月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

僕たち夫婦のセックスを覗く豊満お義母さん3(立ったまま僕の巨根をお義母さんの名器おまんこへ)

投稿:2021-02-22 01:10:16

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

亮◆OHmTkCk(20代)
前回の話

僕達夫婦のセックスを覗き見してたお母さんと身体の関係を持ってしまった

僕。理沙を裏切ってしまって、それも理沙の母親です。一瞬後悔もしました

が、でもお義母さんの豊満でエロい肉体。じっくりと責めてくるフェラや手コ

キ、そして何といっても、亀頭やカリ首にまとわり吸い付いてくるおまんこ、

射精してもすぐに気持ちよくされてしまうおまんこ、まさにこう言うおまんこ

「名器」というものだと思います。

しかし、あれ以来お義母さんと2人きりになるチャンスはなく、理沙とはほぼ

毎日セックスしているにもかかわらず、何か性欲が溜まってくる感じがしてい

ました。そして昨日僕も我慢できなくなり、理沙がお風呂に入ってる時にお義

母さんに迫りました。お義母さんは夕食の片づけをしていましたが、後ろから

抱きつきました。

「あっ、亮ちゃん、ダメよ」

「お義母さん、僕我慢できなくて」

「ダメよ理沙居るのよ」

「わかってる、でも理沙お風呂長いし、今さっき入ったばかりだから」

「でも」

もう僕も止めることは出来ません。お義母さんを正面に向かせ、キス、キスし

ながら爆乳も揉みます。

お義母さんもすぐに力が抜け舌を絡ませてきます。そして手も股間に、

「脱いで」

僕は急いで脱ぎました。

「あ~、凄い」

すぐにフェラし始めるお義母さん、

「凄い、硬くて、大きくて」

前回より激しいフェラをするお義母さん。

「お義母さんそんな激しくされたら逝っちゃいます」

「いいよ逝って、出して」

「でもお義母さんに入れたい」

「いや、お口で逝って今日は」

「いやです、入れたいです、お義母さんも欲しいでしょ大きなチンポ」

僕はフェラを止めさせ、お義母さんを立たせ後ろ向きにしてから、スカートを

捲し上げ、パンツをずらして挿入しようとしました。

しかし、拒むお義母さん、

「お義母さん」

「ダメよ、理沙いつ出てくるか」

「でも我慢できない」

僕は亀頭をお義母さんのおまんこにこすり付けます。

お義母さんも口では拒んでいるものの、おまんこはすでにグチュグチュ音がす

るほど濡れていました。

「お義母さんこんなに濡れて、お義母さんも欲しいでしょ」

と、グリグリ擦っていると、ぬぷっ、亀頭が入りました。

「あっ」

入ってしまえば、後は・・・

お義母さんもすぐに感じます。声が漏れないように手で口を塞いでいます。

「あっ、亮ちゃん、凄い」

「お義母さんのおまんこも」

やはり、お義母さんのおまんこ、ぬるぬるで、でも締め付けてきて、そして中

のお肉が亀頭に吸い付く感じ、たまんないおまんこです。

すぐに射精しそうになってしまいました。

僕は少し腰を動かすのを緩めました。今にも射精しそうです。

「亮ちゃん」

「お義母さんの気持ちよすぎて」

するとお義母さんの方が立ったままの姿勢ですがお尻をグイグイ押し付けてき

ます。

「お義母さん」

「我慢しちゃダメよ、逝って」

「でも、もう少し」

でもお義母さんはいつ出てくるかわからない理沙が気になっていたんだと思い

ます。

腰を振りながら、

「逝って、亮ちゃん、逝って」

「あ~、あ~、逝きそう」

「逝って、おまんこの中に出して」

「あ~、逝くっ」

お義母さんの中に射精してしまいました。

本当に脳が蕩けそうな射精の瞬間。でしたがそんな余裕もないかのように、チ

ンポ抜くと、お義母さん持っていたハンカチで僕のチンポを拭きます。

僕が「もう一回」

と言いましたが、

「ダメっ、」

「すぐに出しますから」

「ダメっ」

「時間があったとしても、さすがに精子少なかったら理沙が怪しむかも」

「大丈夫です」

「ダメっ、今日も理沙とするんでしょ」

「うん、でもあれ以来、お義母さん覗きに来ないし」

「わかった今日は見に行くから、亮ちゃん覗かれたいなんて変態ね」

その後、お風呂から出た理沙、やはりたまたま昨日はセックスしていなかった

のでおねだりしてきました。

もちろん僕も応じます。

僕がクンニで理沙を逝かせ、理沙にフェラしてもらってると、ふすまに隙間

が、お義母さんが覗いてます。

(あ~、お義母さんが見てる、お義母さんが)

先程までお義母さんにフェラされ、お義母さんのおまんこに入っていたチンポ

を舐める理沙。興奮します。

「あ~、逝きそうだよ」

「逝っちゃう?今日の亮ちゃんいつにもまして、凄く硬くて大きくて」

「いいよ、一回出しちゃう、来て」

そのまま理沙のフェラで射精してしまいました。

「今日の亮ちゃん凄く感じてるね、すぐ逝っちゃうし」

(お義母さんん見られてますから)

僕は勃起が全然おさまらないチンポをすかさず理沙のおまんこに挿入、

「あっ、凄い、亮ちゃん、逝ったばっかなのに、硬くて、大きくて」

僕はお義母さんに見られていると思うと本当に興奮して、自分で変態だなと思

いました。

でもそれが凄く興奮して、気持ちがいいんです。

激しく突かれた理沙も、

「今日の亮ちゃん凄い、そんな、そんな、凄い、あっ、逝きそう」

「俺も」

「亮ちゃんも、来て、一緒に、一緒に、あ~、逝く、逝く、逝く~」

「俺も、逝くっ」

同時に逝きました。

理沙も凄く感じていて、痙攣が止りません。

「亮ちゃん、凄い、気持ちよすぎ」

「俺も」

この後もお義母さんに覗かれながら射精を繰り返しました。

-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:34
いいね
投票数:53
文章が上手
投票数:17
続編希望
投票数:106
お気に入り登録
投票数:21
名作
投票数:8

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:239ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 38回
  • 297回
  • 1,327回
  • 16,476回
  • 16,476回
  • 1,494位
  • 1,175位
  • 1,379位
  • 1,126位
  • 8,157位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 1Pt
  • 14Pt
  • 131Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 1,619位
  • 448位
  • 269位
  • -位
※19823記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(5件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]