エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 5 分で読了)

中2の時の身体測定でした露出

投稿:2020-09-29 00:43:55

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

大阪府/はるかさん(20代)◆NzNBBmM
前回の話

たくさんのコメント、そして続編希望押して下さりありがとうございます!♡

コメントに返信したいのですが、なんか出来なくて、でもちゃんとコメントは読んでます!

返信できるようになったらしますね!お待ちください(..)

最初の投稿に自己紹介なども書いてますので、まだ読んでない方は是非、そちらもお読みください!

さて、今回の話は学生時代にした露出の話を書こうかと思います!

中2の時の若かりし頃の話です笑

身体測定での話です。

身体測定の当日、私は熱を出して休んでしまい、違う日に受けることになりました。

友達みんな、

「身体測定の先生キモかった。」とか、

「聴診器当てるのにあんなに胸触る?マジでキモイ」

とか言ってたので私は内心ちょっとワクワクとドキドキでした。笑

私は中一の子たちがした後に受けることになり、6時間目の途中くらいで抜けるように担任から指示されました。

嫌いな授業ってこともあり、内心かなりラッキーだと思いました笑

そして、午後になり、クラスでは大人しく真面目な男の子が体調が悪いといい、保健室に行きました。この子をA君としましょう笑

全然話したことないこだったので特に気にはしてませんでした。

お解りの方もいるかもしれませんが今回のターゲットはこのA君と、お医者さんです笑

私は6限が始まる前には身体測定が行われる保健室に着いていました。

まだ中一の子達が身体測定をしていました。

私は、A君がいると思い、暇つぶしに話そうと思ってA君が寝ているベッドに向かいました。

カーテンを開けるとA君は慌てて布団をかぶり、何やら慌てています。

「A君、体調大丈夫?」

「えっ、あ、うん。大丈夫だよ。」

「なんか慌ててる?笑」

「何も無いよ?大丈夫だから」

とほぼ初の会話がこんなのでした笑

その後私はAくんの隣に行き少しの間話していました。

話してみると案外真面目でくらいイメージから、真面目だけど割と優しく面白い感じでした。

ただ私はA君がここで何をしていたのかわかりました。

Aくんが寝ているベッドのカーテンの少しの隙間から身体測定の様子が丸見えなんです。

女の子たちの体見放題状態でした笑

そこで私は思いました。

これから私も見られるのではと!

そうこう考えてる内に私の順番が呼ばれました。

お医者さんは頭の禿げていて脂ギッシュでやや小太りの方でした。

私の顔を見て、にやにやしながら、

「きみ、スタイルいいね。先身長からはかろっか。」

「はい…。」

「168だね。高いね。じゃあ体重ね。」

「体重軽いね、48だね。OK!」

というとメモしてました笑

今はこれより2センチほど背も高く体重も50キロはあります笑

「じゃあ次スリーサイズ測るから、下着姿になろっか。」

「え?そんなのするんですか?」

「うん、するよ?身体測定だからね。」

そんなことするなんて友達から聞いていないため嘘だとはわかりました。

私はあくまで時間外労働のため、看護師さんは先に帰っていてこのハゲのおじさんしかいません。

私はここでカーテンの向こう側が気になりました。

会話も全て聞こえいるためか、さっきよりも少しカーテンの開きが多いように感じました。

私はお医者さんの言いなりになり、下着姿になりました。

「中学生にしては発育いいね。

下の毛は生えてる?」

「少し生えてきました。」

「ちょっと見せてごらん?ほら脱いで?」

「見てどうするんですか?」

「変な生え方してないか見るんだよ?ほら早く」

と言われましたがさすがに抵抗しました。

目の前でハゲのおじさんが鼻の下伸ばしてジロジロとみて、

カーテンの向こうの隙間からはクラスメイトが覗いてると思うと、恥ずかしくてたまりません。

でもこの人たちは見せたら喜ぶのかなとも思いました。

私らわざと、向きをカーテンの方を向いて脱ぎました。

すごくカーテンの向こうから視線を感じました。

見られてると思うとまだ子供ながらあそこが濡れて居るのがわかり、それをお医者さんに感ずかれました。

「きみ、見られると興奮するんだ?

