エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 14 分で読了)

ユキエとビーチに旅行に行ってイチャイチャしまくりました(1/2ページ目)

投稿:2020-06-30 16:18:07
更新:2020-06-30 16:18:07

この話のシリーズ一覧

本文(1/2ページ目)

タナヒさん◆GSFUcoc
前回の話

ユキエとの交際は順調で連休には必ずどちらかが会いにきてデートをしています。

ちなみに生セックスをした結果ですが、ユキエのお腹に赤ちゃんが出来ることはありませんでした。

ユキエ「残念だったなあ。ユウジとの赤ちゃん欲しかったのに」

「まあ、実際出来てたらお父さんに挨拶するときめっちゃ怒られただろうしねえ」

ユキエ「大丈夫。そこは有無を言わさず結婚OKさせるから」

ユキエのお父さんはユキエには甘々で強く出られないらしいのですが、いざとなった時には…想像するのも怖いのでここで止めておきます。

これは数年前に海にデートに行った時の話です。

大学の夏休みを利用して一泊で海辺のホテルに泊まりに行くことになりました。

泊りの旅行は高校卒業前に混浴があるホテルに行ったっきりだったので、僕もユキエも旅行が決まってからはテンションの高い日々が続きました。

ホテルはちょっと高級なビジネスホテルで、ワンルームで大きめのベッドが一つある部屋でした。

最初はツインにしようかと言ったのですがユキエが、

ユキエ「どうせ一緒に寝るんだからベッド一つでいいでしょ」

と言ったのでそうなりました。

ユキエは部屋に入った途端にベッドにダイブしました。

ユキエ「うわ~、想像以上にフカフカなんだけど」

僕も座って見るとたしかに柔らかい素材で気持ちのいいベッドです。

「たしかにこれは気持ちいいね」

ユキエ「ふふふ。気持ちいいベッドでもっと気持ちいいことしちゃいたいな~」

ユキエは上目遣いでニコニコとして僕を見てきます。

ワンピースの上から腕で胸を寄せて谷間を強調させているのはわざとでしょう。

「…それ誘ってる?」

ユキエ「どうかな~?ねえ、興奮しちゃってる?」

「別に」

ユキエ「ウソつけ!」

ユキエは短パンの上からギンギンに勃起したアソコをギュッと掴んできます。

ユキエ「ビンビンじゃん。谷間だけで興奮しちゃって本当エッチなんだから」

「それくらい魅力的ってことだよ」

ユキエ「へへへ、ありがとう。褒めてくれたお礼にお口でしゃぶってあげよっか?これだとビーチでテントはっちゃうもんね」

「それは避けたいかも」

僕がベッドに座ると、ユキエは床に座って足の間に入ってきます。

短パンとパンツを脱がしてくれると、ビンビンに反りかえったアソコが現れます。

ユキエ「うわっ、なんかいつもよりおっきくない?」

「今日のために一週間オナ我慢したから」

ユキエ「よく頑張りましたね~。ご褒美にご奉仕ご奉仕~」

と言うとユキエは先っぽにキスをしたあと、竿を舌先で上から下まで丁寧に舐めてくれました。

玉も綺麗に舐めてしゃぶってくれたあと、ジュポジュポと本格的なフェラへ。

ユキエは唾を口に中に溜めるとそれを使って激しいフェラをしてくれました。

「うっわ、めっちゃ気持ちいい…」

ユキエはニコッとした目で見るとさらに激しく口を動かし、中で舌を巻きつけるようなテクもみせてくれます。

「ユキエ…フェラ上手くなりすぎ…」

ユキエ「へへへ。付き合ってからユウジのしゃぶりすぎてお口マ〇コみたいになっちゃった」

先っぽをノドの奥でキュッと締め付けるとあまりの気持ちよさに腰が浮いてしまいました。

ユキエ「ユウジ感じすぎだからwww」

「だって気持ちよすぎなんだもん」

ユキエ「褒められると嬉しいなあ。ねえねえ、イラマチオして欲しいなあ」

ユキエは上目遣いでおねだりをしてきます。

僕が仁王立ちになるとユキエはニコニコとして口をいっぱいに開けてくれます。

