月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 16 分で読了)

中Jさんと結衣2・校舎の屋上で3Pもどき。拘束手コキ、伝達式フェラ、青空の下ほとばしる精液、そして。(1/2ページ目)

投稿:2021-01-11 23:46:15

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

セリフの色

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

たた◆FjOHQSI
前回の話

タロー(俺)…1日で15回射精した結果、ちんちんが極太ちくわみたいに腫れた。

A垣結衣…俺の射精を3回も見るハメになった結果、天然ゆるかわエロ乙女になった。

中Jあやみ…大量の精液を浴びながらイッた結果、変態おねえさんの封印が解放された。

アレから数日後の放課後、ちんちんの腫れも引いて体力も精力も性欲も全快復した俺は…

旧校舎の屋上にいた。

出来たばかりの彼女・A垣結衣と、結衣公認のアドバイザー(?)中Jあやみさんも一緒。

結衣「あやみちゃん何で屋上のカギ持ってんの?」

中J「○○○にある○○で○○○○ったから」

旧校舎の出入り口は全部閉まってるし、外階段の一階と最上階も、格子扉と鉄条網で閉鎖されてるんだ。

その扉の南京錠の合カギを、なぜか中Jさんは持っていて、たまに屋上でサボってるらしい。(※カギの入手方法については自主規制で書きません)

学校の周りは田んぼと住宅地で、高い建物はないから、塔屋の陰に入れば他の校舎からも完全な死角になる。いつのだか分からない文化祭とかの粗大ゴミが放置されてて、古い机やイスもたくさんあった。

並んでイスに座った女子2人の正面、1メートルくらい離れて、俺は立っていた。

なぜか後ろ手を結束バンドで縛られて!「タロー君ちょっと後ろに手まわして?」「あっ、うん、何かするの?あーっ!」……って感じで中Jさんに手際よくやられたんだ。

「これは一体…」

中J「えーっとね、これでタロー君は、1人じゃ何も出来なくなった」

「…はあ」

中J「その代わり、きちんとお願いすれば、結衣が何でもしてくれるって。エッチなこともね!ふふ」

「…!」

結衣「えーっ!私だけ!あやみちゃんは」

中J「手伝いはするけど、がんばるのは結衣だからね」

「何でもするって…」

中J「もちろん限度はあるから、ダメな時はちゃんと言うね」

結衣「ダメなことばっかりだよ、こんな所で…」

中J「結衣に拒否権ないけどねwホントにダメなことはさせないから安心して」

結衣「えー…」

中J「結衣、タロー君は外でエッチなことするのが好きなんだよ。だけど誰かに見つかるのは結衣も困るでしょ。ここなら完璧」

何だこれ、また中Jさんが企画したのか…。確かに、野外の解放感を味わいながら、実際に見つかるリスクはないって意味で、旧校舎の屋上は最適な場所。

それにしたってお願いってどうすればいいんだ。

中J「タロー君、休んだ日から今日までに、オナニーした?」

「…してないけど」

こないだ、帰ってからも一晩中オナニーして、回数記録を大幅に更新したんだけど、その代わりちんちんがぶよぶよに腫れた。

腫れが引くまでおとなしくした方がいいと思って、多分オナニーを覚えて以来初めて、射精しない日が3日も続いてるんだ。

だから、もう、すごく、すごく…

中J「たまってる?」

「う、うん」

中J「じゃあ、出したいよねー。1人じゃ出来ないから、ちゃんとお願いしないとね」

そういうことかよ。こないだもそうだったなー、恥ずかしいこと言わされたっけ。中Jさんほんと意地悪で素敵。

「えっと…だからその…シャセーシタイデス…」

中Jさんの狙いは分かったんだけど…棒読みになっちゃった。こないだの件で、恥ずかしいことをきちんと言葉にすると興奮出来るのは理解したけど、まだ悟りには至ってなくて、うまく言えない。

中J「気持ちが伝わってこない…。それに、具体的に言わないと、結衣が何すればいいか分かんないよ」

ダメ出しされた!言い直しても、しどろもどろになったり、照れで棒読みになったりで、中JさんのOKが出ない。結衣も困ったような顔であたふたしてる。

中J「じゃあこうしようかな」

どうするんだろう。中Jさんは結衣にコソコソと話し始めた。俺には聞こえないけど結衣はうつろな表情で頷いてた。

立ち上がった中Jさんは、俺の背後に立つと、

………!!

俺の両肩に手を置いて、体を押し付けて密着させてきた!

