エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

JCの身体測定を担当した時の話 ラスト

投稿:2021-03-01 04:06:09

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

T.T◆MHVCkRg(長野県/50代)
前回の話

お待たせ致しました笑

遂に私が実際に身体測定に参加した話をしたいと思います。

まず、私は身体測定の数日前に主任と身体測定に関する会議の様な飲み会に参加させられました。メンバーは全員男性教師で主任と仲のいい先生ばかりです。

私に対する会議の内容をざっくり言ってしまえば、「怪しい態度を取るな、生徒にバレないように楽しめ。」と強く釘を刺されたことです。その後は、各先生が目当ての生徒を語り合い、私は心を踊らせて当日を待ちわびていました。

測定の前日、私は緊張しすぎて全く眠れません笑想像だけで興奮しすぎてしまい、自分の竿をしごいては、勿体ないと寸止めするそんなことをひたすら繰り返し、夜を過ごしました笑

私の担当は授業との兼ね合いもあり、午前1.2.3限に行われる1年生の測定でした。

しかしこれは、私をロリコン認定した主任が気を利かせ割り振った采配です笑

前日、職員会議で配られた紙に、「1年測定身長·····△△●●、胸囲·····私主任、体重、、、」と書いてあり、心の中でガッツポーズ。

そして、体重の測定には復帰した女性教師と、2年目の若い女性の先生。これは主任のひとつの作戦なのです。

復帰した女性教師は主任に対して絶大な信頼があります。主任がそんな下心満載で測定をしているとは露ほども思っていないのです。笑

若い女の先生も主任が目をつけた先生です。何も言えないのと、真面目であるがゆえ私たちの下心に気づかないだろうということ。そして、女生徒を安心させるための緩和材の様な役割で割り振られていました。

体重測定は、生徒が胸を隠しながらでもできてしまうので私たちにとっては残念な話です。しかし女子生徒からしたら体重は男に見られたくないもの。同性の先生にやらせておく事で安心させるのも狙いです。笑

このようにして、あらゆる不信感を少しでも無くすことが主任の狙いでした。

ここまで、主任の裏をひたすら書いてきましたが実際には、ものすごく優秀な先生なのです。仮面をかぶった主任は、授業もわかりやすく、優しく時に厳しくのような先生。色々とスマートにこなしてしまう先生なのです。

話を戻します。

測定は、過去に男子生徒の覗きがあったため、最上階の美術室で仕切りを立てて行います。これは生徒のプライバシーを守るなんて口実ですが、実際には私達がじっくり楽しむための個室でしかありません笑

そして、遂に当日その瞬間がやってきました。「一年一組でーす。」まだ子供の顔をした級長の子が顔を覗かせ教室にやってきました。

そして、ゾロゾロと女子生徒が教室に入ってきます。

この時点で私は、ドキドキし過ぎて気持ち悪くなってしまいました。笑アソコもガチガチに勃ち触れずともイケたと思います笑

女性教師の「じゃあ、準備してー」の一言。生徒達は顔を見合わせ、一番最初に脱ぐのを避けるようにモタモタとします。中には不服そうな顔の生徒もいました。

女性教師は少しイラつきながら、ハッパをかけます。

すると、一部の生徒達はせーので同時に脱ぎ始めます。「うおーっ、キタぁ。」心の中でそう叫んだ私は、生唾を飲みながらひたすらチラ見を繰り返していました。笑視界の中で肌色とパンツの白色が増えていくのです。ここで、数人可愛い子をマークしておき、顕になっていく様子を楽しみました。

また、主任の言っていた雌のいい匂い。甘くて、爽やかで少し汗の匂いもあります。脳と股間に直接来る感じです。ここでも逝ってしまいそうでした。笑

胸囲測定に生徒が来ました。忘れもしません。A井、A川、U宮····。1人ずつ主任にメジャーを当てられその未発達な体を私たちに晒していました。全員一人一人が違う形、色です。顔とのギャップもかなり興奮しました。大人しい顔をして、エロエロな胸を持つ生徒。ものすごく可愛い顔をしているが、おそらくコンプレックスであるだろう、色素の濃い乳首。