僕は口をアソコに見立て、ギンギンに勃起した一物を口の中へと挿入していきます。

先っぽで喉の奥を感じるとユキエの頭を押さえて激しく腰を振り始めました。

イラマチオはユキエの最近のお気に入りで苦しくなればなるほど興奮するそうです。

喉の奥にガンガンに打ち付けるとユキエは苦しそうにしながらも顔を真っ赤ににして興奮しています。

限界が来ると膝をタップしてきました。

口からアソコを抜くと、ユキエの口からはダラダラとヨダレが垂れて呼吸もかなり荒くなっていました。

ユキエ「ユウジの…太いので…お口パンパンに…なっちゃった」

「痛かった?」

ユキエ「ううん。なんかめっちゃ興奮した」

ニンマリとした笑みを浮かべると竿をしごきながら先っぽにキスをしてきます。

ユキエの唾でドロドロになったアソコはユキエの手でシコシコされると我慢汁が止まらなくなります。

先っぽからだらだらと流れる我慢汁をユキエは舌で全部なめとってくれます。

ユキエ「ユウジの我慢汁めっちゃ美味しいわwww」

「ユキエヤバイ、もう逝きそうなんだけど…」

ユキエ「いいよ、お口にい~っぱいだして」

竿をしごきながら唇を先っぽをチューチューと激しく吸い上げてきます。

僕は我慢の限界が来るとユキエの口の中に放出してしまいました。

5回、6回とアソコから精子が放たれてユキエはそれを全て口の中で受け止めてくれました。

口をアソコから抜くと、収まりきらなかった精子がダラダラと床に落ちていきます。

ユキエは涙目になりながらも口に入った大量の精子を見せてくれてごっくんと飲み干してくれました。

ユキエ「…すっごい濃厚だね。おいちい」

クスッと微笑みながら言うユキエに僕はもう我慢できず、抱っこするように持ち上げるとベッドの上に投げ飛ばすようにして寝かせました。

ユキエ「ちょっとユウジ…」

ワンピースを脱がせて下着もあっという間に脱がせて全裸にします。

膝を持ち上げてマンぐり返し状態にすると、目の前にぐちょぐちょに濡れたユキエのマ〇コが。

「ユキエぐちょぐちょになっちゃってんじゃん」

ユキエ「だって…」

僕はぐちょぐちょのマ〇コを舐めまくりました。

ユキエ「ちょっと!あっ、あっ、き、きもちいい、ああっ!」

喘ぎ声を上げるたびにぐちょぐちょ度は増していき、次から次へとエッチな液体があふれ出してきます。

それをジュルジュルと吸うと。

ユキエ「もう!そんなに吸わないで…ああああ!ダメ、クリはだめだってえ!あああああっ!」

クリを剥いて舐めるとユキエの腰はガクンガクンとなってあっという間に逝ってしましました。

ユキエが快感に震えている間に僕はバックからコンドームをだして装着すると、すぐにアソコにグイっと腰を押し込みました。

グチョグチョになりすぎて光っているユキエのマ〇コはなんの抵抗もなく僕のデカチンを飲み込んでくれます。

ユキエ「あああん!ダメ、いきなり奥ダメだってばあ、ユウジ!あっ、あっ、あっ、おっき、奥、ああああ!」

「すっげえユキエの中あっつい…」

我慢できずに腰をガンガンに振ると、ユキエは甲高い喘ぎ声を上げます。

ユキエ「あっ!あっ!あああああ!すっごい、激し!いく!いくぅぅ!」

ユキエの方からも腰を打ち付けるように動かしてきてベッドは激しくギシギシと揺れまくります。

まん丸に綺麗なGカップの爆乳も上下に激しく揺れまくっています。

「ユキエ!おっぱい、おっぱい揉んでいい!?」

ユキエ「いいよ!いっぱい、いっぱい揉んで!」

激しく揺れる爆乳を鷲掴みにすると、片手には収まらないほどのボリュームでふにゃふにゃと柔らかく僕の手から逃げていきます。

「やわらけえ…」

爆乳の感触に興奮した僕はさらに激しく腰を打ち付けます。

先っぽと子宮がキスするたびにユキエの喘ぎ声はさらに大きくなっていきました。

ユキエ「あっ!あっ!あっ!あっ!イク!イク!もう無理、死んじゃう!気もちよすぎて死んじゃうよぉ!ああああああ!」

