月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 15 分で読了)

バスケ部マネージャーと文化祭回ることになったのだが…(1/2ページ目)

投稿:2020-11-15 16:45:07

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

サンタの仙人◆F3M5ICc(20代)
前回の話

僕とカナは両思いだが、付き合うという形はとらなかった。

付き合ったらこの関係が崩れてしまう。そんな気がお互いしてたのだろう。本来であれば、僕から言うべきなのだろうが、カナも現状に満足していた。マネージャーと選手、はたまた、親友であり、愛する人。

ここで登場人物のご紹介

『僕』・・・おなじみのバスケ部キャプテン。カナのことが好きである。しかし、以前にカナに告白された時は元カノの存在が気になっていたのだが…

『カナ』・・・童顔巨乳のバスケ部マネージャー。僕と両思いだとわかり、前よりもっと明るくなった気がする

『ケンジ』・・・バスケ部副キャプテン。頼れる男。前回大活躍。今回も頼れるのかなぁ…

『ナツキ』・・・前々話にちょこっとでてきた僕の元カノ。クラスの人気者で宇垣アナ似の美少女でバドミントン部に所属している。カナまではいかないが、巨乳である。

それでは本題に戻ります。

その日も練習メニューを淡々とこなしていた。給水の時間になっていつも通りマネージャーの作ったスポーツドリンクをマネージャーから貰う。

「はい、これ」

「どうもっ」

「どう?新しいメニューきつい?」

「先生まじ走る練習入れすぎ…」

バスケ部には分かると思うが、夏の暑さの残る体育館で走るメニューが多いのはマジで地獄だ。

「んっ、ありがと!よっしゃ、頑張ってくるわ!」

「うん!がんばれぇ!!」

給水の時間が終わり、練習が再開した。こんな感じで僕とカナは選手とマネージャーの関係であんなことがあったなんてほかの部員は知る由もない。その日の練習が終わり、自主練をして部室に向かう。

部室にはケンジがいた。ほかの部員はもう帰っていたり、自主練をしていたのでケンジて2人だけであった。ケンジは僕の方に近づいてきて内緒話をするように

「もちろん、文化祭カナと回るんだろ?」

「ん?なんのこと」

「はぁ?付き合ってるなら、一緒に回るのが鉄則だろ!」

「あぁ…僕とカナは別に付き合ってないよ?」

「ええぇぇ?!お前、まだ言ってなかったのか…はぁ…」

「言うって何をだよ」

「カナのこと好きなんだろ?こっちも気づくわ。てか部員みんな噂してるわ」

「げっ、まじ?」

思春期の輩どもはこういうセンサーは超一流。誰々が付き合ったとか別れたとか浮気したとかそういうゴシップが大好物。でも、僕達は付き合ってないし、どう言うべきか分からなかった。

「まだ時間あるから、ちゃんと気持ち伝えて、一緒に回れよな」

「あ、気持ちは伝えたんだ。気持ちは伝えた上で今のままの関係で…」

「ほんと意味わかんねぇな!(笑)まあいい、なんか進展あったらまた相談しろよ!?(笑)」

余計なお世話だとも思ったが、やっぱりケンジいいやつだ。そう思っているとガチャっとほかの部員が入ってきた。僕とケンジは何もないふりをしてたわいもない会話をしてる風にした。

文化祭まであと3週間。まだ時間はあると思っていた。

文化祭はベタなクラスでなにか1つ展示するようなもので、僕らのクラスは縁日を開こうということになって、スーパーボールすくいや、射的などを準備することになったのだが、学級委員が僕にリーダーてきな役割をやって欲しいと頼んできた。

どうやら学級委員は仕事が他にもあって手が回らないらしい。部活もあるし、僕もあまり全力をそそげないと言ったが、君しかいないと言われ、渋々引き受けた。

幸いなことにクラスは行事に前向きな雰囲気で協力的な人が多かった。だから、部活の時間になれば他の人に任せることができた。

それでも一応リーダーなので部活のない日などは残れる時間ギリギリまでクラスの作業を行った。

文化祭まであと3日と迫り、クラスの作業も大詰めに入り、ペンキを塗っていた時、僕はあることを思い出した。ケンジの言っていたことだ。僕はまだカナを誘っていない。クラス行事に夢中で忘れていた。