ロリ指向である私にとって新学期の1年生はドストライクでした。

なんといっても中学生の胸はまだ発達途中であるため、カチカチに硬そうで、パンパンに張っているのです。コレがものすごく興奮しました。10代前半のエロさです。全てを支配したような優越感に浸れました。

さらに、この測定、私にとって印象深かったのは寒さによりほぼ全員が鳥肌をたたせ、乳首がピンピンになっていたことです。測定は4月でしたがその日はたまたま寒く、上裸ではかなり寒かったと思います。笑

私は記録係として横でじっくり生徒達の生まれたままの姿を観察することが出来ました。生徒達は皆私達から目を背けるので思う存分眺めることが出来ます。とめどなく押し寄せる、その刺激的な情報量の多さに、私は頭が爆発し手が震えてしまいました。笑

押し寄せる刺激に耐えながらもついに1回目の暴発です。

忘れられないのは8人目のN原のときです。後の私のお気に入りです。背が小さくて顔が可愛く(またしてもモー娘。のなっちに似ています笑)、胸もそこそこ膨らみ始めていましたがまだ子供の身体でした。真っ白でピチピチ、パンパンな肌に、色素の薄い真っピンクな乳首。乳輪もツヤツヤでした。(3年生の時にCぐらいで、背が伸びて女性らしい肉付きになります。)

もちろん寒さでピンピンです。あまりのエロさにドキドキが止まりません。ズボンの下では、はち切れそうなほど勃起したアソコが遂に限界を迎えていました。じわじわと、ズボンの突っ張りによる小さな刺激から来る快感。

頭の中で「あーっ、ヤバい·····、ホントにこんな風になるのか。我慢しなきゃ·····。」

しかし、その頑張りも虚しく数秒後にはズボンの下のオムツに2週間貯めた精液をぶちまけていました。

私の様子をN原がチラ見していたような気がします。しかし、何が起こっているかはまだ分からなかったでしょう。

「ありがとうございましたー」と背を向けて去っていくN原へ「こちらこそありがとう、気持ちよかった。」そう心の中で応え、私は余韻に浸っていました。

濡れたオムツで、賢者モードになりながらも、次から次へと生徒達が押し寄せて来るためすぐにアソコは復活します。笑暴発はありませんでしたが、特に可愛い子が来る時にはやはり暴発しそうなほど興奮しました。

そんなこんだで1組、途中から入ってくる2組の50人以上の女子の測定が終わり、初めての体験に夢心地な一方、気疲れも酷かったです。笑

主任は私に向かって小声で「どうだ?」の一言。「まだまだこれからだぞ」と言われ、残りあと5クラス、自分の理性が保てるか不安になりました。笑

次の3組、4組が来るまでには時間があったため、私はトイレに行き用意してあったオムツを履き替えました。オムツの中はこんなに出るのかと言うほどドロドロでした。また、竿は30分以上ずっとフルで勃っていたわけなので、血管がおかしなことになっていました。笑

ヤバいなど思いながらも気合いを入れ直し、また教室へ戻ります。

私はラッキーでした、既に3組が来ていて、脱いでいる最中でした。教室のドアを開けた瞬間の生徒の鋭い視線に、怖さを感じましたが、なんと言っても1歩踏み入れただけで空気がエロいのです。笑もはや別空間。むせ返るほどの溢れる若い雌の匂いをバレないように目一杯吸いながら前屈みで測定の場所へ戻りました。笑

ここからは同じです。次から次へと生徒が押し寄せてきます。もちろん、目を伏せたくなるような醜い、汚い生徒もいましたが、主任の処理は早く、たんたんと計測を行っていました。笑