こんなおじさんに裸見られて興奮して、可愛いね。

パンツもこんな染み付いちゃってね笑」

とパンツも取られて見られました。

「君まだしたの方はそんなに発育してないね。胸は結構おっきいのにね。」

とセクハラ発言連発。

その後全裸で聴診器を当てられ、胸も触られました。

乳がんの検査だからとか言い、乳首も触られ吸われたりもしました。

私はすっかり感じてしまっていました。

「じゃあ次はそこのベッド行こっか。」

と言われたのはAくんが居る隣のベット。

私はあえて、Aくんが覗いてる方とは反対に頭を置きました。

隣のAくんのと距離は1mもないくらいです。

そこではM字になり、おまんこの検査と言い触られたりしました。

A君からも私のおマンこは丸見えなはず。

それプラス、お医者さんは私の下着をベットの端っこに置いたため、A君が覗いている真横に私の下着を置きました。

するとA君がお医者さんが触るのに夢中になっている間に私の下着を自分の方に持っていきました。

私の下着で何をしたかはわかりませんが、お医者さんが触り終わるまでには帰ってきました。

「君は顔も可愛いし、胸は大人なのにおまんこはまだまだお子様だね笑

このままおじさんので大人にしてあげたいよ。」

「それはダメです。」

と言うと、6限目の終わりのチャイムがなりお医者さんも渋々終わりました。

「君はもう一度私の病院に来て検査だね。また通知が行くと思うよ。」

と言われ、後日再検査の通知が来ました。

その話はまた今度かけたら描きますね笑

その身体検査の翌日、A君はいつもとは何ら変わらない感じで学校に来ました。

でも私の方をチラチラずっと見てきて、なんだろとは思ってました笑

放課後A君から声をかけられ一緒に帰ることになりました。

その帰り道で、

「はるかちゃんって、凄いね。」

「ん?なにが?A君の方が賢いし凄いよ?」

「いや、違うよ、そのー、体というか。なんというか。」

「あー、昨日覗いてたなー!」

とAくんに言いました笑

「ごめんなさい。実は毎回覗いてました。」

「毎回とは?」

「中一の初めての身体測定のとき、体調崩して保健室で休んでる時、たまたま見えて、それから毎回…。」

「え?やばくない?それ」

「でもはるかちゃんの体が1番タイプというか…。」

「私の体で1人でしてるの?」

「うん。」

なんとA君は身体測定覗きの常習犯でした。笑

「昨日あんなに裸見れるなんて思ってなくて、それに、パンツの臭いもかいだし。

なんというかすごく幸せで。

僕にもさわらせて欲しいなって」

「いや、それはダメだよ?

付き合ってもないんだからさ笑」

「でもはるかちゃんちょっと見せつけてたよね?僕の方チラチラ見てたし。」

「ん?そんなことないけど?あれは検査だから。」

露出してたことAくんにバレてました笑

「僕正直はるかちゃんの下着は結構見たことあるんだ。」

「え?いつ?」

「スカートから見えてる時あるし、体育のとき、足細いから体操ズボンの隙間から見えてる時ある。」

とまさかの気づかないうちに露出してました笑

私はちょっと怖くなってじゃあねと言って先に帰りました笑

今回はこの辺で!

次回は、そーやな〜、高校の時の話でも書きましょうかね?笑

ずっとバスケしてたんでその時の露出話は結構あるんで笑

また是非続編希望お願いします!!

コメントも返信できるか分かりませんが、書いてくれると凄く嬉しいです!

読むのが楽しみすぎて何回もサイト開いちゃってます笑

では、また書きたいのでよろしくです!♡

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:18
いいね
投票数:18
続編希望
投票数:57
お気に入り
投票数:10
名作
投票数:3
読みやすい
投票数:9
この記事の解析グラフを見る
合計:115ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 34回
  • 278回
  • 1,427回
  • 9,212回
  • 9,212回
  • 1,369位
  • 1,124位
  • 1,018位
  • 3,124位
  • 11,226位
※18185記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]