エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 10 分で読了)

家庭教師先の父親に騙され、ヤラシイ話題を振られる内に

投稿:2020-09-23 14:30:17

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

みさき◆IxiDIWg(東京都/20代)

私が21歳の大学生の時にアルバイトで家庭教師をしていた時の話しです。

当時同学年の彼氏の雅士君と言う男の子と付き合っていました。交際を続けていましたが1つ大きな不満が有りました。

雅士君は自分の性欲が抑えられなくなると電話を掛けてきて私の都合も殆ど聞かずに

「みさき、今から俺の部屋すぐ来てヤラしてくれよ、直ぐ終わるからいいだろ」

と呼び付け、アパートに着くや否や

ペニスを私の口の中に押し込んで、上着を剥ぎ取ってブラを外して

おっぱいを少しだけしゃぶり、私もこれから気持ち良くなりたいのにと思うのも虚しく数十秒の前戯で終わり

「もぉ我慢できない、ハメさせて」と言うと小さいペニスを私のアソコに正常位で挿入し腰を振るも1分も経たないうちに

「みさき気持ち良いだろ、逝くぞ、口開けて全部飲み込めよ」

と言うとアソコからペニスを出して私の口中にザーメンを放出すると

「あ〜気持ちよかったよ、あ、俺これからバイト有るから服着たら早く帰ってよ」と自分の性欲を満たすと何時も冷たい態度の彼への失望感とセックスで全く満たされない欲求不満で爆発しそうでした。

いつも1分程で終わる早漏と前戯もほぼ無いセックスに呆れていました。

そしてセックスで満たされない体を当然の如くオナニーで処理していました。

前置きが長くなりましたが当時、そんな自分勝手な彼氏との関係も続けながらも学業と並行しながらアルバイトの家庭教師をしていました。

その教え先の家庭は父親と高校1年生の男の子の所謂父子家庭で母親は何年も前に離婚されたそうです。

教え子の名前は達也君と言います。鉄道好きのオタクな感じの子で小太りで容姿や格好もオジサンぽく、声も小さくてもじもじした子でしたが頭は非常に良くて私も教えるのが楽しくなる程呑み込みが早く感心していました。

達也君の家は父子家庭で父親が帰るまでだいたい何時も2時間達也君と私の二人きりです。

本来なら性欲旺盛な高校生の男と女が広い家の中に居ても鉄道好きのオタクの彼からは性的な目で見られたりせず安心して勉強を教える事に集中出来て私自身の達成感も得られていました。

ほぼいつも授業を終えて帰るタイミングで父親が帰宅して会うことが多く、2階の達也君の部屋から1階に降りると父親に見送ら帰るパターンで、父親は50代の上背も小さい小太りのオジサンです。当然親子で容姿も似ていて達也君とそっくりなオタクっぽい感じですが、一つ違う事が有って私が授業を終えて達也君の家を出るとき

「先生お疲れさん、気を付けて帰ってよ」と言いながら私の身体に触れるか触れていないかの微妙な感じで父親が私のお尻や手に偶然当たった様な事に最初は何も思わなかったのですが段々わざと私の体に触れてるなと分かりました、それに特に夏場は薄着の私の胸元にいやらし目付きで追っていました。

教え子の父親が私を性的な対象として見ている事にショックを覚えましたがオジサンだから仕方ないかとやり過ごしていました。

そして何日か経過し夏休みに入っても当然家庭教師は有りますので夕方のまだ蒸し暑い中、駅から長い坂道を上がり汗をかきながらいつもの様に達也君の家に向かいました。

15分程で達也君の家に到着し家の前で汗をハンカチで拭ってから「ふー」とひと呼吸してから、いつもの様にインターホンを押しました。

「ピンポーン」と言う音と共にいつも達也君が「どうぞ」と言いながらドアを開けるのですが何故だが、この日はいつもと様子が違っていました。

インターホンから「あー鍵開いてるよ、さぁ入って入って」といつもの達也君では無く父親の声で私がドアの前で躊躇していると父親が寝間着の様な格好で出て来て

「どうしたの先生、外暑いでしょ早く入って」と言いながら私を家の中に迎え入れました。

いつもと違う状況、居ないはずの父親がいるし達也君は何処に行ったの?

