エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 7 分で読了)

会社の憧れの脚線美の先輩は俺の兄貴(1/2ページ目)

投稿:2021-01-13 16:26:35

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文(1/2ページ目)

弟◆EJGIExA(20代)

私には6歳上の兄貴がいます。

中学からバスケットを始め

高校〜大学とバスケットを続け

180センチを越す身長と爽やかイケメンで女子から人気がありました。

大学でバスケットを卒業して東京の

会社に就職しました。

明るく爽やかで社交性なスポーツマンの兄貴と私は全く逆のタイプでした。

ネガティブで控えめでアニメとアイドルが好きな男でした。

兄貴の事は嫌いじゃないですが比較されるのがイヤで少し距離を開けていました。

私が大学4年生の時、不況で新卒も

なかなか内定が貰えない時代でした。

就職活動で苦戦中の夏に兄貴から

「俺の勤めてる会社に来い❗」

連絡あり。親も賛成。内定がない私は

選択枠がなく兄貴の勤めてる会社に

就職しました。人事部長が兄貴の大学の先輩でいわゆるコネ入金でした。

社員700人程の会社です。

兄貴は29歳の年で本社営業部主任。

私は営業向きではないとの会社の判断でマーケティングやデータ管理作成の営業企画部に配属されました。

そこで2年先輩の25歳、石川尚美に

出会い一目惚れしました。

身長約165センチ、大きな瞳、色っぽい唇、隠れ巨乳を連想させる胸の膨らみ、そして長くてムチッとした脚線美に目を奪われました。

「田倉君ね。宜しく。笑」

笑顔も可愛くてムラムラでした。

時折見えるストッキング越しの太ももとふくらはぎからハイヒールのラインが綺麗でチラ見はしょっちゅう。

入社5日目で遂に尚美でオナニー。

尚美は私に親切でフレンドリーで

舞い上がっている自分がいました。

入社して1ヶ月のある日、兄貴から

「俺の部屋に飯食いに来い❗」

「飯?分かったよ。」

私は実家通いで兄貴は独立して

賃貸マンション住まいでした。

18時30分兄貴の部屋に到着。

「淳(私)❗よく来たな❗」

「いらっしゃい。笑」

デカい体の兄貴の後ろから現れたのは

石川尚美でした。

「え?え?石川さん!どうして?」

「あはは!俺と尚美は付き合っているんだよ!笑。」

「・・・」

「驚いたか?笑」

「そりゃ・・」

「サプライズ成功!お前を驚かす為に今まで黙ってたんだよ。笑」

「上がって淳君❗・・会社の外では淳君と呼ぶね。私の事も会社の外では名前で呼んでね。」

「それじゃ・・尚美さん・・」

ビールで乾杯をして宴会スタート。

「去年、本社で懇親会があって尚美も高校までバスケットやってたみたいで意気投合で・・笑。」

「私は高校でバスケ辞めたけど、遼さん(兄貴)はスカウトされて大学に行って大学でも4年間プレーしたんだから凄いな〜って憧れの気持ちが芽生えて・・笑。」

「兄貴は運動神経全部持って行ったから弟の俺は運動音痴。苦笑」

「でも勉強は淳が全然上だろ。自力でA大(偏差値58)だろ。俺はバスケの推薦でB大(偏差値53)だからな。笑」

「尚美さんバスケは大学では?」

「本格的にやったのは高校まで」「大学では同好会で楽しむバスケ」

29歳の兄貴と25歳の尚美はスポーツ

ップルでお似合いでした。

それにしても尚美の私服は・・・

兄貴の部屋に私服を置いている尚美の格好は派手なラメの模様のTシャツと

デニムのミニとナチュラルストッキングでした。

初めて見る尚美のミニスカ姿にムラムラでした。

トイレに行く尚美の後ろ姿を思わず

目で追ってしまいました。

「淳!笑。お前、尚美の後ろ姿を見てたな?笑。」

「あ・・いや・・」

「尚美の脚いいだろ?笑。」

「確かに・・。」

「バスケで鍛えてムチッとしていて、しかも長い。俺は脚フェチで尚美の脚にKOされたよ。笑」

「ははは・・」

「脚だけじゃないぞ。尚美は意外におっぱいも大きいぞ!笑。」

「そうですか・・笑。」

「尚美の脚が好きだから俺と一緒の時はいつも脚を露出した格好をしてくれんのよ。笑」

「兄貴が羨ましい。笑」

「お前も彼女作れよ。笑」

それからは月一のペースで私を誘ってくれました。兄貴の部屋だったり、

外食の店だったり。

兄貴と一緒の時はいつも脚を出している尚美を見るのが楽しみでした。

黒いレザーのタイトミニ、膝上のフレアスカート、ミニのワンピース、

キュロットなどなど。

ストッキングはナチュラル色が多く

脚がより綺麗に見えました。

尚美の脚を見た日は決まってオナニーでした。

そして翌年、

私24歳、兄貴30歳、尚美26歳になる年の春に

兄貴が営業部営業二課長に昇進。

課長昇進の平均は35歳なので兄貴は

スピード出世でした。

明るく社交性があり行動力のある兄貴のキャラは営業にぴったりでした。

