エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 8 分で読了)

AVのスカウト、ロックオン中

投稿:2020-09-15 13:01:03

更新:2020-11-21 01:00:06

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

千葉県/ロベルトカルロスさん(20代)◆NHhzWFY

※1つにまとめました。

副業でAVのスカウトの仕事をしています。本業には内緒なのでオープンにしているわけではないのですが。

実は今スカウトしたい女性がいます。今のセフレでバツイチ子持ちの中学校の体育教師Aです。といっても中学校時代の担任なんですが…。

昨年の夏、クラス会があり自分が幹事だったのでAにも参加してもらいました。2次会で皆カラオケに行くことになったのですが、Aは先に帰るとのこと。自分は幹事だからなどと口実でAを送ってくると言い残し、Aについて行きました。

Aは少し酔っているようでしたが、自分は幹事だったのであまり飲んでおらず、それを口実にAを飲みに誘ってみました。「さっき幹事でほとんど飲んでないから、先生ともう少し飲みたい。」「カラオケのお酒は美味しくないから普通のお店で」Aは少し抵抗があるようでしたが、少し位ならということで近くのT貴族にお店に入りました。お酒の質はカラオケと変わりませんが…。

飲みながらお互いのことを話しました。Aは離婚しシングルで子供と生活しているとのこと。当日は夏休みで子供は実家に行っているとのこと等。

自分も仕事のことや彼女がいること。そして副業のこと。でも一番話したのは副業のことでした。Aも実はそっち系の話に興味があったらしく、普段は話さないようなこと等と言っていろいろ話しました。実際に出演している女性がどんな人かや撮影がどんな感じなのか等・・・。

そっち系の話で盛り上がり、自分も酔った勢いで手や背中など触ってました。そしてAの爆乳についても追求してみました。当初Eカップと言っていましたが「絶対にもっとあるはず!」「見てみないとわからない」などと言いまくり、担任だった頃皆毎日注視していたなど。Aもまんざらでも無さそうなリアクションでした。離婚後の異性関係についても、子供がいるので今のところ何もないと。

そして、気がついたら2時間くらい。随分飲みました。Aも職場以外の飲み会は久しぶりで随分酔っていたようでした。

こんな話をしても抵抗なさそうなので、何度か口説いてみました。自分も酔っていた勢いで。率直に「先生の胸を見たい」といったことを冗談めかしたり、リアルっぽく言ってみたり・・・。さすがに拒絶されましたが、店を出た時さらに誘ってみたら断らなくなったので、TAXIを拾ってホテルへ。

TAXIから降りると「やっぱりまずい」「こんなこと考えてなかった」等と言っていましたが、「それは自分だって同じだよ」等と理由にならないことを言って部屋を取りました。

部屋に入ると実家に行っている息子と電話をしていました。晩ご飯は何を食べたかや明日Aもそっちに行くからなど。長電話していてこっちも我慢できなくなったのでAの胸を後ろから触りまくり、下の方にも手を入れました。

Aも電話を切りたいようでしたが、途中で実家の家族と変わったようでなかなか切れない状況でした。いたづらに我慢できなくなったAは電話を切ったのですかさずディープキス。そしてシャワーを浴びてくると立ったものの自分も後を追い洗面台の前で後ろから胸を揉みまくりました。

「絶対にE以上。スカウトやってる自分はだませないよ。」といいながらブラウスを脱がし、ブラのカップを下にずらすと豊満な乳房の上に大きな乳輪が・・・。

自分、まじまじと見つめながら「スゲー・・・」「中身、こんなだったんだ!」

A、恥ずかしがりながら「そういうこと言わないの!」

等と言葉のラリーを交わしながら立ったまま乳首を愛撫するとビクビクっとAが反応・・・。

自分、「先生、普段強気だけど、実はMでしょ?」

A、「足がガクガクになっちゃう・・・」

そして下のほうに手を入れるとパンティーの上からでもわかるくらい潤ってました。

自分、「めちゃめちゃ敏感じゃん」

「そういうこと言うなー!」

明らかに足が笑ってるAに対し、スカートとパンティーを強引に下ろし秘部をひとしきり愛撫し、

自分、「このまま行くよ」と断りを入れ、立ちバック。

腰を掴みながら自分のものを打ち付け続けているうちに肉打つ音以外にAの声が・・・。鏡越しにAの口を押さえている姿が見えましたが、声を抑えきれなくなったのか口から手を離し、もう開き直ったのか・・・。自分もそんなAの表情と大きく揺れる爆乳を鏡越しに見ながら腰を打ち続け・・・。

一応外に発射しましたが、手を離すとしゃがみ込んでしまったA。

手を引いて一緒にお風呂に入りました。お湯が溜まるまで体を洗いあい、一緒に湯船に入り後ろからまたAを触っていると、胸が湯船に浮いているのがわかりました。さすがにこれは初めての経験です。

