エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 9 分で読了)

【評価高め】
妻がOの言いなりに自撮り画像を送った挙句に・・・

投稿:2020-06-28 16:47:41
更新:2020-06-28 16:47:41

この話のシリーズ一覧

本文

名無しさん◆KWYQUXg
前回の話

はじめにOの容姿について質問をいただいていたので、書きます。

Oは普通のおじさんタイプで、見た目は誰に似ているということはありませんが、融通の利かなそうな性格が容姿に出ているような見た目です。髪には少し白髪が入ってきているので年上だと思います。

自分のこだわりがあるのか、地域行事などで色々なことに口を出してきて、勝手にルールを作ったりと面倒なタイプです。ここ1、2年はやたらと我が家に対して絡んでくることが多くて困っていました。

前回以降の動向としてはRやOが防犯カメラに映ることもなく、さらに新型コロナウィルスの影響で私が定期的に自宅待機となったこともあってか、特に動きはなく過ぎていました。

唯一、変わったこととしては、ベッドに隠してある箱に新しいディルドが入っていました。

それはUが送ってきたものと同じくらい大きいもので、見た感じでは、すでに使用済みのようでした。

試しに気付かないところに水性のペンで印を付けておいたら、次に確認した時には印が消えていたので、間違いなく使っていると思います。

それ以外は自粛生活の中で出来事もなく過ごしていましたが、生活が少しずつ通常に戻ってきたことに合わせるように、色々なことが起こりはじめました。

新型コロナウィルスの影響で遅れていた子供の学校の役員改選で、我が家が運悪く役員に選ばれてしまいました。いつかは順番で来てしまうようなものなので、渋々引き受けたのですが、1回目の役員顔合わせに行って愕然としました。

役員の中にOがいるのです。これまで学校の役員には全く縁がなく、誰が役員をしているのかを知らずにいましたが、広報委員としてOが役員をしているのだそうです。

顔合わせには妻と2人で出席しましたが、Oは私のことは無視だったにもかかわらず、妻のことは顔や胸のあたりを盗み見ていました。

妻もマイクロSDの動画でOから見られていることを知っているはずなので、相当気まずそうな雰囲気でしたが、役割の説明や打ち合わせがある中でOだけに注意を払うわけにもいかず、そわそわした様子で参加していました。

顔合わせ当日は、また自粛期間が明けたばかりということもあり、担当の説明のみで終わって帰路につきました。

その日は帰宅が遅くなることが分かっていたので、子供は実家に預けて翌日迎えにいくことにしていました。帰宅後は妻と2人きりという状況や、Oへの対抗心のような気持ちもあり、妻の誘いに乗って久しぶりのエッチをしましたが、久しぶりなだけに妻の変化を感じてしまいました。

まず、妻は色っぽいというか、異常なほどに感じやすくなっていました。挿入したたけで軽く痙攣したり、私が休憩をしていると自分で胸を揉んだりと、それまでは見せたことのない姿を見せていました。

それと、妻には本当に申し訳ないのですが、膣が相当ゆるくなっていて、締め付けではイクことができず、子宮口に打ち付ける刺激でやっと達することができました。

それからしばらくして、延期となっていた役員会の懇親会が行われました。参加者は顔合わせに参加した全員ということでしたが、さすがにOと妻を会わせるのは避けたほうがいいと思い、妻には参加しないことでいいかを確認しました。

しかし、意外にも妻からの回答は参加するというものでした。理由を聞くのもおかしい話なので、参加を止めることもできず、かといって1人で参加させるのは危険すぎると思い、結局2人で参加しました。

当日はあまり派手な開催にはしない、という説明でしたが、皆、久しぶりの飲酒の場なのと、知らない人同士なのでお酒がすすんでいるようで、不謹慎ではありましたが後半は盛り上がった宴会となりました。店も過密になりすぎないように貸し切りだったようで、閉店まで自由に使っていいと言われていたようです。

