成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 10 分で読了)

【評価が高め】妹(中○1年生)の友達と変態プレイ(1/2ページ目)

投稿:2020-08-13 20:14:51

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

地球人◆OZZGRTQ(10代)
最初の話

つい先日の話です。5つ歳の離れた家の妹(J〇1、細い有村架純似)がいます。妹は結構夜更かしをするみたいなのですが、「夜中まで起きて何やってんだ?」そう思いましたが別に深く疑問に抱く事はありませんでした、その時が来るまでは…ある日学校の後のアルバイトが遅くまであった為帰りが遅く、自分の布団…

前回の話

今まで読んで下さってる皆さんありがとうございます、また投稿させてもらいます。今回詰めてもいつもより長くなってしまい申し訳ありません、それでも良ければ読んで下さい。ある日のバイト終わり、妹から相談されました。妹「今度勉強教えてよ」俺「良いよ」妹「友達も呼んでいい?」俺「いいけど、なんていう子?」妹「え…

前回まで読んで下さっている皆さんありがとうございます。

意外に続いており自分でも驚いてます。

そんなに読む人はいないと最初は思ってましたが、読んで下さる方、評価してくれる方がいてとても嬉しいです。

最近自分の読んでわかったんですが名前が平仮名だと分かりづらいんで、みさき→ミサキ、えり→エリに変えていきます。

今回は妹(彼女のミサキ)では無くエリの話です。

エリは中〇1年生で黒髪ロングで黒いメガネ、礼儀正しく、見た目は清楚で可愛い系の整った顔立ち。

胸はCカップ、お尻は大きめ、お尻H大好きっ娘です。

ある日スマホにこんなLINEがきました。

「こんにちはお兄さん、この間のお礼をしたいのですが時間がある日はありますか?」

エリからの連絡です、この間勉強を教えた時のお礼がしたいそうです。

悪い気はしなかったので日時を決め出掛ける事になりました。

「〇〇なら空いてるよ」

エリ「わかりました、Hするんですか?笑」

エリはお尻でHをすると思っていたみたいでしたが別の要求をしてみました。

エリ「それは私もした事がないです、けど興味があるのでしてみたいです。」

ちょっとHなデートをする事になりました。

その後日時を決めエリの家に向かいました。

「こんにちは、エリちゃん」

エリ「こんにちはお兄さん、お待ちしてました」

家にはエリ以外誰も居らず、部屋へ案内されました。

エリ「お兄さんて変態ですね、私も初めてです。」

俺はエリにオモチャを持っているのを知っているので、つけさせて出掛ける事を要求しました、断られるかと思いましたが二つ返事で了承してくれました。

エリが持っているディルドをマ〇コに挿入したまま出掛ける事にしました。

エリ「お兄さんが入れてくれるんですか?」

「エリが自分で入れる所見たいな」

エリ「ちょっとアッチ向いてて下さい」

「見ちゃダメ?」

エリ「……自分でと入れるところはちょっと恥ずかしいです」

恥じらいを持っていたらしく安心しました。

後ろから声が聞こえました。

エリ「んっ…ふっ…」

声がしてエリが自分で入れてる所を想像してしまいました。

エリ「こっち向いて大丈夫ですよ」

振り向くとエリはロングスカートを履いていました。

「ちゃんと入ってる?」

エリ「入ってますよ、ホラ」

スカートをめくるとパンツは前後はピンクで横の所が白いものでした。

エリはスカートをめくりディルドで盛り上がったパンツを見せてくれましたが、イマイチ何か物足りません。

「エリちゃんてミニスカートって履く?」

エリ「最近は履きませんけど小学校の頃は良く履いてました」

「ミニスカートにしない?」

エリ「…本気で言ってるんですか?」

さすがにオモチャを入れてミニスカートはエリでもちょっと恥ずかしいみたいです。

エリは俺が本気だとわかったらしく「しょうがないですね」、そう言い赤い膝上10cm位のミニスカートに履き替えてくれました。

エリ「着替えてる間に下に垂れちゃいました」

そう言いエリの足元に目をやりました。

「エリちゃんてHだね」

エリ「誰がこんな事させたんですか?」

そう言いつつも満更でもない顔でした、しかし下に垂れるのは気になっていた様です。

エリ「あ、そうだ」

そう言いエリは部屋を出ていきました。

少ししてから戻ってきました。

エリ「これなら垂れないですね」

そう言いスカートをめくるとナプキンが見えました、夜用だかのお尻までガードしてくれるヤツらしいです。

俺としては無くても良かったのですが、そこはエリに任せました。

いざ街へ出ました、エリは白い半袖のシャツに赤いミニスカートです。

エリ「歩く度中で擦れます…」

「苦しくない?」

エリ「ちょっと苦しいですけど…何か気持ちいいです」

変態エリの誕生でした。

電車で移動したのですが座らせずに2人とも立っていました。

他の乗客に見えない様に端に立たせ、たまにオモチャを押しました。

エリ「あっ!」

「抜けない様にしないとね」

エリ「バレたらどうするんですか!」

誰にも聞こえないように耳元で言われました。

「バレたらエリが変態扱いされるね」

エリ「…それはちょっと…」

「スカートめくってみる?」

エリ「それはホントにやめましょう?」

さすがにやめました、電車を降り昼ご飯を食べるためファミレスに入りました。

席に通され座る時でした。

エリ「んっ!」

エリが喘ぎました、誤魔化す様に咳をしていましたがバッチリ聞こえました。

店員(男)さんは一瞬「?」みたいな顔をしてましたが何事もなく離れて行きました。

エリは下を向いていました。

俺のスマホが「ピロン」となりました。

「座るとヤバいです、下から突き上げてきます」

エリからでした、やはりさっきのは座った時オモチャが動いたみたいです。

「エリちゃん、俺が財布とか見とくからドリンクバー頼んでいい?」

わざと席を立つよつに指示しました。

エリ「……わかりました、何飲みますか?」

「テキトーにお茶で良いよ」

エリは席を立ちドリンクバーに向かっていきました、歩く後ろ姿を見ると少し歩きづらそうでした。

少ししてエリが戻ってきました。

先程より慎重に座った為喘ぐ事はありませんでした。

エリが持ってきてくれた湯気が立っているお茶(その日は暑いくらい良い天気)(最高気温31℃)(氷無し)を見て少し固まっていると、エリは冷たそうなメロンソーダ(氷入り)を飲みながら言いました。