自分、胸を後ろから弄りながら「浮いてる!」

A、「そうなの!」

自分、「昔から?」

A、「昔は今ほど(胸が)無かったから」

自分、「本当は何カップ?」

A、「この前ブラ買ったときに測ったらHだったから」

自分、「AVで通用するよ!」

A、「そういうこと言いうなー」

そんなこといいながらジャレあって風呂から上がりました。

この時には自分は酔いが覚めており、Aもそんな感じだったと思います。

体を拭いてベッドに二人で座り、

自分、「さっき、すぐにしちゃったから先生の体、しっかり見れなかった。立ってしっかり見せて。」

と言って立たせました。

部屋に入ると実家に行っている息子と電話をしていました。晩ご飯は何を食べたかや明日Aもそっちに行くからなど。長電話していてこっちも我慢できなくなったのでAの胸を後ろから触りまくり、下の方にも手を入れました。

Aも電話を切りたいようでしたが、途中で実家の家族と変わったようでなかなか切れない状況でした。いたづらに我慢できなくなったAは電話を切ったのですかさずディープキス。そしてシャワーを浴びてくると立ったものの自分も後を追い洗面台の前で後ろから胸を揉みまくりました。

「絶対にE以上。スカウトやってる自分はだませないよ。」といいながらブラウスを脱がし、ブラのカップを下にずらすと豊満な乳房の上に大きな乳輪が・・・。

自分、まじまじと見つめながら「スゲー・・・」「中身、こんなだったんだ!」

A、恥ずかしがりながら「そういうこと言わないの!」

等と言葉のラリーを交わしながら立ったまま乳首を愛撫するとビクビクっとAが反応・・・。

自分、「先生、普段強気だけど、実はMでしょ?」

A、「足がガクガクになっちゃう・・・」

そして下のほうに手を入れるとパンティーの上からでもわかるくらい潤ってました。

自分、「めちゃめちゃ敏感じゃん」

「そういうこと言うなー!」

明らかに足が笑ってるAに対し、スカートとパンティーを強引に下ろし秘部をひとしきり愛撫し、

自分、「このまま行くよ」と断りを入れ、立ちバック。

腰を掴みながら自分のものを打ち付け続けているうちに肉打つ音以外にAの声が・・・。鏡越しにAの口を押さえている姿が見えましたが、声を抑えきれなくなったのか口から手を離し、もう開き直ったのか・・・。自分もそんなAの表情と大きく揺れる爆乳を鏡越しに見ながら腰を打ち続け・・・。

一応外に発射しましたが、手を離すとしゃがみ込んでしまったA。

手を引いて一緒にお風呂に入りました。お湯が溜まるまで体を洗いあい、一緒に湯船に入り後ろからまたAを触っていると、胸が湯船に浮いているのがわかりました。さすがにこれは初めての経験です。

自分、胸を後ろから弄りながら「浮いてる!」

A、「そうなの!」

自分、「昔から?」

A、「昔は今ほど(胸が)無かったから」

自分、「本当は何カップ?」

A、「この前ブラ買ったときに測ったらHだったから」

自分、「AVで通用するよ!」

A、「そういうこと言いうなー」

そんなこといいながらジャレあって風呂から上がりました。

この時には自分は酔いが覚めており、Aもそんな感じだったと思います。

体を拭いてベッドに二人で座り、

自分、「さっき、すぐにしちゃったから先生の体、しっかり見れなかった。立ってしっかり見せて。」

と言って立たせました。

そしてAの乳をしっかり品評しました。でかさの割には下がっていない、でかい乳輪と大きな乳首。本人曰く下がってこないように腕立てはいつもやっているとのこと。そして体育教師らしくがしっとした体型。思った以上にエロさを醸し出してます。

自分、「先生、エロい体だねー。その乳、もっと使った方がいいよ。もったいないよ。」

A、「娘の使い古しだけどね。うちの子母乳だったから。」

自分、「それがいいんだよ。AVで通用するよ。」

A、「また言ってるー。」

自分、「絶対挟めるよね。挟んで。」

A、「元旦那にはしなかったから。」

といって、ぎこちなくパイズリを始めました。自分としてはイマイチな感じでしたが、Aの乳首がしっかり立っているのを確認しました。

それを見た自分は攻守逆転、三点攻撃でAを責め立てました。キスをしながら乳房を揉んだり乳首をつまんだり・・・。そして指を中に入れ、Gスポットをしっかり愛撫。しばらくすると、Aはのけぞり、「やばいやばい」といいながら自分に密着してきました。

結局、その日は大きな乳を揺らしながら前戯だけで2回、ゴム無し本番でも2回イったようです。

Aが足に力が入らないというので、ベッドでしばらくAの話を聞きました。経験は旦那を入れて5人、結婚後は浮気はないとのこと。元旦那はノーマルで巨乳好きでもなく、子供ができてからほとんどなかった。学生の頃は水泳部で当時はEカップ、今はぽっちゃりにならないように気をつけてるつもり。男子生徒の視線はわかるけど気にしないようにしてる。等など・・・。

自分の感想としては、本人エロには興味はあるけれど、現状ストレス発散する相手がいなく、夏休みで油断してたのもあり今回タイミングが合ったのかなと思います。

今回はLINEのIDも聞いて、また連絡を取り合う約束をしました。冗談でAVで通用するなんて言ったけど、本人は聞き流してる風で怒ってるわけでもないし、次回会う時にどんな仕事か詳細を話してみたいと思います。

