月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 19 分で読了)

【評価高め】
新規:気胸で入院したら性欲が溜まって、抜いてもらった看護婦さんと結婚した実話(馴れ初め)。(1/3ページ目)

投稿:2020-07-17 16:30:14

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

リセット
置き換え

本文(1/3ページ目)

日比野楓◆NmaBQw(愛知県/40代)
前回の話

私の名前は裕也40歳会社員、30歳の時に右肺が気胸になり急遽入院となった時に知り合った看護婦さんと結婚した私の馴れ初めの実話を書きます。

当時、朝から事務仕事をしていたら、呼吸が苦しくなり疲れかな~って夕方までほっておいたが、どうにも苦しく、近くの病院で検査してもらったら、右の肺が縮んでおり気胸の診断だった。

気胸は結構若い男性がなりやすいみたいだが・・私は30歳だった。

私の気胸は軽いほうで、肺から出た空気は身体の中で溜まり、空気の逃げるところがなく肺が圧迫されて小さくなるのを防ぐため、右脇をメスで開けて、肺と身体の間に管を入れ、機械で定期的に空気を出しながら治す自然治癒治療の説明を受けた。

治療の内容は納得したが、この手術をするときが一番ビビったw

なにがビビったかと言うと、担当医が立ち会いで居た研修生に対し、「○○君、横で指導するから一度やってみたまえ・・」なんて言い、切る時も「そう!・・そこ!・・そこを縦に切って」なんて言いながら・・

脇から管を入れる時も「そう!・・そこの周辺神経に気を付けてぐっ・・と管を奥に押す!」なんて言いながら、私は研修生の実験台にされたことw(これ本当w)

部分麻酔だから声はハッキリ聞こえるので、もう勘弁してくれって思いながら手術を受けた。

病室は4人部屋に入ったが、運よく私以外だれも入っていなかったので気楽だった。

その日の深夜、麻酔が切れてくると案の定・・管が神経に当たり仰向けに寝ると身体に力が入り激痛がはしるため、座って食事する台に顔を当てて寝るしかなかった。

それでも激痛は収まらず、ナースコールをして看護婦さんを呼んだ。

この呼んだ看護婦さんが後に発展して結婚するとは、現在激痛に耐えてる私には全然思いもしなかったw

看護婦:「はい~どうされました~」

私:あ・・すみません・・どうしても痛みに耐えられなくて寝れないんです・・

看護婦:「あ~研修生がしたんだって聞いた~神経に当たってるのかな?痛み止め飲む?」

私:はい・・そうします・・

それから、痛み止めを飲んでちょっとしたら楽になったので、座って朝まで寝た。

(この時も痛み優先で看護婦さんの顔は?とか、若いのか?とか、そんな観察する余裕が全然なかった)

翌朝

看護婦:「おはようございます~あれから痛みはどうでした?」

私:お・・・・・(若!・・しかも綺麗すぎ)・・はようござます。

看護婦:「あはは・・だいぶん言葉を溜めましたねw」

私:あ・・いえ・・昨夜はありがとうございます。

看護婦:「私はシフトで今は夜勤なので、この後帰ってまた夜だから、なにかあったらコールしてくださいね~」

私:あ・・そうなんですね・・ありがとうございます~

看護婦:「あっ!昨夜からまだ身体とか拭いてないでしょ?私やりますよ!」

私:あ・・いいですよ自分で出来ますから

看護婦:「そんな機械付いていたら背中とか拭けないでしょwいいから」

私:あ・・じゃぁお願います。

そう言って看護婦さんは、別室に行って温かく濡らしたタオルを数枚持ってきた。

看護婦:「さぁ!脱いで脱いでw」

私:あ・・はい・・

看護婦:「上だけじゃなくて下もだよ~」

私:し・・した?・・下は結構です・・

看護婦:「なに言ってるのw私達はそれも仕事だから気にしないでw」

(いやいやw・・そこらへんの年配看護婦なら気にしないが、こんな若い女性に下も見られるのはこちらが気にしますってw)

看護婦:「さぁwはやくw」

(なんか・・たのしんでないかw)