「出ちゃう!ユキエ出ちゃうよ!」

ユキエ「出してぇ!ユキエの奥でいっぱいいっぱい出してぇ!!」

「うおおおおお!」

ユキエ「あっ!激し!イク、イクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

我慢の限界を迎えてしまい精子がアソコから放たれました。

魂を抜かれたんじゃないかというほどの快感でアソコがびゅ!びゅ!となるたびに脳みそがビリビリとしびれるほどの快感が襲ってきます。

ユキエの腰はガクガクと止まらず、激しい呼吸をするたびにプルプルと爆乳が揺れています。

ようやく落ち着いてアソコをゆっくりと抜くと、ユキエのエッチな液体で真っ白になっていました。

ユキエは呼吸を荒くしながらもなんとか起き上がってコンドームを外してくれます。

コンドームの先に溜まった精子は会心のセックスを象徴するように大量でした。

ユキエは丹念にお掃除フェラをしてくれます。綺麗になると今度は僕の首に両腕を回してきてディープキスをします。

僕も舌をねじ込んで激しいキスをします。

ほんのりと香る精子の匂いと胸板でつぶれる柔らかい胸の感触がなんとも言えず心地いいです。

唇を離すとユキエは頬をぽっと赤くしてニコニコと僕を見つめてきます。

ユキエ「もう、ユウジのエッチ。あんな激しいのする気なかったのに」

「だってユキエの喘ぎ声がエロすぎるから」

ユキエ「こんなおっきなおちんちん入れて我慢できる女子はいませんから」

と言うと優しくアソコを撫でてきてくれます。

僕もおっぱいを右手で優しく揉み始めると背中を胸板に預けてきてくれました。

ユキエ「あ~あ、海でいっぱい遊ぶ予定だったのになあ。すでに腰ガクガクなんですけど」

「ごめんね。我慢できなくて」

ユキエ「本当、これで結婚したら毎日これが続くわけでしょ?体持つのかな~?」

「その時はほら、自慢のパイズリで抜いてくれればさ」

ユキエ「じゃあもっとパイズリ上手くならないとね。ユウジが外で浮気しないように」

「もう十分上手いと思うけど…それに絶対浮気なんかしないし」

ユキエ「おっぱい星人は信じられないからな~」

ユキエはクスクスと笑ってこっちを見てきます。

セックスではだいぶ主導権を握れるようになってきたのですが、普段はユキエに翻弄されっぱなしの僕でした。

休憩した後海に行くことになりました。

一緒にシャワーを浴びようかとも思ったのですがまたイチャイチャして我慢できなくなるといけないので別々で浴びることに。

ビーチは家族連れや友人グループなどが多くみられていましたが、足の踏み場がないほどは込んでおらず適度に快適でした。

僕たちは持ってきたビーチパラソルとシートをしいてそこに座って海を眺めていました。

僕は普通のサファリ柄の水泳パンツ。ユキエは上下パステルカラーのビキニを着ています。

「やっぱり目立つね」

ビーチには水着を着た女性はたくさんいたのですが、ユキエの長い手足にくびれた腰回り。さらには深い谷間が自然と寄ってしまうほどの爆乳を持った女性は見当たりません。

ユキエ「そう?なるべく露出低いの選んだんだけどねぇ」

「それでもこの谷間はエグいよ」

ユキエ「じっと見すぎ~。本当はもっとエロいビキニも用意してきたんだよ。ユウジがビンビンになっちゃうようなセクシーなやつ。それ着てくればよかったかな?」

「それはダメ。ユキエはその…僕のものだから」

ユキエ「独占欲でた~!大丈夫大丈夫。私は身も心も全部ユウジの物だから。だって…」

ユキエは僕の耳元に顔を寄せてくると。

ユキエ「ユキエの心臓までユウジのおっきなおちんちん刺さっちゃってますから」

「…心臓まではいいすぎじゃない?」

ユキエ「そんなことないよ。エッチしてるときマジでささってるんじゃないかってくらい興奮してるもん。なんなら叫んであげよっか?ユウジよりも立派なおちんちんの自信ある人手あげて~って」

