月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 10 分で読了)

【純愛】積極的なギャルに攻められて付き合ったらマジで気持ちよかった体験 その3(1/2ページ目)

投稿:2021-03-10 00:15:23

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

キンメル卿◆QpOVg5g(鳥取県/30代)
前回の話

新婚旅行のお話です。

無事に結婚式を挙げて、沖縄に新婚旅行に向かった。

エリは初めて乗った飛行機にオドオドしながらも無事沖縄に到着した。

レンタカーを借りて水族館に行ってみた。

「サメさんおっきい!」

子どもみたいにはしゃぎながらいろんな魚を見て楽しんでた。

途中で、夜ご飯を食べたんだけど

エリはうみぶどうにはまって追加注文したりで旅行を楽しんだ。

そのままホテルにチェックインすると、ボーイさんが荷物を運んでくれた。

「なにこれ?荷物運んでくれるの?超すごいんだけど」

とかビックリしてた。

15階のオーシャンビューのお部屋ですごく景色が綺麗だった。

「ご旅行楽しいね!ありがとう♡」

あまりに可愛かったからエリにチューをした。

この時のエリは髪は黒色。

おっぱいまでかかるロングにしてた。

と言うのも、新しい保育園が厳しくて黒髪以外禁止だったから。

黒髪のエリちゃんはますます清楚で可愛いけどたまに物足りなさも感じてた。

ホテル着いて早々

我慢できなくてなっておっぱいを揉みしだいた。

「ぁっん…。気持ちぃぃ…」

おっきなおっぱいをTシャツ越しに揉みながらデニムのスカートに手を入れた。

エリもエッチな気分になったみたいでチューしてきた。

エリちゃんをベッドに寝かせた。

Tシャツを脱がせようと思っただけなのに、おっきなおっぱいがブラからこぼれ落ちた。

「ちょっと、待ってね」

エリは髪をポニーテールに結えると自分でスカートとパンツを脱いでいた。

「あっ、ゴム忘れたかも…」

エリがゴム買い忘れるなんて珍しい。

仕方ないからお土産屋さんで買ってた

ネタみたいなゴムをつけて打ち込んだ。

「ぁっ、はぁっ…すごい久しぶりだよね♡」

忙しくくて1週間ぶりのエッチだ。

エリのアソコはうねうねとアレを刺激してきた。

しかも、俺の大好きな黒髪ポニーテール。

我慢できるわけもなく、無我夢中で腰を振った。

「えっ、エロい…。エロいよおっ」

「エッチしてんだから当然だろ?」

「そ、そう言うのじゃなくてぇ、今日のエッチ激しすぎるっ」

「エリちゃんが可愛いからかな?」

顔を真っ赤にして枕を掴みながら我慢してた。

我慢さすのも悪いから、エリが一番苦手な寝バックに変えてみた。

「これダメって、擦れておがじぐなるゔっ…」

「もっと?」

「ダメえっ、最後は俺くんのお顔が見たいよっ…」

俺がちょっと油断した隙に体位を変えられた。

「ヘヘッ、これでお顔みえる!」

意地悪したくなったから、入るか入らないかのとこで擦ってやった。

「意地悪…。」

俺は黙ったまま正常位で奥深くまでネチネチ攻め立てた。

「ふぅっ…。はぁっ…。もうダメェ…。」

ピストンするたびに髪が乱れてエロかった。

エリちゃんは顔を真っ赤にして首を振ってイヤイヤしてる。

でも容赦なく責めまくった。

「も、もう、むりっ…。一緒に逝こっ」

俺はアソコから抜くふりをした。

「ぁっ、抜いちゃダメっ」

離れないように必死に抱きついてくる。

エリのアソコはたっぷりのお汁がでてねちゃねちゃ音を立てていた。

「エリちゃん。あそこヤバいよな」