私:は・・はい・・

看護婦:「う・・・(うわぁああ~)なんで立ってるのよw・・しかも大きいw」

私:すみません・・なんか立っちゃいまして・・

看護婦:「ふふふ・・若いですねw」

(いや・・30歳ですがw)

なんだかんだ看護婦さんに言葉攻めされて身体全体を拭いてもらい、「じゃぁ~私はこれで~また夜来ます~」なんて言いながら部屋を出てかれた。

私は嬉しいのもあったが、こんなことを毎日される恥ずかしさが勝っていた。

それと看護婦さんの服に苗字が「伊藤」と書いてあり下の名前はわからないが、伊藤さんと名前はわかった。

その日も痛みは全然治まらず、絶対神経に当たってると思いながらも痛み止めを服用して我慢した。

その日の夜、やはり男だからか下がソワソワしだして、射精したかったが後始末ができないので、チンコを出して逝く直前までオナっていた瞬間・・・

伊藤:「こんば・・ん・・・・・」ダダダ・・

(あ・・見られた・・にげた・・おわった・・・・)

そう思っても性欲が収まらず、シコるだけしごいたが逝く瞬間に止めて自分で納得してチンコをしまった。

私:ふ~~・・・なんか惨めw

それから数十分後、

伊藤:「〇〇さんいいですか~」

私:あ・・先程は・・すみません・・

伊藤:「い・・いいですよ~若いですし溜まりますよねw・・でもビックリして・・」

私:はは・・・

伊藤:「それで・・出したんですか?w」

私:いえいえw・・射精しても自分で後始末できないので、瞬間にやめましたw

伊藤:「そうなんですかw我慢するんですねw」

私:まぁ・・仕方ないですね・・はい・・

伊藤:「あの~・・なんなら私が手伝いましょうかw」

私:いえいえwいいですよw

伊藤:「そうですか・・我慢できます?w」

私:い・・いや・・まぁ・・はは・・

伊藤:「じゃぁ~下脱いでw」

私:い・・いや・・やっぱ・・だいじょ「もう!いいから!!」

なんだかんだ・・下とトランクスを脱がされ・・

伊藤:「う・・うぁああ~凄い太くて大きいw・・すご・・」

私:はは・・

伊藤:「じゃぁ~握っていい?w」

私:は・・はい・・(ギュ)・・お・・」

伊藤:「ふふふ・・すご・・(コシコシ)・・うああw・・すごい・・」

私:なんか遊んでません?w

伊藤:「そんなことないw一生懸命だよw」

私:あ・・あ・・そろそろ逝きそうです・・逝きそう・・

伊藤:「えっ?w・・逝く?・・ちょっとタオルを胸にw・・いいよ~~w逝って逝ってw」

私:はぁ・・はぁ・・い・・逝くっ!

(ドビュドビュドビュ~~~)

伊藤:「うああああ~~す・・すごい・・すごい出たねww・・うぁ・・精子が出るところ初めて見たw・・すごw・・」

私:あ・・いや・・その・・手を止めて・・手を・・

伊藤:「あ・・はは・・そうだね~wごめんごめんw」

私:はぁ・・はぁ・・気持ちよかったw・・

伊藤:「うふふ・・スッキリした?w」

私:はい・・

伊藤:「よかった~wじゃぁ後始末するねw」

私:伊藤さんありがとう~

伊藤:「えっ?・・あ~名札かwびっくりしたw」

私:はは・・ちなみに下の名前は?

伊藤:「そんなの聞いてどうするのよw・・はは・・舞よw」

私:舞ちゃんか~いくつ?w

舞:「そんな~w女性に歳なんか聞いてw・・25歳だよw」

私:25歳か~ちょうどいいな~w

舞:「何がちょうどいいのよww」

私:いや・・口説くにはw

舞:「・・・・・・残念~私・・彼いるもん~(ベェー)」

私:そ・・そうだよな・・こんな綺麗な女性・・男がほっておくわけないかw

舞:「そうだよ~・・・はいじゃあ~終わり!wまた体調悪くなったらコールねw」

そう言って舞は部屋を出ていった。

私:はぁ・・この入院生活・・2週間も続くのかよ・・

そう思いながら翌日、舞ちゃんは休暇だったみたいで来なかったが、次の日の夜また検診に来た。

舞:「はい~〇〇さんこんばんは~調子はどう?w」

私:はい・・まぁ~なんとかw昨夜は休暇だったのかな?