そう思った矢先、僕のクラスにカナがやってきた。僕の横に、しゃがんで

「へぇー、キャプテン頑張ってんじゃん」

僕はびっくりした。全く気づかなかった。噂をすればとはこういうことかと思った。

「な、何してんだよ」

「私のクラスもう完成したからほかのクラスの進捗具合見て回ろうと思って!」

「それ当日の楽しみなくならないのか(笑)」

「もうー、いいの!」

カナは一瞬あちゃーという表情をしたが、意地を張っていた。かわいい。というか、クラスTシャツがピチピチでFカップが強調されている。喋る度にブルルンと揺れる。ゆさゆさしたい。僕のクラスのほかの男子の目線もそこに集中していた。

カナはそのことに気づいた。そっと僕だけに聞こえる声で

「ばーか、どこ見てんの(笑)」

と怒りっぽく言ってきた。キュンキュンした。僕はどっちかと言うとMでツンデレぽく萌えた。

「じゃあね、ばいばーい」

カナはまた次のクラスへといったようだ。相変わらずおっぱい大きいなーとかしゃがんでたから谷間見えたなーとか最低なことを思っていた。

あ、、、また誘うの忘れた。まあまだ時間あるし。

でもなんだかんだ、部員に見られたらどう説明しようとか、周りからの目は大丈夫なのかとグダグダしてしまい、誘ってみたのは前日。

カナは恥ずかしそうにしていた。しかし、何かを思い出したような顔になった。そして申し訳なさそうに僕に事情を説明してくれた。

回れるのは1時間という短い時間だった。カナは女子にも好かれるタイプで友達がいっぱいいたので先約がいた。なんとか時間を割いてくれて1時間だ。

一緒に回れるのは当日午後2時からの1時間。

「もうちょっと早く言ってくれれば、僕くんともっといっぱいいーっぱい回れたのに…」

「あはは、ごめんごめん(苦笑)」

拗ねたカナもかわいい。

一緒に回るのが決まったのはいいのだが、1つクラスで問題が起こった。なぜか縁日なのに神輿を作ろうとなっていたのだがそれがまだ未完成。男子はもういいじゃんと諦めていたが女子は中途半端に終わらせるのが嫌みたいで、結局前日は最終下校ギリギリまで作業が続くことになった。

日が落ちるにつれて塾や部活で男子は帰っていく。僕も帰りたかったがリーダーだし、女子もいるので残って一生懸命作業をした。

最後まで残っていたの学級委員と僕と、そしてナツキだった。ナツキはとてもいい人である。人気者だし、一生懸命だし。僕らは別れていたが同じクラスだったので不仲になることは無くよく話したりもしていた。