「うっ、ぁっ、はぁっ…気持ちいいです…」

その後もキスしたり乳首を弾いてエリを徹底的に責め立てた。

「俺くん、元カノとは生でやってた…?」

「と、突然ど、どうした?えっと、ご、ゴムしてたよ…」

エリはムッとした。

「嘘ついてるでしょ…」

無理矢理寝バックで挿れ直した

誤魔化さないと。

寝バックで弱いとこを責めまくった。

そんで、何回もシーツにクリと乳首を擦り付けた。

エリちゃんはなんとか起きあがって俺の上に跨った。

「チューして!」

無理矢理チューされた。

気づいたら、にエリちゃんが跨ったて。

おっぱいを揺さぶりながら俺の方を見つめてる。

「元カノよりエリの方がおっぱいおっきいでしょ?」

「おっ、おう」

エリちゃんはムッとしたまま腰を振ってきた。

さすがにだんだん怖くなってきた。

「実はさ、初めの頃エリちゃんのこと苦手だったんだよね。見た目がチャラいしグイグイこられるから驚いて」

「それで?」

「でもさ、エリちゃんの優しくて真面目でちょっとSっぽいとことかほんと好きになったよ」

「う、うん…」

「遠距離の時もずっときてくれたしほんとありがとね」

エリちゃんはヒクヒク声をあげて泣いていた。

「俺くんのバカっ…。そう言う大事なことはもっとはやく言ってよね」

対面座位でエリちゃんを抱きしめた。

そのままめっちゃエロいベロチューして密着して腰を振りまくった。

途中から俺の肩にもたれかかって喘ぎ声を押し殺していた。

「エリは元カレとゴムつけてた?」

「えっ…?嫌っ…。あのっ…」

「怒んないからほんとのこと教えて」

「ノーコメントで…」

俺は半端なく興奮して正常位で腰を叩きつけた。

「ひ、ひゃあっん…怒ってる…?」

俺は無視して犯し続けた。

元カレと生でやってたかなんてどうでもよかった。

それよりエリを俺のものしたいって気持ちが強かった。

「エリちゃん、逝きそう」

「う、うんっ…。きてっ…。」

エリのおっきなおっぱい鷲掴みにした

そして何回も腰を打ち付けて1週間分の精子を放出した。

ふと見たら全身汗まみれですごいエロかった。

エリも俺の腰を挟んだまま離してくれない。

仕方なく、繋がったままベッドに横になった。

そのあと、お風呂に入った。

海が見えてすごいキレイだった。

浴槽も2人で入っても余裕だ。

思わず後ろからエリを抱きしめておっぱいを揉んでしまうくらいだった。

エリちゃんも振り返ってチューしてきたりいちゃちゃしてエッチしようとしたのにお預けされた。

「俺くんわたしがお迎えくるまで、絶対出たらダメだよ」

「はいはい」

少ししてから普通に呼びにきた。

なんだと思いながらベッドに入ったら、エリちゃが横にきた。

よしよしするとバスローブを脱いだ。

「ぁっ!それ買ってくれたの?」

「ヘヘッ、一個サイズが小さいけどね」

この前イチャイチャした時に見つけたセーラー服風のブラをつけてくてた。

しかも、下着はTバックタイプだ。

白地に紺の線が入ったブラで高校生時代のエリちゃんを犯せるみたいで興奮が止まらない。

ブラの上から谷間くっきりのおっぱいを揉み揉み

たしかにサイズがあってないのかブラがひきつってる。

「そういえばさ、エリって何カップ?」

「Eだし。えっー今まで知らなかったの?」

なんて会話しながらもエリちゃんはなんか緊張してる感じ。

おっぱい揉んでる途中でハーフアップにしてくれて本当に高校生みたいになった。

おっぱいは一息ついて、足を広げさせてあそこを触ろうとした。

「触っちゃダメっ」

抵抗するエリの手をどかしてみたら珍しくあそこから汁が流れてる。