そして時おりくる可愛い女の子には、大人の醜い性欲や思いを馳せて視姦。

主任は可愛い子の時や、エロい体の子の時はメジャー後ろに回す時に怪しくない用に少し顔を近づけてチラ見していました。テクニシャンです。笑

そして、5組の測定が始まると前評判の高いM山の妹が来ました。

M山の妹は、姉と同じぱっちり二重に色白で、次女らしい天真爛漫な明るさで入学式から既に目立ちまくっていました。主任もずっと楽しみにしていたようです。笑

M山の妹は、キャピキャピとやかましく、仕切りの向こうでも来たことがすぐわかりました。そして、サラサラのボブカットを揺らしながら、恥じらいなく「お願いしまーす。」と、そのスケベな身体を私たちに見せてくれました。

噂に聞いた姉の身体と似ていたようです。これでもかと言うほど色素が薄く、白人のレベルです。乳輪にはほぼ色がなく、乳首は蛍光ペンぐらいのピンク色でした。笑胸も同世代の子に比べ膨らんでいた様ですが、白くて餅のようなプリプリの可愛いおっぱいでした。尻もプリプリのつき上がったエロい形です。(最終的にはE以上に成長しパンパン、ムチムチになります。遺伝子ですね笑)

主任はいかにも冷静な感じで振舞っていましたが、息が少し荒かったように見えます。そして測定がとにかくのろい。それどころか、裸の生徒に対して「M山の妹かな?そっくりだなぁ笑」と無駄話を始めるのです。何がそっくりかはもちろん体つきの事でしょう。何とも気持ちの悪い男です。笑

M山の妹は「そうですか?笑よく言われます笑」と可愛い笑顔で返しました。横で見ていましたが、半裸の美少女の笑顔というのはなんともエロく興奮させられ、私も惚れてしまいそうでした。

主任はモタモタと測定をします。メジャーはもちろん寒さで膨らんだ乳首を攻めます。我々に怪しいことをするなと言いながらお前が1番あかんやんけと思いました。笑

M山の妹は時代も時代、また自分が可愛い事をわかっているので、(ハイハイいつものね。)と言う雰囲気で特別噛み付くような姿勢もなく、主任のセクハラを受け入れていたように見えます。

しかし時間はあっという間です。「ありがとうございました。笑」と可愛い声でM山の妹は去っていきました。

あとから聞くと主任は歳と、緊張で測定中にはイケなかったようです。笑また、姉の方が良かったと語っていました笑(アホ笑)

かなり端折りますが、結局その日は3回暴発してしまいました。

全ては語れないので、私が記憶に鮮明な暴発した生徒の場面をお話します。

4組のy田は、綺麗な顔立ち(足立梨花風?笑)で手足が長く、引き締まった身体をしていました。

胸は手のひらに収まるようなサイズです。y田はなんと言っても乳首がピンピン、コリコリに勃っていたのが印象的でした。本人も自覚があったのか、初め胸を隠して測定させてくれなかったのですが、覚悟を決めたのか脇を上げ、そのエロい胸を私達に見せてくれました。

その時の表情が忘れられません。恥ずかしそうな顔で、顔をずっと逸らしていました。比較的長く観察できたこと、おっさんにメジャーで乳首を責められ、体をピクっと反応させてたような気がします。

そんな姿を見て耐えられるわけはなく、一発目から少し時間が経っています。私は自分の竿に力を入れズボンの突っ張りでアソコに圧をかけ、私は2回目の射精をしました。測定を終えそそくさと「ありがとうございました。」と、消えていきましたが、私の頭は真っ白で反応できませんでした。笑その次の生徒も私好みの生徒で、もういいよと思ってしまったのも覚えています。笑

3人目は7組のk口です。

7組の測定では、主任に変わり私が計測を行いました。本来はもっと早く変わりたかったのですがそこは我慢です。笑

実際にメジャーで測定するのは非常に興奮しました。主任ほどではありませんが、やはり計測時には後ろを通すため、かなり距離が近くなるのです。生徒の産毛が見え、パンパン、ピチピチの若い娘の生乳を至近距離で見た時には、思わずむしゃぶりつきたくなる程エロかったです。