また兄貴のマンションに呼ばれ

尚美と3人で課長昇進パーティーを

開催しました。

「兄貴、課長昇進おめでとう。」

「これはお祝いの品です。」

一本2万円のシャンパンをプレゼントしました。

「これはいいシャンパンだな!ありがとう!冷やして後で飲もう!」

「でも兄貴は凄いな。30歳で課長だから・・。」

「たまたまだよ。笑。淳もいずれ課長になるんだから頑張れ❗」

「俺が課長になるなんて早くて35歳」

「その時は兄貴は営業部長だな。笑」

「そして尚美さんは部長夫人。笑」

「そうなるといいな。笑」

白いタイトミニとベージュストッキングの尚美はニコニコ。

22時に宴会終了。

「尚美、タバコ買いに行くから淳と駅前まで一緒に行く。」

「はあ〜い。」

駅前まで兄貴と二人。

「兄貴、尚美さんと結婚は?」

「まあな〜」

「課長昇進で給料も上がるし頃合いじゃない?」

「まあな・・」

ハッキリしない兄貴。

「尚美さんもプロポーズ待ってるよ。」

「う・・うん・・」

「ハッキリしないね。」

「まあ3ヶ月前から同棲してるから、事実婚みたいなもんだし・・」

「いやしっかりケジメつけないと。」

「まあな・・それよりお前も彼女作れよ❗じゃあな❗」

なんかイヤな予感がしました。

それが7月の初夏に発覚しました。

営業企画部で元気のない尚美。

リフレッシュルームで

「尚美さん元気ないですね。」

「う・・うん・・。」

「兄貴とケンカでも?」

「・・・」

「そうか・・」

「遼さんが女の人と・・」

「兄貴が浮気?分かりました。兄貴と話します。」

夕方、兄貴を会社近くの喫茶店に呼び出し。

「尚美さんが元気ないから理由を聞いて見たら兄貴の浮気が原因だって?」

「面目ない・・」

「何で?尚美さんみたいな素敵な相手がいるのに!?」

「魔が差したというか・・」

「相手は?」

「取引先の担当女性・・」

「まったく・・その人と別れた?」

「いいや・・」

「いつから?」

「3ヶ月前・・」

「駅まで一緒に歩いた時なんか変だったけどやっぱり・・」

「すまん・・」

「どーするの?」

「分からない・・」

「尚美の様子見てきてくれないか?」

「はあ?」

「追い出されてウイークリーマンション住まいなんだよ・・苦笑。」

「尚美さんと仲直りしないと俺、兄貴を許せないよ!」

「分かったよ・・でもお前、尚美にもしかして惚れてる?」

「そんなんじゃないよ!」

「すまん❗」

18時30分、尚美にTEL。

「尚美さん、近くに来たんだけど少し寄ってもいい?」

「淳君・・。飲む相手が欲しかったから来て。笑」

19時、おつまみとアルコールを買って

到着しました。

「淳君、来てくれてありがとう。」

白いTシャツ、デニムのミニ、ナチュラルストッキングの尚美。

リビングでフローリングに腰を降ろしました。

「尚美さん、兄貴が申し訳ないです。」

「淳君が謝る必要ないよ。苦笑」

「兄貴は今、心が乱れてるけど最後は尚美さんのところに戻って来ますよ。」

「そうかな・・苦笑」

「尚美さんは素敵な人です。兄貴も尚美さんの魅力に気がついて戻って来ますよ。笑」

「ありがとう。淳君やさしいね。」

それからは尚美の愚痴の聞き役。

アルコールのピッチが早く結構酔ってきた尚美。

「尚美さん大丈夫?」

「飲まないとやってられない〜」

尚美は私に顔を近づけて

「淳君、よく見ると可愛い顔してるね。キャハハ。」

「尚美さん・・お酒はこれくらいにして置きましょう。」

「やだ〜まだ飲む〜。」

ワインをグラスに注ぐ尚美。

「淳君は好きな人いないの?笑」

「まあ・・」

「本社にも可愛い子いるでしょ〜」

「そうですね。苦笑」

「本社で誰が一番可愛いか教えて。」

「またの機会に・・」

「先輩にちゃんと言いなさい。笑」

対面の尚美は脚を崩して座っていました。デニムのミニのデルタゾーンは

大きく広がっていました。

尚美のパンチラを拝める・・。

見たい❗何色のパンティなんだろう?

なんとかして覗こうとあれこれ態勢を変えたりしましたがなかなか見えません。くそ!もう少しなのに・・。

「お兄さんと私もうダメかもね。」

せつない表情の尚美。

「尚美さん・・」

気がついたら尚美さんを抱きしめていました。

「大丈夫です。兄貴は必ず帰ってきます。」

「ありがとう・・淳君」

見つめ合う私と尚美。

私は尚美の唇に引き寄せられました。

軽く触れ合うキス。

「あはは・・淳君とキスしちゃった。でも癒された。笑」

我慢出来ない❗もう一度キス。

「あ・・あん・・淳君これ以上は・・」

遮る尚美を無視して首筋へ愛撫。

「はあ・・淳君ダメだよ・・」

「会社で可愛いと思ってるの誰?の答えです。」

もう一度キス。今度は唇をこじ開け

ディープ。尚美のザラザラした舌の

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。