興奮して俺の方もパンツを脱いだ。

そしたらエリちゃんが正座でフェラしてくれた。

アレの先を下の先でレロレロしてくる。

そのあとは、むせながらもお口の中いっぱいにアレを咥えてくれた。

フェラを終えると、エリはアレを離して足をおっきく開いてTバックを横にずらした。

「ねぇっ、わがまま言っていいでしょうか…」

「おっおう」

「ハネムーンベイビー…」

さっきより真っ赤な顔で腰を擦り付けてきた。

エリのおまんこはエロいこと言うのに合わせてウネウネと動いてた。

「はっきりお願いしてみて」

「ぁっ、うっうん…。あのっ…。あかちゃん作りたいです…」

半端ないエロさに生のアレを突っ込んだ。

久しぶりの生エッチに興奮して無我夢中で腰を振った。

「ちよっ、ちょっとストップ…」

エリの声で我に戻ってピストンをやめた。

顔を真っ赤にしながらエリが抱きついてきた。

しばらく対面座位で優しく抱いてあげた。

エリちゃんはウネウネしながらいつもみたいに俺の肩で喘ぐのを我慢してた。

「急にどうしたの?」

「う、うん…。保育園で子どもみたりさ、友達で新婚旅行で妊娠したって聞いて、羨ましくて」

「でもね、俺くんと2人の時間も欲しいし…」

俺はバックにしてやりまくった。

途中、お尻をパシンパシン叩いてエッチを楽しんだ。

1発出したからまだまだ余裕だ。

「子づくりエッチ気持ちいいか?」

「んんっ…エロいっ…。作ってるって思ったらあそこがキュンキュンするうっ」

真っ赤な顔をしたエリちゃんが起き上がって俺に抱きついてきた。

「旅行中は怒らないから中に出して♡」

「旅行終わってからもさ、中出ししたくなったら自由にしてもいい?」

「ヘヘッ、俺くん中出しばっかするからそれはダメっ♡」

めっちゃエロくて可愛いかった。

つい、正常位でおっぱいを取り出して鷲掴みした。

「ぁっあ、もうでる?」

「なんでわかった?」

「だって俺くん出す前におっぱい掴むもん…。エリ掴まれたら興奮しちゃう」

おっぱいを離してみた。

「エリちゃんどこ出して欲しいかな?」

黙って頷いて少し間が空いた。

「俺くんのことだいしゅき…。出してください♡」

無視してピストンする。

「ぁっん…。エリちゃんの中にくださぁい♡」

これも無視。

「まだ、ダメえっ?」

「もっとエロく教えて」

また少し間が空いた。

エリちゃんのあそこが閉まってきたのがわかった。

「あかちゃん欲しいからぁ、エリちゃんのおまんこにお精子ください…♡」

おっぱいに手をかけた。

この瞬間さっきよりあそこが絡みついてきた。

俺のおちんちんも小刻みに震えてたっぷり射精した。

エリちゃんのあそこもビクッビクッて俺のアレを搾りとっていた。

「エリの方が約束守れなくてごめん」

「なにが?」

「いやっ、中出し禁止って言ったのにごめん」

「仕方ないから、許しててやるよ」

頭をポフポフしてあげた。

「明日もあるから早く寝よっか?」

「うん、俺くんだいしゅき♡」

その日は眠りについた。

次の日の朝、早く目が覚めた俺はエリのおっぱいを揉んでいた。

「もうっ、朝からおっぱい揉まないの!」

エリの言葉なんて無視してめちゃめちゃに揉みしだいてやった。

「うっううん…。朝からしないよぅぅ…」

「昨日の続きしちゃおっか?」

「昨日の続き?」

エリの上に跨っておっぱいを揉んでみた。

「はぁっぃ、1回だけからね」

俺はゴムをつけてあそこにあてがる。

「ゴムしなくていいよ」

「避妊しないとエリが怒るからさ」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。