エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

エロ生徒会長との初体験談

投稿:2021-02-27 11:07:41

人 が閲覧中
本文の設定

セリフの色(作者設定)

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

名無し◆N2kRcpA

この話はぼく(仮名をゆうきとします)が中学2年の時に実際に体験した話です。

僕は陸上部に所属していました。3年生の陸上部員は男子がほとんど幽霊部員と化していたためキャプテンは女子の先輩(仮名らん)がやっていました。

その先輩は僕の同級生(仮名こうた)のサッカー部と付き合っていてセックスまでしたと本人が言っていました。

それを聞いた時は流石にやべぇなと思ったけど俺もその先輩とやりてぇと思うようになり、部活の時も胸元とかをよく見るようになってしまいました。

とは言っても先輩のLINEも持ってないし、直接そんな話をする勇気もなくという感じでした。

そんな僕に転機が。ちょうど3年生が引退したくらいの時期にその先輩がLINEを追加してきたのです。ここからそのLINEでの会話

らん「らんです、よろしくー」

ゆうき「よろしくです」

1時間ほど

ゆうき「こうたと2回目とかやったの?」

らん「やってないよ」

ゆうき「ちょっとやってたの期待してたw」

らん「もう別れちゃったしね」

ゆうき「まじか」

らん「うん」

らん「なんでそんなこと聞いたの?」

ゆうき「先輩のセックス事情少し気になってw」

らん「そーなんだw」

らん「ゆうきくんもやりたいと思う?」

ゆうき「まぁ、ふつうにやってみたいw」

この辺りの会話はマジでムラムラしてました。ここからさらに発展

らん「セフレとか作れば?」

ゆうき「そんな普通にやってくれる女子なんていないし無理だよw」

らん「私はどう?」

まじで何が起きたのかわからないくらいに興奮しました。

ゆうき「え?」

らん「私じゃ嫌?」

ゆうき「え、やってくれるの?」

らん「私もちょっと溜まってるしやりたい」

ゆうき「まじで?やる?」

らん「やろうよ」

もうなんか嬉しすぎて興奮しすぎてw

らん「ゆうきの家でいい?」

ゆうき「いいよ」

らん「できたら早くやりたいから明日とか無理?」

ゆうき「明日は親いるから無理だから明後日でいい?」

らん「いいよ」

ゆうき「じゃあ明後日来てね」

ひたすら興奮してて、そしてゴムを買いにいきました。突然すぎてなんかネットの記事とか色々読んで少し勉強した。

そして2日後、らんがうちに来た

らん「お待たせ」

ゆうき「部屋来て」

らん「どーする?始める?」

ゆうき「うん、でもどー始まるんだろう」

そう言ったあとらんが僕の手を掴んでおっぱいに持ってきました。jcのおっぱい柔らかくてw

ゆうき「柔らかいw」

らん「私脱いでいい?」

ゆうき「脱いで」

らんはさっさと脱ぎ始めてブラとパンツだけになった。後で聞いた話Dカップだそう。

ゆうき「ブラは俺が外していい?」

らん「いいよ」

意外とすんなり外れた。初めて見る生おっぱい。多分一生忘れないであろう。

ゆうき「揉んで良い?」

らん「2人とも裸になってからにしよ」

2人とも脱いで全裸になった。らんは下の毛も普通に生えていた。僕もギンギンになったおちんこを見せた。当時恐らく17.8cmくらいあったと思う。

そしてらんの胸に手をやり揉んだ。柔らかくて揉みまくった。微妙に声を漏らすらん。そのあとは胸を舐める。少し感じてるらんが少し可愛かった。

らん「フェラしていい?」

ゆうき「いいよ」

らんのフェラはさすが経験者ってだけあってかなり気持ちよかった。10分くらいフェラをされたけど射精はしなかった。

らん「手マンして」

意外と彼女が積極的だなって感じた。

よくわからなかってが指を2本あそこにいれて動かした。

らん「もっと激しく」

もっと激しくやったところらんは声を出していた。また少しして

らん「もっかいフェラしたら挿れよ」

ゆうき「おっけ」

フェラをまた3分ほどされていよいよ挿入

買ってきたゴムを出してつけた。

ゆうき「挿れるよ?」

らん「うん」

最初は正常位、ゆっくり挿入して割とすんなり入った。初めて感じる膣の締め付けはめっちゃ気持ちよかった。

ゆうき「入ったよ」

らん「動いて」

上手く動かなかったけどなんとか動いた。

らんと見つめ合いながら腰を振る。いきそうになったけど耐えた。

らん「バックやりたい。こうたとのときバックが気持ちよかったの。バックならイってもいいよ」

ゆうき「激しくやる?」

らん「お願い」

バックで3分4分ひたすら腰を振った。らんは大きく声を出してイってしまった。

らん「アッ、イクイク」

ゆうき「俺もイきそう」

らん「イって」

ゆうき「あ、ああ」

めっちゃ出た。今までのオナニーとはレベルが違うくらい出た。1分ほど挿入したまま待ち、抜いた。ゴムに溜まってる精子を見て2人で笑った。

ゆうき「めっちゃ気持ちよかった」

らん「わたしも。童貞卒業おめでとう」

これからも5回くらいらんとはやったけどらんの卒業を機にやらなくなった。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:9
いいね
投票数:8
続編希望
投票数:19
お気に入り
投票数:2
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:3
この記事の解析グラフを見る
合計:41ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 11回
  • 65回
  • 270回
  • 5,957回
  • 5,957回
  • 6,001位
  • 6,574位
  • 7,006位
  • 5,340位
  • 15,675位
※18604記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

人気の高い体験談

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]