あああ、ななっ中Jさん!背中に当たる胸の膨らみだけでも刺激的だけど!俺いま後ろ手なんだよー!手に、指に、当たってる…中Jさんの下腹部が!おへそより下なのは間違いない、よく分かんないけどとにかくまんこに近いとこだ、なな中Jさんのまんこ…!

むくっ、ももももも!みりっ、むりり!うわー最速でフル勃起一直線!

中J「ねえ」

「はひっ」

中J「結衣がね、私もタロー君に触ってもいいって」

汗ばんだ指が、両耳を柔らかく包むように撫でたあと、首筋をなぞってゆっくり、肩の辺りまで伝い下りていく…。ぞわぞわぞわ!

あっ…中Jさんの匂い。俺の好きな甘酸っぱい、汗の匂いがする!

中J「キスとちんちんはまだダメ!だって。〝まだ〟って何だろね、ふふw」

ヤバい俺、中Jさんのウィスパーボイス大好きだ、これだけでイケそう…。

中J「まずは、結衣に脱がしてもらおっか」

ああ、そうか、俺がうまくお願いを言えないから、中Jさんが促してくれるわけね。否応なしにスイッチも入れられちゃったし、とにかく従うしかない。

「結衣、ズボン脱がして…っ!」

結衣「う、うん!」

気持ちが高ぶってきたから〝台詞〟ぽくない生の言葉が自然に言えた。結衣はカバンからタオルを出してきて、俺の足下に敷くと、膝立ちになった。

カチャカチャと、ぎこちなくベルトを緩めると、足下まで下ろしてくれて、靴を脱がさなきゃいけないことにそこで初めて気付いた様子。

でも結衣の動きはそこで止まった。言葉も出てこない。緊張してるんだな…俺が優しく指示してあげなきゃ。

「靴も脱がして」

結衣「は、はい」

忠実で従順なメイドって感じだ!どきどきする!

そしていよいよ。

「パンツ…脱がしてちんちん見て…」

結衣「はっ…はいぃ」

緊張で真っ赤になった結衣がゆっくり俺のパンツを下ろすと、垂直に近い角度で静かに揺れるMAXちんちんが現れた。

初めて見たわけでもないのに結衣も、中Jさんも、同時に「わ…」と短く声を漏らした。やっぱり自然の日光の下だと、ガマン汁でヌラヌラ光るフル勃起ちんちんの、見映えが違う。

中J「パンパンだねすごい!…すぐイキたいかも知れないけど、いきなりフェラとか、触らせたりはダメだよ?」

と、中Jさんに囁かれて、順番としてまずはキスするべきなんだなと思った。

ところが。

「キスして…」

結衣「う、うん。…すー、ふうう…」

…深呼吸してる。結衣はおもむろに両手をちんちんに添えると…

ちゅ、ぷちゅ…。

あー!キスしてって言ったらちんちんにキスしやがった!

これには中Jさんも思わず苦笑い。

中J「タロー君のちんちんで頭がいっぱいなんだね。だってすごいもんね、こんなの見ちゃったらキスよりフェラになっちゃうよねw」

自分が勘違いしてることに気付いてない結衣は、真剣な顔でかすれた声を絞り出した。

結衣「あやみちゃんが一緒じゃないと、どうしたらいいか分かんない…」

結衣は左手を伸ばした。俺の右肩から覗き込むように見下ろす中Jさんに向かって。

こないだの、俺は心の中で「伝達式フェラ」と呼んでるんだけど、指でフェラの動作を伝えて欲しいと言ってるんだ。

中Jさんはニッコリ笑って座ると、結衣と並んで俺を見上げた。

この構図が最高過ぎて…俺もうたまらない…!

結衣はちんちんに右手を添えながら、唇から突き出した舌の先に、亀頭を触れさせてる。目付きがもう、完全にエロモード。

中Jさんは、結衣よりは余裕のある表情だけどやっぱり頬を赤くして、結衣の指をしゃぶり始めた。

連動して、結衣の舌と唇も、やらしい音を立てる。

ぬぬぬ、にゅぷぷ、ぢゅぶぶ、ぢゅぷぢゅぷ…

結衣「んぐ…!んっ、んっ、あふっ、ん…」

中J「んふぅ、んんん、…」

…!

……!!

はああっ!!気持ちイイぃいいー!

でも物理的な気持ちよさより、この状況が!

普段引っ込み思案だから目立たないけど実は抜群にかわいい結衣と、ハーフ顔のモデル系美人でエロくていい匂いがする中Jさん。

前回とは違って結衣もしっかり目を開けて俺を見てる。結衣がフェラしてるってだけでも最高にエロいのに、同時に中Jさんのフェラ顔を見ながらなんて…

ただでさえ溜まってるのに、こんなの!1分も2分も持たない!