妻ははじめこそ落ち着かない様子でしたが、もともと酒の場が好きなこともあり、しだいに調子よく飲みはじめていました。

宴会中はOが絡んでくる様子もなく、私もできるだけ妻の近くにいるようにしていたので、特に何事もなく時間が過ぎていきました。

間もなく終わりという時間になったころ、同じ学年の役員から声がかかり、会長に挨拶をしたほうがいいということだったので、会長のところに行くことにしました。

妻はどうしようかと思いましたが、今回も相当酔っていて、Uと初対面のときの失態がよぎったので、私だけ手短に挨拶をするつもりで会長のところに行きました。

会長に挨拶をすると、会長は妻よりも出来上がっていて、周りの役員たちにマシンガンのように話しかけていました。

私が挨拶をすると、マシンガンの矛先が私になり、同時に周りで話を聞いていた他の役員がサッといなくなりました。

ここでやっと、身代わりとして連れてこられたのだと気付きました。

それから会長の話は止まる気配がなく、話を逸らしてもすぐに会長の話に戻されるということが続きました。当然、助けが来るはずもなく会長の相手をしていましたが、店の閉店時間になったことでやっと開放されることになりました。

30分以上、興味のない話を聞くことになり、へとへとになって辺りを見回すと既に締めも終わっていたようで、3分の2くらいの人が会場からいなくなっていました。

ここで妻の姿を探しましたが、周りには見当たりません。はじめに居た席に戻ってみましたが、バッグはあるものの、戻ってきたような形跡はありませんでした。

他の人に聞こうとしても、ほとんどが初めて話す人ばかりで、妻の面識がある人もいません。2次会も用意されていないということでした。

とりあえず店の中を探してみましたが、会場だった1階には見当たらず、吹き抜けになった2階にあるカラオケのできる個室は、新型コロナウィルス対策で今はどの部屋も使っていないということでした。

それでも迷い込んで寝ている可能性もあるので見に行こうかと思いましたが、いよいよ人も居なくなり、会長が話し相手を探してうろつきだしたので、しかたなく妻のバッグを持って店の外に出ました。

店の外に出てみると残っている人はほとんどおらず、家族の迎えを待っている数人だけでした。

しばらく店の付近を探してみましたが、妻の姿はやはり見当たりません。妻のスマホに電話をしてみましたが、私が持っていた妻のバッグの中で着信音が鳴りました。

ひと通り辺りを確認してみてから、もう一度店に戻ってみましたが、既にシャッターは半分下りていて、中に人のいる雰囲気はありませんでした。

もしかしたら家に帰っているかもと思い、タクシーで家に帰りましたが、子供を実家に預けていた家には誰もいないままでした。

どうしようかと思いましたが、手がかりもありません。もしかしたら妻のスマホに知り合いから連絡が入っているのではと思って、家に入って確認してみることにしました。

妻のスマホは相変わらずロックなどかかっておらず、すぐに中を確認することができました。

履歴を確認していると着信は私からのものだけです。ラインにも怪しいメッセージはありません。色々と確認をしていく中でメールを見てみることにしました。

メールはほとんどが知り合いからのものでしたが、昨日着信しているメールに送り主の名前が表示されていないメールを見つけました。何となく気になって確認してみると、メールには

「メールありがとうございました。今回も要望どおりで最高でした。早速使わせてもらいましたよ。証拠も添付しておきます。あと、約束のデータです。残りも少なくなってきました。明日の飲み会お待ちしています。ちょっとお話したいこともありますので。」

といった内容でした。内容からすると今日の懇親会を知っている人からのメールのようですが、内容が判然としません。メールには添付ファイルが2つあったので、早速確認してみました。

1つ目はプリントした写真に、おそらく精液だと思われる液体がかけられている写真でした。驚いたのは、液体がかけられている写真に写っているのが妻だったことです。

液体が邪魔をしてはっきりと見えないところもありましたが、今までに見たことのない写真で、我が家の寝室のベッドで上半身は肌着をまくって片方の胸を出した状態、下半身は全裸で足を開いていて、妻が自分の指で股間を開いていて、膣口まではっきりと見えているものでした。

