成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

【高評価】昼間は僕の事をあごで使う美人女上司も夜は僕のデカチンを求める淫乱女です(その後2)

投稿:2020-08-05 23:17:39

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

武藤◆F0iAOVU(20代)
最初の話

僕の上司は「佐藤真紀(仮)」(独身40才)と言う女上司です、米倉涼子似で「わたし、失敗しないので」と言った雰囲気で仕事をこなす美人課長。実際有名私立大学を卒業し仕事もほぼ完ぺきにこなします。ただ自分基準でしか物事を見ないので他人には非常に厳しいです。特に仕事ができない僕には人前でも罵声を浴びせい…

前回の話

前回、美人で昼間は仕事ができる課長も夜は僕のデカチンを何回も求める淫乱熟女だった、というところを紹介しました。その後課長とは週1、2回は仕事とは別に会ってセックスしました。最初の頃は夜のセックスでも課長の方が仕切るところがありましたが今ではすっかり僕の言いなりになってきました。それは昼間の仕事中でも…

最近の課長仕事中もすっかりおとなしくなりました。他のメンバーも、

「課長変わったな」

と言ってます。

仕事中でも僕のチンポを求めるようになってきました。

昼休みなんかも、僕はさっさと昼食を済ませ、課長にライン、

「課長チンポ勃ってきたんで処理お願いします」

「何言ってるの無理よそんなの」

「だったらもう課長には僕のチンポあげないよ、彼女いるし」

とか返信して、彼女なんかいないのに、つい最近彼女ができた、と言うと課長焦っていました。

「わかったわ」

「じゃあ2階の書庫にいるから来てください」

そう返信して先に書庫に行ってると、来ました課長、

「あーよかった来てくれて、見て下さいこんなになって」

そう言ってファスナーを開け勃起したチンポを出します、

「さあどうぞ」

この一言で課長は咥えこみます。

「あ~きもちいい~、課長のフェラ最高です。彼女じゃこうはいかないんで」

じゅるじゅるいわせてしゃぶりつく課長、本当に気持ちのいいフェラ、

「あ~きもちいい、課長逝っちゃいそうですよ、あ~、もう我慢できない、逝っちゃいますよ」

そのまま課長の口の中に射精、

「あ~、すみません、気持ち良過ぎて出ちゃいました」

口内射精した精子を飲み干す課長、

「美味しいですか?」

「はい」

「美味しいんだったら、またフェラで逝かせて下さい」

「えっ」

「どうしました?」

「・・・」

「どうしました、いいですよ言ってください」

「入れて欲しい」

「何だそうだったんですか、じゃあ最初から行って下さいよ、おまんこにデカチン欲しいって」

「おまんこにデカチン欲しいです」

「仕方ないですね、じゃあ、脱いで、スカートあげてお尻こっちに向けてください」

言われた通り、パンツをおろし、スカートを捲り上げお尻をこちらに突き出します。

「うわ~、いやらしい格好ですね、お尻向けて、行きますよ」

後ろから亀頭をおまんこにこすり付け挿入、

「あ~」

「どうです、入りましたか?」

「はい」

「気持ちいですか?」

「はい気持ちいいです」

「よかった課長に喜んでもらえて、しかしもうグチュグチュに濡れていましたよ、そんなに欲しかったんですか?」

「はい」

「もう会社でも我慢できなくなってますね課長」

そう言って奥まで入れてグリグリかき回します、

「あ~、あ~、もう」

「もう何ですか?」

「逝っちゃう」

「逝って下さい」

「逝く、逝く、逝くっ、はあ~ん」

課長逝っちゃいました、

「逝っちゃいましたね課長、気持ちよかったですか?」

「はい」

「僕はまだ逝ってないんで」

そう言って激しく突きます、すると

ガタン、入り口のドアの音が、声がしてきます。一瞬止まりました。

「確かこの辺よね」

「うん多分」

声の主は同じ部署の、SさんとTさんの女性社員。何か資料を探している様子、僕と課長がいるのは、入り口から一番奥の、めったに誰も見ない昔の資料が置いてあるところ、ここまでくる様子は有りません、僕はピストンを再開します、

「ちょっと」

課長が小さな声で、拒みますが僕は構わず突きます、声が出そうな課長、自分のハンカチを出して口に当てます。課長の我慢している姿がそそります。

まだ2人の声はします、どうやら資料が見つからないみたい、僕はそのまま続け、誰かがいるこの状況にも興奮して逝きそうに、

「課長逝きますよ」

何も言わない課長、そのまま激しく突き課長のおまんこの中に射精しました。と同時にピクピクしている課長。

課長も逝ったみたい、僕は抜かないでそのままグリグリと動かします。

「あった」

「あった、あった、よかった」

と2人の声。

どうやら資料は見つかったみたい、2人が書庫を出て行きました。

「課長も逝ったみたいですね、案外この状況に興奮したとか?」

「そんな」

僕がまたガンガン突きだすと、

「あっ、待って、もう」

「でももっとしたいでしょ課長」

「あっ、あっ、逝きそう、逝きそう」

とここで止めます、

「えっ」

「課長もうこんな時間です、戻らないと」

僕はチンポを抜き、パンツの中に収めて書庫を出ました、しばらくして課長が戻ってきました、若干髪が乱れているみたい、デスクに戻った課長でしたが、何やらぼんやりと、そこでラインを、

「課長、何かぼーとしてますよ、それと髪も・・・」

慌てて髪を直す課長、さらにラインを、

「僕もまだ逝きたかったのに不完全燃焼です、夜に続きをお願いします」

と送ると、

「はい、わかりました」

と返信が、もちろんその夜、課長のおまんこに精子を注入しました。

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
投稿から3年が経過したため、投票ボタンは無効です。
抜ける・濡れた
投票:42人
いいね
投票:68人
文章が上手
投票:25人
続編希望
投票:172人
お気に入り
投票:42人
名作
投票:14人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:363ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 0回
  • 0回
  • 642回
  • 13,542回
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 10,741位
  • 2,622位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 4Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 8,877位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]