「ちょ、ちょっと。それはダメだって」

ユキエ「冗談だよ冗談www」

そう言いながらもユキエながらやりかねなさそうなので心配になってしまいました。

その後、一緒に海に入って泳いでみたり、貸し出ししていてビーチボールで遊んだりしました。

動くたびに揺れる爆乳に周りにいる人は男女関係なく視線を引き付けられていました。

たまにナンパ目的の男が近寄ってきましたがその時にはユキエは僕と腕を組んだり抱き着いたりしてイチャイチャぶりをアピールしていました。

それを見るとナンパ目的の男たちは不機嫌な顔になって去っていくのでした。

夕方まで目いっぱい遊んだあと、部屋に戻ってシャワーを浴びるとホテルの近くにある居酒屋さんに夕食を食べに行きました。

一時間くらい飲んだり食べたりして、僕はトイレに立ちました。

戻ってくるとユキエが女の店員さんと何かを話しており、遠目に見ると話しが弾んでいるように見えました。

「なに話したてたの?」

ユキエ「ふふふ、いい情報もらっちゃった」

と言い、その情報が何かを聞いたのですがお楽しみと言われて教えてくれませんでした。

その情報は居酒屋の帰りに手を繋いで歩いている時に教えてくれました。

ユキエ「なんかね、地元の人しか知らない穴場のビーチがあるんだって」

「穴場のビーチ?」

ユキエ「うん。知ってる人が少ないから運が良ければ誰もいないビーチ独占出来るらしいよ。しかもね、その…カップルの聖地って呼ばれてるんだって」

「それは…行くしかないね」

ユキエ「へへへ、そう言うと思って地図書いてもらっちゃった」

ポケットから地図の書いた紙を出してニコニコと笑ってきます。

そのまままっすぐ行くのかと思いきや一回部屋に戻りたいと言ってきました。

僕はロビーで待っていると10分ほどしてユキエは戻ってきました。シャワーを浴びるのには短いので何をしていたのか聞こうと思ったのですが、行こう行こうと手を繋がれて引っ張られてしまいました。

地図は道を外れて軽い森の中を進んでいくというものでした。

10分ほど歩くと道が開けてそこを真っすぐ進むと突然ビーチが広がりました。

月明りに照らされたビーチは周りを岸壁に囲まれており、幻想的な雰囲気に包まれています。

ユキエ「うわ~、なんかロマンチック」

「僕たちだけみたいだね」

ユキエ「じゃあ今日は私たちのプライベートビーチってことだ」

僕たちは腕を組んで砂浜に座って海を眺めました。

ユキエは僕の肩に頭を乗せてきて、時々軽いキスを交わし合います。

何も会話がなくても空気が保たれるほどビーチの雰囲気は最高でした。

ユキエ「…私たちさ、付き合ってもう半年以上たつんだね」

「半年かあ…何回くらいエッチしたんだろ?」

ユキエ「気になるのそこ?多分100回は超えてるだろうね」

「付き合う前も入れると…」

ユキエ「ちょっとヤバイくらいの数かもね」

「そんなヤバイくらいエッチしてるのにさあ。全然飽きないってもっとヤバイのかな?」

ユキエ「たしかに。セックスレスとか一生ありえなさそうだもん。だから多分…ウチら運命の相手だったんだよ」

ユキエはさらにギュッと抱き着いてきます。

ユキエ「だからユウジが告白してくれたときすっごい嬉しかったんだ」

「僕もユキエみたいな素晴らしい女性と付き合えってすっごい嬉しいよ。ユキエ…愛してる」

ユキエ「私も…すっごくすっごく愛してる」

僕たちはキスをしました。

最初は優しいキスだったのがだんだんと激しくお互いを抱き合い、舌を絡ませるディープキスに。

唇を離すとお互い顔が真っ赤になるほど火照っています。

ユキエ「ユウジにね、見て欲しいのがあるの」

そう言うとユキエは立ち上がって服を脱ぎだしました。

Tシャツをショーパンを脱ぐと、ユキエはものすごくセクシーな水着をきていました。

上は乳首がギリギリ隠れるほどの三角ビキニ。下はお尻が全部見えちゃっているほどのTバック。

「これが…エッチな水着?」

ユキエ「そう。ユウジが喜んでくれるなかって…エロいかな?」

「エロすぎるよ…こんなのビーチに着て行ったらあの時いた男全員テント張っちゃってたよ確実に」

ユキエ「そんなに?」

「だってほら」

僕も立って短パンとパンツを脱ぐとビンビンに勃起したアソコが現れます。

ユキエはそれを見てクスクスと笑っています。

ユキエ「なんかさ…ウチら変態カップルっぽくない?」

「ぽいんじゃないんだよ。確実に変態カップルだよ。彼女はめっちゃエロい水着着て爆乳さらしてるし」

ユキエ「彼氏はデカチンビンビンにしちゃってるし?」

僕たちはクスクスと笑い合うと、ぎゅっと抱き着いてキスをしました。

長い長いキスの間に僕はユキエのおっぱいを優しく揉み、ユキエはアソコを愛でるように優しくシコシコとしてくれます。

コメント(3件)

コメントを投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!