と目が点になりながら考える間も無くまた父親は私の肩を触りながら

「暑かったでしょ、クーラー利かしてるからこっちに入って」と玄関から私を一階のリビングへ半ば強引に案内しました。

「今日授業何ですけど達也君呼んで頂けますか?」と私が達也君の父親に尋ねると、

「あれー今日達也は友達の家に泊まりに行くから授業はキャンセルしてって家庭教師の本部に言ったんだけどな」と言いました。

しかし授業のキャンセルなら必ず携帯に本部から連絡が有る筈が無いので父親に

「キャンセルなら本部から連絡が有るんですが無いので電話して聞いてみますね」

と言うと父親は私に頭を下げて

「あーそうだそうだゴメン、君の家庭教師の本部に連絡しようとしたら宅急便が荷物持ってきやがってね、それでゴソゴソしてたら連絡忘れてたよ、したつもりだったよ、ゴメン」

と言ってきました。

私は「手違いは誰でも有るので仕方ないですね…達也君いないし授業はキャンセルなので帰りますね、後で本部に事情を話しておきますね」と言うと父親は

「連絡なんてしなくていいよ、キャンセルなら先生今日の給料無しだろ、迷惑掛けたし、先生悪くないし、せっかく来てくれたのに俺が連絡忘れたせいで申し訳ないから達也は居ないけど2時間此処に居たら良いよ、授業しに来たのは事実何だから、居てくれないと俺の気が済まないよ」

と懇願され私は

「授業を何もせずに給料貰うのはちょっと」と言うと語気を強め

「何の落ち度も無い先生に迷惑掛けて自分が腹立たしい」

と言いながら自分の頭を手で殴っている姿に流石に私も

「分かりました、お父さん悪くないですよ、誰でも物忘れする事も有りますし、だから自分の頭を叩くの止めて下さい、お言葉に甘えて2時間居させて貰いますね」

と言うと急に陽気な口調に変わり

「良かった、今日はお詫びと日頃達也がお世話になってる先生にお礼もキッチリするからゆっくりしていってよ」と言い、ついさっき迄からの急変ぶりに少し驚きました。

出前で寿司を取りお酒を勧めてきました、20歳を過ぎてますが家庭教師先の授業に来ている身なので断わろうとすると

「先生真面目すぎだよ、達也もいないし、今勉強してないから堅いこと言わずに飲んでよ、俺一人で飲んでたら悪いし今日の俺の謝罪の気持ち受けてよ」

とか色々言ってきて私も根負けして注がれたビールを飲みました。

暑さも有りドタバタも有り何だか美味しく気付くと何杯も注がれたビールで少し酔いが回っていました。

達也君の勉強の進捗状況や志望大学へのアプローチについて話し合いを最初はしていましたが徐々にいやらしい話しに誘導されていました。

父親は酔いながら

「先生、可愛いから当然彼氏いるよね〜上手く言ってるの」

「アッチの方も若いから激しいのかな?」と聞いてきました。

酔いのせいで冷静さを失い欠けていた私はあろう事か彼氏へのセックスの不満からか

彼氏とのセックスが早漏で一方的で男って身勝手ですねと言ってしまいました。

父親は嬉しそうに「若い男は皆ヤリタイからね、でも1分で終わったら先生可愛そうだね」

「俺だったらたっぷり時間掛けてイカせてやりけどな」と独り言の様に囁きました。

私は「何、馬鹿な事言ってるんですか止めて下さいよ〜」と言いつつもお酒のせいで変な気持ちにもなっていました。

そして暫くして父親が真面目な顔して「先生、達也の事で大事な相談が有るんだ、達也の部屋に行こう」と言うと二人で階段を上がり真っ暗な達也君の部屋の扉を開け入りました。

部屋に入り照明をつけ扉をバタンと父親が閉めると「先生に見て欲しい物が有るんだよ」と言いながら達也君の机の中からデジカメと机の下にお菓子の缶の中に隠して置いて有ったSDカードを取り出しデジカメにカードを入れ再生しました。

鉄道の駅や電車の画像が何枚か有り私は「これがどうかしたのですか?」と尋ねると父親は再生を続け

「これだよこれ」と言いながら表れたのは私が家庭教師に来たときのお尻や太もものアップの画像が沢山出て来ました。

父親は私の顔をまじまじ見ながら

「馬鹿息子勉強もしないでこんな事して先生すまないね、どう思う?」

と尋ねると私は「達也君も高校生で男の子だし女性に興味を持つのは普通なんじゃないですか、隠し撮りみたいで気持ちは複雑ですけど別に大丈夫ですよ」と私が言うと父親は

私の回答を予想済みの様に表情を変えずに「俺もね、写真だけならまあ気にしなかったんだけどね」

と言うと今度は達也君の部屋のDVDプレーヤーにこれも机の下に隠して有った紙袋の中からディスクを取り出しDVDを再生しながら

「これを見て欲しいんだよ」

とニヤニヤしながら私に言いました。

「何ですか?」と聞くと

「まあ見れば分かるから一緒に見てよ」

と言うと流れ始めたのは家庭教師モノのアダルトビデオでした、

「ちょっと、消して下さいよ、達也君の物だし勝手に見ない方が良いですよ」

と言うと

「ほら見てよこのシチュエーションこれ先生と達也の状況と同じ、つまりあの馬鹿は先生にこんな事したい願望が有るんだよ、勉強してると思って部屋に行くとこれ見てオナニーばっかりやってよ、先生あいつの学力大丈夫か?先生誘惑してないよな?」と言いながら私の反応を見て楽しんでいる表情でした、そしてズボン越しにはっきり勃起しており、はーはー言いながら私を凝視してきます。