近々会う予定なので、状況報告します。本人に聞いて欲しいなど要望があれば、確認してみます。

---------

前回のつづきです。

Aと会って来ました。前回以降LINEを送るようになりましたが、最初は既読スルーが続き、一ヶ月以上経過してから返事が来るようになりました。本人曰くこのところ忙しかったと。

飲みに誘ったんですが、その後の方がメインなのは向こうもわかってたと思います。その日は研修だったらしくスーツに眼鏡で体育教師っぽくない出立でした。

自分「スーツ、いいじゃん。自分らの担任だった頃スーツ姿見たことなかったけど。」

A「普段、スカートはあんまりはかないから。」

そんなことを言いながらAが知っている居酒屋さんへ。最初はその日の研修のことや普段の教師としての仕事などをこちらが聞いていました。最近忙しくてストレスも溜まっていたらしく、愚痴をこぼしてましたが酔い始めた頃から徐々に下ネタへ…。♡

自分「男子生徒は絶対にエロい目で見てると思うよ。」

A「そういう視線ってこっちもわかるから。巨乳とか言ってるのも知ってるし。」

自分「っていうか爆乳だし。」

A「男子はエロエロだからねー。」

そんな会話をしばらくしてから、軽く業界の話へ…。

実はOLや教職関係の人も内緒でAVの仕事をしていたり、バレてないからそういう人がいることも知られてないなど。Aも当初はそんなに興味を示していませんでしたが通勤用の軽自動車の買い換えを考えていたらしく、内緒のアルバイトで費用稼ぎなどと軽く話してみたところ若干食いついて来ました。

メイクと髪型を変えてその日のようにスーツだったら普段と全然雰囲気変わるし、バレることはまずないという話をしたと思います。どんなことをするか話したところ、自分で経験があるプレイかどうかいろいろ話してました。パイズリは頼まれればしたことはあるとか、コスプレ用にChinaドレスを買ったけど胸が大きすぎて後ろのホックが締まらないとか、3Pは経験無いなど。

そんな話をしていたらAもテンションが上がってきたらしく、店を出てタクシーを呼んで、ラブホへ。

部屋に入ったときは自分は酔いは大分覚めてましたが、Aのタイトスカート姿を見ていたら我慢できなくなり、後ろからタイトスカートをめくり上げイタズラっぽく触りまくりました。パンストをわざと荒々しく引きちぎり「旦那とはこういう感じではなかったでしょ?」と聞くと「ドキドキする」と。

AはMだということを確信した自分は乳を鷲づかみにして、そのまま鏡の前で立ちバック。Aはスーツがしわになるから脱ぎたいと言っていましたが、テンションの上がった自分はそれを許さず…。普段は姉御っぽいAですが、言葉攻めには弱いようで…。

一戦終わって、向かい合って湯船に入るとどうしてもAの胸が目に入ってきます。乳輪のでかさ乳首のでかさ、感度…。もったいないからもっと男を試した方がいいとか、AVだったらブレイクするなどそんな話をしまくったと思います。

部屋に上がって、テンションの上がった自分はタオルを3枚使って、Aの手を縛り、目隠しと猿ぐつわでベッドで責めました。指でGスポットを責めながら乳首を触ったり舐めたり。するとAの乳首が硬くなり猿ぐつわ越しに鳴き声のような喘ぎ声を出し始め、のけぞり始めました。自分もテンションが上がってそのまま2回戦へ。

果ててもAのタオルは解かず、スマホで撮影。

猿ぐつわのタオルだけ外し、

A「ヤバかった…。こんな感じ久しぶりなんだけど。」

自分「凄い声出てたよ。濡れまくってたし。」「巨乳教師でAV出ちゃえば?絶対通用するから。」

そんな会話をしながら3回戦。今度は部屋の販売機のピンローを使ってAのGスポットを責めます。最初は痛がっていたAですが、途中からのけぞりながら泣くような喘ぎ声が止まらず…。乳首も硬くなりしばらくいきっぱなしでした。そんなAの姿を見ていたらスマホ動画でしっかり撮影し3回戦目へ。

終わって足が笑って立てなくなったAにゴム無しで3回もしたことを一応詫びましたが大丈夫な日だからとのこと。さっき撮った動画を見せたところ「ヤバい」連呼してましたが、「こんなに感じやすい人はそうそういないよ」「乳揺れすぎ」「溜めすぎだよ」なんて言ったところ、恥ずかしそうな顔をしてました。

ホテルを出て別れてから、LINEでお礼と「また会おうね」とコメントしたところ即「うん」と返事が。しっかりストレス発散できたのかな?

次回またAV出演交渉も兼ねて頑張る予定です。また報告します。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:1
いいね
投票数:2
続編希望
投票数:10
お気に入り
投票数:4
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:0
この記事の解析グラフを見る
合計:17ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 40回
  • 1,568回
  • 1,777回
  • 6,698回
  • 6,698回
  • 1,053位
  • 110位
  • 739位
  • 4,556位
  • 13,437位
※18185記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]