舞:「そそ・・デートよwデ~~~トw」

私:デートか~いいな~こんな綺麗な女性とデートなんて・・

舞:「そんなことないよw・・ところで昨夜は我慢したの?w」

私:我慢?・・あ~オナかw・・そ・・そりゃ~一人でできないからなw

舞:「そかそかw・・また手伝おうかw」

私:い・・いいよw恥ずかしいし・・なになに?彼のチンコがあるのに・・俺のチンコが見たいの?w

舞:「ばかw・・彼のことはいいのよ・・」

私:うん?・・どうした?

舞:「な・・なんでもないよw・・さぁどうするの?w」

私:じゃ・・じゃぁ~お願いしようかなw

舞:「そうこなくっちゃw」

舞:「うああ~やっぱ大きいね・・すご~い・・(シコシコ)・・」

私:お・・お・・気持ちい・・舞ちゃんは彼にもこんなことして?w」

舞:「・・・・彼のことはいいから・・」

(なんか様子が微妙に変だな・・・)

私:はぁ・・はぁ・・いい・・あっ・・逝きそう・・

舞:「え?・・逝く?・・待って・・(んぐっ)ん~~んん~~ジュルジュル・・」

私:え・・え?・・ちょ・・ちょっとw

舞:「うふ・・少しだけだよ・・ジュル・・あ~本当に大きい~全部口にはいらないw・・ジュル・・んっ・・んっ・・ジュル・・」

私:はぁ・・すご・・はぁ・・はぁ・・だ・・だめ・・逝きそう・・逝きそう~

舞:「んっ・・い・・いいよこのまま出して・・んっ・・ジュル・・」

私:え・・いいの?・・あ・・だめ・・逝く・・いっ逝く~~

(ドビュドビュドビュ・・ドクン・・)

舞:「んっ!?・・ん~~んん~~フ~んん~・・はぁ・・す・・すご・・(ゴクン)・・」

私:えっ・・飲んだの?w

舞:「ん?・・ふふ・・うんw」

私:す・・すごw・・いいな・・こんなことしてもらえる彼はww

舞:「もう・・彼はいいから・・・・・・彼とは・・昨夜別れたから・・」

私:えっ・・ええええ~な・・なんで?

舞:「ちょっと前から関係が良くなくって・・私も25歳だし・・結婚も最初は考えてたんだけど・・だんだんなんか違うなって・・それでも昨夜話をして・・結婚は?って聞いたら・・まだ考えてないって言われたので別れた・・」

私:そ・・そうなんだ・・なんかごめん何回か彼のこと言っちゃって・・

舞:「ん~~ん~~大丈夫w・・そんなことより気持ちよかった?w」

私:そ・・そりゃ~もうw

舞:「あはは・・よかったw・・じゃぁまたなんかあったらコールネw」

そう言って帰っていった。

(そう・・舞とこの先いろいろありましたが、私と結婚した女性です。)