「やばいよイキそう…結衣、中Jさん、俺もう」

中J「ん…ふ」ちゅぷん。

結衣の指から口を離すと、中Jさんは、そのままフェラを続けるように促しながら結衣に話しかけた。

中J「ねえ、私も一緒に、タロー君の精子が飛び出るとこ見ていい?」

結衣「ンッ、ふん、見へいいお!」

中J「やった。じゃあ、こうして。えーー…」

中Jさんは口を開けた状態で舌を半分以上出してみせた。そして結衣の指を、シコシコしごきながら舌の上に載せた…。

結衣もそれを真似て、ちんちんを握る。すぐに真上を向こうとするちんちんを、下向きに抑えるように舌に押し付けた。そのまま、小刻みに舌を動かしながら、

にちゅ、ずちゅにゅにゅ、ずちゅにゅちゅちゅ!

よだれとガマン汁でヌルヌルのちんちんをしごきながら射精を待ち構える結衣の顔が!最高にエロかわいい!!

結衣「へぁあ、はっはっ、出しへ、タローふん、はっはっはっ」

「あああぁ、イクよ結衣ぃぃ…中Jさんも!見て、イクとこ見て……、あー!」

どくん!

ドピゅ、しゅびゅる…!

結衣が抑えていたにも関わらず、わずかな緩みを衝いたちんちんが跳ね上がって、初弾は結衣の顔も頭も越えてはるか向こうに着地した。

もちろんこれだけで終わらない。

「結衣!出終わるまでしごいてて…」

結衣「は、ふぁい」

どびゅ!「へぷっ!」結衣の舌に!

びゅるりゅ!「あっぶぷ!」結衣の唇に!

ビュック、どぴゅるる、びゅびゅ!びゅびゅ!ドピゅっ、…!

結衣「はああっ、わわ、いっぱい出る」

中J「わわ、やっぱりタロー君すごい」

至るところに精液を浴びながら、結衣は俺が言った通り、完全に出終わるまでちんちんをしごいてくれた。

「はっはっ、ああ、結衣、すごい気持ちいい」

結衣は前回の中Jさん以上に、精液まみれになってた。口にもいっぱい入ったし、首筋にも大量にかかった精液が、鎖骨を伝ってセーラー服の胸元に吸い込まれていく。

中J「結衣、無理に飲まなくていいから吐き出して」

結衣「もう飲んじゃった!」

中J「うそ!やるじゃん」

ニカッ!と歯を見せて結衣が嬉しそうに笑った。最高の笑顔だった。

俺は快感の余韻と興奮と嬉しさで、まだ体の震えが止まらなかった。

生まれて初めて、フィニッシュの瞬間まで100%、他人の力でイッた、イカされた!それもこんなにかわいくてエロい彼女に。嬉しくて気持ちよくてたまらなかった。

「結衣、キスしたい」

手を拘束されてる俺の分も、結衣はぎゅーっと抱き締めてくれて、精液の匂いが残る口で俺の口をふさいだ。

結衣「タロー君、あぁ、好きぃ…」

ちゅぶ、ちゅっちゅ、れろんれろん…

舌を絡め合うキスが終わったあとも、興奮も性欲も全く覚めやらないけど…

手が痛い!結束バンドで縛られてるから。

「中Jさんこれもう外してもいいんじゃない」

中J「ごめんね、ちょっと待って」

ようやく手が自由になる…と思ったら。

中Jさんは自分のスカーフを外すと、それで俺の手を縛った!そして結束バンドをハサミでプチン。

痛くはなくなったけど、何だこれ。

中J「もうちょっと我慢して」

「えーっ」

中J「結衣がね、着替えたいって。タロー君が服にもいっぱいかけちゃったから」

俺がぶっかけたみたいな言い方やめて!まあ、今日は体育があったからジャージ持ってるはずだし、それに着替えるってことなんだろうけど、あれ?もしかして…ここで?

結衣「タロー君が見てるけど、しょうがないもんね、いっぱい精液ついちゃったし」

いや、机も粗大ゴミもいっぱいあるし、隠れようと思えばいくらでも、…って言う間もなく、結衣は脱ぎ始めていた。

「え?え?え?」

あたふたと俺が戸惑ってる間に、もう下着だけになってる!色気の少ないスポーツブラとアンスコ風パンツだけど…おっぱい思ったよりあるっ。

結衣「ブラも濡れてる、脱がないと」

まじかよ…結衣のおっぱい!触ってもないのにモチモチ感が伝わってくるDカップ(あとで知った)のおっぱいが!

