エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

ネットゲームで知り合ったN子4

投稿:2021-01-22 06:38:17

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

Ken◆IoJnEUA
前回の話

続編希望ありがとうございます。

私とN子のスペックを。

私…当時32歳

身長170cm、体重70kg

チンポ17cm(勃起時)、仮性包茎

ドS

ごっくんさせたり、

仮性包茎の洗ってないチンポを舐めさせるのが好きな変態

N子…当時27歳

160cm、体重60kg(ややポチャ)

B95Fカップ他不明

ドM、匂いフェチ、変態

イキやすい体質、よく潮を吹く

離婚後も週1回のペースでN子に会っていた。

変わったのは会う場所で、私の自宅で会うようになり、会う度にSEXしていた。

N子は、ますますハマっていったようだった。

ある日、N子がうちに来た時、私はソファーに腰掛け、N子は私の前に正座するように後ろ向きに座った。

何も言わずに私からのアクションを待っているかのようだった。

私はN子の後ろに座り直し、脇の下から両胸を揉みしだいた。

N子は、「あん、ダメぇ、今日はまだ、会ったばかりなの……。気持ち良くなっちゃうよ……」と言い、こちらに振り返った。

私は、振り返りざまにN子にディープキスし、唾液をN子に送り込んだ。

N子は、ごくんと私の唾液を飲み干し、物欲しそうな顔で私を見つめた。

N子は、「今日は何日お風呂に入ってないの?私にきれいにさせてほしいの……」と顔を赤らめながら言った。

そして、私の脇の下に顔をうずめ、「いい匂い……たまんない……」と、クンクンと仔犬のように嗅いできた。

N子の顔は、私の脇の下からヘソ、ヘソからチンポ、そして玉袋へと移動していき、その度に恍惚の表情で私を見上げた。

「本当にいい匂い……早く舐めたいのぉ……」と言い、再度脇の下に戻ったかと思うと、私の上着をたくし上げ、脇の下に舌を入れ、「ぶちゅぶちゅ、べろべろ、おいひぃ……」と舐めてきた。

脇毛の1本1本を伸ばしながら舐め、最後に脇の下をベローっと舐め上げた。

それを両脇で行い、N子の舌は片方の耳に向かった。耳と髪の間を舐め、「ここもいい匂い……気持ちいい……?」と聞いてきた。

私は、「ああ、気持ちいいよ……もっとキレイにしなさい」と言った。

N子は私の乳首も舐め、チンカスまみれのチンポ、アナルまで舐めた。

そして、69の体制になると、N子のマンコは既にぐちゃぐちゃになっていた。

「俺の体中を舐めただけなのにマンコがぐちゃぐちゃだよ」

「だってぇ……やん、クリ気持ちいい、噛んだらダメぇ……イッちゃう……」

N子は、チンポを握りしめ、体を反らしてイッたようだった。

N子のマンコはじゅくじゅくになっており、湯気がたったかのように熱くなっていた。

私は指を2本入れ掻き回した。

「いゃぁぁぁぁ、ダメぇ、またイッちゃう!!……」と潮を私の顔に吐き出した。

私は更に指を1本増やし、「俺のチンポは指何本分だ?」と問い掛けた。

「わかんない……スゴい気持ちいい、またイッちゃう……」と更に潮を吹きかけた。

N子はぐったりしており、これ以上チンポを舐めることができないようだった。

N子がゆっくりとこちらに向き直し、私の顔についた潮を舐め、「ゴメンなさい、あなたの顔を汚しちゃった……お仕置にチンポを喉の奥に突っ込んでください……」と言った。

その言葉を聞いて、N子を座らせ、私は立ち上がり、N子の口にチンポを突っ込んだ。

マンコのように激しく突き、「喉の奥に精子欲しいか?」と問いかけると、

声にならず「ふがぁ……」と涙目になってうなずいた。

何度も何度もN子の喉の奥を突いた私はイきそうになり、1週間ためた精子を吐き出した。

チンポをN子の口から引き抜くと、N子の唾液なのか、私の精子なのか分からないくらいN子の口は満たされており、味わっているようだった。

N子はごくんと私の精子とN子の唾液すべてを飲み干した。

お互いに少し疲れたので、横になりながら話をした。

そして、私は思い描いていた願望を素直に伝えた。

「N子、N子が他のやつに犯されて、めちゃくちゃにされるところを見てみたいんだ。どう?」

N子は、「ダメぇ、あなたがいい……でも、どうしても見たいの?」と言いながら、顔を赤らめていた。

「N子が俺とSEXした日、N子が旦那さんとSEXしたと聞いて、ものすごく興奮したんだ。N子は物足りなかったと言ってたけど。だから……」

「あなたがどうしてもと言うならいいよ……私も実はその話を聞いて、想像しただけでぐちゃぐちゃになっちゃうの……」

その後、5回はN子の口に精子を放出し、N子は何度も絶頂し、大量の潮を吹いていた。

次の日から、N子を寝取らせる人の人選に入ったが、なかなか見つからず、ハプニングバーに行くことを思いついたのだった。

次回、続編希望があれば、ハプニングバーでの話を書こうと思います。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:7
いいね
投票数:10
続編希望
投票数:42
お気に入り
投票数:6
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:4
この記事の解析グラフを見る
合計:69ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 4回
  • 38回
  • 228回
  • 3,818回
  • 3,818回
  • 11,063位
  • 9,372位
  • 7,602位
  • 7,300位
  • 17,430位
※19215記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件に変更

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]