学級委員もかえり、仕上げは僕とカナだけ、しかし最終下校はもうすぐだ。

うちの学校は最終下校が緩いのだが、文化祭期間は変に統制してくる。よって残っているのが先生にバレたら大惨事なのだ。

電気を消して作業を続ける。

この時先生が来るなんて思ってもみなかった。

僕らは焦った。ナツキが口を開いた。

「やばいやばい、隠れなきゃ」

「ど、どうする?」

「そこの人間モグラ叩きのとこ入ればバレないと思う!」

ナツキと僕は人間が出てきたところを叩く、いわゆる人間モグラ叩きの中へ隠れた。

スタスタと先生が見回りをする。

1クラスずつドアを開けてる音がする。

「せまいね、ここ」

「しっ!聞こえちゃうよ」

ナツキはなぜか楽しんでいるようだった。

先生が僕らの教室のドアを開ける。

全体を見回したあと、ドアを閉めて次の教室へいった。少しひと段落ついた。緊張が緩和されて、僕はほっと息を吐いた。

「怖かったね(笑)」

「僕くん、すごい顔だったよ。でも腕をうちの前にして守ってくれてるみたいでかっこよかった」

「あっ、すまん」

僕は無意識のうちにナツキを守るような態勢だったらしい。

ナツキとは喧嘩別れ。でも別れたあとは逆に前よりも仲良くなっていたのかも。

未練は夏くらいまであったが、カナのことがすきになり、そんな恋心もどこかにおいてきてしまっていた。

ナツキってこんなかわいかったっけ。

ナツキってこんないい体だったっけ。

密室だからこそなにかに僕は気づいた。

ナツキはなんで楽しそうなんだ。

「ナツキさ、今好きな人とかいんの?」

「今はいないよー、でも今の時間すっごいワクワクする(笑)」

妙にドキドキし始めた。だめだ、僕は今カナのことが好きなんだ。

そう思った瞬間先生が帰ってきた。

それに気づき僕は焦り、ナツキを守ろうとしたが、間違って押し倒す形になった。

「ん?誰かいるのか?」

先生は不思議がっていたが、何かものが倒れたのだろうとスルーしていった。

緊張で僕とナツキの息遣いが荒くなる。ナツキの息を感じる。心臓の音が聞こえる。

押し倒した勢いで僕の手がナツキのおっぱいをガッツリ触っていた。初体験はナツキで初めておっぱいを触ったのもナツキだ。だけど、その時よりも断然大きくなっている。全く気づかなかった。