隠す気があるのかないのか、手を中途半端におっぱいに被せてるだけだから、薄茶色の乳首見えてるじゃん!うわあ結衣の、初めて生で見る女子の乳首…!

結衣「やーんタロー君見てるし!えっち」

じゃあ早く服着ればいいのに…、いや、着ないで欲しいけど!

結衣「いやー!やっぱもう恥ずかしい!」

抱きついてきた!おっぱいが当たるー!中Jさんの口車に乗せられて、こんな素敵過ぎる茶番をやってるのか?

手を縛られてなかったらおっぱい揉めるのに、ちくしょー。

結衣「ねー、パンツも濡れたからぁ…、ぬっ脱いだ方が、いいいいよねっ?」

???さすがにパンツにまではぶっかけてないのに、何で濡れて…あっ!

つまり…そういうことかっ!

胸が当たるくらいのゼロ距離のまま、結衣はパンツも脱いでしまった!下半身はよく見えないけど、靴とソックス以外、スッポンポンだ…

結衣「キスしたいぃ…」ちゅ、れろ、ちゅぷちゅ…「はあはあ、脱いじゃった、タロー君に見られちゃう」

着替えを口実に裸になりたかったことはもう分かった。結衣もむちゃんこスケベだ、俺と同じだ!もう遠慮しないぞ!って思ったけど…手が使えない。

中J「タロー君、口で出来ることお願いしたら?」

はっ!それをさせたくて拘束を解かなかったのか?もうふっ切れるしかない。

「結衣のおっぱい舐めたい!」

結衣「う、うん!」

少し腰を落として、想像してたより大きい乳首と乳輪を、ぺろん…!

結衣「ひう!…はわ、た、タロー君の、エッチぃイイ…っ!あっあっ…」

チュブ、れろん、レロ!

胸に顔を押し当てながら、おっぱいの谷間もペロペロする。

結衣「ひ、ひあぁ…」

ああ、結衣のおっぱい、柔らかくていい匂いがする。中Jさんとは違うタイプの穏やかな汗の匂い。興奮の最高潮にいるのに、何だか安らぐ。

そしてまた乳首を…、あーっ乳首立ってる!今度は吸ってみよう!ちぅチュププププ、ちゅぷぽん!

結衣「アフっ、あっあっ、はあっ!」

がくん!結衣の腰が落ちた。

それを見た中Jさんが、俺の後ろに立って両肩を掴むと耳元で囁いた。

中J「タロー君、結衣もイキたいみたい。タロー君がイカせるんだよ。口でどうしたらいいか分かる?」

「う…うん」

中J「じゃあちゃんとお願いしてみて」

「うん…結衣、脚ひらいて」

結衣「はっはいぃ…。ど、どうするの?」

「まんこ舐めたい…!」

結衣「いやああ!はっ恥ずかしい!」

顔を両手で隠して恥ずかしいなんて言いながら、逃げずにしっかり脚を開いた結衣の前に、俺はひざまづいた。

初めてみる結衣のまん毛!うす!比較対象はエロ本くらいしか知らんけど、明らかに薄い。わわ、割れ目もモロ見え…。

あああこの匂い!結衣のエッチな匂い…オシッコと汗に、何か他のすっぱいものが混ざったような…これが女の匂い…。

初まんこは、大体想像通りのビジュアルだけど、好きな女の子のリアルな匂いを伴う生まんこなんて!もうたまらない。

「ああ、結衣!」

結衣「はっ、あっ」

まん毛に鼻を埋めただけで、とんでもなくヌルッヌルなのが分かった。俺のガマン汁なんかと比べ物にならないくらい、溢れてきてる!

舌を伸ばして、割れ目に触れた。しょっぱくて酸っぱくて、触れてるのは舌なのにちんちんがピクピク反応する!

出来るだけ腰をかがめて、下から見上げるように、割れ目にねっとりと舌を這わせた。

結衣「ひ、ひやあ、…っ!いやあ、あっ!あっ!」

中J「結衣すごいエッチな顔してるぅ…。ねえ何で?教えて」

意地悪な質問で結衣を煽る中Jさん。それに答える結衣。

結衣「はあはあ、タロー君がえっちなことしてる!わっ私に、私の、」

中J「どこをどうしてるの?」

結衣「おっ、おま、おまんこ舐めてるぅ!タロー君が私の!あああ恥ずかしいのに、恥ずかしいけど、ひっ!どうにかなっ、ちゃう、うぅ、ふうう!」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。