精液はその膣口を中心にかけられています。

2つ目も初めて見る写真でした。妻が我が家の浴室で押し倒されていて、誰のものか分からないチンコが深々と妻の中に挿入されていました。

落ち着いて確認してみると状況が前回Rに浴室で絡まれたときと同じようです。あの時は手コキのみで挿入はされていないはず、と思いましたが、思い返してみて気付きました。

最初に職場で防犯カメラを確認した時にはRとの絡みは13時から15時までの2時間でした。しかし、前回マイクロSDカードで確認できた内容はだいたい1時間強です。その後があった可能性があります。

添付ファイルを確認したあと、他にも同じようなメールがないか思って確認しましたが、同じ送り主からのメールは見当たりませんでした。

今回のメールの内容からすると、やり取りは初めてではないようなので、今回のメール以外は妻が削除したのでしょう。

ただ、妻が使っているスマホのキャリアは受信したメールは削除後も一定容量がサーバーに保存されています。私も同じスマホで検索方法は知っていたので、すぐにサーバーに保存されたメールを確認しました。

確認の結果、2、3日に1回位の頻度でメールは来ていました。毎回同じような内容で、受け取った写真に対する反応と、新たな要望でした。そしてそのメールには必ずファイルが添付されていました。

ファイルのほとんどが前回のRと妻の絡みの画像です。ショックだったのはやはり前回確認していた内容にはその後があり、その内容がかなりハードだったことです。

送られた中には1つだけ動画のファイルがあり、確認してみると最初の画像と同じように妻が浴室で横になっていました。さっきと違うのは妻に挿入されているのがチンコではなく、シャワーヘッドだったことです。

我が家のシャワーヘッドは比較的細めですが、それでも5センチくらいの太さがあります。

それを差し込まれた上に、チョロチョロとお湯まで出されていました。そのシャワーヘッドを出し入れされると、妻は声を押し殺すこともなく絶頂に達して、シャワーのお湯とは違うものを吹き出していました。

サーバーで確認のできたメールを全て見終わると、0時を回っていました。

受信メールだけしか確認できないので想像ですが、何らかの形で接触してきたメールの送り主が、自分の持っている妻のファイルを教える代わりに、妻に様々な要求をしているようです。

妻もそれに応じてしまっていて、そのうちの1つとして自撮り写真を送っているようです。

送り主ははっきりとはしませんが、今回の懇親会のことを知っていて、Rとの絡みについて画像を持っているので、間違いなくOだと思います。

ただ、それ以上のことは分からず、相変わらず妻も帰ってきません。疲れと眠気もあって、仕方なくベッドに向かうことにしました。

疲れていたからかすぐに眠ってしまいましたが、眠りに落ちるあたりで外で物音がしたような気がしました。

ただ、その時は眠気に勝てず、確認しないまま寝てしまいました。

その後、飲みすぎたせいか4時くらいに頭痛で目が覚め、水を飲むためにリビングに向かいました。

すると驚いたことに、妻が玄関で寝入っていました。薄暗い中で確認をすると、明らかに着衣が乱れています。ボタンも外れていたり、服もヨレヨレです。拭かれてはいましたが、シミになっているところもありました。

とりあえず寝室まで運ぼうと思い、妻を抱えると妻が寝ぼけながら

「やっぱり気持ちいいのぉ・・・」

と言いました。

妻を寝室まで連れていき、起きないように服を脱がしました。想像どおりではありましたが、明らかに犯されたと思える痕跡がありました。

胸を中心に何かの液体が乾いたような跡があり、乳首は擦れて少し血がにじんでいました。

そして股間は入り口がめくれ上がって赤く充血していて、ひどい臭いがしました。妻が起きないように注意しながら指を入れてみると、匂いのきつい黄色い液体が指に大量に付いてきました。