確かに流れている映像は大学生の家庭教師が学生の男の子に教えながら欲情した男が家庭教師とセックスすると言う内容のアダルトビデオでした。

いつしか自分のアソコが濡れてきておりさっきより変な気持ちになっていました。

早くこの変な状況を変えようと私は「達也君も彼女とか出来ればこんなの見なくなりますから心配無いですよ、下に降りましょう」と私が立ち上がろうとすると、父親が後ろから抱きついてきて

「先生一度でいいからさ体触らせてよ」と言うと

「なにするんですか、止めて下さい」と私は離れようとしました。

この時やっと用意周到な彼の魂胆が分かり私は「今日、お父さんが達也君を泊まるように行って初めから本部にも連絡しないつもりで私をこの部屋に誘ったんですか?止めて」

と言うと

「そうだよ、先生いつも薄着で色気振り撒いてイヤらしいカラダ見せ付けるからだよ」

と発しながら更にわたしのお尻に当たったズボン越しの勃起したペニスの大きさにゾクゾクしてしまいました。

「ダメ、ダメ」と言いつつもさっきの父親の時間を掛けてたっぷり逝かしてやると言う言葉を思い出すとアソコが更に濡れ濡れになって男根を欲する自分がいました。

我慢できなくなったのか私のおっぱいを後ろから鷲掴みにし、やがてズボンを下ろすと

ドス黒い太い亀頭の大きなペニスが出て来ました。

彼氏のと大きさも太さも違い逞しいペニスに嫌なはずが思わず生唾を飲み込み見つめてしまい、

「手で触ってくれ、それでいいからさ」と言われると大きさを確かめるように左手で握ると余るほどの立派さに夢中で手コキしました。

やがて我慢できなくなったのか

「先生俺ばっかり気持ち良くなったら悪いから俺に任して、俺は自分より女を逝かすほうが好きだからね」

と言うと私を達也君のベットに仰向けにしスカートを取られパンティ越しに太い指を這わしてきました。

勿論ビチャビチャでパンティにシミを作っていました。

パンティ越しに指を上下に這わしながら徐々にパンティを取りアソコをじっくりと指で反応を楽しむように攻めてきます、ビチャビチャビチャいやらしい音が静かな部屋に響きます。

焦らしながらのテクニックにまだ指だけなのにいつしか逝きたい、逝かして欲しい、もっと攻めて欲しいと性的欲求が増していました。

やがてブラを取られオッパイを強弱をつけるように右手で乳首を転がしながら舌先を筆でなぞるようにソフトタッチな吸い方に感じまくり、

「気持ちいい吸って」「吸って」

と連呼しマンコも濡れ濡れで早く舐め回して欲しいぐらいだったのに中々焦らして舐めてきません。

時間を掛けてようやく舌先がマンコに入って来た時には歓喜の声を発していました、

彼氏とは違い父親は前戯なのにたっぷり時間を掛けて舐めてくれたので私は可笑しくなる程ヨガっていました。

マンコの割れ目やビラビラに彼の舌で刺激されると体に電流が走るように体をクネクネさせていました。

ほぼ無言で舐めたりしていた父親が

「先生どうだ彼氏とどっちがいい、もう30分も舐められてどうだ?」

とマンコを舐めながら聞いてきました、もう恥ずかしさより快楽を貪りたい私は

「吸ってオマンコもクリちゃんも」

と言って父親の顔にオマンコを擦りつけました。

それに興奮したのか父親は

「先生がおかしくなるまで攻めてやるからな」

と言って指と舌先を交互にまた時間を掛けて焦らしてきました、逝きそうになると口撃を止め、体をのけぞる私の淫らな反応を楽しむかのように。

もうオマンコの中は糸を引いてズビィズブブとより変な音もする程濡れまくっていました。

こんな冴えないオジサンにまさか体を許し舐められただけで既に絶頂になっている何てと思いましたが正直な体は既に次の段階を期待していました。

手コキしていた大きなペニスを咥えたくなり69の体勢になってもらい夢中で

大きなペニスを貪るように楽しみました。生温かくドクンドクンと脈打つペニスの先走りの男の独特の匂いに更に興奮し父親の「あ~先生上手だ凄いよ」と言われ更にペニスを味わいました。