それから一週間ほどはなかなか痛みが取れなかったが、定期的に舞が手で抜いてくれたので、気分的には良かった。

それから段々痛みが無くなり、機械はそのままだったが身体は動かせたので、自分で出来ることはやった。

それからは痛みもなかったので夜は寝てしまい、舞ともなかなか会わなくなり、逆に精子が溜まっていった。

そして退院する前日の夜、夕飯を食べて寝ていたがやっぱりそろそろ限界だったので、ティッシュを用意して布団の中でオナっていたその時、

舞:「は~い!○○さん~wこんばんは~起きてます~?w」

私:えっ!・・あっ!・・ちょ・・あっ・・はい・・

舞:「なになに?wなにしてたのさw」

私:い・・いや・・なにもしてないよ・・寝てただけだよ・・

舞:「ふふ・・嘘w・・顔にでてるよw・・嘘つけないタイプだねw・・ほらw(バサッ)」

舞:「あはw・・やっぱり一人でしてたんでしょ?w」

私:(バサッ隠して)ま・・まぁ・・限界だったから・・

舞:「あはは・・そんな誰でもあることだから気にしないw」

私:・・で・・読んでないのにこんな時間になんで来たの?・・

舞:「あ~なにその言い方~w」

舞:「明日は退院なんでしょ?主任から聞いたよ~なんで呼んでくれないのさw」

私:い・・いや・・忙しいだろうし・・前みたいに痛みでコールすることもないので・・

舞:「でも溜まってるんでしょwそういうときも呼んでくれないとw」

私:いやいやw・・それはなんか違うでしょw

舞:「ふ~ん・・じゃぁいいの?」

私:あ・・いや・・お願いします・・

舞:「ふふ・・素直じゃないね~w・・ほら隠さないで(バザッ)・・あああ~~wもうビンビンになってるw」

私:まぁ・・はい・・あっ!・・お・・おお~・・はぁ・・はぁ・・

舞:「〇〇さん・・もう先からなんか出てるよw」

私:んっ!・・はぁ・・はぁ・・そうかな~・・」

舞:「あはは・・最後だから口でしてあげようか?w」

私:え・・いいの?・・ぜひw

舞:「うふふ・・んぐっ!・・んっ・・ん~~んん~~ジュル・・す・・すごw」

私:はぁ・・はぁ・・気持ちいい・・すごい・・(右手で舞のお尻を触ってみる)・・

舞:「ん~~んっ!・・こらっ!w・・だめw・・なにやってるのw」

私:あ・・いや・・俺もなんか・・その・・お尻さわりたいな・・ってw

舞:「え~~・・・・ん~~じゃぁ~少しだけならいいけど・・触るのは下着の上までねw」

舞:「直接は駄目だからね!w」

私:・・・・・・・・はい

舞:「こらw・・なにその(・・・・・)間はw」

私はスカートの中に手を入れてお尻を触りながらなりげなく後ろからマンコ部分を刺激した)

舞:「んっ!・・あんっ!・・お尻だけあああっっ!・・だめ・・あんっ・・ちょ・・ちょっと・・そこは・・あんっ・・はぁ・・はぁ・・」

私:あれ~~?・・舞さんのアソコ・・なんか湿ってるよw

舞:「ん~~んん~~はぁ・・ば・・ばか・・そんなことない・・はぁ・・はぁ・・」

私:なんか息遣いも荒くなってるようなw

舞:「そ・・そんな・・あんっ・・ジュルジュル・・んんっ!・・んんっ!・・」

私:はぁ・・も・・もう駄目だ・・逝きそう・・逝っていい?・・逝く~~

舞:「んっ!・・いいよ・・んぐっ・・ジュパジュパ(ドビュドビュドビュ)んっ!・・んんん~ジュル・・んはぁ~・・ほらこんなにw・・(ゴクン)・・んはw」

私:舞さん・・はぁ・・気持ちよかった・・最後にありがとうw・・

舞:「そうなんだよね・・今日が最後なんだよね・・あのさぁ~よかったらラインとか電話交換しない?w」

私:え・・いいけど・・どうした?w

舞:「いや・・またタイミングあったら会って飲みにでも行きたいな~ってw」

私:私は大歓迎ですがw夜のシフトだとなかなか大変だよね?

舞:「あ!・・シフトは月ごと変わるし、今は夜勤が多いけど昼勤もあるから夜は大丈夫だよw」

私:そうなんだwじゃぁ~そういうことなら期待して待ってますw

舞:いや・・待ってるだけじゃなくて・・ちゃんとラインもしてよ~w

私:はいはい~w(私としてはこんな綺麗な女性と連絡先を交換するだけで十分だった)

翌日、「ありがとうございました~お世話になりました~」って言いながら病院を後にした。

それから数日(最初の頃は頻繁にw)舞とラインのやり取りをして、来月の3日土曜日の夜に〇駅で待ち合わせをして食事を行くことになった。

3日土曜日

舞:「お~いw・・やっほ~〇〇さんお久~w」

私:やっほ~ってw

舞:「いいじゃない・・今日はすごく楽しみにしてたんだ~w・・さぁ行こ行こ!」

私:俺がいつも行ってる駅前の居酒屋でいい?個室だからゆっくりできるし」

舞:「あ~個室~いやらしい~w」

私:なんでじゃww

舞:「あはは・・冗談よw」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。