僕はそれに気づいて咄嗟に胸から手を離した。まだ僕がナツキに覆いかぶさっている。ナツキは驚いた表情を見せたあと、照れくさそうにしている。

「…」

「…」

「うちさ、実は別れたあとも僕くんのこと考えて、考えて、1人エッチしてたの……」

「……え、んん」

「ごめん意味わからないよね。」

頭が真っ白になった。沈黙が5秒くらい続いた。

「で、でもさ!いま、僕くん好きな人いるでしょ?」

「え、う、うん、」

「ズバリバスケ部のマネージャーの子でしょ?」

「…うっ……」

「ほら当たった。だってこの前きてたときもあからさまに顔に好きって書かれてたよ」

「そ、そんなにわかるの、」

「だって、だって、僕くんのこと、見てたもん」

たまらなくなった。でも僕はカナのことが好き。カナのことが好きなんだ。ナツキの気持ちは嬉しい。けど、上手く答えられない。

また沈黙が続いた。今度は10秒くらい。まだ床ドンをしてる感じで。

「……僕くんさ、その子のこと本気でしょ」

「う、うん」

「そっか……」

「ナツキの気持ちも嬉しいし、なによりナツキの…」

急にナツキが僕と反対になるように床ドンしてきた。

「僕くん、今日だけ。今日だけ、私のものになって…」

ナツキは一方的に口づけをしてきた。正直焦った。やめろよというとナツキを傷つけてしまう。だけど、僕はカナか好きだし、カナも僕のことをすいてくれている。

始まったものを止めることは出来なかった。クズ人間だ。とんだクズ人間。

キスは続く。舌と舌が絡みあう。ナツキは感じていた。

「あっ、はぁん、僕くんのキスこんなきもひよかったっへぇ、ん」

こんなに敏感だとは…。

ナツキは僕の股間を触り始めた。

びっくりしたが、抵抗はしなかった。いやできなかった。

「うわぁ、もうこんなに大きくなってるの?」

「…」

緊張とドキドキで汗はたらふく出るし、声は出せれない状況で、ナツキはよく喋る。

誘惑される。ナツキは僕のズボンをずらし始めた。僕のモノがでてきた。

「うわぁ、もうこんなにビンビン!んふふ、舐めてあげよっか」

次の瞬間、今までに経験したことの無い速さでフェラをされた。ズボボボと音が出ていた。

「ちょっと、まっまった、さすがにまずいよ?」

「ケチ…ドキドキさせる方が悪いんだからね!」

ナツキはフェラの強度を強めた。ジュピズボズボボボと音がたつ。

「あぁ、んっ、気持ちい」

「ふーん、気持ちいいんだ…」

急にナツキは上半身の服を脱ぎ始めた。明らかに前よりも大きくなっている胸があらわになった。真っピンクのチクビ。乳輪は小さめで美乳だった。

「今度はこれで気持ちよくさせるね♡」

ナツキはパイズリを始めた。気持ちい。自分のモノが柔らかいものに包まれていく。

ナツキが唾を垂らす。上下に動かしたり、僕のモノで乳首を擦ったりしていた。

「あぁはぁん、いっん、僕くんのおちんぽきもひぃぃ」

乳首も敏感なようだ。パイズリの速さが変わる。どんどんと気持ちよくなった。

「あっっあっはぁん、いくっ、あぁぁん、や」

僕はナツキのおっぱいでいってしまった。

ナツキの谷間には僕の精子がたれ流れる。

「なーに、つまんないの。でもいっぱいでたね♡」

ナツキは精子を手に絡めて自分で乳首に塗ったりしたあと、満足そうに抱きついてきた。

「今日はもういいから、また今度しよ♡」

とだけ言って精子を拭いたあと、服を着た。

僕は数分間無意識のままボーッとしていた。

どこか罪を犯してしまった感覚だ。

その後取り敢えず、作業は終わったので2人とも帰ることにしたのだが、僕はどこか気まづくてナツキとはなすことができなかった。

次の日、文化祭当日だ。うちのクラスはなんとか間に合って店番はほかの人に任せた。

午後2時まではほかの友達と回ることにした。

ケンジとあとで一緒に昼ごはんを食べる約束をしていた。

そして昼過ぎ飲食のできるスペースにケンジと集合した。ケンジは僕の異変に気づいたらしい。

「お前、昨日なんかあったろ?」

「は?なにもないわ」

「はい、うそー。うそって顔に書いてるもん。カナちゃんとなんかあったんだな」

「本当になにもないわ」

「ふーん」

ケンジにナツキとなにかあったまで気づかれなかったが、こいつは人の少しの変化にも気づく。このままカナにあったらもっとあからさまに出る気がする。午後からは切り替えよう。

午後2時、中庭のベンチに集合。

カナは約束通り来てくれた。文化祭だから少し化粧もして、クラスTシャツを着て。

とてもかわいかった。胸は強調されているし、髪はいつもはしないお団子ヘア。たまらない。

「どこいく?」

「私まだお化け屋敷行ってないんだよね〜。△組のお化け屋敷リアルらしいよ!」

「じゃあそこいこ!」

案外顔には出てない?いや、カナが天然なだけか!僕は一安心。カナとの時間を存分に楽しめる。そう思った。

△組のお化け屋敷についた。懐中電灯をもって進むらしい。

「カナは絶叫系とか大丈夫なの?」

「もちろん!!平気だよ!平気!」

僕たちの順番が回ってきてお化け屋敷にはいる。入るやいなやカナは僕の腕を掴んで自分の体の方へ寄せた。

「あれ?平気なんじゃないの?」

「あんなの強がりだよ、強がり…。こわいよぉ。僕くん、離れないでね…」

うわぁ青春だぁ!と心は躍る。さらにカナのFカップが腕伝いで感じられる。今ここで多少腕を動かしても故意に触っているとは感じられないだろう。そう思い、何回も胸の感触を堪能した。

お化け屋敷は予想以上に怖かった。文化祭レベルなんてたかが知れてると思っていたが、こんなにも怖いなんて思いもしなかった。

カナが叫ぶ。

「ぎゃぁぁぁ!僕くぅん…僕くん…こわいよぉ。」

正直僕も怖がっていたがどうにかして威厳(?)は保たれたと思うが、カナは出口もうちょっとのとこでもう無理と座り込んでしまった(それだけ怖かったらしい)

ほかの人もいるので早く出ようと思い、手を差し伸べるが、たつ力が出ないらしい。

「僕くん、どうしよおぉ、立てないよォ」

「んー、どうしようか」

これ以上居座ってもクラスの迷惑になると思ったのでおんぶをしようと背中を向けた

「え、え?僕くんなにしてるの」

「いや、立てないならおんぶ、するよ」

「…」

「どした?のらないの?」

「お姫様抱っこしてほしい…」

「はあ?」

僕はしょうがなくカナをお姫様抱っこした。意外と失礼かもしれないが軽く、僕は恥ずかしくなってカナと顔を合わせれない。

暗くてよく分からなかったが、カナは僕の顔をずっと覗き込むように見ていたようだった。

「ふふ、僕くん恥ずかしそうだね、」

「くらくてなにも見えないでしょ」

「分かるよ、だって心臓バクバクじゃん」

「いやぁ。それはさー…」

「ふふ、かわいいっ」

本当に暗くて僕は何も見えなかったのだがカナには緊張が伝わっていたらしい。

お姫様抱っこ、初めてしたが、合法的に太ももと胸を触れる。

やっとのことでお化け屋敷を出ることができた。さすがに出た時は周りからの目線が冷ややかだったのは覚えている。しかしそれ以上にカナが満足気だったことを覚えている。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。