やがて「先生ありがとう、こんなオッサンのチンポ舐めてくれて、ヤバイ出そうだよ、俺に一方的にやらして」

と言うと父親が仰向けになり自分の顔に跨ってと言うと私は顔の上にマンコを乗せると少しずらされお尻の穴をペロペロ舐めてきて

もう頭が変になる程よがり狂いました。

恥ずかしさを忘れ、

「もっと舌先をお尻の穴に入れて」とか彼氏とのセックスでは味わえなかった快楽に陶酔していました。

まだ前戯なのに何度も逝ってしまい、太いペニスを早くオマンコに入れて欲しくなりました。

でもビンビンに勃起したペニスを挿入してこない所か1時間近くも私の足指から太腿、マンコやアナルを舐め回す事で彼は満足しているようで、我慢できない私は大股を開いてアソコを手で広げ「欲しい、入れて」

とお願いすると

「こんな汚いオッサンとセックス何て嫌だろ。無理しなくてもいいから、俺は先生の体を触って舐めるだけで満足だから後は手コキで抜いてくれたら、それに無理やりこんな事してごめんよ、オナニーで我慢できなくなってね」

と言いペニスを私に握らしましたが既に男を迎え入れる状態になったオマンコにペニス無しでは耐えられない体になっていて

「いっぱい舐められて気持ちいいけどオチンチンで逝きたいから挿入して」

と彼のペニスをマンコに導きました。

父親は驚きながら

「本当にハメても良いの?後悔しないね?お互い同意のセックスって事で大丈夫かい?」

と私は首を縦に振ると安心したのかゆっくり太いペニスをマンコに挿入してきました、小刻みにピストンされる毎に太いペニスを味わうかのようにマンコが満たされ私も夢中で腰を振っていました。

体位も彼氏と違い正常位のみ成らず逆立ちをするように両手をつかされ私の太腿を抱えながら後ろから貫かれたり初めての体位に更に興奮が収まりません。

そしてうつ伏せにされ寝た状態でペニスを挿入されるとGスポットへの強い刺激を受けオシッコが漏れそうな感覚と共に余りの気持ち良さに

「イグぅー、漏れちゃう」と言う間もない程ペニスを抜くと大量の私のエッチな汁が飛んで行きました。

舐める時と同様に挿入してからも小刻みに焦らしながら、ペニスを挿入するので長時間のセックスに久しぶりにセックスの喜びに浸っていました。

ずっと彼氏との短い欲求不満から開放され大胆な気持ちになった今、散々逝きまくりましたが焦らさず欲望の全てをぶつけて欲しくなり焦らさないであなたが射精するまでガンガン突いて好きな様にして欲しいとお願いすると

「先生、凄いスケベだね、遠慮なくさして貰うね」と言うと

ソフトだった先程とは異なりペニスを私の喉奥に激しく打ち付けゴホゴホ咳き込むと

今度は俺にも奉仕しろと言って四つん這いになった父親が私にアナルを舐めさせてきました、躊躇しましたが太いペニスで逝かせて欲しくて夢中で舐めました。

「あ~あ~こんな可愛い先生に俺の臭いアナル舐めさせて興奮するよ」

と言うと一緒に逝こうなと私をうつ伏せにし再び寝バックで入って激しくうち付けて来ます、

ズプゥプズプゥプとマンコからオナラの様な恥ずかしい音が部屋中にコダマするように私も直ぐに絶頂を迎えると父親もようやく

「は〜は〜先生逝きそうだ、ここは達也の部屋だからザーメン零せないから先生の口で受け止めるんだぞ」

と言うとベットが軋む程体が揺れた瞬間、

「あ~出る」と急いで生のペニスをマンコから引き抜くと私の口の中へ大量の生温かいザーメンが注がれ

ドクンドクンと臭いザーメンでしたがセックスで満足した私は嫌な顔せず飲み干しました。

男と女のイヤらしい匂いに包まれた静かな部屋にお互い逝き沈黙の時間が流れました、誘惑に負け醜態をさらけ出した今、恥ずかしさでいっぱいでした。この時点では1度きりの経験として記憶から消すつもりでしたが。

この話の続き
-終わり-
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:20
いいね
投票数:22
続編希望
投票数:70
お気に入り
投票数:25
名作
投票数:2
読みやすい
投票数:13
この記事の解析グラフを見る
合計:152ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 19回
  • 104回
  • 503回
  • 7,647回
  • 7,647回
  • 3,508位
  • 4,297位
  • 4,195位
  • 3,982位
  • 13,005位
※18643記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]