そんな状態を見ていたら不覚にも勃起してしまい、二日酔いで朦朧としていたこともあり、欲望にまかせて手に着いた粘液をローション代わりに、犯された妻の裸を見ながらオナニーをしてしまいました。

一度射精をして落ち着いて考えてみると、妻の帰ってきた様子が防犯カメラで確認できるのではと思いました。

外の防犯カメラの記録を確認してみると、私が寝てしまったころに歩く人影が3人映っていました。その真ん中は妻です。

妻は両脇の2人に支えられながら歩いていて、フラフラです。そして、妻を支えているうちの1人は、恐れていたとおりOでした。Oは妻から鍵を受け取ると中の様子を伺いながら鍵を開け、妻を家に入れて帰っていきました。

メールの内容も含めて考えると、妻ははじめからOとの取り引きのために今回の懇親会に参加していたのだと思います。終盤までは妻をマークできていましたが、最後に会長に気を取られた隙にOが接触してきたのだと思います。

そう考えると、私に会長への挨拶を促した役員も怪しくなってきます。もしかしたら、今回役員になったこともOがなにか裏工作をしたのかもしれません。

そして、更に気になるのはOと一緒に妻を運んできたもう1人の人物です。姿からして私たちと同年代ではなく、もっと年上のように見えました。服装も異様で、夜とはいえ、この時期にコートのような服を着ていました。

それから数日、妻の隙を見てメールのチェックをしていると、案の定、画像が送られてきました。

本文には

「先日はありがとうございました。持っていたデータは約束どおりに、あの日に全部渡したんですけど、また手持ちができてしまったので、もう少しお願いしますね。もちろん、もらったデータは私しか使いませんので。今度、外でオナニーしているところなんてお願いできますか?」

と書いてあります。添付ファイルが4つあったので確認してみると、1つ目は薄暗い部屋のソファーの上で妻が寝ていて、ブラウスのボタンが外され、ブラジャーが露わになっている画像でした。服装は懇親会の時の服装です。

2つ目のファイルは、青い床の上に妻が仰向けで寝ていて、妻の服やゴミのようなものが周りに散らばる中で、隣で膝立ちになった男の太いチンコを妻が握っているものでした。妻の表情が見えない角度だったのではっきりしませんが、勃起のしていない男のチンコを妻が扱いているように見えます。

画像に男の顔は写っていませんでしたが、下半身はだらしなく太っていて、陰毛も生え放題でモジャモジャでした。妻が握っているチンコも汚く、赤黒い色に交じってチンカスの塊のようなものも見えます。

男はOかRかと思いましたが、二人ともそこまでは太っていません。画像のアングルからも、撮影者がいたはずなので、そっちがOではないかと思います。

3枚目の画像ではついに、妻は男から深々とチンコをねじ込まれていました。妻を犯しているのは体形からするとさっきの太った男です。妻は男の手で両足を目いっぱい広げられ、結合部が見えなくなるほど腰を密着させられていました。

そして、特にショックだったのは4枚目でした。その画像では妻と男はキスをしていました。かなりアップの画像で男は口元だけしか映っていませんでしたが、無精ひげと吹き出物が見えます。そしてキスはディープキスで、妻も自ら舌を出しているように見えました。目は閉じていましたが、目元は笑っているようにも見えます。

内容はどれも衝撃的でしたが、特に妻を犯している男が誰なのか気がかりです。今後送られてくる画像で確認するしかないと思っています。

今後は役員会も担当ごとになり、平日はOも仕事があるはずなので、妻との接触の機会は減るはずですが、妻を犯していた男や、妻を送ってきたもう1人の人物、そしてRの動きなど、分からないことが多くて困っています。

とりあえず、引き続きメールのチェックで何があったのかを確認しながら、O以外については防犯カメラなどで警戒していきたいと思います。

-終わり-
作者にメッセージを書く

話の感想(5件)

話の感想を投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


長くなる雑談は雑談掲示板でお願いします。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]