エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

有村架純似の彼女がバイト先の変態オヤジに覗かれたりセクハラされたりで変態オヤジのオカズに

投稿:2021-01-13 01:24:15

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色(作者設定)

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

名無し◆JzUCl2A

初投稿させていただきます。

できるだけ読みやすい文章で書くことを心がけますが、不慣れなので読みにくい部分があってもお許しください!

コメントいただけますと投稿のモチベーションになります。

今回の話は、現在の彼女とまだ付き合っていないときに同じアルバイト先だった変態オヤジに彼女の無防備な姿を何度もおかずにされたのちに、エスカレートしていった話です。

登場人物

僕→当時、大学生の僕(投稿主)です。

かすみ→当時フリーターの21歳有村架純似の彼女です。明るい性格で天然なところがあります。身長は160cmくらいでスタイル抜群のDカップです。この頃、倉庫の短期アルバイトで出会いました。僕の1歳年下です。

田中さん→40代独身で見た目も性格も変態な変態オヤジです。小太りで大の女好きです。

大学4回生の夏、授業も、もうほとんどなく就活も終わっていたので夏の短期アルバイトに行っていました。

アルバイトメンバーは、男性2女性8くらいの割合で女性が多くほとんどが40から50代くらいでした。

その中に、今回の主要登場人物であるかすみと田中さん(通称変態オヤジ)がいました

ある日、田中さんと2人で作業をする機会があり、雑談しながら仕事をしていると突然、田中さんが

田中「かすみちゃん可愛いよね」

と話しかけてきました。

僕はそうですねと答え

田中さんは、あーあんな女を好きにできるやつがうらやましいなー昨日、帰りに少し話せたよ!

と言っていました。

最初の方は、可愛いとか喋ったとかそんな程度だったのですが

また、別の日に作業が一緒になった時には

田中「かすみちゃんのズボン越しのお尻エロいよなー」

とか

田中さん「この前、前かがみになったとき谷間が見えた」

など、言っておりいつもエロい目で見ているようでした。

その後は、黙々と作業を続けていると

かすみが僕らの後ろを通っていきました

かすみが作業している3階から僕らが作業している2階に荷物を置きにきたようでした。

少し距離もあったのでかすみは、僕らに気づいていません。

そのまま、荷物を置くとかすみは2階のトイレに入っていきました

それを見ていた、田中さんが急いでトイレに向かいました

実は、3階、4階、5階は事務員もいてアルバイトの作業場にもなっているので

男女別のトイレになっていますが

1階、2階は元々正社員の男性作業員しかほとんどいないこともあり

男性用の小便器と和式の大便器があるだけの男女共用になっています。

2階は、特に荷物置き場として使われているのであまり使われません

僕は、田中さんが聞き耳をたてにいったと思い内心ドキドキしながら田中さんが行く前にでてきてくれと思いました

当然入ったばかりのかすみがでてこないまま、田中さんが入りしばらくして田中さんが先にでてきました。

その後、少ししてからかすみが出てきてそのまま、上の階にあがっていきました。

でていったのを確認した田中さんは、もう一度トイレに入りました。

その後、5分くらいしてでてきて戻ってきました。

田中さんは、えらく興奮していて

話始めました

田中「俺、この仕事してて良かった、、」

「音でもきいてたんですか?」

田中「いや、最初はそのつもりだったんだけど、下に少しの隙間があったから下から覗いた」

そう言われたとき、全身の血の気がひいたような感覚になり嘘と言ってくれと思いました

「冗談ですよね?」

田中「こんなチャンス2度とないと思って」

田中「地面に頭をつけて覗き込んだら、ちょうど、タイミングいいところで」

「タイミング!?」

僕は食い気味にききました

田中「ちょうど、覗いた時にズボンとパンツをおろすときで、角度的にも斜め前から見える形だったから、M字にひらいたま○こがはっきりと見えた」

かすみのことが好きだった僕がショックを受けていることをお構いなしに田中さんは話を続けました

田中「小便がでるところも最後まで見えたぞ、すっごい、エロかった見るのに必死になってしまったけど、動画とれば良かったわ次からかすみちゃんの顔見たらま○こ思い出すわ」