エリ「飲まないんですか?お茶」

「……あはは」

2人ともメニューを決めてご飯を食べて店を後にしました。

「もうすぐ着くね」

エリ「はい、楽しみです」

普通を装い、話しながら歩いてますが時々「んっ…」といい、歩くのを辞めて内股で止まった瞬間が度々ありました。

やはり初めての経験のせいかマスク越しに赤くなり、はにかむ顔が見えました。

熱いお茶にやられた喉の痛みがありましたが、カラオケに行くのが決まっていた為断れずに入店しました。

エリはミサキとカラオケに行く事もあるそうで、「今どきの中〇生は金持ってんのかな?」と思いました。

エリは最近ヨルシカにハマっているらしく「だから僕は音楽をやめた」を歌ってました、エリの声にピッタリで透き通った声が部屋に響きます。

俺もヨルシカが好きなので2人でヨルシカが多かったです。

途中でオモチャの事を思い出しイタズラをしました。

エリが立って歌っている時に後ろからパンツ越しにオモチャを押しました。

後ろに立ったことに違和感を感じなかったのか警戒したのは最初だけで普通に歌ってました。

エリ「〜♪〜♪あっ!!」

マイクを使っていた為部屋に大音量で響きました。

後ろから胸の下に手を回して座らせない様にし、片手でマ〇コのディルドをグリグリしました。

部屋の扉からエリが見えそうでしたが背中を向けて俺が歌っている様にし、エリは見えない様にしました。

エリ「んっ!やっ…」

グリグリしていきます、ナプキンのせいで若干動かしづらかったです。

一旦手を止めエリに話しかけます。

「濡れちゃってるね」

エリ「…ずっとですよ」

「この後どうする?」

エリ「…家に来ませんか?7時まで誰も帰ってきませんよ?」

まだ3時前です、移動を考えても30分程でつきます。

「行こうか」

そう言い店を後にしました。

ホテルも考えましたが学生2人(しかも1人は中〇1年生)だと面倒くさそうだった為やめました、お金もそんなに無いですし。

電車は先程乗った時より人が多かったです。

電車の中で隅の方に立たせると、エリは立ちながらモジモジしてます、どうやらさっきのグリグリ攻撃で愛液が垂れてくるようです。

エリの両足の間に自分の足を入れて、膝でオモチャを押しました。

エリ「んっ!?お兄さん…!」

「どうしたの?なんか変?」

エリ「ダメ…ですって…こんな所で…!」

なおも膝でグリグリしていくとエリは手をマスク越しに口に当てていました。

マスクで顔が暑いのかそれともグリグリが効いているのか顔が赤くなっていました。

膝に暖かい物が垂れてくるのがわかりました、どうやらナプキンからハミ出た愛液の様です。

他の乗客に見えない様にスカートに手を入れわざとパンツからオモチャがハミ出る様に少し抜きました。

マ〇コのオモチャを少し抜かれたエリは驚いていました。

エリ「んっ!?」

エリは公共の電車の中でオモチャを入れ、愛液を滴らせている状況でした。

エリは手で直そうとしましたが俺はエリの手を握りました、エリのもう片方の手は電車の揺れに耐えるよう棒を握っており、直そうにも直せない状態でした。

エリ「ふっ…んっ…」

顔を赤くして何とか抜けない様に力を入れているみたいです。

電車を降り階段を登る時、エリはカバンを後ろ手に持ち見えない様にしていました、見たかったです。

家まで10分位のはずですが、エリの歩くペースは遅くそれ以上にかかりました。

エリの家の目の前に着き、エリは急いで玄関の鍵を開けて入りました。

エリ「んんっ!」

エリはそのまま玄関に倒れました。

「大丈夫!?」

その時は本気で心配しました、やり過ぎたと。

