【現在22,871話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

テニス部の女友達の濡れたパンチラ

投稿:2021-02-14 20:13:40

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

洋なし◆JZdwh0E(埼玉県/20代)

高校時代に女子テニス部の同級生A子のパンチラを見た話です。

私は中学生からテニススクールに通っており、高校から硬式テニス部へ入部しました。

A子とは同じテニススクールに通っていたのですが、入部した時に同じ学校だということを知り、それがきっかけで仲良くなりました。

A子は黒髪ショートで身長は150cm位でBカップ。体型は筋肉質で程よく肉が付いてる感じで、真面目な笑顔がかわいい女の子でした。

ただ、ガードがとても堅く、1年経ってもパンチラは勿論のこと、ブラ透けすら見れませんでした。(スポーツ女子で下に練習着やスパッツを履いてました)

私は、A子の下着のことを知りたくなり、異常な行動に出ました。

それは、高校2年生の時に流行っていたグリー(SNS)で後輩女子に成りすましてA子に近付くというものです。

A子が後輩の面倒見がいいのを知っていたので、高校1年生の女子(B子)としてアカウントを作り、A子とやり取りを始めました。

テニスの話題や好きなアーティストの話から意気投合し、1ヶ月程かけて恋話や下着のことなどプライベートな相談をし合う仲となりました。

B子「A子先輩は、どこで下着買ってるんですか?」

A子「普通にショッピングセンターだよ。」

B子「安心しました!ブランドの高いの買ってるのかと思ってました。因みに何カップなんですか?笑」

A子「何そのイメージ笑、Bカップだよー。B子ちゃんは?笑」

みたいな話から下着の色の話などをして、A子が薄い色系の下着が好きで、水色やピンク、白など、柄は花柄が多いことを知り、当時はそれだけで何度も妄想して抜いていました。

その後も、

A子「日焼けで肌があれ気味で困ってるんだけどB子ちゃんはなにかケアしてる?」

B子「酷いときは冷やしてるくらいですかね。あとは...まぁ...笑」

A子「何?」

B子「一人でしたりとか!笑実際私は肌キレイになった気します!」

A子「うーん、聞いたことはあるけど怖さもあってよく分からないんだよね、、、」

B子「私が教えますよ笑」

A子「いやいやいや笑」

と言った具合にA子にオナニーを教えることに成功しました。(教えると言っても優しく触るだけですよーくらいのレベル)

それからもやり取りを続けていたのですが、ある日A子から相談がありました。

A子「B子ちゃんは一人でしてて最後までなったことある?」

B子「ありますよ!」

B子「でも、多分ですけど気持ちが高ぶってないと難しいと思います。私は男友達が私の下着見て興奮してた時のことを思い出しながらしたりしてます笑」

A子「見られて興奮するってやつだね笑」

B子「変な言い方やめてください笑、普段仲良い男友達が女子として意識している状況が妙に興奮したんです!笑」

B子「A子先輩も試してみたらどうです?笑」

A子「恥ずかしいから遠慮しとく笑」

といった具合に誘導し、運が良ければガード緩くなってパンチラ見れる機会でもあるかなー程度に考えていました。

そして学校の夏の試験期間に入った時のことです。

私の学校は試験の1週間前からは勉強に専念するために部活動が休みになるのですが、私とA子はテニススクールに通っているため、土日のスクール後にA子の家で勉強するのが恒例となっていました。

その日もテニススクールが終わったあと、スクールでシャワーと着替えを済ましてA子宅へ向かいました。

服装は、私はスポーツシャツに短パン、A子は水色のスポーツシャツに青のスコート姿で、自転車で移動している時は黒のスパッツを履いていてパンチラは見れませんでした。

A子の部屋は少し小さめで、ベット、ベットの上に棚、前には机があり、基本的には床に座って勉強し、テレビを見るときはベットに座るような感じでした。

そして勉強を始めて1時間程したときに

A子「疲れたー。休憩っ!」

とA子がベットに倒れ込みました。

足は床に付いたまま体だけベットに横になり、L字のような体制なため、床に座っている私からはスコートの中が丸見えでした。

スパッツを履いているかと思いきや、太ももの間からは水色のパンツが丸見えで驚きでした。

日焼けしているのもあり黒いイメージでしたが、太ももだけ真っ白なのが妙にエロく見えました。

その後、A子は起き上がりベットに腰掛けたまま話をしていたのですが、顔が真っ赤でそわそわしている姿の見て、わざとパンツを見せているのだと気が付きました。

それなら遠慮することないと思い、チラ見を繰り返していたのですが、恥ずかしいのかチラ見する度に足が内側にグッと力が入るのもエロかったです。

それからは勉強したり話をしたりしていたのですが、途中でテニスの話になり、その中でA子がベット上の棚にあるテニス雑誌を取ってくれました。

A子「それなら持ってるよ!ほらこれっ!」

その時、ベットの上で四つん這いのような体制になり、パンツが丸見えになりました。

しかも、股の部分に染みが出来ていて、明らかに濡れていました。

黒い足に白い太もも、そして水色のパンツに濡れて出来た染み。

見ただけで逝ったかのように股間がドクンドクンしたのを覚えています。

A子は意図的で無かったのか気がついていない様子でした。

その後は何事もなく解散しましたが、私が帰宅後にA子がオナニーしてると思うととても興奮しました。

ひとまず最初の話は以上になります。

ありがとうございました。

-終わり-

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(7件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]