って。なんでも聞いてね奴隷ちゃん笑欲しくなっちゃったの?」

「最低。めっちゃたってて可哀想だったから笑」

「それ見て欲しくなっちゃった?笑」

「最初はいたずらのつもりが舐めたら入れたくなっちゃったの」

「それで寝てる人のを入れちゃうんだ」

「うるさい。寝てなかったし」

立ち上がろうとするちなつのお尻を掴み逃がさなかった。

「勝手に入れてそれわなくない?」

下からお尻を支えて浮かし下から突き上げた。

「あっあっんっはぁっあっあっあんんっ」

ブルンブルン揺れまくる爆乳。

痛がってないので音が気になるくらいひたすら突いた。

パンパンパンパンッ。

「あっあっあっはぁっあっイクッイクッあっあっあっはぁっあっイクッんんっあっあっ止めてあっんっ」

揺れまくってる爆乳と抜き差しが丸見えで興奮しお構いなしに突いてた。

「あっあっんっはぁっはぁっほんとあっあっまたっイクッあっゆーくんあっあっ止めてはっはっはっイクッイクッあーっんんっあっ」

倒れ込んでくるちなつ。

「このまま乳首舐めて?」

「はぁっはぁっはぁっ待ってはぁっんんっ」

また開脚騎乗させ片方を舐めて片手で触らせ、また突き上げる。

「ふっはぁっ舐めれないはぁっはぁっんんっはぁっできないっんんっあっあっ」

「頑張ってーそろそろ出すから」

「あんっんんっはぁっはぁっあっあっあっイクッあっあっ舐めれはっはっないあっんんっあっイクイクッ」

「俺も出すよ」

一緒にイッた。当然そのまま中出し。

そのまま倒れてきたのでチューしたりおっぱい揉んでしばらくイチャついてた。

「また中に出した」

「もおいーじゃん。勝手に使った罰」

「出来たら責任とってよねー」

「嫌です」

「嫌ですじゃねーわ笑ねぇ本当にさっきひいた?」

「気にしてんの?ひかないよ変態ちなつちゃん好きだよ笑」

「ならよかった。本当ひかれたと思ったから」

「でも言うことは聞いてね」

「聞かないもん。ご飯食べるー?」

「何もないから買いに行こっか」

2人で軽くシャワーして準備した。

「ノーブラで行きますか」

「えっ?無理」

「言う事聞かないのー?」

「ほんと言ってる?朝だよ?」

「大丈夫。Tシャツノーブラで行こ」

「聞かなきゃダメ?」

「うん」

渋々つけよーとしてたブラを置いてTシャツをそのまま着た。うっすらと乳首が浮いてる。

「白だとわかるって朝だし」

「平気平気」

「絶対わかるもん」

「すぐそこだから平気だよ」

「下も?」

「下履かないで行く気だったの?笑それでもいーよ」

「履きます」

「どっちにしろ履いてないよーに見えるよ」

戸締まりして歩いて10分くらいのところのコンビニに向かった。隣をピタッとくっつき俺の手でおっぱいを隠そうとしてくるので、わざと離れて手繋いで歩く。

「ねぇくっつきたい」

「歩きにくいから嫌」

「見られるからお願い」

「ダメーそれがいーんじゃん」

人通りは少ない大通りから1本裏の道だが、男女構わずすれ違う人の大体が見てた。遠目からノーブラだとはわからないが、ただでさえおっぱいデカいのに格好がエロいから当然っちゃ当然。ちなつは恥ずかしそーにして口数も少なく歩く。

「恥ずかしいの?夜は平気だったじゃん」

「恥ずかしいでしょ。みんな見てるって」

「歩くたび揺れてるよー乳首擦れて感じてない?笑」

「感じません。変態野郎無視してつけてくればよかった」

「もうちなつに変態って言われたくない笑そー言う事ばっか言ってると知らないよ」

歩きながら乳首あたりを軽く擦った。

「ねぇちょっとゆーくん」

すかさず手でおっぱいを隠すちなつ。

「隠すと余計バレるよ?笑」

「お願いだからやめてほんと恥ずかしい」

「最後にするから手どかして」

「最後とかじゃなくて」

手をどかして再び歩き始めた。自販機があるのでその脇に千夏を立たせた。

「ちょっとストップここ来て」

「何?コンビニ行くのにジュース買うの?」

「んなわけないでしょー胸張って気をつけ」

「ヤダ。お家入ったら何してもいいから外はやめよ?」

無視して手を横につけさせる。

「人来るって」

と言いつつもそのまま気をつけしていた。口で抵抗するけど言う事聞くとこが可愛い。ショーパンの脇から手を入れてマンコに指を入れると、やっぱり濡れていて1本ならすんなり入ったので軽く動かした。