エリ「大丈夫です…すいませんが…部屋まで運んで下さい…」

自分の家の玄関でパンツからオモチャをハミ出し、倒れているエリをベッドに駅弁の体位の様に抱っこで運んで行きました。

歩く度に振動が来るようにわざと大股で歩きました。

エリ「あっ…!やぁ…!」

歩く度自分の腹にオモチャの感触が伝わりました。

ベッドに寝かせるとスカートをめくりました。

ナプキンはびちゃびちゃで、パンツも色が変わっていました。

M字に足を開き観察しました。

パンツの隙間から見えたマ〇コはめちゃくちゃに開き、オモチャを咥えこんでいました。

エリ「興奮しますか?」

「とっくにしてるよ、ほら?」

ジーパンのチャックを開け、自分のモノを出しました。

エリはいきなり咥えこんできました、そのままチュパチュパ舐めてきます。

「エリちゃん…いきなり…!」

エリ「我慢出来ませんでした」

「シャワー浴びてないけど大丈夫?」

エリは口を離して喋りました。

エリ「私も浴びてないんでお互いさまですよ」

エリからは柑橘系のボディーソープの匂いと汗の匂いの中にどこか甘い感じの匂いがしました。

服を着たまま69になりお互いを刺激していました。

パンツを膝までずり下げ、下からエリの中のオモチャ抜き差ししていくと愛液が垂れてきました。

エリ「んぁ…んっ…」

エリのマ〇コは「ズプッズプッ」と音を立て更に愛液を増やしていきます。

エリは前回の様な余裕は無いみたいで口が止まっていました。

「エリちゃん動き止まってるよ?」

エリ「すい…ません…んっ!」

その言葉の後エリはフェラを再開しました。

エリ「んっんっ」

早くイかせようとしてなのか大きく動いていました。

「エリちゃん…出るよ!」

エリは口の中で受け止めてくれ、目の前に顔を近づけわかるように飲んでくれました。

それと同時にオモチャを抜きました。

エリ「お兄さんの相変わらず多いですね」

「そう?ありがとう」

エリ「この間大変でしたよ、帰る時太ももまでお兄さんの精子が垂れてきました」

「なんかごめんね…」

エリ「みんな私の太もも見てましたよ」

「拭いても垂れてきたの?」

エリ「いいえ、拭いてないですよ?」

「拭けばいいのに…」

エリ「拭いたら勿体ないじゃないですか?」

痴女でした、変態です。

「エリちゃんて痴女?」

エリ「ちじょ?どういう意味ですか?」

痴女って言葉は知らなかったみたいでした。

「エリちゃんみたいに見られて興奮する子の事言うんだよ」

エリ「それはちょっと違います、私はHな事が好きなだけです」

エリちゃんの考えがよくわかりませんでした。

エリ「家に帰ったら思い出してオナ二ーしました、気持ちよかったです」

「そ、そっか…」

自分も変態だと思いますがエリはそれ以上だとわかりました。

エリ「お兄さん、続きシましょう…」

「いいよ、どっちでシたい?」

エリ「好きな方で良いですよ」

俺はエリのお尻がちょっとクセになっており、迷わずア〇ルを選びました。

2人とも全裸になりました、ブラはパンツとお揃いで白とピンクの物でした。

エリ「ローションちゃんと入れて下さいね」

エリはそういい仰向けになり、自分の両足を持ち左右に広げました。

渡されたローションをエリのア〇ルに塗り、指で解しました。

エリ「あっ…」

「指だと簡単に入るね、ミサキなんて指1本でもキツイのに」

次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(4件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。