と、大喜びしながら話していました

そこから、更にエスカレートしていき

今度は、田中さんはかすみと1回でいいからSEXがしたいと言うようになりました

トイレ事件から1週間後、田中さん主催で

田中さん、僕、かすみ、三浦さんの4人で三浦さんの家で飲むことになりました

三浦さんは、40代女性で気が強くいたずら好きな性格です。田中さんと仲が良いです

かすみは、三浦さんが誘いました

後から聞いた話では、このときかすみは8人くらいくると聞かされていたようです

当日になり、飲み会が始まりました

この日のかすみの服装は、白ベースのシャツに、膝上10センチくらいのフレアスカートでした。

最初の2時間くらいは、何気ない話や仕事の愚痴などがほとんどでした

席順は田中さんと僕が隣り合わせで田中さんの前にかすみ、僕の前に三浦さんといった形です

そしてしばらくしていい感じに、皆が仕上がってきたころ

三浦さんがあることに気が付きます

三浦「ん?田中さん何見てるの?」

1人別の方向を見ていた田中さんが、気になり三浦さんと僕が田中さんの目線を追うと

酔ってきて、無防備になってきたのか

かすみが膝をぴったりつけた体育座り、A字のような形で座っていました

水色のパンツが丸見えです

三浦「ちょ!かすみ田中さんにパンツ見られてるよ笑笑」

三浦「てか、田中さんガン見しすぎ」

と、三浦さんが大笑いしていました

かすみは、

かすみ「え!キャッ」

と可愛い声をだしてすぐに足をおろしました

そこから下ネタの話になっていき

三浦「田中さん、かすみのパンツみて勃起してるでしょかすみとやりたいんでしょ?」

かすみ「ちょっと!三浦さん(汗)」

田中「やりたいに決まってるやん!かすみちゃんやらしてよー」

かすみ「だめですよ!」

みたいなやりとりに、なっていました

三浦さんは、田中さんと、かすみのやりとりを面白がりながら、仕掛けました

かすみの胸を揉みながら

三浦「エッチはさすがにあれだけど、胸くらい田中さんに揉ましてあげなよー」

と言いました完全に三浦さんも、酔っ払っています。

田中さんが、手を伸ばしますが

かすみ「だめです!」

と、手をはらいのけます

三浦さんは、更に服の中に手をいれかすみのブラジャーをとり、乳首をつまみました

かすみ「あん♡」

と、かすみが、エロい声をだしました

三浦「揉ませてあげないと、私がせめまくるよ?どうする?」

と意地悪っぽく聞きます

かすみ「服の上から少しだけなら、」

と、かすみが観念したところで

田中さんは、素早くかすみの後ろに周り

服の中に手をいれ生乳を揉み、そして唇にキスをしました。

かすみは

「んーんー」

と言っていますが酔いもあるせいか抵抗があまり強くありません

田中さんは、それをいい事に

舌をいれて入念にキスをしました

そして、正面に移動しかすみのパンツを脱がせて手マンをしました。

かすみは、

「あ♡だめです、あん、んんー」

と声をだしていました

田中さんが、ズボンを脱ごうとしたところ、

三浦さんが

「はい、終わりー」

といいながら田中さんを蹴って引き離しました

かすみもはっ!としたのか

田中さんから離れました

その後は、田中さんはくやしそうにしていましたが、片付けをしてかすみだけ三浦さんの家に泊まって僕と田中さんは帰りました。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:16
いいね
投票数:22
続編希望
投票数:57
お気に入り
投票数:12
名作
投票数:2
読みやすい
投票数:15
この記事の解析グラフを見る
合計:124ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 615回
  • 3,778回
  • 3,778回
  • 3,778回
  • 3,778回
  • 26位
  • 49位
  • 283位
  • 7,132位
  • 16,734位
※18613記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(2件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]