さらなる刺激を受ける私の竿は既に、はち切れそうでしたが、ここでトドメの一撃が来ます。

k口も私好みの色白で華奢な生徒で、とても可愛らしい顔をしていました。(田中みな実っぽい)

k口も、学年で人気のある生徒でしたが、少し影のある生徒でその憂いのある儚げな感じに少し惹かれていたのはここだけの話。

k口の色素の薄さは、茶色の髪の毛や瞳からも分かります。白い肌は僅かに光を反射するほど。もちろん乳首の色も薄ピンクで乳輪共に凄く小さかったです。胸は三角に膨らんでいて未発達具合が非常に興奮しました。(3年の育ち盛りでも細く、色白のスレンダー体型でした)

メジャーを後ろに回す際、この選ばれし人間しか拝むことの出来ない美しい身体を、至近距離でじっくりと目に焼き付けました。また、結われたサラサラのロングヘアーが揺れ、シャンプーのいい香りが漂ってきます。甘くて爽やかな匂い。私の竿はフルで勃ちあがり爆発寸前です。

まずは脇下を測定します。k口は脇をあげたま顔を逸らしていました。隙だらけです。そしてついにトップ。寒さでピンピンにたった薄ピンクの乳首にメジャーを沿わせていきます。私はどさくさに紛れて彼女の乳首にメジャーを摘んでいる指を当てました。

すると、体はほんの僅かにピクリと反応したと思います。彼女のまだ発達途中の先っぽはメジャーの締めつけによって乳輪に埋まっていきます。私は目が悪いふりをして少し顔を近づけそのエロい様子を目に焼き付けました。

そして遂に3回目の暴発がおきてしまいます。測定しながらの発射は焦りが強かった反面、背徳感から来る余韻が凄まじかったのを覚えています。

数値を言う際も「・・・・・〇〇cm・・」と完全におかしいです。笑

k口も様子がおかしいと思ったでしょう。しかし、私はそのまま咳払いをし、何事も無かったように測定を終えました。

3回目は主任にもバレていたようで、すごく恥ずかしかったです笑

そして、7クラスの生徒全員の測定が終わり、私は賢者モード、油まみれのくたばった顔で余韻に浸りながら、4限目へ向かうのでした。笑

その日の測定は、とにかく忘れられません。20代の男が200人近くの10代前半ピチピチの身体を見るのです。よく3回の暴発だけで収まったと思います。今となってはありえない話ですが、昔はそれが許されたのである意味良い時代でした。笑

もちろんその後の測定も、目当ての子の成長を目に焼き付けその場で暴発or射精、家に帰ってからも、数日間はオカズにし、ひたすら家で妄想を繰り返していました。

私は比較的女子生徒に好かれていたため、「先生〜」と言った感じで、気さくに寄って来る生徒も多かったのですが、お気に入りの生徒に関しては頭の中でその制服の下を想像し興奮していました。

「こいつはこんなにあどけない顔なのに、色素の濃い、厚い乳輪なんて、逆にエロいな。この子は着痩せするタイプなんだな・・・」頭の中はこんな感じ。笑

信頼する先生がここまでの変態だったとは思わなかったでしょう。笑

1番担当が多かった日、その年の全生徒の裸を見たこともあります。流石にあの日は疲れるばかり、頭が麻痺し一部のお気に入り以外は全然興奮しませんでした。笑

さらに先の話ですが、私は数年で転勤、主任も転勤、また時代が進み、世間で数多くの問題が発生し取り上げられたため、このような測定は徐々に消えていったと思います。

しかし、狂ってしまうほどエロい体験でした。笑一生忘れません。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:34
いいね
投票数:34
続編希望
投票数:45
お気に入り
投票数:15
名作
投票数:4
読みやすい
投票数:14
この記事の解析グラフを見る
合計:146ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 162回
  • 1,025回
  • 4,660回
  • 24,246回
  • 24,246回
  • 123位
  • 157位
  • 194位
  • 588位
  • 5,122位
※18604記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]