「ちょっとんっあっあっヤダヤダあっ」

「やっぱドMちゃんだよね。こんだけで濡れ過ぎだって」

「気のせいでしょここ外だよ?」

「ぢゃあこれ何?笑汚れたから舐めてー」

ヌルヌルの中指を糸引かせながら見せた。

「はいはい濡れてます。ヤダ汚いし臭いって」

「自分のでしょ笑ちなみにちなつのわ臭くないよほんと」

「ヤダ。臭くないのわいーけどなんか恥ずかしいわ」

「無臭で綺麗なピンクの俺のマンコちゃん笑」

「違うからゆーくんのじゃない。もういい?行こ」

「じゃあ誰の?」

「誰のでしょー笑」

「好き勝手に使えるから誰のでもいーけど笑」

「そーゆー事言うならもう使わせないから」

律儀にまだ気をつけのままなので、両乳首あたりを爪で擦りツンツンした。

「ねぇあっ行こんっ終わりあっねぇ」

「これかー立たせないでよ笑」

おっぱいを抱えるよーにしゃがみこんだので逆にバレないと思いそのまま触りまくった。

「立ってきてない?」

「んんっあっ立つってあっ」

爪でカリカリ引っ掛けTシャツの上からつまむ。

「あっんんっもお終わり人来るあっあんっ」

「しゃがんでっからわからないって。乳首立ってるよー」

「あっんんっ終わりんんっあっねぇゆーくん」

摘んだり爪で引っ書いてるうちにビンビンになった乳首。声を我慢しながら恥ずかしがるちなつに興奮し俺も少したってきていた。

「乳首ビンビンになったしいこー」

「もう帰る。ゆーくんだって立ってるくせに」

「わかる?俺はおさまるから平気」

「絶対わかるってこれ。どーしよ」

見えるか自分で確認してた。

お構いなしに手を引っ張り立たせて再び歩く。完全に乳首の位置がわかる。

「バレバレだね」

「誰のせいだし。そもそも揺れ具合でわかるって」

「まあいーじゃん。そろそろ慣れてよ」

「慣れないわ」

そーこーしてるうちに到着した。

コンビニに入ると隣にいる俺でもわかるくらいに何人かちなつを見てた。

「めっちゃ見てくるじゃん」

「ちなつが可愛いくておっきいからだよー」

「違うし。こんな格好だからでしょーよ。すっぴんだし早く帰ろ」

「下履いてるじゃん。ゆっくり選ばしてよ笑」

「無理です。もうゆーくんはこれね」

適当にお弁当とかを選ばれてレジに並んだ。

並びながらもお尻を軽く触ったり、脇からおっぱいをつっついたりしてた。

「やめて」

「払っといてくんない?」

財布を渡した。

「どこいくの?」

「トイレ行きたい」

「すぐ終わるから我慢して。1人は本当無理」

「まだ並んでるから漏れちゃうよー」

「お願いだからいて」

「そんな恥ずかしい?笑」

「うん」

素直だし泣きそうな顔で見てくるので仕方なく我慢して並んだ。順番が来ると男店員で、もう露骨にちなつの胸見すぎてて気持ちいくらいだった。

「レジの人めっちゃ見てたね。まあ見るか」

「見過ぎだわ。もうこんな事しないからね」

「見られて濡らしてんのに?笑」

「濡れるけどしない」

いつもなら反抗してくるのに素直なちなつにびっくりした。

「あら素直ですね?」

「抵抗する気もなくなりました。」

「いー子ですね可愛い」

「言うこと聞いたら可愛いのかよ」

帰りはそんな人も歩いてなかったが、家の近くまで来ると前から若めな男3人組が歩いてきてた。それに気づきすっと俺の脇に隠れるちなつ。

「歩きにくいって」

「いーじゃん前から来てるもん」

「せっかくだから見せてあげよ」

「ねぇー」

ちなつから離れて軽く走って先に行って止まった。まさかのノーブラなのを忘れ走ってついてきた。ぶるんぶるん揺らして走ってくる。3人組もめっちゃ見てたし、おいあれとか声かけて振り返ってまで見てた。

「走るからめっちゃ見てたよ笑見せたがりなんじゃん」

次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。